ネイマールがリーグ・アンMVPに!2018.05.14 09:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランスプロサッカー協会(UNFP)は13日、2017-18シーズンのリーグ・アン授賞式を開き、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)を年間最優秀選手賞に選出した。

▽ネイマールは昨夏、史上最高額の移籍金でバルセロナからPSGに加入。シーズンの後半戦こそ負傷で戦線離脱を余儀なくされたものの、リーグ・アン20試合に出場して19ゴール15アシストの輝かしい成績を収めた。

▽加入初年度からリーグ・アン年間最優秀選手賞を手にしたネイマールは「すごく感動した。今シーズンにもすごく満足している。光栄だよ。チームメートなしで、この賞を手にすることはできなかった」と語っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールが憧れるアイドルは?「同じ番号をつけたかったけど…」

ブラジル代表で10番を背負うネイマールだが、本人は望んでいなかったようだ。『UOL Esporte』のインタビューで明かしている。<br><br>2010年、18歳でセレソン(ブラジル代表の愛称)デビューを果たしたネイマール。以降エースとして君臨し、ここまで94試合で59ゴールを記録。26歳ながら、キャップ数は歴代10位、得点数は歴代3位にランクインするなど、ファンの厳しい要求の中でもエースの役割を全うしてきた。<br><br>これまでペレ氏などがつけた栄光の背番号の系譜を繋いできたネイマールだが、本人は他にお気に入りの番号があるようだ。『UOL Esporte』のインタビューで、自身のアイドルと同じ番号を付けることを望んでいたと明かしている。<br><br>「ロビーニョが僕にとっては一番のアイドルだったんだ。だから、サントスでは彼がつけていた7番でプレーすることを望んだよ。そして、ロビーニョがサントスに復帰してからは、彼をリスペクトして7番を渡し、僕は次に好きな11番を選んだ」<br><br>セレソンでも、憧れのロビーニョと同じ番号を背負うことを望んでいたという。<br><br>「(2013年の)コンフェデレーションズカップ前、(当時のルイス・フェリペ)スコラーリ監督から背番号与えられる時に、7番か11番が欲しいと言ったんだ。するとダニエウ・アウヴェスが僕を見て『お前は10番だ、これを着なければならない』と言ってきたんだ」<br><br>26歳ながら、&ldquo;サッカー王国&rdquo;ブラジルの歴史に名を残すような活躍を見せるネイマール。セレソンとして獲得したメジャータイトルは、母国開催のオリンピックだけだが、4年後のカタールW杯で偉大な先輩と同じくカップを掲げることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.19 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGに罰金2万ユーロ! 八百長疑惑のCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦

▽欧州サッカー連盟(UEFA)が、パリ・サンジェルマン(PSG)に2万ユーロ(約257万円)の罰金を科した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽処罰の対象となったのは、4日にパルク・デ・プランスで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦。キックオフの時間が遅れたことにより、今回の処分が下ったと伝えられている。また、試合中にファンが花火を放ったことも、罰せられる可能性があるようだ。 ▽また、6-1でPSGが勝利したこの試合には八百長の疑いもかけられている。12日にフランス『レキップ』やイギリス『BBC』が報じたところでは、ツルヴェナ・ズヴェズダの関係者が「PSG戦でツルヴェナ・ズヴェズダが5点を失って敗北する」という内容に500万ユーロ(約6億4300万円)を賭けていたという。 ▽どちらのクラブのこの疑惑を激しく否定しているが、フランス国家財政検察(PNF)による調査が続けられている。快勝という結果とは裏腹に様々な影がまとわりつく一戦、PSGは潔白を証明することができるのだろうか。 2018.10.19 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ「東京五輪に出たい」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが2020年の東京オリンピック出場に強い意欲を示した。フランス『RMC Sport』が報じた。 ▽モナコでプロデビュー以降、移籍先のPSGやフランス代表でも異彩を放ち続け、スター街道まっしぐらのムバッペ。19歳だが、既にバロンドール候補にノミネートされるほど評価を高めている。 ▽ロシア・ワールドカップでもヤングベストプレーヤー賞に輝く活躍でフランス代表を優勝に導いた今、ムバッペは次なる目標の1つとして、2020年に日本で行われる東京オリンピック出場を切望した。 「僕にはまだまだやるべきことがあって、全てのことを成し遂げたい。フランス代表でヨーロッパを制したいし、オリンピックにも出たい。PSGの一員としても、チャンピオンズリーグも優勝したいね」 2018.10.19 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG移籍後悔のネイマール、脱出のチャンスあり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)にバルセロナ復帰の可能性があるようだ。スペイン『アス』が『Cadena SER』を情報源に報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。その当時、PSGと5年契約を締結したが、選手側に有利な条項が盛り込まれているという。 ▽その契約には、2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項が存在。さらに、2020年夏を過ぎれば、移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能なオプションも含まれている模様だ。 ▽また、ネイマールはバルセロナと連絡を取り合う中でPSG移籍の後悔を吐露。実現こそしなかったが、今夏の移籍市場でもネイマール自らバルセロナに対して、再獲得を求めたとみられる。 ▽ただ、ネイマールに対しては現在、バルセロナの宿敵であるレアル・マドリーも関心を抱いているとされる。今後の動向から目が離せない。 2018.10.19 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ブッフォンも驚くムバッペの才能「ほとんど見たことがない。怪物」

パリ・サンジェルマンに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、フランスのテレビ番組『Tout le Sport』に招かれ、チームメイトのキリアン・ムバッペについて語った。<br><br>若くしてロシア・ワールドカップ優勝、バロンドールノミネートなど躍進を続けているムバッペ。パリにて成長を間近で見届けているブッフォンも驚きの存在であることを明かしている。<br><br>「彼はワールドカップでも見せたように本当に決定的な存在だ。イタリアだったら、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティらと比較できるだろう。でも彼は並外れた才能と技術を持っていて、ほとんど見たことがないよ」<br><br>「怪物だよ。最高の選手になりたいのなら、普通に今までどおりのことを続けていけば、とても長い間そうあり続けるだろう」<br><br>世界最高の選手へと歩を進めるムバッペ。ブッフォンの期待通り、世界のトップへと上り詰めることになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.18 17:30 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース