10人の戦いとなったミランとアタランタのEL出場権争いはドロー! ミランはEL出場確定でアタランタもほぼ確実に《セリエA》2018.05.14 03:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは13日、セリエA第37節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。

▽前節ヴェローナ戦を4-1と快勝して6位に浮上したミラン(勝ち点60)は、直前の試合で8位フィオレンティーナがカリアリに敗れたことでアタランタ戦を引き分け以上で終えればヨーロッパリーグ(EL)出場が決まる状況となった。そのミランは4日前に行われたコッパ・イタリア決勝のユベントス戦を守護神ドンナルンマのミスもあって0-4と大敗。久々のタイトル獲得を果たせなかった中、ユベントス戦のスタメンから3選手を変更し、クトローネ、ロカテッリ、カラブリアに代えてカリニッチ、ビリア、アバーテを起用した。

▽雨が降る中キックオフされた一戦。フィオレンティーナとの得失点差が6あることから引き分け以上で2年連続のEL出場がほぼ決まる7位アタランタ(勝ち点59)に対し、ミランがボールを持つ展開で推移すると、7分にスソがミドルシュートでGKを強襲。

▽その後もボールを動かしたミランが押し込むと、23分にボナヴェントゥーラがミドルシュートを浴びせた。しかし、互いに引き分けで十分なことから前半半ば以降は膠着状態に陥る。目立ったシュートチャンスがなく時間が進み、前半をゴールレスで終えた。

▽後半からアタランタのギアが上がり、52分にクリスタンテがミドルシュートで牽制。直後のCKからクリスタンテのヘディングシュートが枠を捉えるもGKドンナルンマのファインセーブに阻まれた。さらにルーズボールをカルダーラが押し込みにかかるも枠を外してしまう。さらに56分にはクリスタンテがGKドンナルンマが一歩も動けないコントロールシュートを放つも、わずかに枠を外れる。

▽しかし60分、劣勢のミランが先手を取った。決めたのは古巣対決となるケシエ。ルーズボールをボックス手前右からミドルシュートでゴール左に蹴り込んだ。

▽ケシエの恩返し弾を浴びたアタランタは65分、トロイが主審への侮辱行為でイエローカードを立て続けに受けて退場となってしまう。だが、ミランも75分にモントリーボがA・ゴメスへのスライディングタックルで一発退場となった。

▽10人となったことを受けてスソに代えてロカテッリを投入したミランがこのまま試合を終わらせるかに思われたが、追加タイム2分にアタランタが同点に追いついた。右サイドからのイリチッチのクロスをファーサイドのA・マジエッロがヘッドで叩き込んだ。

▽このまま1-1で試合は終了し、ミランのEL出場が決定。アタランタもEL出場をほぼ確実としている。

コメント

関連ニュース

thumb

ドンナルンマはどうなる? ナポリ守護神レイナがミラン移籍を宣言!

▽ナポリに所属するスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(35)がミラン移籍を宣言した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽今シーズン限りでナポリとの契約が満了を迎えるレイナ。以前から新天地としてミランが有力視されてきた。渦中のレイナは、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』に対して次のように言及。4年間在籍のナポリに感謝の気持ちを示しつつ、ミラン行きを明かした。 「僕はナポリを永遠に愛している。4年間はとても素晴らしい時間だった。僕はミランに行く。僕にとって、素晴らしい経験になるだろう。世界でも最も重要なクラブの1つだ」 ▽レイナは過去、バルセロナ、ビジャレアル、リバプールを渡り歩き、2013年にナポリ入り。その後、2014年夏にバイエルンから2度目のナポリ入りを果たし、今シーズンも正守護神として活躍した。 ▽また、ミランはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが守護神の地位を確立している。だが、パリ・サンジェルマンなど複数クラブの関心も取り沙汰されており、レイナの加入でより去就が騒がしくなるかもしれない。 2018.05.26 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、FFPでEL出場権剥奪の場合今夏にミラン退団か…

▽ミランに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反でミランがヨーロッパリーグ(EL)出場を逃した場合、ミラン退団の可能性があるようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今季のセリエAを6位で終えて来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したミランだが、欧州サッカー連盟(UEFA)は先日、ミランに対するファイナンシャル・フェアプレー(FFP) に関する和解協定の申請を却下したと発表。 ▽今後の制裁に関しては移籍市場での活動やメンバー登録の制限から、UEFA主催大会からの除外まで、幾つかの可能性があり、最悪の場合EL出場権を剥奪される可能性もある。 ▽『フットボール・イタリア』によれば、イタリア『スカイ』の記者アレッサンドロ・アルチャート氏が、「FFPによりミランがELを逃した場合、ボヌッチが退団するという最悪のシナリオになる」と伝えており、制裁次第で守備の要を失う可能性があるようだ。 ▽2017年の夏にユベントスからミランへ加入したボヌッチは、今シーズンのセリエAで35試合、コッパ・イタリア5試合、ヨーロッパリーグ9試合に出場。ディフェンスリーダーとして最終ラインの主力センターバックに君臨していた。 2018.05.26 05:20 Sat
twitterfacebook
thumb

パト、ミラン復帰に前向き? 「ガットゥーゾに呼ばれたら…」

▽元ミランのFWアレシャンドレ・パトが、イタリア復帰の可能性について語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽28歳のパトは現在、天津権健に所属している。古巣ミランの本拠地サン・シーロで最後にプレーしたのは2012年のことだが、アンドレア・ピルロの引退試合に参加するためイタリアに戻ってきている。 ▽そこで『ガゼッタ』のインタビューに応じたパトは、「あと1年半の契約があるけど、(ミラン監督の)ガットゥーゾから呼ばれたらノーとは言えないね」と語った。 ▽今季のミランで活躍した20歳のFWパトリック・クトローネについては、自身の体験もふまえて話している。 「彼は素晴らしかったね。ただ、2年目はもっと大変になる。カカーに言われたことがあるんだ。『1年目は誰にも知られていない。2年目は相手DFが君をチェックしているよ』とね」 ▽2007年からミランに所属したパトは若くして見事な活躍を見せたが、何度も筋肉系の負傷を繰り返し、2013年にイタリアを離れた。再びイタリアに戻ってくることはあるのだろうか。 2018.05.26 04:40 Sat
twitterfacebook
thumb

やはりファンタジスタ…ロナウジーニョ、2人と婚約!

▽元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が、ピッチを離れても華麗な“ダブルタッチ”を決めている。イギリス『サン』が報じた。 ▽『サン』によると、ロナウジーニョ氏はプリシラ・コエージョさん、ベアトリス・ソウザさんという2人の女性との結婚を目指している模様。8月にも正式に婚姻関係を結ぶことになるという。 ▽2人の花嫁は昨年の12月から500万ポンド(約7億3000万円)相当と推測されるリオデジャネイロのロナウジーニョ氏の豪邸で共同生活を送っており、関係も良好とのこと。ベアトリスさんとは2016年に出会い、プリシラさんとはその数年前から関係を構築していたことも伝えられている。 ▽また、ロナウジーニョ氏はプレゼントを贈る際には2人に全く同じものを用意し、定期的に1500ポンド(約22万円)の“お小遣い”を渡しているそう。現役時代のボールタッチさながら、繊細な感覚で“ダブルタッチ”を決めたようだ。 2018.05.25 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがアンチェロッティ監督を招へい、9年ぶりにセリエA復帰

▽ナポリは23日、カルロ・アンチェロッティ氏(58)の就任を発表した。契約期間は2021年までの3年間となっている。ナポリは同日、アレリオ・デ・ラウレンティス会長がマウリツィオ・サッリ監督の退任を明言していた。 ▽イタリア代表監督候補に挙がっていたアンチェロッティ監督だが、本人はクラブチームでの指揮を望んでいた。そして前日、デ・ラウレンティス会長の自宅に居る姿を目撃され、ナポリの監督就任が間近に迫っていると報じられていた。 ▽ユベントスやミラン、チェルシーにパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーにバイエルンといった各国のメガクラブを渡り歩いてきたアンチェロッティ監督は、これまでチャンピオンズリーグを3度制覇。また、国内リーグ(セリエA、プレミアリーグ、リーグ・アン、ブンデスリーガ)を4度制すなど、多くのタイトル獲得に貢献してきた。しかし、直近のバイエルンでは成績不振により早々の9月に解任される憂き目に遭っていた。 ▽なお、アンチェロッティ監督がセリエAで指揮を執るのは2009年のミラン以来となる。 2018.05.24 03:14 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース