清水、ラグビー界のレジェンド・小野澤宏時氏をアスレティックアドバイザーに招へい2018.05.14 16:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは14日、元ラグビー日本代表の小野澤宏時氏(40)がアスレティックアドバイザーに就任したことを発表した。

▽主な業務内容は「トップチーム、アカデミー各カテゴリーの強化および育成」「同氏の国内外におけるスポーツ関係者等の人脈を活用とした、エスパルス選手への専門的な教育」「国内外の最先端情報の提供」「メディカルおよびフィジカルスタッフとの協力により、トップチーム、アカデミー所属選手のパーソナルデータ管理およびフィットネスデータに基づく個人トレーニング内容の作成」になるようだ。

▽静岡県島田市出身の小野澤氏は、現役時代にサントリーサンゴリアス、キヤノンイーグルスでプレー。抜群の運動能力と「うなぎステップ」と称される変幻自在のステップワークを生かして、トライの山を築き、トップリーグでは歴代最多となるトライ数を記録した。日本代表でも歴代2位となるキャップ数を誇るラグビー界のレジェンドだ。

▽地元・清水エスパルスのアスレティックアドバイザーに就任した小野澤氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ラグビーの世界で長く活動し、社会人では東京のチームを拠点としていましたが、地元は島田市(旧金谷町)、中学および高校は日本平にある静岡聖光学院の出身です。自分が中学の頃に立ち上がった地元サッカークラブと今回このような形で新たな関係が始まることに興奮しています。サッカーとラグビーという競技間で刺激し合いながら、フットボールとして共有できることを促進させたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

J1通算300試合出場の槙野弾で浦和が3度追いつく! 清水、2013年以来浦和戦勝利ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の清水エスパルスvs浦和レッズが19日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-3のドローに終わっている。 ▽ここまで8勝3分け10敗で11位に位置する清水(勝ち点27/1試合未消化)と、8勝7分け7敗で9位につける浦和(勝ち点31)の一戦。 前節のセレッソ大阪戦を1-3で敗れて3連敗中の清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。森脇と宇賀神、柏木に代えて橋岡、菊池を起用した。また、マウリシオが出場停止から復帰。槙野はこの試合でJ1通算300試合出場となった。 ▽一方、前節のジュビロ磐田戦を4-0で勝利して3試合ぶり白星を飾った浦和は、その試合から先発メンバー2人を変更した。出場停止のフレイレに代えて角田が今シーズンリーグ戦初先発。また、クリスランに代わり脳震とうで前節欠場したドウグラスが復帰した。 ▽ホームの清水にとって、2013年以来白星がない難敵・浦和との一戦。その試合で清水が幸先良いスタートを切る。6分、中盤でボールを持った河井がボックス手前やや右へ縦パスを供給。これを受けた北川がワンタッチで相手最終ラインの背後へパスを送ると、これに抜け出した金子がGK西川との一対一を冷静に制した。 ▽ここ数年相性が良い相手に先制点を許した浦和。しかし、すぐさま攻勢に転じ、セットプレーから同点に追いつく。11分、ボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーの阿部が右足を振り抜く。ボールは鋭いカーブを描いて右サイドネットに吸い込まれた。 ▽1-1とイーブンになった試合は、その後両者激しく相手陣内へと迫る。そんな中、清水が徐々にショートまでつなげ始める。まずは27分、白崎のキープからセカンドボールを拾った石毛がボックス左手前から右足でシュート。さらに28分、再び石毛がボックス左で縦への仕掛けから左足を振り抜くも、どちらもGK西川にセーブされてしまう。 ▽浦和を押し込む清水は32分、ドウグラスが白崎に預けてボックス左に侵攻し、浮き球のリターンを左足ダイレクトで合わせる。ここはGK西川のファインセーブに防がれたが、このこぼれ球に北川が反応する。すると、GK西川と衝突し、こぼれたボールを金子が押し込んだが、ここは北川のファウルでゴールが認められない。 ▽ここまでやや苦しい時間帯が続いた浦和は前半終盤にチャンス。43分、ボックス右外でボールを持った橋岡がキープからボックス右へパスを送る。これを受けた武藤が中央をよく見てグラウンダーのクロスを入れると、中央のファブリシオが右足で合わせるも、ここはGK六反の正面に飛んでしまう。 ▽迎えた後半、開始早々に清水が勝ち越しゴールを奪う。51分、敵陣中央でややFKを獲得し、キッカーの角田がゴール前へクロスを送る。これをボックス中央やや右でドウグラスが相手DFに競り勝つと、ボールはゴール左へと吸い込まれ、清水が2-1と勝ち越しに成功する。 ▽しかし、浦和も引き下がらない。61分、カウンターから武藤のパスを受けたファブリシオがトラップミスをしてしまうも、相手DFのクリアコースに入るとボールはボックス内へ。そのままシュートを放ち、2-2とすぐさま同点に追いついた。 ▽リードを守り切れない清水。それでも直後の63分、白崎のパスを受けた石毛がボックス手前やや左からシュートを放つ。ここは相手DFにブロックされるも、ボールはゴール方向へ飛んでクロスバーに直撃。この跳ね返りに反応していた金子がゴール前右で押し込み、3-2と再び清水がリードを奪った。 ▽三度追う立場となった浦和だったが、この日がJ1通算300試合となった男が同点ゴールを奪う。72分、敵陣中央から青木が前線へロングボールを送ると、ボックス内浅い位置で槙野がバックヘッド。ふわりと浮いたボールはGK六反の頭上を越えてクロスバーを叩いてゴールラインを割った。 ▽3-3と点の奪い合いとなった試合は、その後両者共に最後までゴールを目指したが、生まれずにそのまま試合終了。勝ち点1を分け合い、清水は連敗を「3」でストップ。浦和は2試合負けなしとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 20:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、苦境脱出! 杉本健勇の9試合ぶり弾含む3発で8試合ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節セレッソ大阪vs清水エスパルスが15日にキンチョウスタジアムで行われ、3-1でC大阪が勝利した。 ▽ここまで7勝9分け5敗で6位につけるC大阪(勝ち点30/1試合未消化)と、8勝3分け9敗で11位につける清水(勝ち点27/1試合未消化)の一戦。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を1-1で引き分けて、リーグ戦7試合未勝利のC大阪は、その一戦と同様の先発メンバーを起用した。 ▽一方、前節の川崎フロンターレ戦を1-2で敗れて連敗中の清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。 ミッチェル・デュークほか、アジア競技大会に出場しているU-21日本代表に招集中の立田、前節頭部激突で途中交代したドウグラスに代えて、飯田と石毛、クリスランを起用した。 ▽8試合ぶり勝利を目指すC大阪と、3試合ぶり勝利を目指す鳥栖の一戦。互いに試合の主導権を握ろうとする中、清水がシュートまで持ち込む。9分、敵陣中央のハイボールをクリスラン、北川と頭でパス交換し、最後はボックス左に侵攻した北川が左足を振り抜くも、シュートは枠を捉えることができない。 ▽ボックス内でチャンスを作られたC大阪も攻勢に転じる。14分、右サイドからのクロスをファーサイドのオスマルが中央に折り返し、杉本がヘディングシュート。しかし、ここはGK六反に阻まれた。 ▽前半半ばに差し掛かると、清水がやや押し込み始める。22分、金子の右CKに中央のクリスランがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーに直撃する。34分には味方のスルーパスに反応した左サイドの石毛のクロスをニアサイドで納めた北川が左足シュートを放つも、今度はゴールの上へと外れた。 ▽これを決めることができなかった清水に対して、C大阪が一瞬の隙を突いて先制に成功する。高木のパスを受けた清武が巧みなタッチでボックス右手前からボックス右外に持ち込んでグラウンダーのクロス。フリーとなっていた杉本が落ち着いて合わせてゴール左へと流し込み、1-0と先制に成功する。 ▽先制点を許してしまった清水だったが、すぐさま反撃。40分、自陣から金子が一気に前線へとロングボールを送る。これに反応していたクリスランが相手DFとの競り合いに勝ってボックス内に侵攻すると、最後はGKとの一対一を冷静に制して、スコアを振り出しに戻した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽1-1で試合を折り返すと、両者は後半立ち上がりから激しく相手陣内へと攻め込む。50分、ボックス右手前でボールを持った木本がカットインから左足を振り抜く。対する清水は58分、白崎のパスを松原がボックス左外からクロス。ファーサイドの金子が中央へ戻し、最後は北川がボックス内から強引にシュートまで持ち込むも、ボールはわずかにゴール右外へと逸れた。 ▽すると迎えた64分、ホームのC大阪に勝ち越しゴールが生まれる。右サイドのマツダからのパスをボックス右に走り込んだ木本が落とす。これをボックス右浅い位置に走り込んでいたソウザが右足アウトサイドで合わせると、ボールは綺麗なカーブを描いて左サイドネットへと吸い込まれた。 ▽ついに勝ち越しに成功したC大阪。さらに68分、丸橋の右CKをニアサイドの木本がヘディングシュート。これがゴール方向に向かい、最後はゴールラリンギリギリのところで高木が身体に当てて押し込んだ。 ▽これで2点差に広げたC大阪は、その後も清水を押し込み続けて試合をクローズ。3-1で勝利したC大阪が8試合ぶり白星を飾った。一方の清水は、3連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯の鬱憤をついに! 大島僚太の連勝に導く今季初弾で川崎Fが清水に逆転勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節清水エスパルスvs川崎フロンターレが11日にIAI日本平スタジアムで行われ、2-1で川崎Fが勝利している。 ▽ここまで8勝8分け8敗で10位につける清水(勝ち点27/1試合未消化)と、11勝3分け5敗で3位に位置する川崎F(勝ち点36/1試合未消化)の一戦。前節の鹿島アントラーズ戦を0-1で敗れて、連勝が3でストップした清水はその一戦から先発メンバーを1人のみ変更。石毛に代えてミッチェル・デュークを起用した。 ▽一方、前節の横浜F・マリノスとの神川ダービーを2-0で制して、首位追走へ再び走り出した川崎Fは、その一戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 ▽中断明け4試合で3勝1敗と好調の両者による試合は、開始直後にアウェイの川崎Fがいきなり清水ゴールに襲い掛かる。1分、大島からの縦パスをハーフウェイライン中央手前で受けると、中村がダイレクトでスルーパス。これに抜け出した小林がボックス内に侵攻し、GKと一対一になるが、ループ気味に打とうとしたシュートは失敗に終わってしまう。 ▽開始早々に危ない場面を迎えた清水はここから攻勢に転じる。5分、ファン・ソッコの縦パスをドウグラスが落とし、ボックス手前から金子が左足で強烈なシュート。ここは枠を捉えることができなかったが、直後の6分に先制点を奪う。北川のパスを受けたミッチェル・デュークが左サイドからクロスを入れると、ボックス内のドウグラスがワントラップで相手DFの逆を突き、左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。 ▽先制点を奪われた川崎Fは、その後巧みなパスワークでボックス付近からチャンスを探る。19分には守田、家長とつなぎ、中村がボックス手前から強烈なミドルシュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れた。 ▽前半半ばが経過しても攻勢を続ける川崎Fは29分、登里が阿部とのパス交換でボックス左に侵攻してクロス。ファーサイドで家長が頭で合わせるも、これはゴールの上を通過した。それでも32分、左サイドの登里から守田、中村とつないで右サイドに展開すると、エウシーニョがゴール前へクロス。これを中央の小林が頭でゴール左へ押し込んだ。 ▽同点に追いつかれた清水は前半終盤にアクシデント。40分、川崎Fの守田と競り合ったドウグラスが顔を抑えてピッチに転倒。立ち上がりはしたが、ふらついたドウグラスはスタッフに支えられてピッチの外へ。そのまま石毛と交代した。 ▽1-1で試合を折り返すと、後半まずチャンスを作ったのは川崎F。49分、ボックス左手前でのパス回しから家長のクロスを受けた小林がシュートを放つも、ゴール右へと外れた。対する清水は50分、石毛のスルーパスに北川が抜け出して、ボックス手前からシュートを放つもこれは枠を捉えることができない。 ▽次の1点を求めて両者の攻防が激しくなる中、川崎Fが逆転に成功する。64分、ボックス左手前でボールを持った阿部が機を見てボックス内へ鋭いパス。これを小林が落とすと、ボックス手前に走り込んでいた大島が右足ダイレクトで合わせてゴール右上へと蹴り込んだ。 ▽10番の今シーズン初ゴールで2-1と逆転に成功した川崎F。しかし、ここから清水のサイド攻撃に苦しめられる時間帯が続く。 ▽なんとか耐える川崎Fは時間の経過とともにボールを保持して試合を締めにかかる。途中出場の鈴木の体を張ったキープなどが光り、2-1で試合をクローズ。小林、大島のゴールで逆転勝利を収めた川崎Fが連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島、西の土壇場ゴールで3試合ぶり白星! 清水は2度ポスト直撃で連勝「3」でストップ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節の鹿島アントラーズvs清水エスパルスが5日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで7勝5分け7敗で9位に位置する鹿島(勝ち点26)と、8勝3分け7敗で8位につける清水(勝ち点27/1試合未消化)の一戦。前節のFC東京戦を1-2で敗れて5試合ぶりの黒星を喫した鹿島は、その一戦から先発メンバーを6人変更した。町田、三竿、土居らに代えて永木、小笠原、金森らを起用。7月に鳥栖から加入したチョン・スンヒョンが先発に名を連ねて移籍後デビューを飾った。 ▽また、スタメン発表時にはGKクォン・スンテが先発メンバーに名を連ねていたが、ウォーミングアップ中に負傷したため、急遽GK曽ヶ端が務めることとなった。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利して3連勝中と好調を維持する清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ミッチェル・デュークに代えて石毛を起用した。また、アジア競技大会に臨むU-21日本代表選出された立田は、右サイドバックで先発している。 ▽IAI日本平スタジアムで行われた開幕節ではゴールレスドローに終わった同カード。試合はホームでの清水戦直近4試合無敗と相性が良い鹿島が押し込む立ち上がりとなるが、清水も集中した入りで跳ね返し続ける。 ▽鹿島にチャンスを作らせない清水は15分、右サイドのドウグラスからパスを受けた金子がボックス右手前から浮き球のクロスを供給。胸トラップでボックス内に侵攻した北川が右足を伸ばしてシュートを放つも、ゴール右外へと外れた。 ▽ピンチを迎えた鹿島もすぐさま反撃。16分、金森が最前線で白崎からボールを奪うと、GKと一対一に。右足を振り抜いたが、GK六反の股を抜くことはできず、先制点とはならなかった。 ▽守護神に助けられた清水は、27分にドウグラス、29分にはファン・ソッコがシュートまで持ち込むも決めきることはできない。 ▽その後は互いに敵陣へと攻め入るも、互いに最後のところでチャンスを作らせず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、両者の攻防は激しくなる。そんな中、清水は54分、ファン・ソッコのスルーパスに反応した北川がボックス右に侵攻。切り返しから左足を振り抜くと、GK曽ヶ端は一歩も動けず。しかし、これが左ポストに嫌われてしまう。 ▽後半半ばに差し掛かると、中盤での奪い合いが激しくなり、互いにシュートまで持ち込めない展開が続く。そんな中、72分に鹿島は金森から土居、清水はドウグラスから長谷川に代えて攻撃の活性化を図る。 ▽すると清水は75分、ボックス手前でのパスワークからボックス中央のミッチェル・デュークがポストプレー。ここは走り込んだ松原とわずかに息が合わなかったが、こぼれたボールをすかさずミッチェル・デュークがシュートを放つ。しかし、これは右ポストに直撃。清水はこの日2度ポストに嫌われ、ゴールを奪うことができない。 ▽後半清水に押し込まれる鹿島は82分、遠藤の左CKを中央の犬飼が頭で合わせるも、枠を捉えることはできず。このまま同点で終わるかに思われたが、試合終了間際に鹿島が決勝ゴールを奪う。後半アディショナルタイム1分、敵陣中央やや右でFKを獲得すると、キッカーの永木がゴール前へのクロスを選択。これをチョン・スンヒョンが競り合い、ゴール前右にこぼれたボールを西がボレーシュートを突き刺した。 ▽このゴールが決勝点となり、鹿島は3試合ぶり白星。一方の清水は連勝が「3」でストップした。 2018.08.05 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

清水、不正行為の元社員を懲戒解雇 約6700万円の会社経費着服

▽清水エスパルスは3日、当社元社員による不正行為の事実を報告した。 ▽発表によれば、清水の元経理担当者が2012〜2018年まで計6年間にわたり、約6700万円の会社経費に手をつけ、私的に流用。クラブは7月31日付で当該元社員を懲戒解雇とした。 ▽また、この一件を受け、清水は本件に対する管理監督責任を重く受け止め、代表取締役社長を務める左伴繁雄氏の3カ月間にわたる報酬30%減額を併せて発表している。 ▽左伴代表取締役社長はクラブの公式サイト通じて、次のように謝罪文を掲載している。 「この度、当社の元経理担当者が2012年から2018年にわたる6年間、約6,700万円の会社の経費を着服し、私的に流用したことが判明しました。このような事態を招いた事を猛省するとともに、ファン、サポーターの皆様、株主様、パートナーの皆様をはじめとする多くの関係者の皆様の信頼を裏切る結果となりましたことを、心からお詫び申し上げます。本件の原因は、当該元社員に多くの経理に関する業務を任せ、また同会社としての組織的なチェック体制が機能せず、不正行為を見抜けなかったことであり、既にチェック機能の強化を実施しております」 「今回の事態を受け、当該元社員は、7月31日付で懲戒解雇となり、また本件に対する管理監督責任を明確にする為、左伴が報酬の30%を3カ月間減額いたします。当社では、今回の不正行為発生を厳粛に受け止め、コンプライアンス意識の徹底、業務フローの見直しなど内部統制体制の更なる強化を業務・人・システムの面から行って参り、皆さまから愛されるクラブになりますよう努めて参る所存です。今後とも変わらぬご支援・ご声援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。株式会社エスパルス 代表取締役社長 左伴 繁雄」 2018.08.03 16:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース