キエッリーニ、記者のツッコミに苦笑い…「スクデットは34回」2018.05.15 06:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニが、セリエA優勝直後に『ドメニカ・スポルティーバ』のインタビューに応じた。その中で記者の質問に苦笑いする場面があった。▽13日のローマ戦で引き分けたユベントスは、セリエA7連覇を達成した。スクデット(セリエA優勝)を獲得した直後にキエッリーニがテレビのインタビューに応じて「ユベントスの違いを生んでいるのはクラブだ。僕たちは2位のほぼ倍となる36回のスクデットを手にしている。それは彼らの功績だよ」と話している。

▽すると、スタジオから有名記者のリッカルド・クッキ氏が割って入り、「議論を蒸し返すつもりはないけど、スクデットは34回だよ」と笑顔でツッコミ。ユベントス陣営はスクデットの回数を数えるとき、カルチョスキャンダルではく奪された2回を含めるが、実際の回数とは違うことを指摘した。

▽これにはキエッリーニも苦笑い。少し間を置いて、「こだわらずに行くよ」と笑って返答していた。

▽なお、セリエA優勝回数2位のクラブはミランとインテルで18回ずつだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、デ・リフトを来夏のNo.1ターゲットに

▽ユベントスが来夏の最優先補強候補としてアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を挙げているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽17歳でアヤックスのトップチームデビューを果たしたセンターバックのデ・リフトは昨季、エールディビジ33試合3得点2アシストの成績を収め、アヤックスでキャプテンを務めるなど不動の地位を確立。2017年3月にデビューしたオランダ代表でも10試合に出場し、先日のUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦では3-0の快勝劇に貢献していた。 ▽バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドなどメガクラブ注目の逸材に対し、センターバックの高齢化が進むユベントスは同選手に対して、5000万ユーロ(約65億円)のオファーを考慮しているとのことだ。 ▽なお、『トゥットスポルト』によれば、デ・リフトの代理人を務めるのはミノ・ライオラ氏であり、同氏と友好な関係を保つユベントスとしてはそのコネクションを生かせれば獲得の可能性があるのではないかと主張している。 2018.10.17 00:39 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、サンプドリアの新星DFアンデルセンの獲得に興味か

▽トッテナムはサンプドリアに所属するU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に動きだしているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽デンマーク出身もオランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームで出場機会を増やすと、2017年にサンプドリアに加入。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を生かしてリーグ戦全試合に出場している。 ▽今回伝えられるところによると、トッテナムはアンデルセン獲得に向けて既に8月に行われたセリエA第2節のウディネーゼ戦にスカウトを派遣していたという。そして、同選手を高く評価するクラブは今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。 ▽今シーズン、サンプドリアはセリエAで最少失点(4点)の堅守を誇っており、アンデルセンはチームに欠かせない存在になっている。サンプドリアはセリエAで屈指の若手DFと評される逸材を安売りするつもりはないが、トッテナム側は相手の要求する金額を十分に支払えると考えている模様だ。 ▽その一方で、イタリア『トゥットスポルト』によれば、ユベントスもアンデルセンの獲得に興味を示しているようだ。 2018.10.16 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

高いor安い? マテュイディとのランチ会食権が約100万円で落札

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディとランチを共にできる権利が7200ユーロ(約93万6000円)で落札された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今回のランチ会食権は、フランス人の環境活動家ヤン・アルトゥー=ベルトラン氏が代表を務める環境保全や人道支援を目的に設立された『GoodPlanet foundation』の活動資金を得るためのチャリティーオークションで出品されたものだった。 ▽そして、サンテチェンヌやパリ・サンジェルマン、ユベントスで活躍するロシア・ワールドカップ王者の一員と1度ランチを共にできる会食権は、最終的に7200ユーロで一般人によって落札されたようだ。 ▽玄人好みのマテュイディとの会食権に約100万円を支払うのは高いか、安いか判断しかねるところだ。ただ、参考までにかつてプロテニスの世界ランキングで最高12位に入った元プロテニスプレーヤーのポール=アンリ・マテュー氏(37)に全仏オープンの会場であるスタッド・ローラン・ギャロスで個人レッスンを受けられる権利に関しては2000ユーロ(約26万円)で落札されている。 2018.10.16 16:07 Tue
twitterfacebook
thumb

ペップ「我々は2人の怪物と同じ時代を生きている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターに言及した。 ▽近年のフットボール界で最高の称号を二分する存在として長らく脚光を浴び続けるメッシとC・ロナウド。それぞれ一般的に選手としてキャリアの折り返し地点となる30歳を過ぎたが、今もなお健在ぶりをアピールしている。 ▽そのメッシ、C・ロナウドと共に、フットボール指導者界が誇る名将として同じ時代を生きるグアルディオラ監督。イギリス『FourFourTwo』によれば、2大スターについて次のように語り、敬意を表したという。 「レオは獰猛で競争的な動物だ。チームに競争力をもたらしてくれる。彼は負けを嫌い、子供のようにプレーすることを好む。大きな試合になれば、チームは彼を助け、彼は違いとなる」 「我々はそんな彼のほかにも、クリスティアーノ(・ロナウド)という選手とも共存している。要するに、2人の怪物的な選手が頂点に君臨する時代を生きているのだ」 「彼らは、共に1シーズンで50得点を挙げてしまう選手たち。しかも、10年間もね。信じられないよ。1年だけのことじゃないのだから。逆に、年々、ゴール数を増やしている」 2018.10.15 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ契約延長へ

▽元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)が、ユベントスと契約延長合意に迫っているようだ。イタリア『RAI Sport』が伝えている。 ▽ユベントスで4シーズン目を過ごすマンジュキッチ。今回伝えられるところによると、両者は現行の2020年までの契約から2年間延長し、2022年までの新契約を結んだようだ。 ▽ロシア・ワールドカップ後にクロアチア代表引退を発表したストライカーは、ユベントスではここまで公式戦138試合で38ゴール20アシストを記録。今シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入もありながらも、リーグ戦7試合に出場し4ゴール2アシストを挙げる活躍を見せている。 2018.10.15 09:35 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース