キエッリーニ、記者のツッコミに苦笑い…「スクデットは34回」2018.05.15 06:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニが、セリエA優勝直後に『ドメニカ・スポルティーバ』のインタビューに応じた。その中で記者の質問に苦笑いする場面があった。

▽13日のローマ戦で引き分けたユベントスは、セリエA7連覇を達成した。スクデット(セリエA優勝)を獲得した直後にキエッリーニがテレビのインタビューに応じて「ユベントスの違いを生んでいるのはクラブだ。僕たちは2位のほぼ倍となる36回のスクデットを手にしている。それは彼らの功績だよ」と話している。

▽すると、スタジオから有名記者のリッカルド・クッキ氏が割って入り、「議論を蒸し返すつもりはないけど、スクデットは34回だよ」と笑顔でツッコミ。ユベントス陣営はスクデットの回数を数えるとき、カルチョスキャンダルではく奪された2回を含めるが、実際の回数とは違うことを指摘した。

▽これにはキエッリーニも苦笑い。少し間を置いて、「こだわらずに行くよ」と笑って返答していた。

▽なお、セリエA優勝回数2位のクラブはミランとインテルで18回ずつだ。

コメント

関連ニュース

thumb

7歳から在籍したユーベを退団…マルキジオ、少年時代の写真と共に「このユニフォームが何よりも大好きだ」

▽ユベントスは17日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)との契約解除を発表した。 ▽2006-07シーズン途中にトップチームに昇格して以降、エンポリへのレンタル移籍を経験した2007-2008シーズンを除き、現在までビアンコネーロを支え続けてきたマルキジオ。これまで公式戦389試合に出場し、前人未到のセリエA7連覇、3度のイタリア・スーパーカップ、4度のコッパ・イタリア制覇にも大きく貢献してきた。 ▽しかし、近年では出場機会が減少。2017-18シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は20試合に留まった。そんな中、出場機会を求めて今夏での契約解除を考慮していることが伝えられ、今回の契約解除に至った。 ▽7歳の頃から25年間袖を通してきた白黒のユニフォームに別れを告げたマルキジオは公式発表後、自身のツイッター(@ClaMarchisio8)を更新。ユベントスのユニフォームを着た少年時代の自身の写真と共に、惜別の言葉を送った。 「この写真を見るのをやめられない。僕はサッカー選手としての人生をこの縦縞のユニフォームに捧げてきた。このユニフォームが何よりも大好きだ。このチームが優勝し続けることを信じている。いつまでも」 ▽出場機会を求めているマルキジオに対して、イタリアメディアは7月に新天地としてMLSや中国、オーストラリアのほかJリーグに可能性があることを報道。長年ユベントスを支えてきたレジェンドの新天地は、どこになるのだろうか。 2018.08.17 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、在籍25年のマルキジオと契約解除

▽ユベントスは17日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)との契約解除を発表した。 ▽マルキジオはユベントスの生え抜き選手。2006-07シーズン途中にトップチームに昇格して以降、現在に至るまでビアンコネーロを支え続け、これまでに公式戦389試合に出場。前人未到のセリエA7連覇、3度のイタリア・スーパーカップ、4度のコッパ・イタリア制覇にも大きく貢献した。 ▽しかし、30歳を過ぎたあたりから出場機会が減少。2017-18シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は20試合に留まった。このような状況から2020年まで同クラブとの契約を残しているマルキジオが、今夏での契約解除を考慮していることが浮上。そして17日、7歳の頃に初めて白黒のユニフォームを着用し、25年間在籍したクラブに別れを告げることとなった。 2018.08.17 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スナイデル「ユーベのCL優勝はロナウド1人だけじゃ無理」

▽アル・ガラファ(カタール)に所属する元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルがユベントスの欧州制覇に否定的な見解を示した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽ユベントスは今夏、レアル・マドリーで世界が誇るゴールゲッターとして名を馳せるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に機運を高めている。 ▽だが、かつてインテルの司令塔に君臨したスナイデルは、今シーズンのユベントスに周囲から集まるビッグイヤー獲得の期待に反するコメントを残した。 「ロナウドが加わったユーベならCLを優勝できる? それはないね。1人だけで全てが変わるとは思えない。誰もがロナウドのことを理解していてもだ。ユーベは過去数年のCLでうまくやっている。でも、1人の選手が入ったからといって、勝てるわけじゃない」 「CLという舞台には、ユベントスよりも強いチームがいる。セリエAなら別だけどね。セリエAで勝てなければ驚くだろうけど、CLで負けても驚きはない。僕が思うに、CLで勝ちたいなら、ロナウド以上の存在が必要さ」 「クリスティアーノ・ロナウドならイタリアに問題なく適応するだろう。彼はクオリティがあって、真のプロフェッショナルだ。すぐに順応できるだろうね。絶対に。成功できない理由はないよ」 2018.08.17 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア市内、高速道の橋崩落事故がセリエA開幕戦に影響…C・ロナウドデビュー戦もお預けか

現地時間14日、イタリアのジェノア市内で、高架の橋が崩落し、ここまで少なくとも39人の犠牲者が出たと報じられていたが、この一件がセリエA開幕戦にも大きく影響することとなった。<br><br>セリエA開幕戦のうち、ジェノアを本拠地とするチームのカードはサンプドリアvsフィオレンティーナ、ミランvsジェノアの2試合となる。サンプドリアとジェノアは、ともに開幕戦の延期をセリエAに要求し、認可されている。<br><br>サンプドリアのマッシモ・フェッレーロ会長は「(ユーベ幹部のアンドレア)アニエッリとも話をしたが、土曜の試合はプレーしないだろうと言っていた。もはや、サッカーどころではない」とメディアの前で公言している。<br><br>セリエA公式の声明では、サンプドリアとジェノア以外のカードは予定通り行われることが示唆されており、試合開始前には1分間の黙祷が捧げられるという。だが現地での復旧作業には時間がかかる見通しで、場合によってはセリエA第1節の全試合開催が延期される可能性も十分にあるという。<br><br>もし18日のキエーボvsユベントスも延期された場合、クリスティアーノ・ロナウドのセリエAデビュー戦は25日、ホームのユベントスvsラツィオに持ち越されることとなりそうだ。果たしてセリエAを主催するレガ・カルチョはどのような決断を下すのか、引き続きその動向が注目される。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.17 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表への愛が詰まったマンジュキッチからのレター「可能なら死ぬまでプレーする」

▽ユベントスに所属するFWマリオ・マンジュキッチ(32)が、クロアチア代表からの引退を発表。クロアチアサッカー協会(HNS)は、公式サイトでマンジュキッチからの手紙を公開した。 ▽マンジュキッチは、2018年に行われたロシア・ワールドカップでは、6試合に出場し3ゴールを記録。チームの決勝進出に貢献すると共に、過去最高となる準優勝に貢献していた。 ▽HNSの公式サイトでは、マンジュキッチのクロアチア代表への愛が綴られた手紙を公開。祖国を愛する気持ちや、ワールドカップについて、そしてサポーターや関わる人々への感謝を綴り、クロアチア代表への想いが詰まったものとなっている。 「親愛なるファンへ。僕はいつも外ではなく、ピッチの上で話したかった。だから、これらの言葉は、相手にタックルすること、またはスプリントを120分間続けることよりも少し難しいものとなる」 「より難しいのは、国際試合の全ての試合、そして勝利が、僕を喜ばせるからだ」 「キックオフの前に国歌を聴くことよりも感情的なことは何もないと知っているので、より難しい」 「クロアチアのユニフォームを着て、僕の国を代表することは、どれだけの名誉なのかを分かっているので、より難しい」 「僕はこれが最終決断であり、戻ることはできないと認識しているので、より難しい」 「僕はクロアチア代表から引退する」 「ワールドカップの準優勝は、僕に新しいエネルギーを与えれくれたけど、信じられないほど難しい決断を少しだけ楽にしてくれた」 「僕たちは夢を実現し、歴史的な成功を収め、信じられないほどのファンのサポートを経験した。ザグレブ、スラボンスキ・ブロド、そしてクロアチア全土で歓迎を受けたその月の経験は、僕のキャリアにおいて最も重要な記憶として残る」 「これは最も美しい代表チームの旅であり、最も僕が好きな母国への帰還だった」 「僕は幸せで、満たされており、痛み、努力、仕事、失望、そして困難な瞬間を通して、長年にわたって作り出されたこの準優勝をとても誇りに思う」 「引退する理想的な瞬間はない。可能であれば、僕たちは誇りを感じていない時から、死ぬまでクロアチア代表でプレーするだろう。でも、僕はこの瞬間が来たと感じた。それが今だ」 「僕はクロアチアのためにベストを尽くした。僕はクロアチアのサッカーで最も大きい成功の要因となった」 「14年前、若いカテゴリーで、僕は初めてこの神聖なユニフォームを着た。その後、僕は多くの優秀な選手、監督、コーチ、そしてその他の代表チームのスタッフと出会い、プレーしていた」 「クロアチアの成功のために全てを与えるという同じ目標を持っている。僕のキャリアに関わった全ての人に感謝する。その道のりで、僕と共にいた家族と親しい友人、彼らの全てのサポートに感謝する」 「最後にファンに感謝したい」 「誰も完璧ではない。僕はチャンスを逃し、ボールを失い、パスをミスした」 「しかしながら、僕はいつも自分の心を尽くし、ベストを尽くしてきた。それらを認めてくれ、そしてクロアチア代表のそばに立っていてくれてありがとう」 「今日で、僕の居場所は君たちと一緒だ。最も忠誠を尽くす、クロアチア代表のファンだ」 ▽マンジュキッチは、世代別のクロアチア代表を経験すると、2007年にA代表デビュー。ユーロは2012年、2016年の2大会、ワールドカップは2014年、2018年と2大会に出場。クロアチア代表としては通算89試合に出場し33ゴールを記録し、ダボル・シュケル氏に次いで2番目に多いゴールを記録していた。 2018.08.14 23:55 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース