ウディネーゼ指揮官、セリエA初勝利に浮かれず残留に必死「自分のことは大事じゃない」2018.05.14 06:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは13日、セリエA第37節でヴェローナと対戦し、1-0で勝利した。イゴール・トゥドール監督は、記念すべき勝利に浮かれるつもりはない。同指揮官のコメントを『トゥットウディネーゼ』が伝えた。

▽現役時代にユベントスなどで活躍したトゥドール監督は、先月末にウディネーゼ指揮官に就任。不振のチームを降格の危機から救うためにイタリアに戻ってきた。

▽しかし、最下位のベネヴェントと引き分けたあと、インテルには0-4と大敗。トンネルの出口は見えていなかった。それでも今節はすでに降格が決まっていたベローナを下して、1月28日ジェノア戦以来の白星を手にしている。

▽ウディネーゼは降格ラインと勝ち点1差だったが、この勝利で状況は改善した。

▽トゥドール監督は試合後、「今日の試合はすごく重要だ。自分たちの試合に集中しなければいけない。献身的なプレーで久々の勝利を手にした選手たちを称えたい」とコメント。

▽監督としてセリエA初勝利を挙げたことについて問われると、「ボローニャ戦のことしか考えていない。自分のことは大事じゃない」と返答している。

▽セリエA残留争いは、ウディネーゼとキエーボが勝ち点37。カリアリが同36で16位で、SPALとクロトーネが同35という状況。この中で最終節の直接対決はないため、ウディネーゼとキエーボの油断ができない立場だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ウディネーゼ、セリエA残留も監督交代か 元イタリア代表指揮官をリストアップ

▽ウディネーゼが新シーズンに向けて監督交代に動いている。イタリア『トゥットスポルト』などが伝えた。 ▽今季のウディネーゼはセリエB降格の危機にあった。極度の不振に陥ってシーズン途中にマッシモ・オッド前監督を解任。経験の浅い元ユベントスのイゴール・トゥドール監督を迎えている。それでもトゥドール監督はセリエA残留という目標を達成し、ウディネーゼを救った。 ▽だが、やはり新シーズンに向けた整備が必要と考えられており、ウディネーゼは監督探しを始めている。現時点では元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏の名前が挙がっており、経験豊富な指揮官を迎えるつもりのようだ。 ▽40歳のトゥドール監督は、ウディネーゼで4試合を指揮。勝ち点7を獲得し、指導者してイタリアで上々の成果を残している。 2018.05.26 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、MFバリッチの右ヒザのじん帯損傷と手術実施を発表!

▽ウディネーゼは22日、MFアンドリヤ・バリッチが右ヒザのじん帯損傷と診断されたことを発表した。なお、離脱期間に関する詳細は発表していないが、23日に手術を受けることを併せて発表している。 ▽バリッチは先週行われたトレーニング中に右ヒザを負傷。20日に行われたセリエA最終節のボローニャ戦を欠場していた。 ▽クラブによると、バリッチはローマ市内の病院で精密検査を受診。その結果、右ヒザのじん帯損傷と診断され、23日に同箇所の手術を実施するとのこと。 ▽2016年2月にハイドゥク・スプリトからウディネーゼに加入。セントラルMFとしてセリエAで21試合に出場。コッパ・イタリアで3試合に出場していた。 2018.05.23 04:01 Wed
twitterfacebook
thumb

「インテルは強すぎた」ウディネーゼ指揮官、セリエA残留諦めず

▽ウディネーゼを率いるイゴール・トゥドール監督は、セリエA残留に自信があるようだ。6日のインテル戦を終えたあと、報道陣にコメントを残している。 ▽インテルにホームで0-4と大敗したウディネーゼは、現在17位と残留争い中。インテルになすすべなく敗れたことを考えると、かなり厳しい状況にある。 ▽先月末からウディネーゼを指揮しているトゥドール監督は、「インテルは強すぎた。この試合はすぐに忘れなければいけない」ときっぱり。「残留を目指して前を見なければいけない」と、チームに切り替えを求めている。 ▽ウディネーゼは最後の白星が1月のジェノア戦。第35節ベネヴェント戦で引き分けて、連敗が11で止まっただけだ。 ▽それでも元ユベントスDFは、「ここからの2試合が最重要だ。しっかり分析して、正しい選択をしたい。我々がセリエA残留にふさわしいと確信している」と、チームの立て直しができると主張した。 ▽1995-96シーズン以降、セリエAに定着しているウディネーゼ。残り2試合で1部残留を決められるだろうか。 2018.05.07 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル4発快勝でCL出場権獲得へ上位猛追! …ウディネーゼは14試合勝ちなし《セリエA》

▽インテルは6日、セリエA第36節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す5位インテル(勝ち点66)が、リーグ13試合勝ちがない14位ウディネーゼ(勝ち点)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽インテルは、2-3で競り負けた前節のユベントス戦からスタメンを3名変更。ダンブロージオ、ヴェシーノ、ミランダに代えて、ダウベルト・エンリケ、ボルハ・バレロ、ラノッキアを起用した。 ▽5分、インテルが右CKから最初のチャンスを迎える。ボックス内にクロスが供給されると、ペリシッチがフリーの状態でヘディングシュートを放つ。しかし、GKビザーリが反応できなかったシュートをDFダニーロがヘディングで掻き出し、ゴールを死守した。 ▽それでも13分、今度は左CKの場面でキッカーのブロゾビッチがクロスを入れる。ボックス内での競り合いを制したラノッキアが頭で合わせ、インテルが先制に成功する。 ▽反撃に出るウディネーゼは、35分に惜しいシーンを作り出す。インテル陣内中央付近で得たFKの流れからボックス内にクロスが上がると、ベーラミが飛び込んで頭で合わせる。しかし、これは枠を捉えない。直後の36分にもカウンターからラザーニャが一対一を迎えたが、GKハンダノビッチに軍配が上がった。 ▽ウディネーゼが決定機を決め切れずにいると、前半終了間際にインテルが再び攻勢をかける。カウンターの場面、ウディネーゼ陣内中央付近でボールを持ったラフィーニャが、ドリブルでボックス内に侵攻。そのまま左足でゴール右隅を射抜く。 ▽さらに46分、最前線でロングフィードを収めたイカルディが、ボックス内までドリブルで運び、右足でニアを狙う。すると、これが決まりスコアが3-0となったところで前半が終了した。 ▽後半に入ると、ウディネーゼはさらに劣勢を強いられる。49分、フォファナがペリシッチにチェックをかけた際に倒してしまい、一発退場に。早い時間で残り45分近くを10人で戦うこととなった。 ▽インテルは前半以上に攻勢をかけようとするが、ほぼ全員を自陣に留めて守るウディネーゼをなかなか崩すことができない。試合は、やや膠着状態となる。 ▽それでも、71分にボックス左のボルハ・バレロがペリシッチのシュート性のボールをピタリとトラップ。素早く右足を振り抜き、チームの4点目とした。 ▽一矢報いたいウディネーゼは、83分にボックス手前左でFKを獲得。しかし、キッカーのバリッチが右足で直接狙ったシュートは枠を捉えず。結局、4-0でインテルがリードしたまま試合が終了することとなった。 ▽この結果、インテル(勝ち点69)はCL出場圏内の4位ラツィオ(勝ち点70※1試合未消化)、3位ローマ(勝ち点70※1試合未消化)との暫定勝ち点差を「1」とし、上位陣にプレッシャーを与えることに成功。対するウディネーゼは未勝利記録を14試合に伸ばした。 2018.05.06 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、イタリア・ダービーの“戦犯”を先発起用か。指揮官が改めて擁護

▽6日のセリエA第36節でウディネーゼと対戦するインテルは、DFダヴィデ・サントンを先発で起用するようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コッリエレ・デッロ・スポルト』がスターティングメンバーを予想した。 ▽インテルは前節、ユベントスと対戦して2-3で負けている。この一戦で“戦犯"扱いを受けているのがサントンだ。85分にマウロ・イカルディとの交代で入った同選手は2失点に関与。ユベントスに逆転を許している。 ▽このパフォーマンスでサントンはファンからも痛烈な批判を受けているが、ルチアーノ・スパレッティ監督の評価は変わっていない。 ▽同指揮官は5日の会見で「そういった非難の声があるのは残念だ。彼は結果に対して何の責任もない。一つ一つのエピソードにとらわれてはいけない。私の選択であり、責任はもちろん私にある」とコメントした。 ▽サントンはウディネーゼ戦に起用されれば、ファンの信頼を取り戻すチャンスとなる。指揮官の起用に応えられるだろうか。 2018.05.06 05:17 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース