アーセナルがヴェンゲル最終戦で2018年アウェイ初勝利! 2位確定ユナイテッドはキャリックのラストマッチ飾る《プレミアリーグ》2018.05.14 02:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ最終節、ハダースフィールドvsアーセナルが13日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのアーセナルが1-0で勝利した。

▽ミッドウィークに行われたレスター・シティ戦で1-3の敗戦を喫したアーセナルは、2018年に入ってからのアウェイでのリーグ戦全敗。アーセン・ヴェンゲル監督のラストマッチとなる今節はその苦手アウェイといえども勝利が求められた。レスター戦からは先発4人を変更。GKにオスピナ、出場停止のマヴロパノスに代わってムスタフィ、ナイルズとウェルベックに代わってベジェリン、ラカゼットが起用された。

▽指揮官のラストマッチという重圧か、緩い入りを見せたアーセナルは開始3分にゴール前のムニエに際どいヘディングシュートを許すなど、押し込まれる序盤戦に。それでも、GKオスピナを中心に失点を凌ぐと、時間の経過と共に攻勢に転じていく。

▽セットプレーやムヒタリアンの個人技を軸にゴールの匂いを感じせ始めるアーセナルは38分、高い位置でルーズボールを回収したラカゼットとムヒタリアンのパス交換からラカゼットのスルーパスがボックス左に走り込むラムジーに通る。ここでラムジーがワンタッチで折り返したボールをファーに詰めたオーバメヤンがスライディングシュートで流し込んだ。

▽オーバメヤンの3試合連続ゴールでリードを手にして後半に臨んだアーセナルだが、後半立ち上がりは再びハダースフィールドにペースを握られる。だが、インスの枠内シュートをGKオスピナが冷静にセーブするなど、集中した守りで失点を許さない。

▽その後、68分にオーバメヤン、コラシナツを下げてウェルベック、モンレアル。72分にはイウォビを下げてナイルズを投入し、試合を締めにかかるアーセナル。80分にはラカゼットに2点目のチャンスが訪れるが、これを決め切れない。すると、試合終盤にかけては攻勢を強めるハダースフィールドを前に防戦一方の展開に。

▽88分にはムーイがボックス内で放ったシュートがクロスバー、後半アディショナルタイムにはゴール前の混戦からドゥポワトルのシュートがゴールラインを割りかけるも何とか凌いだ。そして、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、ヴェンゲル監督のラストマッチで気迫を見せたアーセナルが2018年初のアウェイゲーム勝利で愛すべきフランス人指揮官を白星で送り出した。

▽また、同日にオールド・トラフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッドvsワトフォードは、ホームのユナイテッドが1-0で勝利した。

▽ミッドウィークに行われたウェストハム戦をゴールレスドローで終えて今季の2位を確定したユナイテッド。オールド・トラフォードでの今季最終戦に向けては今季限りで現役引退となるキャプテンのキャリックや退団が噂されるブリントやダルミアンなど控え中心のメンバー構成で臨んだ。

▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、均衡を破ったのは現役最後の試合に臨んだ名司令塔の右足だった。34分、自陣中央でボールを持ったキャリックが狙いすましたロングフィードを最終ライン裏に走り込むマタに通すと、マタはDFとGKを引き付けて右を並走していたラッシュフォードにラストパス。これをラッシュフォードが難なく流し込み、キャリックのフィードからユナイテッドが先制点を奪った。

▽ユナイテッドの1点リードで折り返した試合はワトフォードの予想外の健闘によって拮抗した展開が続く。なかなか2点目が遠いユナイテッドだが、ロメロやバイリーを中心に持ち味の堅守で失点を許さない。

▽その後、85分にポグバとの交代でピッチを離れるキャリックに向けてはオールド・トラフォードに集まったホームサポーターから惜しみない拍手が送られた。そして、ホーム最終戦を1-0の勝利で飾ったユナイテッドは、19日に行われるFAカップ決勝のチェルシー戦に向けて大きな弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

クロース、電撃引退のエジルに「ナンセンス」

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが代表引退を表明したアーセナルのMFメスト・エジルを酷評した。 ▽エジルは7月22日、ドイツ代表からの引退を電撃的に表明。トルコ系移民である自身のルーツに対する差別が原因であることを明らかにしている。 ▽ドイツ『ビルト』のインタビューに応じたクロースは、そのエジルの行動について次のように言及。同情するどころか、叱咤した。 「メストは、国際的な価値のある選手。選手として、もっと良い去り方があるはずさ」 「だから、彼のやり方は良くなかった」 「声明の一部は、残念ながらかなり多くのナンセンスなものばかりだ」 「代表チームとDFB内にいかなる人種差別も存在しない。彼も良く知っているはずだよ」 2018.08.17 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

オスピナ、ナポリ移籍確実に 現地入り

▽アーセナルに所属するコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)のナポリ移籍がほぼ確実になった。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽アーセナルは今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノを獲得。元チェコ代表GKペトル・チェフも含めたポジション争いがより激しくなっている。 ▽その煽りを受け、オスピナを巡っては今夏、アーセナル退団の可能性が加熱。有力な新天地としてベシクタシュの名前が挙がってきたが、一転してナポリ行きが濃厚だという。 ▽伝えられるところによれば、渦中のオスピナは16日、ナポリ加入に向けて現地入り。メディカルチェックを経て、1年間のレンタル契約でナポリ入りするとみられる。 ▽ナポリは今夏、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナがミランに移籍。さらに、GKオレスティス・カルネジスとGKアレックス・メレトが負傷離脱しており、GK人材難に陥っている。 2018.08.17 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕戦で王者マンチェスター・Cに完敗も…アーセナルの新星MF「今季の優勝を狙える」

アーセナルのMFマッテオ・グエンドウジは、チームにプレミアリーグで優勝できるチャンスがあると主張した。<br><br>今夏に700万ポンド(約10億円)でロリアンから移籍したグエンドウジ。多くの新戦力が加わった同チームの中で、19歳の同選手はウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取り、12日に行われた開幕戦のマンチェスター・シティ戦で早くもデビューを飾った。<br><br>開幕戦こそ0-2で王者マンチェスター・Cに完敗したものの、グエンドウジはイギリス『イブニング・スタンダード』で「僕たちが今シーズンに優勝できると信じている。なぜなら僕たちにはそれに値するだけの選手やスタッフがいる」と話した。<br><br>「僕たちはできる限り多くの試合で勝利し、ファンタスティックなシーズンを送るために全力を尽くしている。僕たちはできると本気で信じているんだ。プレミアリーグはヨーロッパでベストのリーグだからマンチェスター・シティだけではなく、数多くのトップチームがいる」<br><br>「いろいろ言う人がいるかもしれないが、僕たちはとてもポジティブで、今シーズンに良いことを成し遂げられるはずだ。このクラブには良い環境や能力のある選手がいるから、プレミアリーグで優勝できる」<br><br>また、多くのビッグクラブが興味を持つ中で、アーセナル行きを決めたグエンドウジは、その理由についても明かした。<br><br>「多くのクラブが僕に興味を持っていたのは事実だ。ヨーロッパのビッグクラブとも話をした。でも、アーセナルと話をしてすぐにここに来ることを決めたんだ。今はここの一員としてプレーできて幸せだ」<br><br>元アーセナルのジェイミー・アリアディエール氏もこの移籍を後押ししたようだ。<br><br>「ジェイミーとアーセナルについて話して、彼はここを成長でき、素晴らしいことを学べる場所だと教えてくれた。ここは僕の心のクラブで、ティエリ・アンリやフランス人選手が活躍してきた場所だ。小さいころからアーセナルの試合を見てきたから僕にとってここは特別な場所だ」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.16 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルの若手DFビエリクが3部チャールトンヘレンタル

▽リーグ1(イングランド3部)のチャールトンは16日、アーセナルに所属するU-21ポーランド代表DFクリスティアン・ビエリク(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。 ▽ビエリクは、2015年1月にレギア・ワルシャワから完全移籍でアーセナルに加入。2017年1月からはバーミンガム、2018年1月からはウォルソールへレンタル移籍していた。 ▽2017-18シーズンは、ウォルソールでの出番はなく、アーセナルU-23としてプレミアリーグ2で4試合に出場していた。 2018.08.16 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルに痛手、前節左SBで先発のナイルズが負傷離脱…全治6~8週間

▽アーセナルは16日、U-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが左腓骨骨折と診断されたことを発表した。全治は6週間から8週間になる見込み。 ▽ナイルズは12日に行われたプレミアリーグ開幕戦のマンチェスター・シティ戦で左サイドバックで先発出場。しかしカイル・ウォーカーと接触した際に負傷しピッチ外で治療を受け、一時はピッチに戻るも35分にシュテファン・リヒトシュタイナーとの交代を余儀なくされていた。 ▽アーセナルでは現在、左サイドバックを本職とするボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツが負傷離脱を強いられている。しかし、負傷していたスペイン代表DFナチョ・モンレアルはトレーニングをフルで再開しており、18日の第2節チェルシー戦で左サイドバックを欠く事態にはならなさそうだ。 2018.08.16 19:31 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース