FC東京MF鈴木喜丈、左ヒザ関節離断性骨軟骨炎で手術…全治約10カ月2018.05.14 14:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は14日、MF鈴木喜丈(19)が左ヒザ関節離断性骨軟骨炎で8日に埼玉県内の病院にて手術を受けたことを発表した。全治は約10カ月。▽東京都出身の鈴木は、2017年にFC東京U-18からトップチームに昇格。今シーズンはU-23チームとしてここまで明治安田生命J3リーグで5試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京U-23MFリッピ・ヴェローゾがグロインペインにより全治約3~4週間

▽FC東京は12日、ブラジル人MFリッピ・ヴェローゾ(21)がグロインペイン症候群により全治約3~4週間と診断されたことを発表した。 ▽そけい部の違和感により別メニューでのトレーニングを行っていたリッピ・ヴェローゾ。チームドクターによる診察の結果、今回の離脱が明らかになった。 ▽リッピ・ヴェローゾは、2017年夏にパルメイラスからFC東京に移籍。主にFC東京U-23でプレーしており、今シーズンは明治安田生命J3リーグ22試合4ゴールを記録していた。 2018.10.12 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

永井が久々ゴールで恩返しに大森移籍後初弾! 名古屋下したFC東京が9戦ぶり勝利で4位浮上《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節の名古屋グランパスvsFC東京が、7日に豊田スタジアムで行われ、2-1でFC東京が勝利した。 ▽暫定でJ1J2入れ替えプレーオフの16位に沈む連敗中の名古屋(勝ち点31)は、1-3で敗北した前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを1名のみ変更。エドゥアルド・ネットに代えて、青木を起用した。また、離脱が続いていたガブリエル・シャビエルがベンチ入りした。 ▽リーグ8試合勝ちのない5位・FC東京(勝ち点43)は、0-2で敗北した前節の清水エスパルス戦からスタメンを2名変更。田邉、リンスに代えて、大森、永井を起用した。 ▽戦前の予想に反し、立ち上がりはFC東京が前がかりに試合を進行。5分には、左サイド浅い位置からのFKの場面でキッカーの太田がクロスを供給。森重がボックス内で放った強烈なヘディングシュートはGKランゲラックのファインセーブに阻まれたが、試合最初の決定機を作り出した。 ▽直後、持ち前の攻撃的なサッカーを体現できないでいる名古屋にアクシデントが発生。宮原がFC東京の選手との接触によりプレー不可能な状態に。12分に長谷川との交代を強いられている。 ▽その後、名古屋は最前線のジョーをターゲットにやや前に出ることができるようになるが、FC東京の激しいチェックに遭い決定的なシーンまで至らない。逆に21分には、大森の左サイドからのクロスから混戦が生まれボックス内の永井が左ポストを掠めるシュートを放つなど、FC東京が惜しいシーンを作り出す。 ▽FC東京のプレスが落ち着きポゼッションを握り始めた名古屋。29分には和泉の右サイドからのクロスにジョーが頭で合わせる。これは枠を捉えなかったものの、徐々にゴールに迫っていく。 ▽前半の終盤、守勢に回るFC東京は前線でディエゴ・オリヴェイラが孤立。シュートチャンスを減少させていき、試合は立ち上がりとは真逆の展開に変化する。 ▽ゴールレスで突入した後半、FC東京が再びギアを上げ直す。しかし、48分にディエゴ・オリヴェイラがボックス手前中央から放ったシュートは枠のわずかに右。さらに、直後にも左足で放ったシュートもGKランゲラックにセーブされたが、ディエゴ・オリヴェイラが中央に構えチャンスに絡む回数が増加する。 ▽DF中谷を中心として最後の部分で得点を許さない名古屋は、58分にビッグチャンスを迎える。中盤での細かい繋ぎから左サイドでボールを受けたジョーが、マイナス方向にグラウンダーで折り返す。すると、トップスピードで飛び込んだ小林が左足で合わせたが、FC東京DFの決死のブロックに遭い得点にはならない。 ▽名古屋が攻撃に人数を割いてきた後半半ば、FC東京は永井やディエゴ・オリヴェイラが絡み幾度かカウンターを繰り出す。すると65分、右サイドでボールを持ったディエゴ・オリヴェイラが縦に突破。エンドラインギリギリでクロスを上げると、ボックス中央の永井がスルーし走り込んだ大森がダイレクトシュートを放つ。これがネットを揺らし、待望の先制点となった。また、大森にとっては移籍後初の得点となっている。 ▽名古屋は、直後に青木に代えてガブリエル・シャビエルを投入。攻撃の要を復帰させて巻き返しを図る。 ▽しかし68分、FC東京が名古屋を攻撃に移らせない。東からのパスを右サイドで受けた永井が、ドリブルで中央へカットインして左足を一閃。強烈なシュートがバーに当たってネットに突き刺さり、リードを2点に広げた。永井は4月28日の第11節名古屋戦以来約5か月振りに得点を決め、古巣との相性の良さを示している。 ▽わずか3分間で2点のビハインドを背負うこととなった名古屋は、75分に金井に代えて秋山を投入。3枚のカード全てを使い切り勝ち点奪取を目指した。94分、前田が右サイド浅い位置から大きくクロスを蹴り込む。すると、ボールはDFチャン・ヒョンスの頭に当たりGK林は反応できず。OGで名古屋が1点を返した。 ▽しかし、名古屋が同点弾を奪取する時間は与えられないまま試合は終了。この結果、名古屋は3連敗を喫し14位浮上のチャンスを逃すことに。対するFC東京は、8試合ぶりの勝利で4位に浮上した。 2018.10.07 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京DF小川諒也が接触事故…双方にケガはなし

▽FC東京は4日、DF小川諒也が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、小川は9月28日(金) 14時15分頃東京都東久留米市前沢五丁目7番地付近の交差点で信号待ちのため停車。青色に変わった後、追い越し車線(右車線)へと動き出そうとしたところ、前方で停車中の車両(中型オートバイ)と接触した。中型オートバイを運転していた男性および小川にケガはなかった模様。事故発生後は速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したとのこと。 ▽接触事故を起こした小川は、クラブを通じて謝罪している。 「この度、私の不注意で接触事故を起こしてしまいました。運転をされていた方には心よりお詫び申し上げます。またご報告が遅くなってしまったことに関しても、大変申し訳なく思っています。再びこのような事故を起こしてしまい、ファン・サポーターの皆様をはじめ、応援していただいている方にご心配、ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございませんでした。今後は二度と事故を起こさないように最大限の注意を払います」 ▽小川は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで12試合に出場していた。 2018.10.04 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

9月に続いて日本代表に招集されたFC東京DF室屋成「楽しみたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽FC東京のDF室屋成は、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。クラブの代表として活躍を誓った。 「日本代表に選出していただき、光栄です。代表でプレーできることを楽しみたいと思います。また、東京の代表として、自分の良さを発揮し、成長につなげられるように頑張ります」 2018.10.04 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

北川2戦連発! FC東京、清水に完敗で8戦勝ちなし…5位に転落《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のFC東京vs清水エスパルスが、29日に味の素スタジアムで行われ、2-0で清水が勝利した。 ▽リーグ7試合勝ちの無い3位・FC東京(勝ち点43)は、1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを1名のみ変更。小川に代えて室屋を起用し、負ければAFCチャンピオンズリーグ(ACL)圏外転落の可能性が高い一戦に臨んだ。 ▽ここ5試合2勝3敗と波に乗り切れていない10位・清水(勝ち点34)も、1-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを1名のみ変更。角田に代えてファン・ソッコを起用した。 ▽試合の立ち上がり、清水が積極的に仕掛けていく。攻撃に出るDF太田の裏のスペースを狙い右サイドを起点にすると、金子が幾度かクロスを供給。GK林の対応に遭いなかなか決定機には繋がらないものの、優位に試合を進行する。 ▽FC東京には、22分にビッグチャンスが訪れる。リスクを冒して高い位置を取る太田が左サイドからクロスを供給。すると、中央で高く飛び上がった東が頭でボールを捉える。これは枠を右に捉えたものの、清水ゴールを脅かした。 ▽直後の23分、今度は清水がゴールに迫る。ボックス内右でボールを持った金子が、切れ味鋭いドリブルでFC東京DFを翻弄して中央に折り返す。反応したドウグラスが放ったヘディングシュートはGK不在のゴールに飛んだが、DF室屋が決死のブロックで凌いだ。 ▽試合は、その後も金子と太田のマッチアップが頻発しているFC東京の左サイドを主戦場とし、清水がやや優勢に試合を進めていく。しかし、お互いに決め切ることができないまま試合は折り返しを迎えた。 ▽後半の立ち上がりも清水が早々にチャンスを作り出す。47分、右サイドでボールを持った立田がアーリークロスを上げると、ボックス内中央のドウグラスが頭を振り抜く。しかし、強く叩きつけられたシュートはGK林にゴールライン間際ギリギリでストップされた。 ▽さらに57分、ボックス内中央で縦パスを貰った白崎がトラップしつつ上手くターンしてゴール方向を向き、左足を振り抜く。上手い身のこなしで相手の虚を突いたシュートは枠を外れたが、矢継ぎ早の攻撃で得点の匂いが漂い始める。 ▽すると65分、清水の攻撃が実を結ぶ。カウンターの場面で左サイドでボールを受けたドウグラスが、やや遠い位置から左足で低い弾道の強烈なミドルシュートを繰り出す。すると、GK林が弾き出したボールに詰めていた北川が頭で押し込み、待望の先制弾を奪い切った。北川は、2試合連続での得点としている。 ▽8試合ぶりの勝利をホームサポーターに届けたいFC東京は、71分に田邉に代えて永井を投入。快速を武器とするアタッカーの投入で巻き返しを図った。 ▽すると78分、永井がその脚でチャンスを作り出す。ピッチ中央付近でボールを持った東が右サイドにスルーパスを送ると、永井がこれに追いつく。中央に折り返されたボールに飛び込んだ高萩が放ったシュートはGK六反の好守に阻まれたものの、久々の枠内シュートが生まれた。 ▽それでも81分、FC東京は引き寄せかけた流れを手放してしまう。左サイド深い位置でボールを持ったドウグラスがドリブルでボックス内に侵攻すると、対応に手を焼いたDFチャン・ヒョンスに倒されてPKを獲得。これをドウグラスが自ら沈め、リードを2点に広げた。 ▽結局、試合は2-0のスコアで清水がリードしたまま終了。この結果、FC東京は暫定5位に転落しACL出場圏外に。対する清水は暫定9位に順位を上げている。 2018.09.29 19:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース