【超WS選定週間ベストイレブン/J1第14節】広島の重戦車、無双止まらず!2018.05.14 13:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第14節の8試合が12日と13日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK林彰洋(FC東京/初選出)
▽雨が降る悪天候を物ともせず、好セーブを披露。GKク・ソンユンと共に試合を締めた。

DFチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸/2回目)
▽タイトな守備と後方からのビルドアップ役として機能。申し分のない出来。

DF菅沼駿哉(ガンバ大阪/初選出)
▽巡ってきた先発機会でウーゴ・ヴィエイラを封殺。鋭いカバーリングで守備陣をリード。

DFチョン・スンヒョン(サガン鳥栖/初選出)
▽カバーリング、一対一、いずれも抜群の安定感。浦和攻撃陣を停滞させた。

MF飯尾竜太朗(V・ファーレン長崎/初選出)
▽驚異的な運動量でアップダウン。右サイドを活性化させた。

MF中原彰吾(V・ファーレン長崎/2回目)
▽中盤センターから攻撃陣をリード。攻守に存在感を高めた。

MF守田英正(川崎フロンターレ/初選出)
▽売りの守備力を生かしたボールハントが同点弾に直結。持ち味を存分に発揮した。

MF柏好文(サンフレッチェ広島/2回目)
▽得意の斬り崩しから逆転弾。自由な立ち回りでより相手の脅威に。

FW北川航也(清水エスパルス/初選出)
▽今季初の1試合2発。試合を重ねるごとにストライカーとしての完成度が高まる。

FWパトリック(サンフレッチェ広島/4回目)
▽今季3度目の1試合2発。自身の馬力がもはやチームの戦術に。

FW中村慶太(V・ファーレン長崎/2回目)
▽動き出しで違いを生み、殊勲の2発。ファンマとの関係性も上々。

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第29節】前線3枚にダービーの主役たち!

▽明治安田生命J1リーグ第29節の9試合が5〜7日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/3回目) ▽PKストップの鹿島守護神クォン・スンテと悩んだが、ソウザの強烈なシュートを左手指先でセーブしたG大阪守護神の方がより印象的に。2戦連続完封で気持ち良く代表へ。 DF山根視来(湘南ベルマーレ/初選出) ▽不必要なファウルでピンチを招く場面もあったが、身体を張り続け、機を見た攻撃参加でも尽力。結果、岡本の得点を演出した。 DF森重真人(FC東京/2回目) ▽対峙した得点ランキングトップタイのジョーをほぼ完璧に封殺。制空権を握り続け、最終ラインで防波堤に。 DFフレイレ(清水エスパルス/初選出) ▽静岡ダービーでの快勝劇にこの男の活躍あり。守備だけでなく、インターセプトで攻撃の起点になるなど、 MF伊東純也(柏レイソル/3回目) ▽先発復帰戦の2位広島戦でビーティフルゴール2発。あの2発が苦境に喘ぐチームをだいぶ楽にした。8日から合流する代表にも弾み。 MF大谷秀和(柏レイソル/初選出) ▽攻守にやるべきことを徹底。経験に裏打ちされた見事なコントロール術でチームに自信と力強さをもたらした。 MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目) ▽チームは自身が戦列復帰後5戦全勝。大阪ダービーでもバイタルエリア付近で存在感を高め、決勝点は自身のボールカットから。随所で躍動した。 MF大津祐樹(横浜F・マリノス/初選出) ▽中盤の随所で汗っかき役として存在感。アタッカーからハードワーカーへのスタイル大改革を象徴する試合だった。 FW北川航也(清水エスパルス/3回目) ▽開始直後の50秒弾を皮切りにゴールを創出。2得点2アシストの圧巻パフォーマンスで静岡ダービーで主役に。日本代表への追加招集も納得だ。 FWドウグラス(清水エスパルス/初選出) ▽ルーズボールをことごとく収めていくだけでなく、仕掛けや決定力も抜群。静岡ダービーでも2発を挙げるなど磐田守備陣を蹂躙した。 FWアデミウソン(ガンバ大阪/2回目) ▽出場停止のファン・ウィジョに代わり、先発した大阪ダービーで記憶にも記録にも鮮烈な技ありループ弾。チームの反発力としてキレキレだった。 2018.10.08 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第28節】レッズ点取り屋が芸術的2発!

▽明治安田生命J1リーグ第28節の7試合が9月29〜30日にかけて開催された。超WS編集部が延期試合を除く今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/2回目) ▽首位広島を相手に狂い咲き。元僚友で得点ランキングトップタイのパトリックもお手上げの圧巻のパフォーマンスを披露した。 DF西大伍(鹿島アントラーズ/3回目) ▽対面の相手をきっちり抑え込む守備と攻撃参加でいぶし銀の活躍。セットプレーからしっかりと追加点も挙げ、安定したプレーが光った。 DF三浦弦太(ガンバ大阪/2回目) ▽ディフェンスリーダーとして存分に能力を発揮。高い身体能力を生かした対人プレーも綻びなく、首位相手の完封劇に貢献した。 DF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽リベロとして出場。的確なポジショニングとビルドアップだけでなく、身体を張った際の守備でも存在感。次節出場停止が悔やまれる。 DF山中亮輔(横浜F・マリノス/6回目) ▽2試合連続弾の強烈ミドル弾。高精度のクロスでも味方のゴールをお膳立てするなど、この試合でも攻撃面で高い貢献度を誇った。 MF中村憲剛(川崎フロンターレ/4回目) ▽試合の流れを読み取る力はさすが。それに応じたポジショニングとパスセンスで攻守の支柱を担い、首位浮上に導く。 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ/2回目) ▽中央のエリアを封鎖しつつ、機を見て攻撃参加にも尽力。先制ゴールをマークするなど、攻守で圧巻のパフォーマンスだった。 MF金子翔太(清水エスパルス/2回目) ▽キレキレ。60分の場面でゴールを挙げられなかったことが悔やまれるが、FC東京守備陣をだいぶ翻弄した。 FW仲川輝人(横浜F・マリノス/3回目) ▽今季2度目の1試合2得点。相手をキリキリ舞いする売りのドリブルでファンを沸かせ、珍しく頭でもゴールをゲット。 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/4回目) ▽仕留め役だけでなく、前線からの守備、ボールの収め役としても躍動。このパフォーマンスを続けられれば代表入りも近いかも? FW興梠慎三(浦和レッズ/5回目) ▽1点目の技ありループシュートもさることながら、決勝弾の右足ボレーでもファンを魅了。浦和の点取り屋としての仕事を見事に完遂した。 2018.10.01 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第27節】堂々凱旋のガンバ主砲がキレキレ!

▽明治安田生命J1リーグ第27節の9試合が21〜23日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK 権田修一(サガン鳥栖/4回目) ▽長崎のGK徳重健太と迷ったが、下位直接対決というよりシビアな試合で好セーブを連発した点を評価。この男の活躍なしに勝ち点1獲得はなかった。 DFエウシーニョ(川崎フロンターレ/初選出) ▽対面の和泉を早々にベンチに追いやるなど自サイドを制圧。売りの攻撃センスがチームの苦しい時間帯で反発力にも! DF犬飼智也(鹿島アントラーズ/初選出) ▽際の部分で強さを誇り、崩されかけても見事な対応で守備陣の破城を回避。この試合での存在感は絶大だった。 DF髙杉亮太(V・ファーレン長崎/初選出) ▽最終ラインを巧みにコントロールする統率力を遺憾なく発揮。守護神の徳重とともに守備陣をリードした。 DF槙野智章(浦和レッズ/4回目) ▽神戸キーマンのウェリントンに完勝。積極的な攻撃参加からゴールを目指す姿も多く見せ、5万人超の観客を沸かせた。 DF山中亮輔(横浜F・マリノス/5回目) ▽指揮官の戦術下で最も伸び伸びプレーする男が値千金の決勝弾。終始、攻守に受けに回ることなく、アクションを起こし続けた。 MF柏木陽介(浦和レッズ/4回目) ▽復帰戦で圧巻の2アシスト。興梠の得点に繋がった1アシストの場面は、自身が試合後に「今季一番」と絶賛するほど。 MF青木拓矢(浦和レッズ/2回目) ▽相手GKを出し抜く技ありのミドル弾でチームに先制ゴールをプレゼント。守備的MFとしても大崩れせず、勝利の立役者に。 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/2回目) ▽いつものように献身的な守備から強烈なミドルシュートでチーム2点目。ガンバ大阪時代からJ1で得点すると続く“不敗神話”も継続。 FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/4回目) ▽約1カ月の代表合流から帰還後、2戦2発。代表で培った質の高い動き出しや、ゴールに向かう積極性が相手DFの脅威に。 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/3回目) ▽自身初のリーグ二桁得点に到達となる一発を含む1得点1アシスト。前線からのチェイシングも抜かりなく、攻守両面の旗手に。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第26節】川崎Fの天才レフティが異次元の煌き

▽明治安田生命J1リーグ第26節の9試合が14〜16日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK権田修一(サガン鳥栖/3回目) ▽代表から帰還後の初戦で好守連発。鳥栖の絶対的守護神として。残留圏浮上に大きく貢献した。 DF西大伍(鹿島アントラーズ/2回目) ▽狙いすましたクロスで2ゴールを演出。前半こそ苦しんだが、後半になり、クロッサーとして異彩を放った。 DF大岩一貴(ベガルタ仙台/3回目) ▽相手キーマンのディエゴ・オリヴェイラから中央で自由を奪う守備を徹底。チームの堅守体現者として抜群の存在感を誇った。 DF高橋祐治(サガン鳥栖/3回目) ▽セットプレーからJ1初ゴールとなる決勝弾。カバーリング、エアバトルも強さを見せ、出色の出来だった。 MF河井陽介(清水エスパルス/2回目) ▽相棒の竹内とともに中盤でボールの回収役を担いつつ、1得点1アシストの活躍。攻守両面でキーマンとしての働きが光った。 MF武藤雄樹(浦和レッズ/初選出) ▽チームとして良い戦いができていない中、ゴールに向かう積極性で尽力。決勝点の場面は青木のフィードもさることながら見事な抜け出しが光った。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/4回目) ▽7発快勝劇の口火を切るゴールだけでなく、2アシストもマーク。異次元のパフォーマンスを披露した。 MF倉田秋(ガンバ大阪/2回目) ▽神戸との関西勢対決で10番の輝き。巻き返した後半に圧巻の1得点1アシストを挙げ、宮本ガンバを連勝街道に導く。 MF白崎凌兵(清水エスパルス/2回目) ▽流れを引き寄せる先制アシストを記録すると、今季初ゴールとなる追加点も奪取。MOMの働きを見せつけた。 FW鈴木武蔵(V・ファーレン長崎/初選出) ▽日本代表で活躍する中島ら同世代の活躍に刺激を受け、ハットトリックを達成。8試合ぶりの白星を大きく手繰り寄せた。 FW阿部拓馬(ベガルタ仙台/初選出) ▽クロスから決勝点となるオウンゴールを誘発。そのほか、ドリブルで突破口となり続け、前線からのプレスも抜かりなし。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第25節】G大阪の熟練ボランチが復帰戦で健在ぶりアピール!

▽明治安田生命J1リーグ第25節の9試合が8月31〜9月2日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKランゲラック(名古屋グランパス/3回目) ▽好守連発でほぼノーミスのプレー内容。名古屋の6発快勝劇の裏にオーストラリア人守護神の活躍あり。 DF大岩一貴(ベガルタ仙台/2回目) ▽ドウグラスら相手キーマンとの肉弾戦で上を行き、守備ラインの防波堤に。技ありゴールも決め、上々のパフォーマンスだった。 DFファビオ(ガンバ大阪/2回目) ▽セットプレーから試合の行方を決定付ける一発。カバーリングも冴え渡り、川崎F攻撃陣を苦しめた。 DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽1得点1アシストの活躍。相手の意表を突く技あり直接FK弾はお見事のひと言。 DF佐々木翔(サンフレッチェ広島/2回目) ▽代表初選出の自らを祝う勝ち越し弾。守備でも粘り強く対応するなど存在感を際立たせた。 MF梅崎司(湘南ベルマーレ/初選出) ▽鋭い出足と精力的な動きで攻撃陣をリード。しっかりと先制ゴールも決め、らしいプレーを随所で披露した。 MFソウザ(セレッソ大阪/2回目) ▽キャノン砲が炸裂。4月28日の湘南戦以降、ホームで無敗だった浦和に土をつける主人公に。 MF今野泰幸(ガンバ大阪/初選出) ▽熟練ボランチがブランクを感じさせない門番ぶりを発揮。川崎F相手に10試合ぶりの無失点勝利に導き、残留に一筋の光を見いだす。 MF天野純(横浜F・マリノス/2回目) ▽攻撃を形づくるだけでなく、豊富な運動量でピッチ広範囲に顔を出す。代表にも追加招集という形で初選出。 FWジョー(名古屋グランパス/5回目) ▽直近6試合で圧巻の12得点。もはやどのDFも対峙するのを恐れるアンストッパブルな存在に。 FWパトリック(サンフレッチェ広島/6回目) ▽逆転勝利に導くシーズン6度目の2発。今季得点数も19ゴールに伸ばして20発の大台にリーチ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.03 13:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース