【超WS選定週間ベストイレブン/J1第14節】広島の重戦車、無双止まらず!2018.05.14 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第14節の8試合が12日と13日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK林彰洋(FC東京/初選出)
▽雨が降る悪天候を物ともせず、好セーブを披露。GKク・ソンユンと共に試合を締めた。

DFチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸/2回目)
▽タイトな守備と後方からのビルドアップ役として機能。申し分のない出来。

DF菅沼駿哉(ガンバ大阪/初選出)
▽巡ってきた先発機会でウーゴ・ヴィエイラを封殺。鋭いカバーリングで守備陣をリード。

DFチョン・スンヒョン(サガン鳥栖/初選出)
▽カバーリング、一対一、いずれも抜群の安定感。浦和攻撃陣を停滞させた。

MF飯尾竜太朗(V・ファーレン長崎/初選出)
▽驚異的な運動量でアップダウン。右サイドを活性化させた。

MF中原彰吾(V・ファーレン長崎/2回目)
▽中盤センターから攻撃陣をリード。攻守に存在感を高めた。

MF守田英正(川崎フロンターレ/初選出)
▽売りの守備力を生かしたボールハントが同点弾に直結。持ち味を存分に発揮した。

MF柏好文(サンフレッチェ広島/2回目)
▽得意の斬り崩しから逆転弾。自由な立ち回りでより相手の脅威に。

FW北川航也(清水エスパルス/初選出)
▽今季初の1試合2発。試合を重ねるごとにストライカーとしての完成度が高まる。

FWパトリック(サンフレッチェ広島/4回目)
▽今季3度目の1試合2発。自身の馬力がもはやチームの戦術に。

FW中村慶太(V・ファーレン長崎/2回目)
▽動き出しで違いを生み、殊勲の2発。ファンマとの関係性も上々。

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第21節】イニエスタが超絶美技からJ初ゴール!

▽明治安田生命J1リーグ第21節の9試合が10〜11日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK飯倉大樹(横浜F・マリノス/2回目) ▽横浜FMの守護神として最後尾で存在感。湘南の決定機をことごとく凌ぎ切り、9試合ぶりの完封でチームに久々の勝利をもたらした。 DF蜂須賀孝治(ベガルタ仙台/3回目) ▽この試合でもチームの攻撃に多大なる貢献度を誇る。右サイドでボールの収めどころとなり、クロッサーとしても力を発揮した。 DF水本裕貴(サンフレッチェ広島/3回目) ▽経験に裏打ちされた先読みの守備でチームとして我慢の時間帯を凌ぎ切る。際立った場面こそ少ないが、中央で全体を統率した。 DF板倉滉(ベガルタ仙台/3回目) ▽連携、対人、クロス対応など申し分ない出来。柏の強みである右サイドを封じ込み、第18回アジア競技大会に臨むU-21日本代表に合流へ。 DF金井貢史(名古屋グランパス/初選出) ▽PK献上こそあったが、移籍後初ゴールを含む2得点をマーク。最多入場者数更新の一戦で神々しい活躍を披露した。 DFティーラトン(ヴィッセル神戸/初選出) ▽イニエスタに極上のプレーに沸いた試合だったが、その中で攻守に貢献度高きプレーを徹底。運動量も目が見張るものがあった。 MF高橋秀人(サガン鳥栖/初選出) ▽浦和のワイドな攻撃に動じず、豊富な運動量で縦横無尽に広範囲をカバー。決勝点を挙げ、チームの連勝を呼び込んだ。 MF前田直輝(名古屋グランパス/2回目) ▽全4ゴールに絡む会心のパフォーマンス。卓越したドリブルスキルで鹿島守備陣を完全に手玉に取り、名古屋の攻撃を形づくった。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/初選出) ▽絶妙なターンから移籍後初得点をマークするなど、Jリーグで別次元のプレーぶり。ホットライン開通のポドルスキと共に神戸を力強くリードした。 FW小林悠(川崎フロンターレ/2回目) ▽ボールを引き出す動きと決定力で清水守備陣を翻弄。1得点1アシストを挙げ、フロンターレのエースを評される所以を示した。 FWアデミウソン(ガンバ大阪/初選出) ▽ファンを含むチーム一丸の思いを乗せたドラマチックな一発。個人としても2試合連続ゴールとなり、今後の活躍にも期待大。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.13 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第20節】名古屋の元セレソンが実力を見せつける来日初ハット!

▽明治安田生命J1リーグ第20節の9試合が5日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK徳重健太(V・ファーレン長崎/2回目) ▽幾度となく襲いかかってきた浦和選手のシュートをことごとくセーブ。勝利にこそ結びつかなかったが、埼スタでの1ptは数字以上に価値がある。 DF西大伍(鹿島アントラーズ/初選出) ▽攻撃センスを押し出したプレーでアタッカー陣をフォロー。さらに、今季初得点となる値千金の決勝弾を挙げるなどいぶし銀の活躍を披露した。 DFチョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ/2回目) ▽鹿島移籍後初先発で新天地デビュー。制空権を握り続けるだけでなく、決勝戦を演出するなど、鹿島で上々のスタートを切った。 DF大井健太郎(ジュビロ磐田/2回目) ▽2試合連続の後半AT弾。しかも、今節は逆転勝利に導く一発。チームとして2失点の守備面こそ課題を残すが、セットプレー時の存在感はさすが。 DF吉田豊(サガン鳥栖/初選出) ▽持ち前の戦う姿勢を武器に左サイドからチームをリードしつつ、見事なボレーで先制弾。疾走し続ける姿が3カ月ぶり白星のチームに勇気を与えた。 MF伊東純也(柏レイソル/2回目) ▽スピードスターぶりを見せつけ、柏攻撃陣の火付け役に。キレキレのパフォーマンスで右サイドを爆走する姿は誰よりも輝きを放った。 MF守田英正(川崎フロンターレ/3回目) ▽素晴らしい縦パスで先制点を演出するなどボランチでコンビを組む大島と共に中盤を制圧。試合を追うごとに成長を感じさせるプレーぶり。 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/初選出) ▽無尽蔵のスタミナを武器にボックス・トゥ・ボックスの働きで中盤を牛耳る。バランサーとしてかなり効いていた。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/3回目) ▽行く先々で“天才”と評される所以を示す圧倒的な存在感。今節も随所で異彩を放ち続け、攻撃の絶対的支柱に君臨した。 FW小林悠(川崎フロンターレ/初選出) ▽フロンターレの主砲が今季初の1試合2得点。横浜FMとのダービーという最高の舞台でゴールゲッターぶりを遺憾なく発揮した。 FWジョー(名古屋グランパス/2回目) ▽宮本体制から初白星を奪う来日後初のハット。イニエスタやトーレスの参戦に沸くJリーグだが、この男の存在も忘れてはならない。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.06 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第19節】赤い悪魔の点取り屋、上位連破に導く7季連続2桁到達弾

▽明治安田生命J1リーグ第19節の9試合が1日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/初選出) ▽神がかったビッグセーブを連発。最後の最後に同点弾を許したものの、圧巻のプレーで勝ち点1さえもほど遠い出来だったチームを救った。 DF岩波拓也(浦和レッズ/初選出) ▽守備では橋岡大樹と共に川崎フロンターレの左サイドを封鎖。攻撃面では持ち味であるフィードで先制点の起点に。 DFファン・ソッコ(清水エスパルス/3回目) ▽ディフェンスリーダーとしての役割を完遂。元スペイン代表FWと元日本代表によるサガン鳥栖強力ツートップを無得点に抑え込んだ。 DF大﨑玲央(ヴィッセル神戸/初選出) ▽安定感あるディフェンスに加え、積極的な攻撃参加も披露。移籍後2試合目とは思えぬ頼もしさ。 MF柴崎晃誠(サンフレッチェ広島/初選出) ▽攻守にわたり堅実なプレーでチームに貢献。2アシストと数字でも結果を残した。 MF青木拓矢(浦和レッズ/初選出) ▽派手さはないが、継続的なプレスとスペースを埋める動きでフィルター役を担った。 MF白崎凌兵(清水エスパルス/初選出) ▽的確なポジショニングと顔出しで攻守に存在感。ドウグラスへのスルーパスでPK獲得のきっかけを作った。 MF室屋成(FC東京/2回目) ▽猛暑をものともしないスプリントで相手の嫌な存在に。19分には針の穴を通すピンポイントクロスで富樫敬真のゴールをアシスト。 FW前田直輝(名古屋グランパス/初選出) ▽約5カ月ぶり勝利の立役者。ジョーとのコンビも抜群で1ゴール1アシストを記録。 FW興梠慎三(浦和レッズ/4回目) ▽動き出しからシュートまでの全てが見事。7シーズン連続2桁ゴール到達。 FW山﨑凌吾(湘南ベルマーレ/初選出) ▽こぼれ球への素早い反応でJ1初ゴール&PK獲得による2得点。連勝に導いた。 2018.08.02 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第18節】長崎のオランダ人新戦力がデビュー戦で神々しい輝き!

▽明治安田生命J1リーグ第18節の6試合が27〜28日にかけて開催された。超WS編集部が延期3試合を除く今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKカミンスキー(ジュビロ磐田/2回目) ▽フェルナンド・トーレスのJ1初得点を阻止する見事な飛び出しを披露。そのほかの場面でも冷静沈着な対応でゴールマウスに鍵をかけた。 DF蜂須賀孝治(ベガルタ仙台/2回目) ▽対面した丸橋の背後を突き、クロスから決定機を作りだす。さらに、シーズン3得点目のゴールを挙げ、躍動した。 DFヨルディ・バイス(V・ファーレン長崎/初選出) ▽ディエゴ・オリヴェイラとの肉弾戦で当たり負けせず。デビュー戦から闘将ぶりを発揮するなど今後にも期待感高まる。 DF高橋祐治(サガン鳥栖/初選出) ▽磐田攻撃陣の前に壁として立ちふさがる。勇敢なスライディングで地上戦で優位に立ち、高さの部分でも跳躍力を生かして制空権を握る。 DF町田浩樹(鹿島アントラーズ/初選出) ▽昌子の不在で得た出場機会を生かしてプロ初ゴール。安定した守備も見せつつ、左足のフィードも正確だった。 DF丸橋祐介(セレッソ大阪/初選出) ▽高精度の左足で2ゴール。リスクを冒した攻め上がりを見せるが故、守備面で安定感を欠いたが、攻撃面で突破口に。 MF柏木陽介(浦和レッズ/3回目) ▽司令塔として中盤からチームの攻撃を形づくる。的確なパス出しで広島を苦しめ、10番の働きを完遂した。 MF黒木聖仁(V・ファーレン長崎/初選出) ▽際立つプレーこそ少ないが、献身的な働きがチームに勝利を呼び込む。バランスの取り方ひとつにも集中力を切らさず。 FW郷家友太(ヴィッセル神戸/初選出) ▽試合を通じて決定機に顔を出す。自身にゴールこそ生まれなかったものの、66分に増山の決勝点をクロスでお膳立て。 FW興梠慎三(浦和レッズ/3回目) ▽首位チームから貫禄の2発を挙げ、今シーズン3度目の1試合複数得点。堅守が光る広島を相手に決定力を見せつける。 FW西村拓真(ベガルタ仙台/3回目) ▽スペースを突く動き出しと、俊敏性で攻撃を活性化。2戦連発の得点を決めるなど、決定的な場面に多く絡んだ。 2018.07.30 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第17節】“ベルマーレの未来”がJ1記念すべき通算21000ゴール目!

▽明治安田生命J1リーグ第17節の9試合が22日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKランゲラック(名古屋グランパス/2回目) ▽幾度も神がかったファインセーブで広島攻撃陣の前に立ちふさがる。獅子奮迅の活躍で首位チームから勝ち点1をもぎ取った功労者に。 DF安西幸輝(鹿島アントラーズ/2回目) ▽爆発的なスピードとドリブルスキルで鹿島加入後J1初得点をマーク。持ち味の攻撃センスを象徴するゴールシーンだった。 DF大井健太郎(ジュビロ磐田/初選出) ▽経験に裏打ちされた狼狽な守備を徹底。セーフティかつ的確なディフェンスがチームの強度を高めたことは言うまでもない。 DF坂圭祐(湘南ベルマーレ/2回目) ▽試合を通じて安定したディフェンス。さらに、嬉しいプロ初得点をマークした。特質すべきは果敢なタックル。頼もしさが顕著だった。 DF太田宏介(FC東京/2回目) ▽代名詞の直接FKで観戦に訪れた元同僚の長友をはじめ、スタジアムに駆けつけたファンを魅了。その後のゴールラッシュの突破口に。 MF永木亮太(鹿島アントラーズ/2回目) ▽中盤の広範囲をカバーしつつ、ボールの供給源としても機能。ゴールに繋がる効果的なパスを通すなど、鹿島の攻撃を形作った。 MF齊藤未月(湘南ベルマーレ/初選出) ▽プロ3年目にしてリーグ戦初得点。イニエスタ加入効果で調子づく相手に面を食らす一発に。今後にも期待を抱かせる出色のパフォーマンスだった。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/3回目) ▽まだまだ健在。リンクマンとして効果的な働きを見せつつ、最後の局面でもクリエイターとして輝いた。相手の急所を見抜く力はさすが。 MF東慶悟(FC東京/2回目) ▽目を見張る運動量と献身的な立ち回りで健太サッカーを体現。攻守において抜群の存在感を誇り、得点もマークした。 FW北川航也(清水エスパルス/2回目) ▽1得点1アシスト。PKのチャンス獲得、PK成功、新戦力ドウグラスの得点アシスト…決定的な場面で大きな仕事を遂行した。 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/2回目) ▽2得点1アシストの活躍。金崎夢生のいない前線でひと際の輝きを解き放つ。ゴールに向かう姿勢で相手DFの脅威を与え続けた。 2018.07.23 13:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース