ナポリ、クラブ最多勝ち点獲得もユベントスに7連覇許す…《セリエA》2018.05.14 05:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは13日、セリエA第37節でサンプドリアと対戦し、2-0で勝利した。

▽前節のトリノとの引き分けにより、首位のユベントスとの勝ち点差が残り2試合で「6」に開き、得失点でもその差「16」となり優勝が絶望的となってしまったナポリ。わずかな可能性にかけて戦う今節は、クリバリやアラン、ジエリンスキにメルテンスらが先発起用となった。

▽序盤から主導権を握るナポリ。5分に得たCKでは、メルテンスがネットを揺らすも、直前にアルビオルが触っていたとしてオフサイドの判定に。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求するも覆らなかった。

▽相手陣内に押し込むナポリは、セットプレーからアルビオルの打点の高いヘディングシュートや、ジエリンスキのミドルシュートなどで25分までに8本のシュートを放つ。

▽その後も次々とシュートを浴びせるナポリだが、ネットを揺らすことはできず、試合はゴールレスで折り返した。

▽後半も変わらずナポリペース。前半も攻撃をけん引したインシーニェがボックス左から右ポストを掠める際どいシュートを放つ。それでもなかなか得点が決まらない展開に、ナポリはハムシクやミリクを投入。するとこの交代が功を奏す。

▽72分、ボックス手前でボールを持ったミリクは、そこから左足を振り抜き豪快な一発を沈めた。さらに80分には、左CKにアルビオルが頭で合わせて2点目。

▽その後もサンプドリアに反撃を許さなかったナポリが2-0で勝利。クラブ史上最多の勝ち点88に伸ばすも、同時刻に開催されていたローマvsユベントスが引き分けに終わったため、ユベントスの7連覇が決定している。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノア市内、高速道の橋崩落事故がセリエA開幕戦に影響…C・ロナウドデビュー戦もお預けか

現地時間14日、イタリアのジェノア市内で、高架の橋が崩落し、ここまで少なくとも39人の犠牲者が出たと報じられていたが、この一件がセリエA開幕戦にも大きく影響することとなった。<br><br>セリエA開幕戦のうち、ジェノアを本拠地とするチームのカードはサンプドリアvsフィオレンティーナ、ミランvsジェノアの2試合となる。サンプドリアとジェノアは、ともに開幕戦の延期をセリエAに要求し、認可されている。<br><br>サンプドリアのマッシモ・フェッレーロ会長は「(ユーベ幹部のアンドレア)アニエッリとも話をしたが、土曜の試合はプレーしないだろうと言っていた。もはや、サッカーどころではない」とメディアの前で公言している。<br><br>セリエA公式の声明では、サンプドリアとジェノア以外のカードは予定通り行われることが示唆されており、試合開始前には1分間の黙祷が捧げられるという。だが現地での復旧作業には時間がかかる見通しで、場合によってはセリエA第1節の全試合開催が延期される可能性も十分にあるという。<br><br>もし18日のキエーボvsユベントスも延期された場合、クリスティアーノ・ロナウドのセリエAデビュー戦は25日、ホームのユベントスvsラツィオに持ち越されることとなりそうだ。果たしてセリエAを主催するレガ・カルチョはどのような決断を下すのか、引き続きその動向が注目される。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.17 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノバで発生した橋の崩落事故を受けてセリエA開幕節2試合が延期

▽セリエAを運営するレガ・セリエAは16日、ジェノアで発生した橋の崩落事故を受け、19日に開催予定だったセリエA開幕節のミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期を発表した。 ▽ジェノバでは14日、地元で“ポンテ・モランディ”と呼ばれていた橋が200メートルに渡り崩落。複数の車やトラックが100メートル下の鉄道線路に落下し、38名が亡くなり多数の負傷者が出ていた。 ▽この崩落事故を受け、ジェノバを本拠地とするサンプドリアとジェノアはレガ・セリエAに19日に開催される試合の延期を要望。そして16日にレガ・セリエAは、公式サイトで以下のように声明を発表した。 「ジェノバでの悲劇を受けて、サンプドリアとジェノアから19日に開催予定の試合を延期して欲しいとの要望を受けた。対戦相手であるフィオレンティーナとミランもこの意見に同意したため、ミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期が決定した」 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 2018.08.17 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、スウェーデン代表MFエクダルを獲得! HSVで酒井&伊藤の同僚

▽サンプドリアがハンブルガーSV(HSV)からスウェーデン代表MFアルビン・エクダル(29)を完全移籍で獲得した。レガ・カルチョの公式サイトが同選手の登録を伝えている。 ▽母国のブロマポイカルナでキャリアをスタートしたエクダルは2008年にユベントスに加入。以降、シエナ、ボローニャ、カリアリと渡り歩き2015年にHSVに加入した。 ▽守備的MFを主戦場にセンターバックやサイドバック、サイドハーフまでこなすユーティリティープレーヤーは在籍3シーズンで公式戦57試合に出場。昨シーズンはケガの影響でリーグ戦19試合の出場にとどまっていた。 ▽また、2011年にデビューを飾ったスウェーデン代表では通算39試合の出場。ロシア・ワールドカップでは全試合に出場し、ベスト8進出に大きく貢献していた。 ▽なお、すでにサンプドリアのメディカルチェックをパスしたエクダルは2015年以来のセリエA復帰となる。 2018.08.15 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組エンポリ、サンプドリアから元U-21イタリア代表MFカペッツィをレンタルで獲得

▽エンポリは3日、サンプドリアに所属するイタリア人MFレオナルド・カペッツィ(23)をレンタルで獲得したことを発表した。 ▽フィオレンティーナ下部組織出身のカペッツィは、ヴァレーゼ、クロトーネ、サンプドリアを行き来し、2017年7月にサンプドリアへ完全移籍。しかし、昨シーズンは公式戦8試合1アシストにとどまっていた。 ▽カペッツィは各年代別のイタリア代表に常に選出。2016年まではU-21イタリア代表に選ばれていた。 2018.08.04 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがユベントスをモチーフに“ロナウド”獲得を発表

▽新たなロナウドがイタリアに到来した。サンプドリアがユニークな形で選手の加入を発表している。 ▽サンプドリアは、チャンピオンシップ(イングランド2部)所属のリーズ・ユナイテッドからU-21イングランド代表MFロナルド・ヴィエイラ(20)を完全移籍で獲得した。 ▽そんな中、サンプドリアの英語版ツイッター(@sampdoria_en)がロナルド・ヴィエイラ獲得に際して1枚の画像を投稿。“ロナウド”繋がりということで、ユベントスがレアル・マドリーから今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得した際に使用した画像をモチーフとして、“ロナウド”・ヴィエイラの獲得を発表した。 ▽ちなみに、クリスティアーノ・ロナウドは「CRISTIANO」という文字の前にC・ロナウドのシルエットだったが、ロナルド・ヴィエイラは「RONALDO」の文字の前にロナルド・ヴィエイラのシルエットとなっている。 2018.08.03 18:25 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース