メッシ不在のバルサが格下レバンテに打ち負けて今季初黒星…400日・44戦ぶりのリーガ敗戦で無敗優勝の夢潰える…《リーガエスパニョーラ》2018.05.14 05:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは13日、敵地で行われたリーガエスパニョーラ第37節でレバンテと対戦し、4-5で敗戦した。

▽ミッドウィークに行われたビジャレアル戦を5-1で快勝したバルセロナは無敗優勝に向けてまた一歩前進。今季のアウェイ最終戦となる今節はすでに残留が決定している16位のレバンテと激突した。ビジャレアル戦からは先発5人を変更。GKにテア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバが復帰。また、ピケに代わってミナがヴェルメーレンとセンターバックに入った。中盤はパウリーニョに代わってラキティッチ、前線は招集外のメッシに代わってスアレスが復帰し、コウチーニョとデンベレと3トップを組んだ。

▽立ち上がりからイニエスタ、コウチーニョを起点に相手を押し込んでいくバルセロナ。しかし、9分にはペナルティアーク付近でボールを受けたホセ・モラレスに急加速で左に持ち出されると、DFミナが完全に振り切られてゴール左ライン際で高速クロスを許す。これをゴール前に詰めたE・ボアテングに合わせられると、クロスバーを叩いたボールがネットに吸い込まれた。

▽格下相手に先制を許す苦しい入りとなったバルセロナだが、直後の11分にも相手のスピードのある仕掛けからボックス左でフリーのバルディにクロスバー直撃のシュートを許すなど、控えセンターバックコンビが相手の攻撃を抑えきれない。

▽その後は徐々に相手陣内深くでプレーする時間を増やしていくが、最後の場面で精度を欠く。28分にはスプリントした際にハムストリングを痛めたヴェルメーレンがプレー続行不可能となり、ピケが慌ててピッチサイドで交代の準備を進める。すると30分、1人少ない状況で守備のオーガナイズを欠いたバルセロナはラキティッチとブスケッツがルキッチにあっさりとゴール前への侵入を許し、こぼれ球に反応したボアテングにGKテア・シュテーゲンがかわされて無人のゴールへシュートを流し込まれた。

▽メッシ不在の中で2点のビハインドを負ったバルセロナだったが、コウチーニョが重い空気を振り払う。38分、2失点目の直後に投入されたピケがドリブルでボックス付近までボールを運ぶ。ここからスアレスを経由したボールがコウチーニョに繋がると、コウチーニョが右から中央にカットインして放った強烈なシュートが相手DFにディフレクトしてコースが変わりゴール中央に突き刺さった。

▽コウチーニョのゴールで点差を縮めて後半を迎えたバルセロナだったが、ハーフタイムで守備面を修正できなかったチームはここからまさかの連続失点を喫する。後半開始30秒過ぎに相手ボランチに簡単に縦パスを許すと、右に流れたボアテングにつり出されたDFミナが空けたスペースに入り込んだカンパーニャにフリーのバルディに繋がれると、ペナルティアーク付近から強烈な右足のミドルシュートを突き刺される。

▽さらに49分には最終ラインでピケが競り負けたボールに抜け出した左サイドのルナに回収されると、フリーでボックス右に走り込むボアテングにすかさずスルーパスを通されてボアテングにハットトリックを献上。続く56分には相手のロングカウンターからロジェールの斜めのスルーパスに抜け出したボックス右のバルディにこの試合2点目を許し、今季公式戦最多の5失点目を喫した。

▽格下相手に悪夢のような展開を強いられたバルセロナだが、ここから王者の意地を見せる。59分、ボックス右でデンベレが入れた低いクロスがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをコウチーニョが豪快に蹴り込む。

▽この直後、イニエスタとデンベレを下げてデニス・スアレス、パコ・アルカセルの2枚替えで攻勢を強めるアウェイチームは64分にFKの二次攻撃から右サイドのブスケッツがペナルティアーク付近のコウチーニョに折り返すと、ブラジル代表MFが見事なダイレクトシュートで突き刺し、ボアテングに続きハットトリックを達成。さらに71分には左CKの場面でブスケッツがボアテングにアフターチャージを受けてPKを獲得。これをキッカーのスアレスが冷静に決めて瞬く間に点差を1点に縮めた。

▽試合終了まで20分を残して1点差になったことで、ここから一気にバルセロナが同点、逆転に持っていく可能性が高まるも、試合はここからこう着状態に。何とかあと1点を奪いたいバルセロナはコウチーニョやスアレスが幾度か際どい場面を作り出すが、最後の場面で決め切れない。試合終盤にはミナとピケを前線に上げて決死のパワープレーを仕掛けるが、これも実らず。試合はこのまま4-5でタイムアップ。

▽メッシ不在の中で臨んだ格下相手のアウェイゲームで自慢の堅守崩壊で打ち負けたバルセロナは痛恨の今季リーガ初黒星。昨年4月8日のマラガ戦以来、400日ぶり44戦ぶりの敗戦となったバルセロナは、38試合制で初の無敗優勝の夢が潰えることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ復帰のラフィーニャ、ベティス移籍目前か

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFラフィーニャのベティス移籍が近づいているようだ。『イタリア・フットボール』がスペイン『RAC1』を引用して伝えている。 ▽バルセロナに所属するラフィーニャは、2018年1月に出場機会を求めてインテルへレンタル移籍。その後、すぐさま主力に定着し、昨シーズンはセリエAで17試合2ゴール3アシストを記録した。レンタル移籍の契約には買取オプションが付随していたものの、インテルがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する可能性があったことから完全移籍は実現しなかった。 ▽バルセロナに復帰したラフィーニャは、12日に行われたセビージャとのスーペルコパには出場したものの、前線の戦力が充実しているバルセロナは、ラフィーニャを主力として考えてはいないようだ。伝えられるところによると、そんなラフィーニャに対してベティスが獲得に動いている模様。現在ラフィーニャの父であり、代理人も務めるマジーニョ氏は、移籍交渉のためにすでにセビリア入り。ベティス側はローンでの獲得、バルセロナ側は完全移籍での放出を望んでいるという。 ▽ベティスには今シーズン日本代表MF乾貴士が加入している。これまでも自身の去就については出場機会に恵まれるクラブでのプレーを希望してきたラフィーニャだが、果たして移籍は実現するのだろうか。 2018.08.21 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナで戦力外のP・アルカセル、アラベス移籍は消滅…行き先はドイツに?

バルセロナで戦力外となっているFWパコ・アルカセルの移籍先は、ドイツになるのかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>2016年にスペイン代表FWの看板を背負って、バレンシアから鳴り物入りでバルセロナに加入したアルカセル。しかしカタルーニャのクラブでは出場機会に恵まれず、今季にはエルネスト・バルベルデ監督の構想外となっている。<br><br>そんなアルカセルの獲得に一番に名乗りを挙げたのはアラベスだったが、レンタルでの獲得を目論んだ同クラブは、高額な年俸を負担し切れないことで結局は断念。そして現在、移籍先候補に挙がるのはベティス、そしてドイツのクラブのようだ。同選手はドイツのクラブから好条件のオファーを提示され、そのことはバルセロナも認知しているという。<br><br>ただし、アルカセルは決断を急ぐことなく、熟考してから移籍先を決断する模様。なおアルカセルとバルセロナは、2021年まで契約を結んでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.20 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、MFブスケッツの給与改善へ!

▽バルセロナが、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(30)と条件改善について合意したようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽現行契約が2021年6月末までとなっているブスケッツ。最終更新日は2016年9月のことであり、新契約締結に向けて昨シーズンの終わりから話し合いが持たれていた。そして、数日前に最終合意に至ったという。 ▽また、複雑なことに、その交渉では契約“年数”については2021年6月末までで変更せず。給与面についてのみ話し合われ、具体的な数字は報じられていないものの、FWリオネル・メッシに次ぐ2番目の高級取りになったようだ。とはいえ、2016年9月の更新時に「試合出場数に応じた2年間の契約延長オプション」を付随させており、期間ギリギリの2021年6月まで発動することができる。 ▽しかし、ブスケッツの契約解除金は現在2億ユーロ(約252億円)に設定されており、近年では決して安心できる設定額ではない。『マルカ』は、同僚のスペイン代表DFセルジ・ロベルトが今年1月に5億ユーロ(約631億円)の契約解除金を設定したことを挙げ、ブスケッツ流出の危険性を指摘している。 ▽それでも、バルセロナ側はブスケッツが決して退団しないと信じている模様。巨額報酬を用意し、信頼を示す構えであるようだ。 2018.08.20 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシを崇めるバルベルデ「彼は天才。現役時代を共にできてラッキー」

▽バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを崇めた。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽バルセロナは18日、リーガエスパニョーラ開幕節でアラベスをホームに迎え、壁下を射抜く直接FKを決めたメッシの2得点を含む3ゴールで白星スタートを飾った。 ▽バルベルデ監督は、試合後会見でそのメッシについて言及。惜しむことなく称賛の言葉を送った。 「メッシは天才。我々は幸せ者だ。毎日、彼のプレーを見れるのだから。それに、彼が現役である時代を共にできてラッキーだよ」 「メッシはまだまだ我々を驚かしてくれるはずさ。彼はいつも驚嘆させてくれる」 「メッシに何かを期待する準備をしておかなくちゃね。誰もできないようなことを見せてくれるのだからね」 2018.08.19 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

エース2発の王者バルサが快勝スタート! メッシが直接FK弾でクラブのリーガ通算6000点目を記録!《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは18日、カンプ・ノウで行われた2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節でアラベスと対戦し、3-0で快勝した。 ▽昨季、無敗優勝こそ逃したものの圧倒的強さで2年ぶりの戴冠を果たしたバルセロナ。連覇を目指す王者は昨季14位アラベスとのホームゲームで新シーズンを迎えた。今夏レジェンドのイニエスタら数選手がクラブを去るも、ラングレ、ビダル、アルトゥール、マウコムら新戦力の獲得に成功したチームは攻守両面で穴が少ないスカッドの構築に成功。先週末に行われたセビージャとのスーペル・コパを2-1で制し今季最初のタイトルを獲得した。開幕戦に向けてはスーペル・コパから先発3人を変更。ラングレ、アルトゥール、ラフィーニャに代わってユムティティ、ラキティッチ、セルジ・ロベルトと昨季の主力が勢ぞろいした。 ▽昨季のリーガエスパニョーラ制覇とスーペル・コパ優勝を祝うアラベス側のパシージョによってカンプ・ノウのピッチに入ったバルセロナは立ち上がりからエンジン全開。開始3分にはラキティッチの浮き球パスに抜け出したメッシがゴール右から右足のシュートを放つが、わずかに枠の左へ外れる。 ▽立ち上がり以降もボールを保持して相手を押し込むバルセロナはメッシとジョルディ・アルバのホットラインに好調のデンベレが絡む形で厚みのある攻撃を続ける。38分にはボックス手前で得たFKをメッシが左足で直接狙うが、これはクロスバーを叩く。さらに直後にはメッシのスルーパスに抜け出したデンベレがGKと一対一も右足で放ったシュートはコースが甘く相手GKの好守に遭った。 ▽終始、試合の主導権を握りながらもゴールだけが遠いバルセロナはハーフタイムにネウソン・セメドを下げてコウチーニョを投入。この交代でセルジ・ロベルトが右サイドバックに下がる。 ▽この交代で攻勢を強めるホームチームは64分、ボックス手前の好位置でメッシがこの試合2度目のFKのチャンスを得る。そして、バルセロナの新カピタンはジャンプした壁の下を抜く見事なシュートでゴールネットを揺らし、待望の先制点をもたらす。なお、メッシのこの得点はバルセロナにとってリーガエスパニョーラでの通算6000ゴール目となった。 ▽エースの一撃でようやく重圧から解き放たれたチームはここからさらに攻勢を強めていく。メッシの絶妙なコントロールシュート、デンベレの中央突破、コウチーニョ、スアレスの際どいシュートで2点目に迫るも相手GKパチェコが意地のビッグセーブで立ちふさがる。 ▽その後、77分にデンベレを下げてアルトゥールをリーガデビューさせると、83分にはボックス左にドリブルで持ち込んだコウチーニョが得意の左45度から右足のコントロールシュートを突き刺し追加点を奪取。さらにブスケッツに代えてビダルをデビューさせたホームチームは後半アディショナルタイムにもスアレスの浮き球パスをボックス中央で収めたメッシがニアに左足のシュートを流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。頼れるエースの2ゴールの活躍でアラベスを一蹴した王者バルセロナが連覇に向けて最高のスタートを飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 07:14 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース