イニエスタ、バルセロナ選手として残すのはあと1試合「そのときが近づくほど難しくなる」2018.05.14 09:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
3日のリーガエスパニョーラ第37節、バルセロナは敵地シウター・デ・バレンシアでのレバンテ戦を4−5で落とした。今季限りで同クラブを退団することが決定しているMFアンドレス・イニエスタは試合後、無敗優勝の夢が断たれたことへの落胆を口にしている。

スペイン代表MFは同国『Beinスポーツ』とのインタビューで次のようにコメントした。

「1-2までは逆転できたが、後半の点差(1-5)がとても難しくしてしまった。無敗優勝という記録を達成できなくて残念だ」

「無敗優勝まであと2試合まで迫り、僕たちは大きな期待を抱えていた。でも良い試合にはできなかったし、レバンテがとても素晴らしいチームであることを示したね」

2010年南アフリカ・ワールドカップでスペイン代表を優勝に導き、同国の各スタジアムで喝采を受けてきたイニエスタ。バルセロナ退団決定後にはこれまで以上の称賛を受け、この試合で途中交代する際にも、レバンテのファンはスタンディングオベーションでもってスペイン生ける伝説を称えている。

「人々の愛情と敬意に感謝をしている。もうすぐ、バルセロナで過ごす日々は終えることになるけど、そのときが近づくほどに難しくなるね。この瞬間を最大限味わおうと思う」

次節、本拠地カンプ・ノウでのレアル・ソシエダ戦は、イニエスタがバルセロナの選手として最後に臨む試合だ。

「最後の試合だし、人々は今季のチームに別れを告げることを望んでいるはずだ。これだけ長い間バルセロナにいたわけだし、美しい思い出になることを期待している」

提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース