キ・ソンヨンがスウォンジー退団を明らかに…「スワンズでの5年間は特権」2018.05.14 17:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽韓国代表MFキ・ソンヨン(29)が今シーズン限りでスウォンジーを退団することを表明した。

▽韓国代表として95試合10ゴールを誇るキ・ソンヨンは、2012年夏にセルティックから加入すると、キック力とパスセンスが魅力のボランチとして長らくプレミアリーグを主戦場に。今シーズンはプレミアリーグ25試合2ゴールをマークした。そのキ・ソンヨンとスウォンジーの契約は今シーズン限り。そのため、今夏移籍の噂が以前から取り沙汰され、ミランやエバートンの名前が浮上するなど賑わいつつあった。

▽渦中のキ・ソンヨンはスウォンジーの2010-11シーズン以来となる降格決定後の同日、インスタグラム(underhiswings2016)を更新。5シーズンにわたってプレーしたスウォンジーのファン、チームメートに感謝の言葉を綴った。

「5年間もスウォンジーでプレーさせてもらえたことは、大きな特権だった。毎試合で熱心にサポートしてくれたスウォンジーのファンに感謝したい」

「ここ数年間、一貫性のないパフォーマンスを続けて、ファンに申し訳なく思う。今日起こったこと(降格)に対して、苛立ちと失望感を覚えたよ」

「でも、僕は信じている。スウォンジーがもっと強くなって戻ってくることをね」

「あと、チームメート全員にも大きな感謝の気持ちを送りたい。彼らと共に働けたことは大きな喜びだった。みんなの幸運を祈っている」

コメント

関連ニュース

thumb

ソシエダの若手MFカピージャがクルトゥラル・レオネサへレンタル

▽レアル・ソシエダは16日、BチームのMFエネコ・カピージャ(23)がスペイン・セグンダB(3部)のクルトゥラル・レオネサにレンタル移籍で加入することを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。 ▽カピージャは、ソシエダの下部組織出身で、2016-17シーズンはヌマンシアへレンタル。2017-18シーズンはソシエダBとして、セグンダBで37試合に出場し5ゴールを記録していた。 ▽ソシエダでは、2014-15シーズンに2試合、2015-16シーズンに1試合リーガエスパニョーラでプレーする期待の若手。Bチームでは通算95試合に出場し15ゴールを記録している。 ▽クルトゥラル・レオネサは、昨シーズンMF井手口陽介がリーズからレンタル移籍で所属していたことで知られている。しかし、チームはセグンダ(2部)で19位となり、3部へ降格していた。 2018.08.16 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

フロジノーネ、今夏スイスのキアッソへ加入したオランダ人MFフルートを獲得

▽昇格組のフロジノーネは15日、スイス2部のキアッソからオランダ人MFライ・フルート(23)を完全移籍で獲得した。 ▽フロジノーネでは契約期間など詳細は明かされていないが『フットボール・イタリア』によると、フルートは2022年までの4年契約を結んだようだ。 ▽オランダの名門PSVユース出身のフルートは、2013年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会に恵まれず、主にリザーブチームでプレー。その後は、国内下部リーグのカンブールやアイントホーフェンでのプレーを経て2017年の夏にNACブレダへ移籍。 ▽NACでは、開幕スタメンを勝ち取るとリーグ戦31試合に出場し4ゴールを記録。7月23日にはスイス2部のキアッソへの完全移籍が発表されていた。 2018.08.16 04:16 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、積極補強のエバートンからクロアチア代表MFヴラシッチをレンタルで獲得

▽CSKAモスクワは15日、エバートンからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトで2014年にプロデビューしたヴラシッチは、加入初年度からレギュラーに定着。在籍3シーズンで公式戦120試合に出場し15ゴール20アシストを記録。 ▽この活躍を受け、2017年夏にエバートンへ移籍。昨シーズンは主にカップ戦要因としてプレミアリーグ12試合を含む公式戦19試合に出場し2ゴール記録していた。 ▽また、各年代のクロアチア代表に選出されてきたヴラシッチは、2017年5月にフル代表へデビューを飾ると、これまで2試合に出場している。 2018.08.16 03:33 Thu
twitterfacebook
thumb

パルマ、河北華夏で出場機会を失うコートジボワール代表FWジェルビーニョ獲得か

▽パルマが河北華夏に所属するコートジボワール代表FWジェルビーニョ(31)の獲得に動いているようだ。『スカイスポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽昨シーズン、セリエBを2位で終え、4シーズンぶりにセリエA復帰を果たした パルマ。新シーズンに向けて戦力強化を計っているパルマは、かつてローマで活躍したジェルビーニョに白羽の矢が立ったようだ。 ▽『スカイスポーツ・イタリア』によれば、すでにパルマは河北華夏に正式にオファーを提示しており、出場機会を求めるジェルビーニョもイタリア復帰に前向きな姿勢を見せている模様。また、外国籍選手を多く抱える河北華夏も2019年冬に切れるジェルビーニョの放出を容認しており、近日中にも双方合意のもと契約解除を行うという。 ▽2005年にベルギーのベヘレンでプロキャリアをスタートさせたジェルビーニョは、その後、ル・マン、リール、アーセナル、ローマを経て、2016年冬に河北華夏入り。しかし、河北華夏は近年、FWエセキエル・ラベッシやMFハビエル・マスチェラーノ、MFエルナネスなどビッグネームを補強しており、在籍3年間で公式戦わずか29試合の出場で4ゴールに終わっていた。 2018.08.16 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、今夏残留のザハと2023年までの新契約締結!

▽クリスタル・パレスは15日、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽今夏、チェルシーやトッテナムへの移籍の可能性が盛んに報じられた中、残留を決断したザハは新契約にサインした後にクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残した。 「今はとても嬉しいよ。クラブとの新契約を望んでいたし、それをやり遂げることができた。だから、これからのシーズンに集中することができると思うよ。ここ最近は多くの雑音に悩まされていたから、この状況を整理することができて良かったよ」 ▽パレス生え抜きのザハは2010年にトップチームデビュー。その後、マンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を経験も、2014-15シーズンにレンタルで復帰を果たすと、その翌年に完全移籍で再加入。ここまで公式戦288試合に出場し44ゴールを記録。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、29試合9ゴール5アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 ▽また、今季のプレミアリーグ開幕戦となったフルアム戦ではチームを2-0の勝利に導く追加点を挙げていた。 2018.08.15 19:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース