ナポリ、クラブ最多勝ち点獲得もユベントスに7連覇許す…《セリエA》2018.05.14 05:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは13日、セリエA第37節でサンプドリアと対戦し、2-0で勝利した。▽前節のトリノとの引き分けにより、首位のユベントスとの勝ち点差が残り2試合で「6」に開き、得失点でもその差「16」となり優勝が絶望的となってしまったナポリ。わずかな可能性にかけて戦う今節は、クリバリやアラン、ジエリンスキにメルテンスらが先発起用となった。

▽序盤から主導権を握るナポリ。5分に得たCKでは、メルテンスがネットを揺らすも、直前にアルビオルが触っていたとしてオフサイドの判定に。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求するも覆らなかった。

▽相手陣内に押し込むナポリは、セットプレーからアルビオルの打点の高いヘディングシュートや、ジエリンスキのミドルシュートなどで25分までに8本のシュートを放つ。

▽その後も次々とシュートを浴びせるナポリだが、ネットを揺らすことはできず、試合はゴールレスで折り返した。

▽後半も変わらずナポリペース。前半も攻撃をけん引したインシーニェがボックス左から右ポストを掠める際どいシュートを放つ。それでもなかなか得点が決まらない展開に、ナポリはハムシクやミリクを投入。するとこの交代が功を奏す。

▽72分、ボックス手前でボールを持ったミリクは、そこから左足を振り抜き豪快な一発を沈めた。さらに80分には、左CKにアルビオルが頭で合わせて2点目。

▽その後もサンプドリアに反撃を許さなかったナポリが2-0で勝利。クラブ史上最多の勝ち点88に伸ばすも、同時刻に開催されていたローマvsユベントスが引き分けに終わったため、ユベントスの7連覇が決定している。
コメント
関連ニュース
thumb

途中出場クトローネの2発でミランがサンプドリアとの延長戦を制す《コッパ・イタリア》

ミランは12日、コッパ・イタリア5回戦でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、延長戦の末2-0で勝利した。 2018年最終戦のSPAL戦をイグアインの10戦ぶり弾で5試合ぶりの勝利を飾ったミランの新年初戦。ミランはこの冬にフラメンゴから獲得したパケタを早速スタメンで起用した。 セリエAで7位に付けるサンプドリアに対し、[4-3-3]を採用したミランはGKにレイナ、4バックに右からアバーテ、サパタ、ロマニョーリ、R・ロドリゲス、中盤アンカーにバカヨコ、インサイドにパケタとケシエ、3トップに右からカスティジェホ、イグアイン、チャルハノールと並べた。 そのミランが攻勢に出る立ち上がりとなると、カスティジェホやチャルハノールがミドルシュートで牽制していく。 しかし、徐々に攻めあぐねていくと、23分にクアリアレッラにミドルシュートでGKレイナを強襲された。続く29分にもガストン・ラミレスにディフェンスライン背後を取られるピンチを迎え、GKレイナが何とかシュートをセーブした。 流れが暗転していったミランはハーフタイムにかけてはサンプドリアゴールに迫れず、前半を0-0で終えた。 後半も押し込まれる入りとなったミランは、ロングボールを使って牽制していくと、69分にチャンス。右サイドからのカスティジェホのクロスにファーサイドのチャルハノールがボレーで合わせた。 続く73分にパケタのミドルシュートでゴールに迫ったミランは、75分にCKからイグアインがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれる。 その後、クアリアレッラやサポナーラにゴールに迫られたミランは、84分にエクダルのミドルシュートがGKレイナを強襲。後半終盤にかけてはチャンスを作れず0-0のまま延長戦に突入した。 延長戦からカスティジェホに代えてクトローネを投入したミランは、エクダルに決定機を許すと、同8分にもCKからエクダルに決定的なヘディングシュートを許してしまう。ここはGKレイナのファインセーブで凌ぐと、同12分に途中出場のコンビで先制した。右サイドからA・コンティの上げたクロスをクトローネが左足ボレーで流し込んだ。 迎えた延長後半開始早々、コフナツキの決定機をGKレイナがビッグセーブで阻止したミランは直後、またもクトローネがゴールを挙げる。延長後半3分、左サイドからのチャルハノールのアーリークロスをボックス手前のクトローネがうまくボレーで合わせてネットを揺らした。 このまま2-0で勝利したミランが苦しみながらもベスト8進出を決めている。 2019.01.13 04:45 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希の同僚MFトルスビーがサンプドリアへ完全獲得! 今季は5ゴールをマーク

サンプドリアは11日、ヘーレンフェーンからノルウェー代表MFモーテン・トルスビー(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 母国ノルウェーのスターベクIFでのアカデミー出身のトルスビーは、2013年6月に弱冠17歳でプロデビュー。すると、2014年7月にへーレンフェーンへ移籍。 ヘーレンフェーンでは、加入初年度から出場機会を得ると在籍4年半で公式戦122試合に出場し13ゴール8アシストをマーク。今季もここまでエールディビジで12試合に出場し5ゴールを記録していた。 また、トルスビーはU-16からノルウェー代表を経験。18歳の頃からは飛び級でU-21代表に選出されるなど将来を嘱望されており、2017年11月にはフル代表デビューも飾っている。 2019.01.12 02:11 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、吉田麻也の同僚FWガッビアディーニの獲得を発表! 2013年以来の復帰

サンプドリアは11日、サウサンプトンからイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(26)の獲得した。なお、契約期間は明かされていないが、背番号は23と発表されている。 名門アタランタユース育ちのガッビアディーニは、2013年に加入したサンプドリアで台頭。当時の監督シニシャ・ミハイロビッチに左足のフリーキックやストライカーとしての強靭なメンタルを植え付けられた同選手は、イタリア代表に招集されるレベルのプレーヤーに成長した。 その後、2014年にナポリへ移籍するも自身の望むポジションでなかなか出場機会を与えられず、2017年の冬にサウサンプトンへ移籍。しかし、イングランドでも本領を発揮できず、昨季はプレミアリーグ28試合の出場で先発出場はわずか11試合に留まっており、今季もここまでリーグ戦12試合に出場しているが、先発はわずか3試合となっていた。 2019.01.12 00:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第19節プレビュー】29日に年内&前半戦最終戦一斉開催! 無敗ユーベは5位サンプと対戦

▽水曜一斉開催となった前節、インテルとナポリの上位対決はインテルが後半追加タイムのL・マルティネス弾で劇的勝利を飾り、辛くもアタランタに引き分けた首位ユベントスと2位ナポリの勝ち点差は「9」に広がった。そして、フィリッポとの兄弟対決を制したシモーネ率いるラツィオが4位を死守。その他、ローマが勝利した一方、ミランは低調なゴールレスドローに終わった。迎える年内&前半戦最終戦は29日に一斉開催される。 ▽難所アトレティ・アズーリ・ディタリアでのアタランタ戦をベンタンクール退場などで追い込まれながらも途中出場のC・ロナウド弾で辛くも2-2の引き分けに持ち込んだ首位ユベントス(勝ち点50)。リーグ戦での連勝は8で止まったが、無敗を維持して5位サンプドリア(勝ち点29)との前半戦最終戦を迎えることとなった。アタランタ戦ではC・ロナウドやピャニッチ、マテュイディらの不在を感じさせる内容となってしまったが、サンプドリア戦が終われば2週間のウインターブレイクに入るだけにベストメンバーで臨むことが確実。リーグ戦3連勝中でここ6試合負けのない好調なサンプドリアを相手に勝利で2018年を締めくくれるか。 ▽クリバリ退場が響いてインテルに惜敗した2位ナポリ(勝ち点41)は、18位ボローニャ(勝ち点13)とのホーム戦に臨む。インテル戦ではカジェホンの右サイドバック起用という奇策に出たアンチェロッティ監督だったが、ハムシクの早々の負傷交代などもあって奏功しなかった。連勝が4でストップし、ユベントスとの勝ち点差が9に開いたが、これ以上離されないためにもクリバリとインシーニェが出場停止でハムシクが負傷欠場の中、11試合勝利のない泥沼のボローニャから勝利を取り戻したい。 ▽L・マルティネスの劇的ゴールでナポリを下した3位インテル(勝ち点36)は、16位エンポリ(勝ち点16)とのアウェイ戦に臨む。ナポリ戦では気迫のこもったプレーで優勢に試合を進め、ここ最近の低調なパフォーマンスを払拭して見せた。勝利という結果も出た中、3連敗中の相手にすっきりと勝利して3位の座をがっちりと固めたい。 ▽兄弟対決を制して2連勝とした4位ラツィオ(勝ち点31)は、8位トリノ(勝ち点26)とのホーム戦に臨む。ボローニャ戦では不調の相手に伏兵ルイス・フェリペの1ゴール1アシストで危なげなく勝利して見せた中、ここ5試合で1敗と好調なトリノに勝利し、3連勝で2018年を締めくくれるか。 ▽格下フロジノーネ相手に低調なゴールレスドローに終わって4試合連続ノーゴール中の6位ミラン(勝ち点28)は、15位SPAL(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。フロジノーネ戦ではクトローネを先発に戻したものの、スソの不在もあって引き続き攻撃が機能しなかったミラン。ここで勝利を得られなければガットゥーゾ監督の解任が濃厚となるだけに踏みとどまりたいところ。進退を懸けた一戦を制すことはできるか。 ▽最後にサッスオーロに快勝して7位に浮上したローマ(勝ち点27)は、9位パルマ(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む。サッスオーロ戦ではザニオーロのプロ初弾や不調の要因となっていたシックのゴールなどで久々の快勝とした。ここで勝利すれば更なる浮上が見込めるだけにローマとしては喉から手が出るほど欲しい勝ち点3となる。 ◆セリエA第19節 ▽12/29(土) 《20:30》 ユベントス vs サンプドリア 《23:00》 ウディネーゼ vs カリアリ サッスオーロ vs アタランタ パルマ vs ローマ ラツィオ vs トリノ エンポリ vs インテル キエーボ vs フロジノーネ ジェノア vs フィオレンティーナ 《26:00》 ナポリ vs ボローニャ 《28:30》 ミラン vs SPAL 2018.12.29 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、主将FWクアリアレッラと2020年まで契約延長! 今季は10ゴールをマーク

▽サンプドリアは25日、元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(35)と2020年まで契約延長したことを発表した。 ▽トリノでプロキャリアをスタートさせたクアリアレッラは、これまでウディネーゼやナポリ、ユベントスなどでプレーすると、2016年2月に2006-07シーズンぶりにサンプドリアへ復帰。復帰後は2シーズン半で公式戦90試合で34ゴールを記録。 ▽今シーズンもキャプテンとしてここまでセリエAで16試合に出場し10ゴール5アシストをマークしている。 2018.12.26 01:25 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース