シティがジェズスの劇的AT弾で勝ち点100到達! 吉田フル出場のセインツは敗戦もスワンズ降格で残留決定《プレミアリーグ》2018.05.14 01:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ最終節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが13日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽ミッドウィークに行われた18位スウォンジー(勝ち点33)との直接対決を制した17位サウサンプトン(勝ち点36)は、得失点差が9点あることもあり残留をほぼ確定。引き分け以上で自力での残留が決定する今回の一戦では出場停止明けの吉田が復帰するなど、現状のベストメンバーが起用された。

▽一方、前節のブライトン戦を3-1で快勝して1シーズンでの最多勝ち点、最多勝利、最多得点記録を更新したシティ。今回の最終節ではその3つの記録と共にアウェイ最多勝利更新を目指した。なお、グアルディオラ監督は引き続きエデルソンやウォーカー、シルバなど一部主力を温存した。

▽残留確定に向けてまずは大量失点を避けたいサウサンプトンだったが、極端に引くことはなく要所でチャンスを作りながら先制点に近づく。7分にはスティーブンスのシュートで最初の決定機を作ると、8分にはCKからホードがクロスバー直撃のシュートも見せる。

▽一方、勝ち点100の大台を目指すシティはいつも通りボールを保持して相手を押し込む。しかし、純粋なセンターフォワード不在でやや前線での収まりを欠き、数的優位を保って粘り強く守る相手守備を崩し切れない。前半半ばを過ぎると、スターリングやギュンドアンらに幾度かフィニッシュのチャンスが訪れるも、ことごとく相手のブロックに遭い、前半のうちに決定機らしい決定機を作り出すことはできなかった。

▽後半もシティが試合をコントロールしていくが、集中したセインツ守備陣に手を焼く。流れを変えたいグアルディオラ監督は59分にデルフを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。システムを[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更する。

▽この交代をキッカケに攻勢を強めるシティは60分過ぎにボックス内でザネのシュートのこぼれ球を拾ったスターリングが右足を振り抜くが、これは右ポストを叩く。さらにこの流れで得たCKをストーンズが頭で合わすが、これはわずかに枠の上を越えた。

▽一方、64分にロング、ワード=プラウズを同時投入したサウサンプトンは前がかる相手に対して、シンプルに最終ラインの裏を狙う攻撃で幾度か決定機を作り出す。78分にはボックス左でGKブラーボをつり出したタディッチが無人のゴールへシュートを放つが、これはフェルナンジーニョの決死のゴールカバーに阻まれ、先制点とはならず。

▽試合終盤にかけてディアス、フォーデンと2人の若手を投入しゴールを目指すシティは、最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、自陣からデ・ブライネが絶妙なロングフィードを送ると、これに抜け出したジェズスがそのままボックス中央に抜け出して右足のシュート。必死に戻ったDF吉田の寸前で放たれたボールがそのままゴールネットを揺らした。そしてこの直後、試合はタイムアップ。

▽ジェズスの劇的ゴールで最終節での勝利を飾ったシティは前述の3つの記録を更新すると共に、前人未到の勝ち点100到達と共にアウェイ最多勝利記録(16勝)を樹立する圧巻のフィナーレを迎えた。一方、敗れたサウサンプトンだったが、17位でのプレミアリーグ残留が決定した。

▽また、同日行われたスウォンジーvsストーク・シティは、アウェイのストークが2-1で逆転勝利した。この結果、18位スウォンジーは2010-11シーズン以来のチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。

コメント

関連ニュース

thumb

今夏シティ加入の豪代表19歳FWアルザニ、セルティックへ2年間のレンタル移籍

▽セルティックは17日、9日にメルボルン・シティからマンチェスター・シティへ完全移籍を果たしたオーストラリア代表FWダニエル・アルザニ(19)を2年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽イランにルーツを持つアルザニは鋭い仕掛けと攻撃センスを併せ持つ、オーストラリア期待の若手アタッカーだ。シドニーFCのユースチームを経て2016年に『シティ・フットボール・グループ』傘下のメルボルン・シティに加入すると、2016-17シーズンにトップチームデビュー。昨シーズンは本格的にトップチームに絡むと、Aリーグの最優秀若手選手に選出された。 ▽また、今年6月にオーストラリアのフル代表デビューを飾ると、ロシア・ワールドカップのメンバーにも選出。同大会最年少選手となったアルザニはいずれも途中出場ながらグループリーグ全試合に出場した。 ▽セルティックへのレンタル移籍が決定したアルザニは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「セルティックは世界でも素晴らしい歴史とサポーターを持ったビッググラブだ。ここでプレーできるのが楽しみだよ」 「セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督のもとでプレーすることにとても興味があった。それが実現できてとても興奮しているよ。ベストを尽くしてクラブに貢献していきたいね」 2018.08.17 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 8月17日はシティ守護神のバースデー

◆エデルソン 【Profile】 国籍:ブラジル クラブ:マンチェスター・シティ 誕生日:1993年8月17日 ポジション:GK 身長:188㎝ 体重:89㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 8月17日は、ブラジル代表GKエデルソンだ。 ▽エデルソンはポルトガルのGDリベイロンでプロデビュー。その後は、リオアヴェ、ベンフィカを経て、マンチェスター・シティへ。2017年夏に当時のGK史上歴代2位の移籍金4000万ユーロ(現在のレートで約50億円)で移籍を果たした。高いキック精度と最終ライン後方を広くカバーする積極的な飛び出しを武器に、プレミアリーグでは初挑戦となった2017-18シーズンから守護神として優勝に貢献している。 ※誕生日が同じ主な著名人 ティエムエ・バカヨコ(サッカー選手/ミラン) シュテファン・ツバー(サッカー選手/ホッフェンハイム) フィル・ジャギエルカ(サッカー選手/エバートン) 大岩一貴(サッカー選手/ベガルタ仙台) 岩舘直(サッカー選手/浦和レッズ) ロバート・デ・ニーロ(俳優) 華原朋美(歌手) 蒼井優(女優) 戸田恵梨香(女優) 山本由伸(プロ野球選手) 堂林翔太(プロ野球選手) 2018.08.17 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジローナ、マンチェスター・シティからFWパトリック・ロバーツをレンタルで獲得

▽ジローナは16日、マンチェスター・シティからU-20イングランド代表FWパトリック・ロバーツ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽小刻みなタッチと右サイドからのカットインを特徴とするアタッカーのロバーツは、左利きで小柄ということもあって、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのプレースタイルと比較されている。 ▽2015年の夏にフルアムからシティに加入したロバーツは、毎年のようにプレシーズンの時期に良いアピールを見せるものの、シティのトップチームでの出場はここまで通算3試合のみ。 ▽2016年に18カ月間のレンタルで加入したセルティックでは、公式戦60試合に出場するなど、主力として無敗での国内3冠達成に大きく貢献。昨シーズンもセルティックに再レンタルされたが、太モモの負傷もあり公式戦18試合の出場にとどまっていた。 2018.08.17 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

王者シティ、大ピンチ! デ・ブライネが右ヒザ負傷で長期離脱の可能性

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが長期離脱を強いられる可能性があるようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、デ・ブライネは15日のトレーニングで右ヒザを負傷。正式な検査は16日に受ける予定となっているが、内側側副じん帯を損傷した疑いがあり、最長3カ月間の離脱の可能性もあるようだ。 ▽シティのスポークスマンは、「ケガの具合はまだ分かっていない。すべての検査が終わるまでコメントすることはできない」と語っているが、昨季大車輪の活躍でプレミアリーグ優勝に貢献した司令塔の離脱は、クラブにとって大きな痛手となるだろう。 2018.08.16 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シルバがスペイン代表を引退、2010年W杯と2度のユーロ優勝に貢献

▽マンチェスター・シティのMFダビド・シルバ(32)が13日、スペイン代表からの引退を発表した。 ▽2006年11月にスペイン代表デビューを飾ったシルバはこれまで129試合に出場して37ゴールを記録。ユーロ2008、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012の優勝に貢献していた。また、先月行われていたロシアW杯では全4試合に先発していた。 ▽そのシルバは自身のソーシャルメディアを通じて以下のようなコメントを掲載した。 「スペイン代表で成し遂げたことをとても誇りに思っている。この決断を下すのは僕のキャリアにとって最も難しかった。僕は永遠に記憶されるチームでプレーし、夢を見ることができた。経験したことをここに全て書くのは難しい。ただ、代表は僕に全てを与えてくれ、選手として人として成長させてくれた。ルイス・アラゴネスのような偉大な監督と過ごしたことなど、誇りと幸せを感じながら、たくさんの思い出が詰まった代表でのプレーを終わらせようと思う」 ▽スペイン代表ではロシアW杯後、MFアンドレス・イニエスタ、DFジェラール・ピケらが同代表からの引退を発表している。 2018.08.14 02:47 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース