キエッリーニ、記者のツッコミに苦笑い…「スクデットは34回」2018.05.15 06:18 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのDFジョルジョ・キエッリーニが、セリエA優勝直後に『ドメニカ・スポルティーバ』のインタビューに応じた。その中で記者の質問に苦笑いする場面があった。▽13日のローマ戦で引き分けたユベントスは、セリエA7連覇を達成した。スクデット(セリエA優勝)を獲得した直後にキエッリーニがテレビのインタビューに応じて「ユベントスの違いを生んでいるのはクラブだ。僕たちは2位のほぼ倍となる36回のスクデットを手にしている。それは彼らの功績だよ」と話している。

▽すると、スタジオから有名記者のリッカルド・クッキ氏が割って入り、「議論を蒸し返すつもりはないけど、スクデットは34回だよ」と笑顔でツッコミ。ユベントス陣営はスクデットの回数を数えるとき、カルチョスキャンダルではく奪された2回を含めるが、実際の回数とは違うことを指摘した。

▽これにはキエッリーニも苦笑い。少し間を置いて、「こだわらずに行くよ」と笑って返答していた。

▽なお、セリエA優勝回数2位のクラブはミランとインテルで18回ずつだ。
コメント
関連ニュース
thumb

カペッロがメッシを褒めちぎる! 「世界で唯一の天才」

ファビオ・カペッロ氏が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに賛辞を浴びせている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ミランやユベントス、レアル・マドリーで指揮を執り、チャンピオンズリーグ(CL)やセリエA、リーガエスパニョーラのタイトルを獲得してきたカペッロ氏。その超リアリスティックな戦術は確実に勝利をもたらし、“優勝請負人”とも称された。 そんな海千山千のカペッロ氏が、18日にメディア陣の前に姿を現し、CLについての問いに返答。その中でメッシについて話題が及ぶと、以下のように手放しで称賛した。 「レオ・メッシは単なるフットボーラーではない。彼は天才だ。世界で唯一の天才だ」 「アルゼンチン代表ではあまりカップを獲得していないが、彼一人で全てをこなすことは出来ない」 また、カペッロ氏はFWクリスティアーノ・ロナウドに関してもコメント。ユベントスにとって重要な選手であると力説した。 「クリスティアーノ(・ロナウド)はユベントスで多くの選手を目覚めさせた」 「彼がクラブに居ることで多くの選手たちの目覚ましになるし、改善もさせてくれる」 「彼はユベントスにとってとても重要だ。毎日彼と同じくらい懸命にトレーニングを積んで、ロナウドの様に自分をケアするようになるからだ。だらけていたチームには非常に重要だよ」 「彼がユベントスでのチャンピオンズリーグ制覇に死に物狂いなのは明らかだ」 2019.02.19 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ディバラ獲得に向け94億円を用意か

バイエルンが、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 バイエルンでは、前線を務めるFWアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリが今夏に退団することが濃厚。それに加え、FWロベルト・レヴァンドフスキが現在30歳であり、FWトーマス・ミュラーも9月で30歳になる。 ニコ・コバチ監督は今夏にチームの若返りを目指しており、ディバラをリストアップしているという。アルゼンチン代表FWに関しては、リバプールとインテルも獲得に興味を示しているが、バイエルンは7500万ユーロ(約94億円)の移籍金と、ディバラ個人には1000万ユーロ(約12億5000万円)の年俸を提示する準備ができているようだ。 なお、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は過去に「市場には優秀な選手が数人居るが、私がバイエルンに連れてきたいのはディバラのような選手だよ」と獲得に興味を示している事を認めていた。 2015年にパレルモからユベントスに移籍したディバラは、今シーズンも公式戦29試合で8ゴール6アシストを記録。“宝石”とも称される華々しいプレーで、FWクリスティアーノ・ロナウドと共にクラブを牽引している。 2019.02.19 15:11 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷離脱のコケ、CL・ユベントス戦の大一番で復帰か

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFコケが、ユベントス戦に出場できる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』が伝えている。 コケは、1月19日に敵地で行われたリーガエスパニョーラ第20節ウエスカ戦で1ゴールを記録したものの、72分に負傷交代。検査を受けた結果、グレード1の右ハムストリング損傷が判明し、全治1~2週間と伝えられていた。 以降、2月9日のリーガエスパニョーラ第23節、レアル・マドリー戦を含めて4試合連続で欠場。当初は20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのユベントス戦の出場も危ぶまれていた。 しかし、今回伝えられるところによると、コケは17日の全体練習に合流。違和感もなく取り組むことができたという。 アトレティコは16日に行われたリーグ第24節のラージョ戦でも長期離脱していたスペイン代表FWジエゴ・コスタが、途中出場し復帰。来る20日の大一番・ユベントス戦に向けてポジティブな話題が増えてきた。 2019.02.18 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、教え子ラムジーのイタリア行きに言及「ユーベにとって面白い補強になる」

アーセン・ヴェンゲル氏が、来シーズンにアーセナルからユベントスに加入することが決定したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カーディフ・シティでプロデビューしたラムジーは、2008年の夏にアーセナルへ移籍した。その後、在籍11シーズンに渡って公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録。3度のFAカップ制覇に加え、3度のFAコミュニティ・シールド獲得に貢献してきた。今シーズンもここまで公式戦30試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 そんなラムジーは今シーズンがアーセナルとの契約最終年だったが、同クラブとの契約延長交渉は破談に。今月11日に、来シーズンからユベントスに加わることが決定した。 そうした中、ラムジーを10年間に渡って指導してきたアーセナル前監督のヴェンゲル氏は、同選手のイタリア行きについて言及。ラムジーのクオリティを称賛し、ユベントスにとって「面白い補強」になると語った。 「アーセナルにとっては損失だ。ただ、ラムジーにとっては面白い移籍になったと言える」 「彼は今後も素晴らしい選手として活躍し続けるだろう。ボールを上手く収めることができ、深い位置からワクワクさせる走りを見せる」 「現在、あれだけ中盤でオフ・ザ・ボール時に良い走りを見せる選手は、そういない。ユベントスにとっては面白い補強になるだろう」 2019.02.18 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドはスポルティング時代から“練習の虫”…元同僚が明かす驚きの逸話

ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドは、幼少期から&ldquo;練習の虫&rdquo;だったようだ。元チームメイトのトニート氏が逸話を明かした。<br><br>スポルティングでプロとしてのキャリアをスタートさせ、以降マンチェスター・U、レアル・マドリー、そしてユベントスで輝き続けるロナウド。世界最高選手の称号でもあるバロンドールを史上最多タイとなる5度受賞するなど名実ともに世界最大のスター選手だ。<br><br>この地位に登り詰めるまで、ロナウドが想像を絶する努力を積んできたことは周知の事実だ。そんな中、若かりし頃のポルトガル代表FWを知るトニート氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で当時の様子について振り返っている。<br><br>「クリスティアーノはまだ子供だった。それでも彼は、今のように信じられないほどに謙虚で、野心的で、志とプロフェッショナルを兼ね備えた男だった」<br><br>「トレーニング中には、オーバーワークにならないように止めようとしたけれど、それでも彼がグランドから離れる気配はなく、1時間程度待ったこともあった。ある日には、ジムの窓を叩いて彼に&ldquo;クリス、もう止める時間が来た。もうこんな時間だ。&rdquo;って言ったこともあった」<br><br>先日に34歳の誕生日を迎えたばかりと、すでにベテランの域に入るロナウドだが、今シーズンから活躍の場を移したユベントスでも衰えを全く感じさせない。ここまで全公式戦32試合に出場して21ゴールを記録するなど、好調を続けるチームの大黒柱として活躍する。<br><br>先日のフロジノーネ戦でもゴールを奪って勝利に貢献したロナウドは、自身にとってチャンピオンズリーグ4連覇を目指して20日のアトレティコ・マドリー戦を迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 13:07 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース