キ・ソンヨンがスウォンジー退団を明らかに…「スワンズでの5年間は特権」2018.05.14 17:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽韓国代表MFキ・ソンヨン(29)が今シーズン限りでスウォンジーを退団することを表明した。

▽韓国代表として95試合10ゴールを誇るキ・ソンヨンは、2012年夏にセルティックから加入すると、キック力とパスセンスが魅力のボランチとして長らくプレミアリーグを主戦場に。今シーズンはプレミアリーグ25試合2ゴールをマークした。そのキ・ソンヨンとスウォンジーの契約は今シーズン限り。そのため、今夏移籍の噂が以前から取り沙汰され、ミランやエバートンの名前が浮上するなど賑わいつつあった。

▽渦中のキ・ソンヨンはスウォンジーの2010-11シーズン以来となる降格決定後の同日、インスタグラム(underhiswings2016)を更新。5シーズンにわたってプレーしたスウォンジーのファン、チームメートに感謝の言葉を綴った。

「5年間もスウォンジーでプレーさせてもらえたことは、大きな特権だった。毎試合で熱心にサポートしてくれたスウォンジーのファンに感謝したい」

「ここ数年間、一貫性のないパフォーマンスを続けて、ファンに申し訳なく思う。今日起こったこと(降格)に対して、苛立ちと失望感を覚えたよ」

「でも、僕は信じている。スウォンジーがもっと強くなって戻ってくることをね」

「あと、チームメート全員にも大きな感謝の気持ちを送りたい。彼らと共に働けたことは大きな喜びだった。みんなの幸運を祈っている」
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーやリバプールでもプレーした元イングランド代表右SB、グレン・ジョンソンが引退

かつてチェルシーやリバプールなどでプレーし、イングランド代表としても活躍したDFグレン・ジョンソン(34)が現役引退を発表した。自身のツイッター(@glen_johnson)で明かした。 ウェストハムの下部組織で育ったグレン・ジョンソンは、2002年にトップチームへ昇格。ミルウォールへのレンタル移籍を経験すると、2003年にチェルシーへと移籍。しかし、チェルシーではパフォーマンスが安定せず、当時のジョゼ・モウリーニョ監督が連れてきた、DFパウロ・フェレイラにポジションを奪われ、多くの出場機会を得られないでいると、2006年にレンタル移籍していたポーツマスへと2007年に完全移籍を果たす。 ポーツマスでは、かつて期待されていた活躍を見せ、主力としてプレー。すると、2009年にリバプールへと完全移籍。アルバロ・アルベロアがレアル・マドリーへと移籍したために、右サイドのレギュラーポジションを確保。2015年にストーク・シティへと加入した。 ストークでもポジションを確保するが、2017-18シーズンにプレミアリーグから降格したことでチームを退団。その後、フリーの状態が続いていたが、現役引退を発表した。 プレミアリーグでは通算357試合に出場し15ゴール29アシストを記録。リバプールでは公式戦通算200試合に出場し9ゴール19アシスト、ポーツマスでは100試合に出場し4ゴール12アシスト、チェルシーでは70試合に出場し4ゴール4アシスト、ストークでは64試合に出場し3アシストだった。 また、イングランド代表としても54試合に出場し1ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2012年のポーランドとウクライナ共催のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップに出場した経験がある。 2019.01.22 01:07 Tue
twitterfacebook
thumb

ストラスブール、モナコからU-21フランス代表FWグランサーをレンタル!

ストラスブールは20日、モナコからU-21フランス代表FWサミュエル・グランサー(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 トロワの下部組織出身のグランサーは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、昨季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録。まだまだ粗削りなものの、卓越した身体能力と勝負度胸満点の鋭い仕掛けはフランス国内で高く評価されていた。 そして、昨夏トロワに2部降格に伴い、モナコに5年契約で加入。今季ここまでは公式戦18試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では1ゴールを記録もコンスタントな活躍は見せられていなかった。 2019.01.21 02:28 Mon
twitterfacebook
thumb

カーディフ、ハリル教え子で今季リーグ・アン12発のFWサラを獲得! クラブレコードの移籍金に

カーディフ・シティは19日、ナントからアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年半となる。 なお、移籍金に関してカーディフはクラブ史上最高額とのみ伝えているが、フランス『レキップ』は1500万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1700万ユーロ(約21億2000万円)と推定している。 アルゼンチン生まれもボルドーでキャリアをスタートした187cmの大型ストライカーは、2015年に加入したナントでも直近2シーズン連続でリーグ戦12ゴールを記録。しかし、今季は途中就任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下、名ストライカーの薫陶を受けた10月以降にゴールを量産し、前半戦だけでキャリア最多タイの12ゴールを記録する爆発を見せた。さらに、屈強なフィジカルに加え、スピードも十分に備えており、得点以外の部分での貢献も見逃せない好タレントだ。 プレミアリーグ第23節消化時点で降格圏の18位に低迷するカーディフはここまで1試合平均1ゴール以下と深刻な得点力不足に悩まされている。前日にはエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセ(28)のレンタル加入が発表されており、今冬の前線補強で逆転での残留を目指す。 2019.01.20 05:25 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがDFアーノルドとの新契約締結を発表! 期間は長期「有頂天になってる」

リバプールは19日、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(20)が長期の新契約にサインすることを発表した。 なお、クラブ公式からの具体的な年数の発表はないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば新契約は2024年までの5年間だ。 6歳の時にリバプールの下部組織に加わったアーノルドは、2016年夏にトップチーム昇格を果たし、同年10月にデビュー。急激に成長を遂げて昨シーズンには公式戦33試合3ゴール3アシストの成績でチャンピオンズリーグ(CL)ファイナル進出に貢献し、今シーズンもここまでの公式戦22試合1ゴール3アシストを記録している。 また、イングランド代表としても昨年夏に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)に参加し、ベスト4メンバーに名を連ねた。さらに、昨年11月に行われた国際親善試合アメリカ代表戦では初のフル出場&得点を記録している。 アーノルドは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「有頂天になってるし本当に誇れるよ」 「クラブからの信頼とサポートを得られて、新契約をオファーしてくれて本当に嬉しいよ。この年数の延長をすることに迷いは無かった。上手くすれば、僕らはこの数年間で多くの成功を手にすることができる」 「彼らが今回の契約をオファーしてくれてからすぐだった。ためらうことは全く無かったよ。物事を最も簡単にしてくれたのは、可能な限りフットボールに集中できるようにしてくれる人々が周囲にいたからだし、なるべく早く取引が終わるようにしてくれたよ」 「兄弟であったり、特に僕をフットボールに集中させてくれて、気を散らさないでいてくれたマネージャーの存在が大きかった」 「ここ18ヵ月間は凄く特別なものだった。上手くいけば、次の18ヵ月間はそれ以上に特別なものにだってなるんだ」 2019.01.19 19:27 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョの右腕として活躍した“名参謀”ルイ・ファリア氏がカタールで監督業をスタート

カタール・スターズリーグのアル・ドゥハイルは18日、新監督にルイ・ファリア氏(43)を招へいしたことを発表した。 ファリア氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として知られている存在。モウリーニョ監督が2001年に率いていたポルトガルのレイリア時代にコンディショニングコーチ兼アシスタントマネージャーを務めると、ポルトではフィジオセラピストを、その後のチェルシー、インテル、レアル・マドリーではコンディショニングコーチを務め、モウリーニョ監督2度目のチェルシー政権下ではアシスタントマネージャーに就任。マンチェスター・ユナイテッドでもアシスタントマネージャーを務めていた。 しかし、2018年6月に17年間にわたって仕えてきたモウリーニョ監督の下を去り退団。チームのトレーニングを構築したり、選手たちのコンディショニングを担当していただけに、大きな穴になると思われたが、その懸念通りチームは低迷。モウリーニョ監督も監督を退任することとなってしまった。 モウリーニョ監督の下を去った理由を「決断は家族のためだった」と語っていたファリア氏だったが、参謀役としてではなく監督としてのキャリアを初めてスタートするのはカタールの地に決定した。 アル・ドゥハイルは、かつてはレフウィヤと呼ばれていたクラブ。2010-11シーズンに初タイトルを獲得すると、2011-12シーズン、2013-14シーズンも優勝。現在まで6度のリーグ優勝を誇っている。 なお、2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居。アジアの地で初の指揮官としてどのような活躍を見せるのだろうか。 2019.01.19 07:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース