ヴェルメーレン、W杯出場に黄色信号…レバンテ戦で右ハムストリング負傷2018.05.14 10:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンにロシア・ワールドカップ(W杯)不出場の可能性が浮上した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。▽ヴェルメーレンは、13日に行われたリーガエスパニョーラ第37節のレバンテ戦に先発。しかし、30分にスペイン代表DFジェラール・ピケとの交代を余儀なくされている。

▽バルセロナは同日にツイッター(@FCBarcelona)でヴェルメーレンの負傷状況として、右足のハムストリング負傷を報告。今後の検査で程度が明らかにされる見込みだという。

▽ベルギー代表のW杯出場は、今夏のロシア大会で2大会連続13回目。32歳のヴェルメーレンにとっても代表キャリアにおける集大成の大会とも言えるが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

ピケがリーガ300試合出場達成! バルサDFでは3人目

バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケのリーガエスパニョーラ出場試合が300試合に到達した。 ピケは16日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のバジャドリー戦に先発出場。『Opta』によれば、これでリーガ通算300試合出場となったようだ。 また、バルセロナのDFでリーガ300試合以上に出場したのは、カルロス・プジョル氏(392試合)と、ミゲリ氏(391試合)に続いて3人目の快挙だ。 2019.02.17 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、古巣対戦GKマシプに大苦戦も公式戦4戦ぶり白星! メッシが前人未到の11年連続30得点!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、バルセロナvsバジャドリーのが16日にカンプ・ノで行われ、ホームのバルセロナが1-0で勝利した。 前節、アスレティック・ビルバオ相手に今季初のリーグ戦無得点でドローに終わった首位のバルセロナは公式戦3戦連続ドローとやや調子が下降気味。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中で行われる今節は15位のバジャドリーをホームで迎え撃った。 直近のビルバオ戦からは先発5人を変更。ネウソン・セメドに代わって出場停止明けのジョルディ・アルバが戻ったほか、ラングレ、ラキティッチ、コウチーニョ、スアレスに代わってヴェルメーレン、アレーニャ、デンベレ、バルセロナでのリーガデビューとなるケビン=プリンス・ボアテングが起用された。なお、ピケはこの試合でバルセロナでのリーガ通算300試合出場を達成した。 立ち上がりからボールを保持してメッシとデンベレの両ウイングの仕掛けを軸に攻撃を展開していくバルセロナ。しかし、ハイプレスとリトリートを織り交ぜながらソリッドな守備を構築するバジャドリーの堅守を前になかなかアタッキングサードを打開できず。 メッシが幾度か得意のラストパスでチャンスを演出しかけるが、なかなか周囲との呼吸が合わない。 前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。守備の局面こそ無難に相手のカウンターに対処するホームチームだが、攻撃の局面では最前線のボアテングの存在感のなさやインテリオールからの配球の問題もあり効果的な仕掛けは皆無。 それでも、前半終了間際の43分にはカウンターから前線に攻め上がっていたピケがボックス内でミチェルに倒されてPKを獲得。これをキッカーのメッシが冷静に決めて苦しみながらも最高の時間帯にリードを奪った。なお、メッシにとってこのゴールは11年連続となるシーズン30ゴール目となった。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢に転じるバルセロナは49分に左サイドのアルバからのクロスをゴール前に走り込んだメッシが左足で合わせるが、これは古巣対戦のGKマシプの好守に阻まれる。さらに、52分にはボアテングのスルーパスに抜け出したデンベレからのラストパスにメッシが反応もシュートを枠外に外す。 その後、ボックス内でのGKとの一対一を決め切れなかったボアテングを下げて60分にスアレスをピッチに送り込んだバルセロナは畳みかける攻撃を見せる。65分、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスがボックス内でGKと一対一もマシプのセーブに遭う。このこぼれ球をデンベレが繫いでメッシがシュートも再びマシプにキャッチされた。 その後、デンベレに代えてコウチーニョ、アレーニャに代えてラキティッチと主力をピッチに送り込んで試合を終わらせにかかるバルセロナ。73分にはメッシの絶妙な右クロスをゴール左でフリーのスアレスが押し込みにかかるが、ここはうまくミートできない。 ピンチこそないものの試合を決め切れないバルセロナだったが、85分に絶好の追加点のチャンスを得る。ボックス内で仕掛けたコウチーニョがキコに倒されてPKを獲得。ここでメッシが再びキッカーを務めるが、ゴール右を狙ったシュートはGKマシプに完璧に読まれて痛恨の失敗。この跳ね返りを頭で押し込みにかかるも、これもキャッチされてしまった。 その後もカウンターからメッシ、スアレスと2点目のチャンスはあったものの、完全に乗ったマシプの牙城を最後まで破れず。ホームで辛勝のバルセロナは公式戦4戦ぶりの白星を手にしてCLリヨン戦に挑むことになった。 2019.02.17 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ラビオ、今夏でのバルセロナ移籍はやはり既定路線…フランス紙報じる

パリ・サンジェルマン(PSG)MFアドリアン・ラビオは、やはり今夏にバルセロナに加入するのかもしれない。<br><br>今季限りで切れるPSGとの契約を延長することを拒み、チームから切り離されている状況のラビオ。フランス『パリジャン』は、同選手の関係者から、今夏にバルセロナでプレーする可能性が高いことを聞きつけたようだ。<br><br>曰く、ラビオはバルセロナと年俸額や移籍のボーナス額、自身の起用法などについて合意に達しているという。<br><br>なおラビオはPSGとの契約が切れるまで半年となった状況で、他クラブとの交渉が可能となった。バルセロナは同選手をMFイバン・ラキティッチの後継者に据える考えとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 23:48 Sat
twitterfacebook
thumb

マウコム、新天地最有力にリバプール?

リバプールが、バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)を獲得する可能性があるようだ。フランス『Le10Sport』の情報を引用して大手『ESPN』が伝えている。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、これまで移籍金に見合った活躍はできておらず、リーガエスパニョーラでの出場は7試合留まり。先発出場はわずか1試合のみだ。 そのため、残留したものの今冬には早くも移籍の噂が渦巻いていたが、伝えられていた中国勢からの関心は現在では薄れているという。こうした中で、新たに有力な移籍先として挙げられているのがリバプールだ。マウコムは依然としてバルセロナ残留を切望してはおらず、関心を示し続けているリバプールの機運は熟しつつあるのかもしれない。 2019.02.16 18:06 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、バルベルデ監督と1年間の契約延長! 1年間の延長OP付き

バルセロナは15日、エルネスト・バルベルデ監督(55)と2020年6月まで契約を延長したことを発表した。また、1年間の契約延長オプションも付随している。 2017年からバルセロナの指揮を振っているバルベルデ監督は、1年目からリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイの国内2冠を達成。今シーズンもここまでリーグで15勝6分け2敗と勝ち点「51」を積み重ね、2位のレアル・マドリーに6ポイント差をつけて首位を快走している。 なお、これまでの公式戦96試合では、リーグ戦43勝、国王杯は11勝、チャンピオンズリーグ(CL)10勝、スペインスーパーカップ1勝と計65勝を挙げており、勝率は68%を誇っている。 2019.02.15 21:21 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース