メッシ不在のバルサが格下レバンテに打ち負けて今季初黒星…400日・44戦ぶりのリーガ敗戦で無敗優勝の夢潰える…《リーガエスパニョーラ》2018.05.14 05:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは13日、敵地で行われたリーガエスパニョーラ第37節でレバンテと対戦し、4-5で敗戦した。▽ミッドウィークに行われたビジャレアル戦を5-1で快勝したバルセロナは無敗優勝に向けてまた一歩前進。今季のアウェイ最終戦となる今節はすでに残留が決定している16位のレバンテと激突した。ビジャレアル戦からは先発5人を変更。GKにテア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバが復帰。また、ピケに代わってミナがヴェルメーレンとセンターバックに入った。中盤はパウリーニョに代わってラキティッチ、前線は招集外のメッシに代わってスアレスが復帰し、コウチーニョとデンベレと3トップを組んだ。

▽立ち上がりからイニエスタ、コウチーニョを起点に相手を押し込んでいくバルセロナ。しかし、9分にはペナルティアーク付近でボールを受けたホセ・モラレスに急加速で左に持ち出されると、DFミナが完全に振り切られてゴール左ライン際で高速クロスを許す。これをゴール前に詰めたE・ボアテングに合わせられると、クロスバーを叩いたボールがネットに吸い込まれた。

▽格下相手に先制を許す苦しい入りとなったバルセロナだが、直後の11分にも相手のスピードのある仕掛けからボックス左でフリーのバルディにクロスバー直撃のシュートを許すなど、控えセンターバックコンビが相手の攻撃を抑えきれない。

▽その後は徐々に相手陣内深くでプレーする時間を増やしていくが、最後の場面で精度を欠く。28分にはスプリントした際にハムストリングを痛めたヴェルメーレンがプレー続行不可能となり、ピケが慌ててピッチサイドで交代の準備を進める。すると30分、1人少ない状況で守備のオーガナイズを欠いたバルセロナはラキティッチとブスケッツがルキッチにあっさりとゴール前への侵入を許し、こぼれ球に反応したボアテングにGKテア・シュテーゲンがかわされて無人のゴールへシュートを流し込まれた。

▽メッシ不在の中で2点のビハインドを負ったバルセロナだったが、コウチーニョが重い空気を振り払う。38分、2失点目の直後に投入されたピケがドリブルでボックス付近までボールを運ぶ。ここからスアレスを経由したボールがコウチーニョに繋がると、コウチーニョが右から中央にカットインして放った強烈なシュートが相手DFにディフレクトしてコースが変わりゴール中央に突き刺さった。

▽コウチーニョのゴールで点差を縮めて後半を迎えたバルセロナだったが、ハーフタイムで守備面を修正できなかったチームはここからまさかの連続失点を喫する。後半開始30秒過ぎに相手ボランチに簡単に縦パスを許すと、右に流れたボアテングにつり出されたDFミナが空けたスペースに入り込んだカンパーニャにフリーのバルディに繋がれると、ペナルティアーク付近から強烈な右足のミドルシュートを突き刺される。

▽さらに49分には最終ラインでピケが競り負けたボールに抜け出した左サイドのルナに回収されると、フリーでボックス右に走り込むボアテングにすかさずスルーパスを通されてボアテングにハットトリックを献上。続く56分には相手のロングカウンターからロジェールの斜めのスルーパスに抜け出したボックス右のバルディにこの試合2点目を許し、今季公式戦最多の5失点目を喫した。

▽格下相手に悪夢のような展開を強いられたバルセロナだが、ここから王者の意地を見せる。59分、ボックス右でデンベレが入れた低いクロスがDFに当たってゴール前にこぼれると、これをコウチーニョが豪快に蹴り込む。

▽この直後、イニエスタとデンベレを下げてデニス・スアレス、パコ・アルカセルの2枚替えで攻勢を強めるアウェイチームは64分にFKの二次攻撃から右サイドのブスケッツがペナルティアーク付近のコウチーニョに折り返すと、ブラジル代表MFが見事なダイレクトシュートで突き刺し、ボアテングに続きハットトリックを達成。さらに71分には左CKの場面でブスケッツがボアテングにアフターチャージを受けてPKを獲得。これをキッカーのスアレスが冷静に決めて瞬く間に点差を1点に縮めた。

▽試合終了まで20分を残して1点差になったことで、ここから一気にバルセロナが同点、逆転に持っていく可能性が高まるも、試合はここからこう着状態に。何とかあと1点を奪いたいバルセロナはコウチーニョやスアレスが幾度か際どい場面を作り出すが、最後の場面で決め切れない。試合終盤にはミナとピケを前線に上げて決死のパワープレーを仕掛けるが、これも実らず。試合はこのまま4-5でタイムアップ。

▽メッシ不在の中で臨んだ格下相手のアウェイゲームで自慢の堅守崩壊で打ち負けたバルセロナは痛恨の今季リーガ初黒星。昨年4月8日のマラガ戦以来、400日ぶり44戦ぶりの敗戦となったバルセロナは、38試合制で初の無敗優勝の夢が潰えることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーが141億円でコウチーニョ獲得へ?

チェルシーが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の獲得に向けてバルセロナに問い合わせたようだ。イギリス『メトロ』が同『デイリー・エクスプレス』の情報を基に報じた。 コウチーニョは、昨年の1月に移籍金1億4000万ポンド(現在のレートで約198億円)でリバプールからバルセロナに加入。すると、初シーズンからインサイドハーフやウィングのポジションで主力として活躍し、得意の左サイドで起用される時間は少なかったものの問題なくクオリティを発揮していた。 しかし、今シーズンは昨シーズンのようなプレーが披露できず。1月中旬ごろからは先発出場を続けているものの、移籍に関する憶測が飛び交う12月から1月の初めにかけてはリーグ4試合連続で先発を外された。 そういった現状から、各紙はコウチーニョの今冬の移籍市場でのバルセロナ退団を取り沙汰し、マンチェスター・ユナイテッド移籍や、古巣リバプールへの復帰の可能性を伝えていた。 それでも、リバプールに関してはユルゲン・クロップ監督が直々に「(コウチーニョ獲得の)ストーリーはない」と述べたことで可能性は低いと見られている。しかし、今回の『メトロ』によると新たにチェルシーが動きを見せているようだ。 伝えられるところでは、チェルシーはバルセロナと既に接触。コウチーニョを取り巻く状況にどのような変化があった場合も最新情報を提示するように求めたという。また、チェルシーが1億ポンド(約141億円)の価値を同選手に感じていること、バルセロナ側がパリ・サンジェルマンFWネイマールを再獲得するために資金を捻出する可能性があることも伝えられている。 とはいえ、コウチーニョ本人がバルセロナでの戦いを希望しており、スペインでの生活を気に入っているとも。元プレミアリーグ屈指のスタープレーヤーが、古巣のライバルクラブを選ぶことはあるのだろうか。 2019.01.20 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップがコウチーニョ復帰説を否定「ストーリーはない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の復帰を否定している。スペイン『アス』が伝えた。 コウチーニョは、昨年の1月に移籍金1億6000万ユーロでリバプールからバルセロナに加入。当時はリバプールの攻撃の中核を担っており、交渉が長引いていることが伝えられていたが、バルセロナの念願が叶う形で決着を迎えた。 加入シーズンのコウチーニョは、インサイドハーフやウィングのポジションで主力として活躍。得意の左サイドで起用される時間は少なかったものの、問題なくクオリティを発揮していた。しかし、今シーズンは昨シーズンのようなプレーが披露できず。1月中旬ごろから先発出場を続けているものの、移籍に関する憶測が飛び交う12月から1月の初めにかけてはリーグ4試合連続で先発を外された。 そういった現状から、各紙はコウチーニョの今冬の移籍市場でのバルセロナ退団を取り沙汰。マンチェスター・ユナイテッド移籍や、古巣リバプールへの復帰が囁かれている。 しかし、クロップ監督はコウチーニョにまつわる噂について尋ねられ、以下のように返答。復帰の可能性を除外した。 「話すことは無い。私が何を言おうと(移籍の)ストーリーに繋げられるだろうし、ストーリーはないんだ」 「フィル(フィリペ・コウチーニョ)はバルセロナにいる。彼が本当に良くフィットしているのは分かっているし、全て大丈夫だ」 2019.01.19 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

物議醸し加入もメンバー外続くマウコム、広州恒大行きを選択か

バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)が、広州恒大行きを選ぶ可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、半ば“強奪”のような形でマウコムを獲得したバルセロナはその戦力を生かし切っていはいない。今シーズンここまでの成績は、公式戦10試合2ゴール。直近の2試合であるリーガエスパニョーラ第19節エイバル戦、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのレバンテ戦ではベンチメンバーにも入らなかった。特にレバンテ戦では移籍寸前と報じられているデニス・スアレスが出場機会を与えられており、マウコムに将来への不安を抱かせる出来事が続いている。 『マルカ』によると、マウコムは昨年末にエバートンからの関心が伝えられた際には残留を決断。しかし、現在では退団を検討するようになっており、昨年末にも関心が噂された広州恒大からの正式オファーを待っている状態だという。 とはいえ、バルセロナではFWルイス・スアレスのバックアッパーが不在になっており、これ以上のアタッカーの流出は避けたいところ。新戦力を獲得する資金を欠いているともみられており、マウコムの退団は困難かもしれない。もし移籍するとなれば、少なくとも3000万ユーロ(約37億円)の移籍金が求められるようだ。 2019.01.19 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシとロナウドどっちが上? モウリーニョ「真に称賛に値することは…」

ジョゼ・モウリーニョ氏が、サッカー界のお馴染みの質問に自身の見解を示している。イギリス『メトロ』が伝えた。 現在のサッカー界では、「リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのどちらが上か」という質問がインタビューや対談でお馴染みになっている。どちらの選手もここ10年間はお互いしか比較対象がいない程の活躍を継続しており、まさに甲乙つけ難い二者択一だ。 これまで数々の選手や監督たちが自信の考えを示してきたが、昨年末にマンチェスター・ユナイテッドを去ったモウリーニョ氏は、その問い自体がナンセンスだと主張している。 「片方がもう一方よりも優れていると誰かが話すのは、どちらにもアンフェアだと思う」 「メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドについて君に聞かれたけど、その選手たちを比較するのはあんまりにもだと思う。私が唯一言えることは、ロナウドを側に置けた自分が幸せな男だったということだけだ」 「メッシと対戦しなければならなかった時、ロナウドとも数回あったが、私はチームが成功するチャンスを確保するために多くのことを考えなくてはならなかった」 「真に称賛に値することは、トップに留まっている年数だ。一度勝つことはできる。勝利して、勝利して、勝利して、勝利して、勝利し続けることは遥かに困難だ」 「この2人は10年間もその域にいる。彼らに関する全てのことは本人たちが十分か決める。他の人たちはハードルを上げることができるがね」 2019.01.19 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

元バルサのクエンカ、Jリーグ挑戦確定か SNSアイコンが鳥栖エンブレムに

レウスに所属するスペイン人FWイサーク・クエンカ(27)のサガン鳥栖入りはやはり決定的なのかもしれない。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 そのクエンカを巡っては先日、『マルカ』が「フェルナンド・トーレスを擁する鳥栖との契約にサインした」と報道。1年の延長オプションが付随した3年契約を締結したとみられ、バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会に注目が集まっている。 そして、渦中のクエンカは自身インスタグラム(cuencaisaac)のプロフィール画像を鳥栖のエンブレム画像にリニューアル。そういった動きからして、クエンカのJリーグ挑戦はほぼ間違いなしと言っても差し支えなさそうだ。 2019.01.19 07:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース