中島の2アシストの活躍でポルティモネンセが今季の最終戦を白星で飾る!《プリメイラ・リーガ》2018.05.14 04:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは13日、プリメイラ・リーガ最終節でパソス・デ・フェレイラと対戦し、3-1で勝利した。中島はフル出場し2アシストを記録した。

▽リーグ戦4連敗中の12位ポルティモネンセ(勝ち点35)が、残留を争う16位のパソス・デ・フェレイラ(勝ち点30)をホームに迎えた一戦。前節のベレネンセス戦で1ゴール1アシストを記録した中島は、この試合も先発出場した。

▽ポルティモネンセは開始早々の2分、左サイドを突破したブルーノ・タバタの左クロスから決定機。しかし、ゴール前で合わせたホルヘ・ピレスのシュートは、相手GKの正面を突いた。

▽一進一退の攻防が続く中、ポルティモネンセは中島のパスからチャンスを迎える。28分、バイタルエリア左でボールを受けた中島がゴール前にスルーパスを供給。このパスに反応したピレスが素早いターンからゴールネットを揺らしたが、主審はオフサイドと判定しゴールは取り消された。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行った結果、判定が覆りポルティモネンセのゴールが認められた。

▽迎えた後半は、残留を目指すパソス・デ・フェレイラが積極的な入りを見せる。57分、左サイドを突破したフィリペ・フェレイラのクロスをニアサイドに走り込んだペドリーニョが頭で合わせたが、これはわずかに枠の左。さらに69分、ペドリーニョの左FKをアンドレ・レオンがヘディングで合わせるも、ゴール右を捉えたボールはGKレオナルド・ナバッキオの好セーブに防がれた。

▽守護神の活躍で難を逃れたポルティモネンセは77分、ウェリントン・カルバーリョからのロングパスをボックス手前で受けた中島がボックス内まで持ち込みシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をピレスが押し込み、待望の追加点を奪った。

▽88分にルベン・ミカエルのゴールで1点を返されたポルティモネンセだが、試合終了間際の92分に右サイドを突破したウィルソン・マナファの折り返しをペナルティアーク内の中島がフリックし、最後は逆サイドから走り込んだウェリントンがゴールに流し込み、勝負あり。

▽中島の2アシストの活躍などで3ゴールを奪ったポルティモネンセが、最終戦を勝利で飾った。一方、敗戦したパソス・デ・フェレイラは、順位を17位に落とし来季の2部降格が決定した。

ポルティモネンセ 3-1 パソス・デ・フェレイラ
【ポルティモネンセ】
ピレス(前28)
ピレス(後32)
ウェリントン(後47)
【パソス・デ・フェレイラ】
ルベン・ミカエル(後43)
コメント
関連ニュース
thumb

鳥栖FW金崎夢生にポルティモネンセ復帰の可能性が浮上? ポルトガルメディアが報道

『Record』や『A Bola』といったポルトガルメディアが、サガン鳥栖に所属する元日本代表FW金崎夢生(29)のポルティモネンセ復帰の可能性を伝えている。 大分トリニータや名古屋グランパス、ニュルンベルグでプレーした金崎は、2013年9月に当時ポルトガル2部だったポルティモネンセに加入。2年目にはシーズン途中までにリーグ戦17試合9ゴールを記録するなど、ゴールゲッターとして覚醒し、2015年2月に鹿島アントラーズに期限付き移籍した。 その後、1度ポルティモネンセ復帰を果たし、2016年に鹿島に完全移籍。2018年8月にはサガン鳥栖に完全移籍し、加入後は明治安田生命J1リーグで15試合3ゴールを記録した。 今回伝えられるところによると、金崎は現在ポルトガルに滞在。2日に行われたプリメイラ・リーガ第15節のポルティモネンセvsベンフィカをスタジアムで観戦したようだ。なお、この試合は中島翔哉の2点目に絡む活躍もあり、2-0で勝利している。 また、ポルトガルメディアは金崎が中島と元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスと写真撮影をしたことを紹介した中、金崎が今冬での加入が近づいているとも報道。金崎のポルティモネンセ復帰は昨年5月にも浮上し、最近では鳥栖の日本代表GK権田修一のポルティモネンセ移籍の可能性が取り沙汰されたが、ポルティモネンセは果たしてどのような動きを見せるのだろうか。 2019.01.03 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉はアジア杯直前まで日本代表に合流せず?次節ベンフィカ戦に出場と葡メディア報道

ポルティモネンセFW中島翔哉は、日本代表への合流はアジアカップ直前になるのかもしれない。ポルトガル『Record』が伝えている。<br><br>1月9日から始まるアジアカップ2019へ向け、日本代表に招集されている中島。アジアの覇権奪回を目指す森保ジャパンの中心的な存在となっている24歳は、A代表として臨む国際大会でも多くの期待を集めている。<br><br>しかし、日本代表への合流は大会直前になるのかもしれない。『Record』によると、1月2日に行われるリーガNOS第15節ベンフィカ戦に出場する可能性があるという。<br><br>『Record』は、中島が28日のポルティモネンセの練習に参加していたと伝えている。また、2018年最終戦となった前節フェイレンセ戦(1-0)では日本代表への合流を見越してメンバー外となっていたようだが、日本サッカー協会の承認を得てポルティモネンセに再び合流したと予想している。<br><br>さらに同メディアは、日本代表の開幕戦となる1月9日のトルクメニスタン戦に向け遅れて合流するか、その試合に欠場するかどうかは明らかになっていないと伝えている。<br><br>日本代表の背番号10を背負う中島だが、森保ジャパンへの合流は直前になるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.30 13:12 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉は次節がポルティモネンセ最後の試合?葡メディアが予想「高いモチベーションになりうる」

中島翔哉のポルティモネンセ退団は近いのだろうか。ポルトガル『A BOLA』が、22日のフェイレンセ戦がラストゲームになる可能性が高いと伝えている。<br><br>今シーズン、リーグ戦12試合に出場して5ゴール、5アシストを記録する中島。10番を背負ってチームのエースに成長した日本代表FWには、欧州の様々なクラブが獲得をねらっていると伝えられている。先日には、プレミアリーグのウォルバーハンプトンへの移籍が合意間近とも報じられた。<br><br>もし1月のマーケット開幕直後で移籍することになれば、日本代表に26日から合流してアジアカップを戦う中島にとって、22日に行われるフェイレンセ戦がポルティモネンセでのラストゲームとなる。『A BOLA』は「本当にナカジマにサヨナラを告げるのか?」と題し、中島の去就について報じている。<br><br>冒頭で「(ヴィトーリア戦は)ホームスタジアムでのラストゲームだったのか? 疑惑は本物だが、まだ答えはない」とし、「ウォルバーハンプトンへと近づくナカジマのサヨナラは、高いモチベーションになると言えるだろう」と続けている。<br><br>しかし、「ヌーノ率いるクラブへ加入することは確かではない。最近では交渉が停滞していると言われている。そして、ポルティモネンセ会長は他クラブとの接触があるとも警告している」と綴っている。<br><br>一時ウルブスとの交渉は80%完了し、発表は間近とも言われた中島の去就。さまざまな憶測が流れる中、24歳の日本代表FWの新天地はどこになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.16 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

中島翔哉のウルブス移籍、有力か 進捗状況は「80%」

▽ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(24)のプレミアリーグ挑戦が現実味を帯びてきた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽中島の移籍先として名前が浮上するクラブはウォルバーハンプトンだ。ドルトムントやレスター・シティの関心も取り沙汰される中島に対して、移籍金1700万ポンド(約24億4000万円)の獲得オファーを打診した模様だ。 ▽その中島の契約解除金は推定3500万ポンド(約50億4000万円)。だが、ポルティモネンセは同額以下での放出に対しても肯定的だという。同クラブの会長を務めるロドニー・サンパイオ氏は次のように認識を示したという。 「会談は事実だ。まだ100%じゃないが、1月に移籍の可能性がある」 「残すは契約解除金の支払いだ。中島は80%ウォルバーハンプトンだ」 ▽ポルティモネンセ加入2年目の中島は今シーズンのここまでリーグ戦11試合に出場して5ゴール。9月のリーグ月間MVPに輝き、森保一体制の日本代表にも定期的に招集されており、新たな顔として期待が高まっている。 ▽2016年に中国の資本グループが買収したウォルバーハンプトンは昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)を優勝。今シーズンからプレミアリーグに7年ぶりに復帰し、5勝4分け6敗の12位に位置している。 2018.12.07 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

中島がプレミア入りか? ウォルバーハンプトンが25億円のオファーを提示!

▽ウォルバーハンプトンが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が伝えている。 ▽2017年夏にポルティモネンセ入りして以降、まばゆい輝きを解き放ち続ける中島。今シーズンもここまでポルトガルリーグ得点ランキング2位タイの4得点を挙げる活躍ぶりを受け、森保一新体制の日本代表に呼ばれ続けており、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦でも強豪撃破に大きく貢献した。 ▽その中島を巡っては、セビージャやレスター・シティなど多くのクラブが目を光らせていたが、ここにきてウォルバーハンプトンが獲得のポールポジションに立った。 ▽『A BOLA』によれば、ウォルバーハンプトンはすでに中島の獲得に向け2000万ユーロ(約25億円)のオファーを提示しており、移籍交渉は最終段階に入っているとのこと。 ▽しかし、ポルティモネンセが中島の移籍金を4000万ユーロ(約51億円)に設定していることから、移籍決定まではまだ時間がかかりそうだ。 2018.12.06 02:01 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース