アーセナルがヴェンゲル最終戦で2018年アウェイ初勝利! 2位確定ユナイテッドはキャリックのラストマッチ飾る《プレミアリーグ》2018.05.14 02:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ最終節、ハダースフィールドvsアーセナルが13日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのアーセナルが1-0で勝利した。▽ミッドウィークに行われたレスター・シティ戦で1-3の敗戦を喫したアーセナルは、2018年に入ってからのアウェイでのリーグ戦全敗。アーセン・ヴェンゲル監督のラストマッチとなる今節はその苦手アウェイといえども勝利が求められた。レスター戦からは先発4人を変更。GKにオスピナ、出場停止のマヴロパノスに代わってムスタフィ、ナイルズとウェルベックに代わってベジェリン、ラカゼットが起用された。

▽指揮官のラストマッチという重圧か、緩い入りを見せたアーセナルは開始3分にゴール前のムニエに際どいヘディングシュートを許すなど、押し込まれる序盤戦に。それでも、GKオスピナを中心に失点を凌ぐと、時間の経過と共に攻勢に転じていく。

▽セットプレーやムヒタリアンの個人技を軸にゴールの匂いを感じせ始めるアーセナルは38分、高い位置でルーズボールを回収したラカゼットとムヒタリアンのパス交換からラカゼットのスルーパスがボックス左に走り込むラムジーに通る。ここでラムジーがワンタッチで折り返したボールをファーに詰めたオーバメヤンがスライディングシュートで流し込んだ。

▽オーバメヤンの3試合連続ゴールでリードを手にして後半に臨んだアーセナルだが、後半立ち上がりは再びハダースフィールドにペースを握られる。だが、インスの枠内シュートをGKオスピナが冷静にセーブするなど、集中した守りで失点を許さない。

▽その後、68分にオーバメヤン、コラシナツを下げてウェルベック、モンレアル。72分にはイウォビを下げてナイルズを投入し、試合を締めにかかるアーセナル。80分にはラカゼットに2点目のチャンスが訪れるが、これを決め切れない。すると、試合終盤にかけては攻勢を強めるハダースフィールドを前に防戦一方の展開に。

▽88分にはムーイがボックス内で放ったシュートがクロスバー、後半アディショナルタイムにはゴール前の混戦からドゥポワトルのシュートがゴールラインを割りかけるも何とか凌いだ。そして、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、ヴェンゲル監督のラストマッチで気迫を見せたアーセナルが2018年初のアウェイゲーム勝利で愛すべきフランス人指揮官を白星で送り出した。

▽また、同日にオールド・トラフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッドvsワトフォードは、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。

▽ミッドウィークに行われたウェストハム戦をゴールレスドローで終えて今季の2位を確定したユナイテッド。オールド・トラフォードでの今季最終戦に向けては今季限りで現役引退となるキャプテンのキャリックや退団が噂されるブリントやダルミアンなど控え中心のメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、均衡を破ったのは現役最後の試合に臨んだ名司令塔の右足だった。34分、自陣中央でボールを持ったキャリックが狙いすましたロングフィードを最終ライン裏に走り込むマタに通すと、マタはDFとGKを引き付けて右を並走していたラッシュフォードにラストパス。これをラッシュフォードが難なく流し込み、キャリックのフィードからユナイテッドが先制点を奪った。

▽ユナイテッドの1点リードで折り返した試合はワトフォードの予想外の健闘によって拮抗した展開が続く。なかなか2点目が遠いユナイテッドだが、ロメロやバイリーを中心に持ち味の堅守で失点を許さない。

▽その後、85分にポグバとの交代でピッチを離れるキャリックに向けてはオールド・トラフォードに集まったホームサポーターから惜しみない拍手が送られた。そして、ホーム最終戦を1-0の勝利で飾ったユナイテッドは、19日に行われるFAカップ決勝のチェルシー戦に向けて大きな弾みを付けた。
コメント
関連ニュース
thumb

BATE戦でエルボー見舞ったラカゼット、ELラウンド16のレンヌ戦2試合で出場停止に

UEFA(欧州サッカー連盟)は22日、アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットに、2試合の出場停止追加処分を科したことを発表した。 ラカゼットは14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32のBATEボリソフ戦ファーストレグで、85分に相手選手との競り合いから故意にエルボーを見舞い、一発退場を命じられていた。その後、21日に行われたセカンドレグで出場停止を消化したラカゼットにUEFAから追加処分が科せられた。 UEFAはさらに2試合の出場停止処分を科すことを発表。これにより、ラカゼットはラウンド16のレンヌ戦2試合に出場できないことが確定した。 ラカゼットは今シーズン、公式戦33試合で12ゴール8アシストを記録。ELでは4試合で1ゴール1アシストを記録していた。 2019.02.23 02:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16の組み合わせ決定! チェルシーはディナモ・キエフ、ナポリは南野ザルツブルク、長谷部フランクフルトはインテルと《EL》

22日に、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。 ラウンド32では、チェルシーやアーセナル、ナポリ、インテル、セビージャ、バレンシアなどが順当に勝ち上がり。また、MF長谷部誠が所属するフランクフルト、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクが勝ち上がった。 今回の抽選会では、優勝候補のチェルシーがディナモ・キエフと、ナポリがザルツブルクと対戦。また、セビージャはスラビア・プラハ、アーセナルはレンヌと対戦する。 また、長谷部のフランクフルトはインテルと、ゼニトはビジャレアルと対戦する。 なお、ラウンド16の1stレグは3月7日、2ndレグは同月14日に行われる予定となっている。 ◆ELラウンド16組み合わせ チェルシー vs ディナモ・キエフ フランクフルト vs インテル ディナモ・ザグレブ vs ベンフィカ ナポリ vs ザルツブルク バレンシア vs クラスノダール セビージャ vs スラビア・プラハ アーセナル vs レンヌ ゼニト vs ビジャレアル ◆ELラウンド16進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) セビージャ(スペイン) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) レンヌ(フランス) ベンフィカ(ポルトガル) ザルツブルク(オーストリア) ゼニト(ロシア) FCクラスノダール(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) スラビア・プラハ(チェコ) 2019.02.22 21:33 Fri
twitterfacebook
thumb

やはりエジルが必要! イウォビ「彼が居れば僕らはチャンスを望むだけでいい」

アーセナルに所属するナイジェリア代表FWアレックス・イウォビが、同僚MFメスト・エジルの質の高さを絶賛している。イギリス『メトロ』が伝えた。 アーセナルは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグでホームにBATEボリソフを迎え、3-0で勝利。この結果、2戦合計3-1として逆転でラウンド16進出を決めた。 この試合では、今シーズンから出場機会が激減しているエジルが、昨年12月22日のプレミアリーグ第18節バーンリー戦(3-1でアーセナル勝利)以来のフル出場。MFムヒタリアンやFWオーバメヤン、FWイウォビらとともに確かなパフォーマンスを披露した。 試合後、イウォビはエジルを絶賛。前線の選手として全幅の信頼を預けていることを表現した。 「僕らはメスト(・エジル)がどんな選手か知っている。トレーニングで毎日彼を見ているからね。ワールドクラスだよ」 「彼が居れば多くのチャンスが創り出されることは分かっているし、僕らはチャンスが訪れるのを望むだけで良い。そして、今日のように3点を奪える」 「だから、上手くいけば彼はプレーし続けるよ」 「スペースを作ろうと試みて、正しく走る僕がランニングすれば彼が見付けてくれるのは分かっている。なぜなら、彼はそれを見付ける視野を備えているからだ」 2019.02.22 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト16が決定! チェルシーら優勝候補が順当突破! 4選手参戦の日本勢は明暗分かれる

21日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。 アーセナルが1stレグでBATEボリソフに金星を献上する波乱があったものの、ホームでの2ndレグをきっちり3-0の勝利で飾り逆転での突破を決めた。 優勝候補筆頭のチェルシーとナポリ、インテルの3チームは国内リーグの不振を引きずることなく、いずれも格下相手に力の差を見せつけて突破を決めた。 今大会で無類の強さを見せるスペイン勢ではセビージャ、バレンシア、ビジャレアルの3チームが突破。難敵ラツィオを退けたセビージャに対して、伏兵レンヌとの激しい打ち合いに敗れたベティスが敗退と、アンダルシア勢の2チームで明暗が分かれることに。 また、フランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実、ガラタサライDF長友佑都、ヘンクFW伊東純也の4選手が参戦した日本勢では、長谷部と南野が突破を決めた一方、長友と伊東は無念の敗退となった。なお、伊東はスラビア・プラハとの2ndレグでEL&ヘンクデビューを飾っている。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は22日の日本時間21時に行われ、1stレグは3月7日、2ndレグは同月14日に行われる予定だ。 ELラウンド16進出チーム一覧およびラウンド32の結果一覧は以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) セビージャ(スペイン) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) レンヌ(フランス) ベンフィカ(ポルトガル) ザルツブルク(オーストリア) ゼニト(ロシア) FCクラスノダール(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) スラビア・プラハ(チェコ) ◆ELラウンド32結果 セビージャ 2-0(AGG:3-0) ラツィオ ゼニト 3-1(AGG:3-2) フェネルバフチェ アーセナル 3-0(AGG:3-1) BATEボリソフ ビジャレアル 1-1(AGG:2-1) スポルティング・リスボン バレンシア 1-0(AGG:3-0) セルティック フランクフルト 4-1(AGG:6-3) シャフタール ナポリ 2-0(AGG:5-1) チューリッヒ ザルツブルク 4-0(AGG:5-2) クラブ・ブルージュ ディナモ・ザグレブ 3-0(AGG:4-2) ビクトリア・プルゼニ ベティス 1-3(AGG:4-6) レンヌ レバークーゼン 1-1(AGG:1-1) FCクラスノダール※ ヘンク 1-4(AGG:1-4) スラビア・プラハ インテル 4-0(AGG:5-0) ラピド・ウィーン チェルシー 0-0(AGG:3-0) マルメ ディナモ・キエフ 1-0(AGG:3-2) オリンピアコス ベンフィカ 2-1(AGG:2-1) ガラタサライ ※アウェイゴール数の差で突破 2019.02.22 07:09 Fri
twitterfacebook
thumb

ジャカお膳立てからCB陣が2発のアーセナルがBATEボリソフに快勝で逆転での16強進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグ、アーセナルvsBATEボリソフが21日にアーセナル・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-0で勝利。この結果、2戦合計3-1としたアーセナルが逆転でラウンド16進出を決めた。 セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたエメリ監督が率いるアーセナルだが、1週間前に行われた1stレグではラカゼットの愚行退場の影響もあり相手セットプレーの一発に泣きまさかの0-1の敗戦。 FAカップ敗退に伴い、週末に試合がなかったことで万全の状態で臨んだこの2ndレグに向けては1stレグから先発3人を変更。出場停止のラカゼット、コラシナツ、ナイルズに代えてオーバメヤン、リヒトシュタイナー、エジルを起用した。 逆転突破に向けて一気呵成の入りを見せたホームチームは開始4分にゴールをこじ開ける。右サイド深くで縦に仕掛けたオーバメヤンがグラウンダーの高速クロスを入れると、戻りながらの対応となったDFヴォルコフのクリアミスを誘い、オウンゴールで先制に成功した。 守備的に入りながらも開始早々に2戦合計スコアで追いつかれたBATEボリソフだが、1stレグ同様に鋭いカウンターは健在。8分に右サイドを突破したスカビシュが右のサイドネットを叩く惜しいシュートを放つと、9分には再び右からの崩しからジュミトリ・バハがボックス右で上げた浮き球のクロスをファーでフリーのドラウンがボレーシュート。GKチェフの脇を抜けたボールがゴールに向かうが、ここはDFリヒトシュタイナーの決死のゴールカバーに遭った。 あわや痛恨のアウェイゴール献上というピンチを招いたアーセナルは立ち上がりに比べてボールポゼッションを高めながらバランス重視の攻め方にシフト。18分にはジャカの強烈なミドルシュートが枠を捉えるが、ここはGKシェルビツキの好守に阻まれた。 その後はボールを保持するアーセナル、堅守速攻で応戦するBATEボリソフという構図の下で試合が展開する。1stレグ同様に圧倒的に押し込みながらも最後の場面で崩し切れない状況が続くホームチームだったが、前半のうちに追加点を奪う。 39分、左CKの場面でキッカーのジャカがアウトスウィングの絶妙なボールを入れると、中央で競り勝ったムスタフィが打点の高いヘディングで流し込んだ。 2戦合計スコアで逆転して後半を迎えたアーセナルだったが、立ち上がりの49分にはゴール前の混戦からスカビシュに強引なシュートを許すが、ここはGKチェフが冷静に対処する。 その後は再び攻勢を強めていくアーセナルだが、56分にはふくらはぎを痛めたコシエルニーがプレー続行不可能となり、パパスタソプーロスの緊急投入を余儀なくされる。対してBATEボリソフは古巣凱旋のフレブが投入され、アーセナルサポーターからも温かな拍手が送られた。 すると、この選手交代が試合を動かす。60分、アーセナルの右CKの場面でキッカーのジャカが入れたインスウィングのボールに対して前に出たGKシェルビツキが被ってしまうと、ファーで競り勝ったパパスタソプーロスが頭で流し込んだ。 ムスタフィに続きセンターバックのパパスタソプーロスのゴールによって逆転突破に大きく近づいたエメリ監督は、グエンドウジ、ムヒタリアンを続けて下げてトレイラ、デニス・スアレスを続けてピッチに送り出す。試合を締めにかかりつつ、週末以降の戦いを睨んだ采配を見せる。 その後、3失点目で心が折れたアウェイチーム相手に最後まで主導権を握り続けたアーセナルがホームで3-0の快勝。2戦合計3-1のスコアで逆転でのラウンド16進出を決めた。 2019.02.22 04:47 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース