ナポリ、クラブ最多勝ち点獲得もユベントスに7連覇許す…《セリエA》2018.05.14 05:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは13日、セリエA第37節でサンプドリアと対戦し、2-0で勝利した。▽前節のトリノとの引き分けにより、首位のユベントスとの勝ち点差が残り2試合で「6」に開き、得失点でもその差「16」となり優勝が絶望的となってしまったナポリ。わずかな可能性にかけて戦う今節は、クリバリやアラン、ジエリンスキにメルテンスらが先発起用となった。

▽序盤から主導権を握るナポリ。5分に得たCKでは、メルテンスがネットを揺らすも、直前にアルビオルが触っていたとしてオフサイドの判定に。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求するも覆らなかった。

▽相手陣内に押し込むナポリは、セットプレーからアルビオルの打点の高いヘディングシュートや、ジエリンスキのミドルシュートなどで25分までに8本のシュートを放つ。

▽その後も次々とシュートを浴びせるナポリだが、ネットを揺らすことはできず、試合はゴールレスで折り返した。

▽後半も変わらずナポリペース。前半も攻撃をけん引したインシーニェがボックス左から右ポストを掠める際どいシュートを放つ。それでもなかなか得点が決まらない展開に、ナポリはハムシクやミリクを投入。するとこの交代が功を奏す。

▽72分、ボックス手前でボールを持ったミリクは、そこから左足を振り抜き豪快な一発を沈めた。さらに80分には、左CKにアルビオルが頭で合わせて2点目。

▽その後もサンプドリアに反撃を許さなかったナポリが2-0で勝利。クラブ史上最多の勝ち点88に伸ばすも、同時刻に開催されていたローマvsユベントスが引き分けに終わったため、ユベントスの7連覇が決定している。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズ、サンプドリアの新星DFアンデルセンの獲得に興味か

▽トッテナムはサンプドリアに所属するU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)の獲得に動きだしているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽デンマーク出身もオランダのトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは192cmの長身センターバック。2015-16シーズンからトップチームで出場機会を増やすと、2017年にサンプドリアに加入。加入1年目となった昨シーズンはリーグ戦8試合の出場に留まったが、今季はマルコ・ジャンパオロ監督の採用する特殊なゾーンディフェンスに順応。持ち味のパワフルな対人守備や守備的MFでもプレー可能な足下の技術を生かしてリーグ戦全試合に出場している。 ▽今回伝えられるところによると、トッテナムはアンデルセン獲得に向けて既に8月に行われたセリエA第2節のウディネーゼ戦にスカウトを派遣していたという。そして、同選手を高く評価するクラブは今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。 ▽今シーズン、サンプドリアはセリエAで最少失点(4点)の堅守を誇っており、アンデルセンはチームに欠かせない存在になっている。サンプドリアはセリエAで屈指の若手DFと評される逸材を安売りするつもりはないが、トッテナム側は相手の要求する金額を十分に支払えると考えている模様だ。 ▽その一方で、イタリア『トゥットスポルト』によれば、ユベントスもアンデルセンの獲得に興味を示しているようだ。 2018.10.16 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

悪童カッサーノがサッカー人生に幕…「これからは自分の足に頼らなくても美しいことができる」

▽元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが13日を以って、現役引退を発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽2017年夏、ヴェローナを1週間余りで退団したのを最後に現役引退が囁かれていたカッサーノは今年に入って現役続行の意思を示し、ついに先日、セリエC(イタリア3部)に所属するヴィルトゥス・エンテッラの練習に参加し、復帰は間もなくと伝えられていた。しかしこの度、同選手は「ほかに優先すべきことが見つかった」として引退を宣言。19年のキャリアに幕を閉じた。 ▽カッサーノのデビューは1999年。当時セリエAだったバーリでプロデビューを果たし、1年半後にセリエAチャンピオンだったローマに引き抜かれた。そこからスターダムを駆け上がるかと思いきや、度重なる問題行動で多くのクラブを転々としていった。 ▽レアル・マドリーやサンプドリア、ミランにインテルなどビッグクラブでの経歴を持つカッサーノだが、どのクラブでも問題行動を起こした。 ▽監督や選手との衝突は当たり前で、時には審判に暴言やツバを吐くことも。バーリやローマ時代には無免許運転で逮捕。ゴールを決めてもユニフォームを脱いでコーナーフラッグをぶち蹴るなど、どこを切り取っても問題児だった。ローマやマドリー時代の最大の恩師ともいえるファビオ・カペッロ監督とも起用法に関して問題発言。「ローマでも助けてやったんだから俺を使え」と述べていた。 ▽最近では2017年7月10日にエラス・ヴェローナと契約するものの、同18日にモチベーションの低下などを理由に突如現役引退を表明。その後、考えを改めてその日のうちに引退を撤回したが、6日後の24日に自身のツイッターで再び引退を発表していた。しかし、前述したように引退を撤回し今月6日にはエンテッラが練習参加を発表。現役復帰かに思われた矢先の引退宣言となった。 ▽カッサーノは引退に際し、以下のようにコメントしている。 「ヴィルトゥス・エンテッラとゴッジ会長、そしてすべてのファンに感謝している。そしてすべての敵にも」 「ここ数日、もはや練習についていけなくなってきていることに気づいた。フットボールは俺をストリートから抜け出してくれた。素晴らしい人々に会わせてくれた。大切な家族を与えてくれた。すべてを貰ったんだ」 「僕を楽しませてくれた。これから俺の第二の人生が始まる。自分の足の助けを借りなくても、美しいことができると自分に言い聞かせるよ」 ▽世紀の悪童はキャリアを通じて、クラブで515試合139ゴール91アシストを記録。イタリア代表では39試合で10ゴールを記録した。 2018.10.13 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

カッサーノ、イタリア3部クラブで練習参加

▽セリエC(イタリア3部)に所属するヴィルトゥス・エンテッラは6日、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(36)がクラブの練習に参加することを伝えている。 ▽今回発表された内容によれば、カッサーノは同日行われるヴィルトゥス・エンテッラの練習に参加する予定だという。しかし、これは両者が契約を結んだということではなく、あくまで練習参加。カッサーノが同クラブと契約を交わすかどうかは今後判断される見込みだ。 ▽これまでローマやサンプドリアを始め、ミランやインテルなどのイタリアクラブ、国外ではレアル・マドリーでプレーしてきたカッサーノは、2017年7月10日にエラス・ヴェローナと契約。しかし、同18日にモチベーションの低下などを理由に突如現役引退を表明。その後、考えを改めてその日のうちに引退を撤回したが、6日後の24日に自身のツイッターで再び引退を発表していた。 ▽その後はここまで1年半以上サッカーから身を置いていたが、最近になってパルマやセグンダB(スペイン3部)のイビサ加入説が流れ始めていた。また、元ミラン会長のシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が先日買収したセリエCのモンツァからもオファーがあったようだが、カッサーノが公にこれを否定。「自分はセリエAで戦える」と発言していたが、この度、セリエCクラブの練習に参加することになったようだ。 2018.10.07 04:09 Sun
twitterfacebook
thumb

VAR躍動!サンプvsインテルで三度ゴールが取り消しに

▽22日に行われたセリエA第5節サンプドリアvsインテルで、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が大活躍したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽前半サンプドリアの攻勢に苦しめられたインテルは43分、FKの流れからこぼれ球から、MFラジャ・ナインゴランがペナルティアーク右からゴール左隅を捉えるシュートを突き刺したが、VARによりFKの際に味方がオフサイドの判定を受けノーゴールに。さらにゴールレスのまま迎えた82分にも、ゴールライン右からの折り返しをMFクワドゥオ・アサモアが押し込んだが、折り返しの際にボールがラインから出ていたとして、ゴールは認められなかった。 ▽VARはサンプドリアにも影響。89分にFWグレゴワール・デフレルがネットを揺らすもオフサイドの判定に。 ▽結局、後半アディショナルタイムにMFマルセロ・ブロゾビッチが正真正銘のゴールを決めたインテルが1-0で辛勝。VARに苦しめられ助けられたインテルが今季2勝目を手にしている。 ▽VARは正しい判断が下せるようになる半面、試合の流れを壊しかねないとして賛否両論だ。そのため、プレミアリーグなどはVAR導入に待ったをかけており、将来的に採用される見込みとなっているものの、慎重な姿勢を示している。 2018.09.23 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

VARに苦しんだインテル、3度目の正直で難所ルイジ・フェラリスを後半ATに攻略《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節パルマ戦を痛恨の黒星で早くも今季2敗目を喫したインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦ではイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続したい中、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ペリシッチとデ・フライに代えてカンドレーバと負傷明けのダンブロージオを起用した。 ▽今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスでの一戦。[4-2-3-1]を採用したインテルは中盤の2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、カンドレーバと並べた。開始直後、クアリアレッラのバイシクルシュートでゴールを脅かされたインテルは、サンプドリアの圧力を受ける入りを強いられると、11分にもリネティのミドルシュートでゴールに迫られた。 ▽その後も攻撃を牽引するクアリアレッラがオンターゲットのシュートを記録していく中、劣勢のインテルは17分にナインゴランがミドルシュートでチーム初の枠内シュートを記録。 ▽前半半ば以降もサンプドリアの攻勢が続いた中、インテルは34分にヴェシーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、43分に先制しかけた。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のナインゴランがボレー。これがゴール左隅を捉えた。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールとなってしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始5分にインテルがゴールに迫る。右サイドにポジションを変えたカンドレーバがボックス右から左足で放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽インテルが圧力をかける中、56分にはカンドレーバの右クロスにニアのイカルディがヘッド。しかし、枠の右に外れた。劣勢のサンプドリアがプラートとリネティに代えてヤンクトとバレットを投入してきたのに対し、インテルはポリターノに代えてペリシッチを投入した。 ▽すると69分にはカンドレーバの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲。さらにケイタを投入すると、72分にはペリシッチの左クロスをイカルディがヘッド。しかし、わずかに枠の左に外れてしまった。 ▽攻勢を強めるインテルは、クアリアレッラのコントロールシュートで牽制されると、終盤にかけては攻めあぐねる状況が続いた。そこで最後のカードを切り、ナインゴランに代えてボルハ・バレロを投入。83分にはCKの流れからシュクニアルがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽それでも82分、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアサモアが強烈なシュートでネットを揺らす。ついに先制かに思われたが、VARの末に再びノーゴールとなってしまった。89分にはスルーパスに抜け出したデフレルにネットを揺らされたがオフサイドに救われたインテルは、追加タイム4分に劇的弾を挙げる。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったブロゾビッチが胸トラップからボレーシュートを叩き込んだ。 ▽これが決勝点となってインテルが劇的勝利。VARに苦しみながらもリーグ戦今季2勝目を挙げている。 2018.09.23 05:32 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース