コンテ、チェルシーでの将来に意外と楽観的?「自分はそうは思わない」2018.05.14 03:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、自身の将来について楽観視しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がそのコメントを伝えている。

▽13日に行われたプレミアリーグ最終節でニューカッスルとアウェイで対戦したチェルシー。他会場の結果次第ではあるが勝てばトップ4入りの可能性も残されていた重要な一戦だったが、結果は0-3で惨敗。苦手とされている敵地セント・ジェームズ・パークをまたしても攻略できず、5位が確定。来季はヨーロッパリーグへ参加することになった。

▽試合後、記者会見に臨んだコンテ監督は、記者にこれが最後の試合がどうか尋ねられると、このように答えている。

「君はそうだと思うかい? そういうニュースを持っているのかい? 私はそうは思わないがね」

「我々にはまだFAカップがある。いつも繰り返し言ってきたから君たちもよく分かっていると思うが、私はこのクラブに貢献してきた」

▽今季の成績不振やクラブ上層部との不仲説で、解任の噂が後を絶たないコンテ監督。だが、本人は意に介しておらず、来シーズンまでとなっている任期を全うするつもりでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー残留のウィリアン「コンテ続投ならノーチャンスだった」

▽チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンがアントニオ・コンテ前監督を嫌った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2013年にチェルシー入りを果たしたウィリアンは、2016年夏からコンテ氏と共闘。2016-17シーズンにプレミアリーグ制覇を成し遂げるなど一定の成果を残したが、コンテ氏と選手の不仲が取り沙汰され、ウィリアン自身も今夏移籍の可能性が囁かれた。 ▽だが、ウィリアンは今夏、最終的にコンテ氏が去ったチェルシー残留を決断した。「コンテ体制が続いていたらチェルシーに残っていたか?」と問われると、「ノーチャンスだ。ないね」と返答。続けて次のようにコメントしている。 「僕はチェルシーのためにプレーしたいからここにいる。僕が出て行くときは、チェルシーが僕を不要としたときだけだ」 2018.08.14 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

バチュアイ、初挑戦リーガ開幕に向け意気込む! 「グーグル翻訳で会話してる」

▽今夏にチェルシーからバレンシアにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)が、新天地での意気込みを語っている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽バチュアイは2017-18シーズンの冬にもレンタルでドルトムントに加わり、ブンデスリーガ10試合で7得点をマーク。7月まで行われていたロシア・ワールドカップではベルギー代表として出場し、3試合1得点を記録した。 ▽今夏には、出場機会を求めて移籍を望んでいることが伝えられており、10日にバレンシア加入が発表。同クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得してることも、プラスに働いていたようだ。以下のように語っている。 「僕に(バレンシア以外の)他の選択肢があったのは事実だ。でも、(マルセリーノ・ガルシア・トラル)監督と話して、気持ちが固まったんだ」 「(ゴール数の)目標を設定する前に、確かな印象を残すことを切望しているよ。“23”のシャツが着たいね。もし空いていればだけど」 「(チームでの会話には)携帯のグーグル翻訳を活用しているよ。でも、クラブは先生を付けてくれる計画でいる思うし、チームメートだって助けてくれるに違いない」 「僕はここの野望に納得させられた。チャンピオンズリーグに参加するのが楽しみだよ。マルセリーノとの会話が本当に重要な要因だった」 ▽スペイン語の問題解決のためにグーグル翻訳を利用しつつ、初挑戦となったリーガエスパニョーラの開幕に向けて準備を進めるバチュアイ。スペイン代表FWロドリゴ・モレノと競争が勃発することも伝えられているが、ポジションを確保することはできるのだろうか。 2018.08.13 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

理解できぬ! サッリがD・ルイス冷遇のコンテに喝

▽今シーズンからチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督がブラジル代表DFダビド・ルイスを冷遇した前任のアントニオ・コンテ氏に疑問の念を強めた。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽昨シーズン途中にコンテ氏との確執が明るみとなり、それ以降の出番が激減したダビド・ルイス。だが、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のハダースフィールド戦を4バックの一角として先発出場で飾り、3-0の完封勝利に貢献した。 ▽サッリ監督は、ハダースフィールド戦後会見でダビド・ルイスについて問われると、同選手を干し続けたコンテ氏に対して「理解に苦しむ」と苦言。その前任者と違い、この先もプレーチャンスを与える考えを明かした。 「理解に苦しむ意見だ。彼が3バックに適していない選手だなんて。良いDFであれば、3バックだろうが、4バックだろうが、プレーできるものだ。過去に何があったのかは知らない。ただ、今の彼にはチャンスがある」 2018.08.13 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アザール諦めずのレアル・マドリー、282億円の札束攻勢か

▽レアル・マドリーは、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得を諦めていないようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽今夏のレアル・マドリー行きが長らく取り沙汰されるアザール。だが、レアル・マドリーがチェルシー側の要求額を満たせなかったことから交渉終了が囁かれ、マウリツィオ・サッリ監督も残留を確信する発言をメディアに残している。 ▽そのアザールは、11日に行われたプレミアリーグ開幕戦のハダースフィールド戦に途中出場。今シーズンもチェルシーで引き続きプレーする可能性が高まっているが、レアル・マドリーは依然としてアザール獲得に動いている模様だ。 ▽伝えられるところによれば、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わる選手を獲得できずにいるレアル・マドリーは、今もなおアザールを追随。新たに移籍金2億ポンド(約282億9000万円)の巨額で獲得に向かうという。 ▽なお、この額でアザール移籍が実現した場合、2017年夏にパリ・サンジェルマンがバルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得する際に投じた2億2000万ユーロ(現在のレートで280億6000万円)を抜いて史上最高額になる。 ▽今夏、既にチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワを獲得したレアル・マドリー。チェルシーからシンボルプレーヤーの引き抜きも成功させることができるのだろうか。 2018.08.12 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、開幕戦白星に満足…求めるポゼッションまでには改善の余地あり

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が開幕戦での白星を喜んでいる。<br><br>チェルシーは11日、プレミアリーグ第1節でハダースフィールドと対戦。前半は苦戦しながらも、ヌゴロ・カンテ、ジョルジーニョのPKで得点を挙げると、後半にはパフォーマンスを上げてペドロが3点目をマーク。終わってみれば、3-0の快勝で開幕戦の商利を飾った。<br><br>サッリ監督は簡単な試合ではなかったことを認めつつ、3ポイントを喜んだ。<br><br>「シーズンの最初の試合で勝ち点を得るのは簡単ではないと考えているから、本当に嬉しいよ。結果を見れば、簡単だったように見えるかもしれないが、前半は難しかった。とてもフィジカルな相手だったし、15分間は問題が生じていた。しかし、後半は相手も少し疲れて、やりやすくなったね」<br><br>また、今季からチェルシーへとやってきたサッリ監督は、ナポリで見せていたようなポゼッションスタイルを持ち込もうとしている。プレミアリーグでもその片鱗を披露しつつあるが、まだまだ改善の余地が残されているようだ。<br><br>「どれくらいの完成度かというパーセンテージはわからない。相手陣内での守備は改善の余地がある。3人のDFに対するプレスなどね。ボールももっと速く動かしたい。前半は良くなかったが、後半はスペースと時間ができたね」<br><br> <br><br>提供:goal.com 2018.08.12 08:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース