カイト氏、ジェラードが名将になることを確信! リバプール時代のエピソードも告白2018.05.14 16:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元オランダ代表FWディルク・カイト氏は、リバプール時代の同僚である元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏が偉大な指揮官になることを確信している。イギリス『Four Four Two』が伝えた。▽ジェラード氏は現役時代、リバプールで17シーズンにわたってプレーし、2016年1月にLAギャラクシーで現役を引退。その後はリバプールのU-18チームで監督をする傍ら、トップチームを率いているユルゲン・クロップ監督のノウハウを学んでいた。そうした中、4日にスコットランド1部リーグに所属する名門・レンジャーズへの来シーズン就任が決定した。

▽2006年から2012年までジェラード氏と共にリバプールでプレーしたカイト氏は、同氏がこれまでプレーしてきた中で最高の選手だと称賛。レッズでのあるエピソードを明かし、名将になることを確実視した。

「スティーブン・ジェラードは、私がこれまでプレーしてきた中で最高の選手だ。彼から多くのことを学んだよ。絶対的な象徴さ。彼は偉大な監督になるだろうね」

「リバプールでは次の試合のメンバーリストがドレッシングルームの壁に貼られていたんだ。当時はスタメン11人とサブ5人の16人しか登録できなかった」

「ある時、それをジェラードと一緒に観たときがあった。その時彼の名前がなかったんだけど、彼は自分の荷物を抱えて『明日はみんなの幸運を祈っているよ!』と言って出て行ったんだ。感情を出さなかったんだ。叫び声も出さないし、罵らない、ドアも強く閉めたりなんかしなかった」

「そして試合が終わり、トレーニングに戻ってくると、彼はまず最初に勝ち点3を獲得したことを選手全員に祝福した。その後の練習ではまた信じられないほど一生懸命トレーニングに励んだ。すぐに次の試合に焦点を当てていたんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

クロップの頭脳が正式に袂を分かつ…リバプール退団で合意

イギリス『スカイ・スポーツ』は21日、昨シーズン途中までリバプールでアシスタントコーチを務めたゼリコ・ブバチ氏(57)の退団が決定したと報じた。 ブバチ氏とクロップ監督は、現役時代のマインツ在籍時から同僚だった腐れ縁の仲。指導者としてもマインツ時代から約17年間にわたり、二人三脚で歩んできた間柄として知られ、クロップ監督が“ザ・ブレイン”と呼ぶほど優れた戦術家として一目置く人物だ。 だが、そのブバチ氏は昨シーズン終盤、チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのローマ戦直前に突然の休養に入り、現在に至るまでチームを離脱。クロップ監督の右腕として復帰が待たれたが、このたびリバプールと正式にチームを去ることで合意したという。 なお、休養に入った理由はときが経った今もわかっていない。クロップ監督のもとを離れた真意が明らかになる日はやってくるのだろうか。 2019.01.21 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミルナーがパレス戦でプロサッカー史に残る珍事経験? 小学校時代の先生に退場言い渡される

19日に行われたプレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦で退場処分を科されたリバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがプロサッカー史に残る珍事を経験することになった。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは19日にホームで行われたパレス戦を4-3で勝利。壮絶な打ち合いの展開となった中、右サイドバックで先発出場したミルナーは82分に1枚目の警告を受けると、89分にもFWウィルフリード・ザハへのファウルから2枚目の警告をもらい、無念の退場となった。 ミルナーとってこれがキャリア通算2度目の退場と、その事実だけで珍しいことだった。しかし、今回大きな話題となったのは、同試合で主審を務めたジョナサン・モス氏がミルナーの小学校時代の先生だったという因縁だった。 モス氏はプレミアリーグで審判を務める傍ら、小学校の校長先生をしていることが以前から知られていた。そして、以前にヨークシャーのホースフォースにあるウェストブルック小学校でミルナーを指導していた事実がこの度判明した。 つまりミルナーは小学校時代に指導を受けていた先生から退場処分を科されることになったのだ。過去に同様のケースがあったかのかどうか詳細は不明なものの、プロサッカー史に残る珍事であることに間違いはないようだ。 ◆若かりしモス氏とミルナー(ボールを持った少年) https://twitter.com/chrisfozard/status/1086951062874005504 2019.01.21 01:48 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールDFファン・ダイクが回想「僕の移籍金について監督と会話した」

リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、指揮官を称賛している。イギリス『メトロ』が伝えた。 ファン・ダイクは、2018年初めにDF史上最高額の移籍金7500万ポンドでサウサンプトンからリバプールに移籍。当初は高額な移籍金に見合うだけの活躍が出来るか疑問視されていたが、初シーズンからチャンピオンズリーグ(CL)ファイナル進出に貢献し、今シーズンもディフェンスリーダーとしてプレミアリーグでの首位キープに貢献している。 重圧を跳ね返して活躍を続けるファン・ダイクは、チームを率いるユルゲン・クロップ監督との会話を回想している。 「リバプールが僕のために支払った移籍金について、監督と話したことを覚えているよ。彼はこう言ったんだ。『聞け、全ての良いことには大金がかかるものだ』ってね」 「その言葉が出てくるのは素晴らしいことだと思った。そして、それは僕がここに来た理由の一つがユルゲン・クロップだったということの証明だよ」 「初めてボスに会った時のことも覚えているよ。僕らは本当に良い会話をして、彼は僕に適切な自信を与えてくれたんだ」 「クロップには際立つ何かがある。エネルギーだけでなく、それはマン・マネジメントだと思う。クロップは素晴らしい気分にしてくれる。そして、彼は朝から会えることを本当に嬉しく思うんだ。それは加入選手に大きな影響を与える」 「それでも、ミスを冒したときに彼は翌日に石みたいに硬くもなれる。付け上がらせないんだ。彼はチーム全体の前でそうする。けど、それが個人的なものじゃないと分かっているから、僕らは皆それを受け入れてる」 「とても多くの瞬間に、クロップが僕らを気にかけていることが分かる。そして、それが彼が僕ら全員にこれほど多くのことを要求できる理由だよ」 2019.01.20 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップ、PL通算50ゴール達成のサラーを大絶賛「ワールドクラスの選手だ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、2ゴールを挙げて勝利に貢献したモハメド・サラーに賛辞を送った。<br><br>19日に行われたプレミアリーグ第23節でリバプールはホームでクリスタル・パレスと対戦。1点ビハインドで迎えた後半、46分にサラーの得点でリバプールは同点に追いつく。53分にはロベルト・フィルミノが逆転ゴールを奪うも、65分に失点して試合は再び振り出しに。しかし75分に、相手GKのミスを逃さなかったサラーが勝ち越しとなるこの日2点目をマーク。その後、両チームは1点ずつを奪い合い、4-3でリバプールが接戦を制した。<br><br>この試合で2ゴールを挙げたサラーのプレミアリーグでの通算得点数は『50』の大台に到達。72試合での達成は、アンディ・コール、アラン・シアラー、ルート・ファン・ニステルローイに次ぐ記録のようだ。また、現在サガン鳥栖で活躍するフェルナンド・トーレスと同じ試合数での50ゴール達成となっている。<br><br>試合後、クロップ監督は「彼はワールドクラスの選手だ」とサラーの活躍を手放しで称賛した。「ローマから彼を連れてきたことが本当によく機能している。チームと彼の両方にとってウィンウィンの状況だ。チームのプレースタイル、得点への思い、さまざまな面から彼だって非常に多くの利益を得ている。ファンタスティックだ」<br><br>また、クロップ監督は点の取り合いとなったこの試合についても振り返った。「前半、我々は今までのようにはいかなかったが、試合をコントロールしていた。しかし、ウィルフレッド・ザハを使ったパレスのカウンターにやられた」<br><br>「後半には攻撃面で多くのことを修正しなければならなかった。そして、早い時間にゴールを奪えた後、試合を再び支配しようとしたが、難しかった。選手たちは中途半端な状態になってしまい、セットプレーから同点に追いつかれた。ラッキーな形で勝ち越せ、サディオ(マネ)のワールドクラスのゴールで2点差にしたが、アディショナルタイムにもゴールを許してしまった。しかし、私はこの結果にとても満足している」<br><br>この試合で勝ち点3を積み上げたリバプールは、2位マンチェスター・シティとの勝ち点差を暫定的に7まで広げている。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーがプレミア通算50得点 史上4番目のスピード記録

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが節目に到達した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 サラーは19日にホームで行われたプレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦(4-3でリバプールが勝利)に先発して2得点をマーク。勝ち点を「60」に伸ばして、首位の座を堅持した。これにより、今シーズンのリーグ得点数は「16」となり、得点ランキングでも単独トップに。32得点を記録した昨シーズンとチェルシー時代の2得点を合わせ、リーグ通算72試合目の出場にして50得点に到達した。 これは元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイ氏(68試合)や、元イングランドFWのアラン・シアラー氏(66試合)、元同代表のFWアンディ・コール氏(65試合)に次ぎ、リバプールやチェルシーでプレーしたサガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスに並ぶ4番目のスピード記録だという。 ◆プレミアリーグ通算50得点達成の歴代スピード記録 【68】 ルート・ファン・ニステルローイ 【66】 アラン・シアラー 【65】 アンディ・コール 【72】 モハメド・サラー フェルナンド・トーレス ※【】内は試合数 2019.01.20 11:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース