注目のゴールデンシュー争い…メッシの最多受賞が決定的に!2018.05.14 14:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017-18シーズンのゴールデンシュー争いにおいて、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの5度目となる受賞がほぼ確定した。スペイン『マルカ』が報じている。▽ゴールデンシューとは、欧州サッカー連盟(UEFA)所属のリーグでプレーする選手の中で、1シーズンを通じて最も多くの得点を挙げた1名に贈られる賞。ゴール数にUEFAリーグランキングに基づく係数をかけたポイント数で受賞者が決定する。

▽そのタイトルレースにおいて、メッシはリーガエスパニョーラ34得点でトップ。そのメッシのライバル筆頭として初受賞に期待が集まった2位のリバプールに属するエジプト代表MFモハメド・サラーだが、プレミアリーグ32得点に終わった。

▽そのほか、3位のトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(30得点)、4位タイにつけるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29得点)も終了。残すはラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(29得点)のみという状況だ。

▽なお、メッシが受賞となれば、2シーズン連続5度目。5度目の受賞は、4度の受賞で並ぶレアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを抜いて最多単独トップとなる。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナに痛手…ヴェルメーレンが右ハムストリング負傷で全治6週間

▽バルセロナは15日、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが右ハムストリングの負傷で全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽ヴェルメーレンは12日、ベルギー代表の一員としてUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節のスイス代表戦に臨み、2-1で勝利。しかし、センターバックとして先発出場していたヴェルメーレンは73分にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 ▽今回のケガによってヴェルメーレンの復帰は12月初旬となる模様だ。したがって、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、セビージャら上位陣と対峙するリーガエスパニョーラ数試合に加え、チャンピオンズリーグ(CL)のインテルとの連戦を欠場する見込みだ。 ▽なお、バルセロナではフランスDFサミュエル・ユムティティもケガの治療に専念しており、トップチームで起用可能な本職のセンターバックはフランス人DFクレマン・ラングレと元スペイン代表DFジェラール・ピケのみと今後の過密日程を前に苦しい台所事情を強いられる。 2018.10.15 19:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックスの有望株デ・リフト、“気候で選ぶなら”「バルセロナ」

▽アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が記者の誘導尋問により、“マンチェスター・ユナイテッドよりバルセロナ”の意思を表明した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽デ・リフトは、当時17歳の2016年にアヤックスでトップチームデビュー。昨シーズンはエールディビジ33試合3得点2アシストの成績を収め、バルセロナを筆頭に多くの有力クラブが目を光らせていることで注目を集めている。 ▽そのデ・リフトは現在、今月の代表ウィークに向けたオランダ代表に合流中。13日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦にフル出場を果たしており、3-0の勝利に貢献している。 ▽同試合後、「バルセロナ、ユナイテッドの中で移籍先を選ぶとすれば?」という記者の質問を次のような返答で交わして見せたデ・リフトだが、気候を交えた次の問いで攻め込まれると、「バルセロナ」と回答した。 「(バルセロナ、ユナイテッドで選ぶなら?) アヤックス! 新聞は記事を書く必要がある。だから、普通のことだね」 「(どっちの気候が好きか?) バルセロナだね。僕は太陽が好きだから」 2018.10.15 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ「我々は2人の怪物と同じ時代を生きている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターに言及した。 ▽近年のフットボール界で最高の称号を二分する存在として長らく脚光を浴び続けるメッシとC・ロナウド。それぞれ一般的に選手としてキャリアの折り返し地点となる30歳を過ぎたが、今もなお健在ぶりをアピールしている。 ▽そのメッシ、C・ロナウドと共に、フットボール指導者界が誇る名将として同じ時代を生きるグアルディオラ監督。イギリス『FourFourTwo』によれば、2大スターについて次のように語り、敬意を表したという。 「レオは獰猛で競争的な動物だ。チームに競争力をもたらしてくれる。彼は負けを嫌い、子供のようにプレーすることを好む。大きな試合になれば、チームは彼を助け、彼は違いとなる」 「我々はそんな彼のほかにも、クリスティアーノ(・ロナウド)という選手とも共存している。要するに、2人の怪物的な選手が頂点に君臨する時代を生きているのだ」 「彼らは、共に1シーズンで50得点を挙げてしまう選手たち。しかも、10年間もね。信じられないよ。1年だけのことじゃないのだから。逆に、年々、ゴール数を増やしている」 2018.10.15 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、今季限りでバルセロナ退団か…クラブに「守られていない」と感じている模様

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、やはり今季限りでの同クラブを退団を考慮しているようだ。14日付のスペイン『スポルト』が1面で報じている。<br><br>バルベルデ監督とバルセロナの契約は今季限りながら、1年の延長オプションが付いている。だがバルベルデ監督は来季もチームを率いるか決めかねている様子という。<br><br>『スポルト』曰く、バルベルデ監督は昨季までバルセロナのスポーツディレクターを務めていたロベルト・フェルナンデス氏が去り、それ以降クラブから「守られていない」と感じている様子。クラブから明確なバックアップを受けられていないとの感覚から、もう1シーズン続けるかどうかを迷いが生じているようだ。<br><br>なお昨季、バルセロナはチャンピオンズリーグ準々決勝でローマに敗れたが、その後に行われたコパ・デル・レイ決勝セビージャ戦で敗れた場合には、クラブ首脳陣がバルベルデ監督解任に動くと報じられた。結局、バルセロナはセビージャに大勝してリーガ、コパの二冠を達成したが、バルベルデ監督はその出来事から首脳陣に疑いを持ち始めたとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、無料でのラビオ獲得に期待

▽バルセロナは、やはり無料でパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)を獲得しようとしているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りとなっており、延長の打診も拒否し続けていることが伝えられているラビオ。今夏にはバルセロナ加入の噂が取り沙汰され、当人もクラブにバルセロナへの移籍願望を伝えたが、却下されたと報じられている。 ▽結局、移籍は実現しないままに夏のウィンドウは閉まったが、バルセロナは引き続きラビオをトップターゲットとして注視。来年の夏に無料で獲得できると信じており、同選手が今後も延長オファーを拒否し続けることに期待しているそうだ。逆に、移籍金が生じる交渉の場合は、PSGを納得させることが困難になると考えているという。 ▽PSGのトーマス・トゥヘル監督はラビオを中心に据えたがっており、今シーズンも公式戦11試合に起用している。過去にもFWネイマールの移籍やDFマルキーニョスの獲得に関し火花を散らせたPSGとバルセロナ。今回は、どちらが望む結果を手にするのだろうか。 2018.10.14 09:15 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース