10人のローマに引き分けたユベントスが7連覇達成《セリエA》2018.05.14 05:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第37節、ローマvsユベントスが13日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、ユベントスのセリエA7連覇が決まっている。▽前節カリアリ戦を辛勝し4連勝とした3位ローマ(勝ち点73)は、前日の試合で5位インテルが敗れたことで4位以内が確定し、チャンピオンズリーグ(CL)出場が決まった。そのローマは眼前でのユベントスの優勝を阻みたい中、ゼコやナインゴラン、デ・ロッシら主力をスタメンで起用した。

▽一方、前節ボローニャ戦を3-1と逆転勝利した首位ユベントス(勝ち点91)は、2位ナポリとの勝ち点差を6に広げ、7連覇を確実とした。ローマ戦を引き分け以上で終えれば最終節を前に自力で7連覇を決められるユベントスは、4日前に行われたコッパ・イタリア決勝でミランに4-0と大勝し、4連覇を果たした。勢いを得た中、ミラン戦のスタメンから6選手を変更。GKブッフォンやドグラス・コスタ、ベナティアら主力をベンチスタートとし、イグアインが先発に戻った。

▽立ち上がりからハイプレスをかけるローマが流れを引き寄せていく。8分にはペッレグリーニのインターセプトからボックス内のゼコがシュートを浴びせれば、10分にはナインゴランがピャニッチからボールを奪取してそのままシュートに持ち込んだ。

▽その後もボールを保持しにかかるユベントスに対し、ショートカウンターを狙うローマが攻守の切り替えで上回り、主導権を握っていく中、34分にようやくディバラがミドルシュートを浴びせたユベントスだったが、引き分けでも良いことからハーフタイムにかけてもリスクを負わず、前半をゴールレスで終えた。

▽後半開始3分にディバラがボレーでネットを揺らしたもののオフサイドに阻まれたユベントスに対し、ローマが引き続き球際への鋭い寄せでペースを渡さない。65分にはコラロフがインターセプトからミドルシュートを浴びせて牽制した。

▽攻守の切り替えの早い展開が引き続き続く中、68分にローマにアクシデント。ナインゴランがディバラを後方からスライディングタックルで削って2枚目のイエローカードが提示され退場となった。

▽ここからドグラス・コスタを投入していたユベントスが10人のローマを押し込む流れとなるも、[4-4]の守備ブロックを自陣に形成するローマを崩すことはできない。85分にはドリブルでボックス内に侵入したディバラがファン・ジェズスとの競り合いで倒れるもPK判定は得られず。

▽それでも0-0で試合を終わらせたユベントスが最終節を前に、34度目の優勝となるセリエA7連覇を達成している。

コメント

関連ニュース

thumb

エムレ・ジャンが離脱…甲状腺に問題、手術の恐れ

▽ユベントスは21日、ドイツ代表MFエムレ・ジャンの離脱を発表した。 ▽理由は、甲状腺に結節(しこり)が見つかったため。今後、程度を確認するための検査を受け、それに応じて除去手術に臨む可能性があるという。 ▽24歳のエムレ・ジャンは今夏、リバプールからフリー加入。今シーズンのここまで公式戦10試合に出場して1アシストを記録している。 ▽ユベントスは23に行われる次戦、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込む。 2018.10.22 08:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アーノルド、過去の“意外な? ”難敵を明かす「CR7よりもネイマールよりも…」

▽リバプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレキサンダー=アーノルドが、これまでの対戦で苦労した相手について語っている。イギリス『タイムズ』でのインタビューを、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽昨シーズン、リバプールの右サイドバックとして大ブレイクを果たしたアーノルド。クラブのチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に貢献し、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも準決勝進出の躍進を果たしたイングランド代表の一員となった。 ▽著しい成長を続けるアーノルドが、『タイムズ』のインタビューで「最も難しかったアタッカー」について語り、ある意外な名前を挙げた。 「(ウィルフリード・)ザハが最も難しかったと言えるだろう」 「身体能力だ。ボールを彼から奪うことができない。タックルするのが難しくて、速く、スキルフルで得点できる。それらを備えいる試合の勝者だ」 「ネイマールや(クリスティアーノ・)ロナウドはとても知的なプレーヤーで、人々は彼らのやり口を知っているね。様々な動きをする。だが、彼らが僕らに対してボールを多く握ったことはない」 「明らかにザハはロナウドやネイマールのレベルにはない。しかし、僕にとっては多分ザハが一番難しかった」 ▽今夏、クリスタル・パレスとの契約を2020年6月30日まで延長したコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ。一時はマンチェスター・ユナイテッドへの完全移籍を果たし、復帰後もチェルシーなどへの関心が盛んに報じられた人気銘柄だ。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ7試合に出場し、3ゴール1アシストを記録している。 2018.10.21 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのSNSフォロワー数が凄い! 各業界の著名人をも凌駕

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)のスターぶりが凄い。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽フットボール界の絶対的なスター選手に君臨するC・ロナウド。だが、ひとたびピッチを離れれば、端整なルックスや肉体美を武器にファッション誌の表紙を飾るなど、ノーボーダーの活躍が際立つ。 ▽そのC・ロナウドの人気ぶりは、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムの3大SNSにおけるファロワー数でも圧倒的。フットボール界において、競い合うことのできる者すらいない状況だ。 ▽また、スポーツ界全体を含む各業界と比較しても、C・ロナウドは、ジャスティン・ビーバーやテイラー・スウィフトといった世界的歌手、アメリカ大統領のドナルド・トランプをも凌駕している。 ▽一流のプレーもさることながら、その知名度も抜群のC・ロナウド。今後も多方面での活躍に注目だ。 ◆比較 [フットボール界] ・クリスティアーノ・ロナウド 計3億4000万人 ・ネイマール 計2億500万人 ・リオネル・メッシ 計1億8900万人 ・ハメス・ロドリゲス 計9100万人 ・ガレス・ベイル 計8300万人 [スポーツ界] ・クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手) 計3億4000万人 ・レブロン・ジェームズ(バスケット選手) 計1億600万人 ・コナー・マクレガー(総合格闘家) 計4300万人 ・ケビン・デュラント(バスケット選手) 計3700万人 ・ラファエル・ナダル(テニス選手) 計3700万人 [各業界] ・クリスティアーノ・ロナウド(サッカー選手) 計3億4000万人 ・ジャスティン・ビーバー(歌手) 計2億8400万人 ・テイラー・スウィフト(歌手) 計2億6800万人 ・バラク・オバマ(元アメリカ大統領) 計1億7600万人 ・ドナルド・トランプ(アメリカ大統領) 計9000万人 ※フェイスブック、インスタグラム、ツイッターのフォロワー数総計 2018.10.21 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが金字塔…史上初の欧州3大リーグ400発!

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が金字塔だ。データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が報じた。 ▽C・ロナウドは20日に行われたセリエA第9節のウディネーゼ戦(1-1のドロー)に先発。18分に2試合連発となるシーズン5得点目をマークした。 ▽C・ロナウドにとって、このゴールは代表を除いてキャリア通算400点目。欧州5大リーグのみで到達した選手としては史上初だという。 ▽なお、内訳は以下のとおり。 ◆C・ロナウドの各国リーグ得点内訳 ・マンチェスター・ユナイテッド:プレミアリーグ/84得点 ・レアル・マドリー:リーガエスパニョーラ/311得点 ・ユベントス:セリエA/5得点 2018.10.21 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド弾もユベントス、ジェノアに引き分けて開幕からの連勝が8でストップ《セリエA》

▽ユベントスは20日、セリエA第9節でジェノアをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節ウディネーゼ戦をベンタンクールの加入後初弾とC・ロナウド弾で快勝して開幕8連勝としたユベントスは、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を控える中、ディバラやキエッリーニをベンチスタートとし、C・ロナウドやマンジュキッチ、ピャニッチらを先発で起用した。 ▽今季ここまで9ゴールを挙げて得点ランク首位を快走するピョンテク擁する10位ジェノア(勝ち点12)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは、3トップに右からクアドラード、マンジュキッチ、C・ロナウド、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにベンタンクールとマテュイディを配した。 ▽そのユベントスが10分にC・ロナウドが枠内シュートを浴びせると、14分にはクアドラードの右クロスにC・ロナウドがヘディングで合わせるも、シュートは右ポストを直撃した。 ▽それでも18分、CKの流れからボックス左に侵入してカンセロが放ったシュートのルーズボールを、ゴールエリア右に詰めていたC・ロナウドが押し込んでユベントスが先制した。 ▽続く23分にもC・ロナウドが右サイドからのクアドラードのアーリークロスに合わせる決定機を迎えたが、GKの好守に阻まれる。ハーフタイムにかけてもジェノアに付け入る隙を見せなかったユベントスが1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、52分にピョンテクのミドルシュートでゴールを脅かされたユベントスは、56分にもCKからピョンテクに際どいヘディングシュートを浴びせられる。 ▽ひやりとしたユベントスは59分にクアドラードに代えて出場停止明けのドグラス・コスタを投入。 ▽しかし67分、隙を見せた流れから同点に持ち込まれる。クリアボールがゴールラインを割らず、右サイドからクアメに入れられたクロスをベッサに頭で叩き込まれた。 ▽失点後、C・ロナウドのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ったユベントスは、マテュイディに代えてディバラを投入。そのディバラにボールを集めて打開を図るも、チャンスは生み出せずに1-1のまま終了。開幕からの連勝は8でストップした。 2018.10.21 02:56 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース