シティがジェズスの劇的AT弾で勝ち点100到達! 吉田フル出場のセインツは敗戦もスワンズ降格で残留決定《プレミアリーグ》2018.05.14 01:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ最終節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが13日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。▽ミッドウィークに行われた18位スウォンジー(勝ち点33)との直接対決を制した17位サウサンプトン(勝ち点36)は、得失点差が9点あることもあり残留をほぼ確定。引き分け以上で自力での残留が決定する今回の一戦では出場停止明けの吉田が復帰するなど、現状のベストメンバーが起用された。

▽一方、前節のブライトン戦を3-1で快勝して1シーズンでの最多勝ち点、最多勝利、最多得点記録を更新したシティ。今回の最終節ではその3つの記録と共にアウェイ最多勝利更新を目指した。なお、グアルディオラ監督は引き続きエデルソンやウォーカー、シルバなど一部主力を温存した。

▽残留確定に向けてまずは大量失点を避けたいサウサンプトンだったが、極端に引くことはなく要所でチャンスを作りながら先制点に近づく。7分にはスティーブンスのシュートで最初の決定機を作ると、8分にはCKからホードがクロスバー直撃のシュートも見せる。

▽一方、勝ち点100の大台を目指すシティはいつも通りボールを保持して相手を押し込む。しかし、純粋なセンターフォワード不在でやや前線での収まりを欠き、数的優位を保って粘り強く守る相手守備を崩し切れない。前半半ばを過ぎると、スターリングやギュンドアンらに幾度かフィニッシュのチャンスが訪れるも、ことごとく相手のブロックに遭い、前半のうちに決定機らしい決定機を作り出すことはできなかった。

▽後半もシティが試合をコントロールしていくが、集中したセインツ守備陣に手を焼く。流れを変えたいグアルディオラ監督は59分にデルフを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。システムを[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更する。

▽この交代をキッカケに攻勢を強めるシティは60分過ぎにボックス内でザネのシュートのこぼれ球を拾ったスターリングが右足を振り抜くが、これは右ポストを叩く。さらにこの流れで得たCKをストーンズが頭で合わすが、これはわずかに枠の上を越えた。

▽一方、64分にロング、ワード=プラウズを同時投入したサウサンプトンは前がかる相手に対して、シンプルに最終ラインの裏を狙う攻撃で幾度か決定機を作り出す。78分にはボックス左でGKブラーボをつり出したタディッチが無人のゴールへシュートを放つが、これはフェルナンジーニョの決死のゴールカバーに阻まれ、先制点とはならず。

▽試合終盤にかけてディアス、フォーデンと2人の若手を投入しゴールを目指すシティは、最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、自陣からデ・ブライネが絶妙なロングフィードを送ると、これに抜け出したジェズスがそのままボックス中央に抜け出して右足のシュート。必死に戻ったDF吉田の寸前で放たれたボールがそのままゴールネットを揺らした。そしてこの直後、試合はタイムアップ。

▽ジェズスの劇的ゴールで最終節での勝利を飾ったシティは前述の3つの記録を更新すると共に、前人未到の勝ち点100到達と共にアウェイ最多勝利記録(16勝)を樹立する圧巻のフィナーレを迎えた。一方、敗れたサウサンプトンだったが、17位でのプレミアリーグ残留が決定した。

▽また、同日行われたスウォンジーvsストーク・シティは、アウェイのストークが2-1で逆転勝利した。この結果、18位スウォンジーは2010-11シーズン以来のチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。
コメント
関連ニュース
thumb

2位シティ、体制変更の最下位ハダースフィールドに快勝でリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、ハダースフィールドvsマンチェスター・シティが20日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝で首位のリバプールを勝ち点4差で追う2位のシティがデイビッド・ワグナー監督との契約を解消した最下位のハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。4連勝を狙うシティは直近のウォルバーハンプトン戦から先発4人を変更。ストーンズ、シルバ、ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズスに代えてオタメンディ、ギュンドアン、デ・ブライネ、アグエロを起用した。 36歳の暫定指揮官マーク・ハドソンが率いるホームチームに対して、いつも通りボールを保持して主導権を握るシティ。立ち上がりからアグエロ、スターリングが惜しい抜け出しを見せると、幸運な形から先制点が生まれる。 18分、ボックス手前左でウォーカーからサイドチェンジを受けたダニーロが果敢に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートに対してコースに入った相手DFシンドラーがヘディングでクリアし切れず、コースが変わったボールがゴール右隅に決まった。 ダニーロの積極性がもたらした先制点によって余裕を持った試合運びが可能となったアウェイチームは以降も相手を押し込んでいく。ただ、やや崩しの局面で連係ミスが目立ち畳みかける攻撃とはいかない。 それでも、前半終盤にかけては40分にボックス左に抜け出したギュンドアンが質の高いボールコントロールから惜しい場面を創出すると、前半ラストプレーではウォーカーのスルーパスからゴール前のアグエロにシュートチャンスもここは相手DFの対応が上回った。 後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるシティは54分、最終ラインとの駆け引きでボックス左に抜け出したザネが鋭いクロスをゴール前に入れると、これを戻りオフサイド気味だったスターリングがダイビングヘッドで流し込み、ようやく追加点を奪う。 さらに2分後の56分には中盤でのボール奪取からダニーロからのロングフィードをボックス手前のアグエロが頭でマイナスに落とすと、これを拾ったザネがそのままゴール前まで運んでゴール左隅に流し込んだ。 この連続得点で試合を決めたシティは直後にフェルナンジーニョを下げてシルバ、70分を過ぎてからはザネ、ギュンドアンを下げてベルナルド・シウバ、デルフを続けて投入。試合をクローズにかかる。 徐々にムニエを中心とするハダースフィールドの反撃に遭うもGKエデルソンが好判断の飛び出しでピンチを未然に防ぐなど、ゴールを許さない。逆に86分にはシルバのスルーパスからボックス右に抜け出したベルナルド・シウバに4点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。それでも、ハドソン暫定体制の最下位ハダースフィールドに快勝のシティがリーグ4連勝で首位リバプールとの勝ち点差4をキープしている。 2019.01.21 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、フェルナンジーニョに代わる中盤の選手を3、4人ピックアップしいていることを認めた。<br><br>今シーズン、首位リバプールに勝ち点4差の2位に付ける昨シーズン覇者のマンチェスター・C。連覇に向けて好位置につける同チームを率いるグアルディオラ監督だが、早くも来シーズンを見据えているようだ。中でも高齢化の進む中盤の世代交代を急務と考えており、今夏に34歳になるフェルナンジーニョの代役探しに躍起になる。<br><br>以前からフェルナンジーニョの後釜を確保することについて「とても難しい」と話していたグアルディオラ監督だが、すでに数名の選手を候補に挙げているようだ。アヤックスの注目株、フレンキー・デ・ヨングやリヨンのタンギ・エンドンベレ、ウォルバーハンプトンのルーベン・ネヴェスの獲得を狙っていると考えられる中、同指揮官は会見で求めている選手像について自身の考えを明かした。<br><br>「我々はフィジカルがあり、攻撃へのスペースを見つけられることのできる選手を必要としている。もちろん多くのことができるに越したことはない。ただ、1人ですべてをできる選手を見つけることは簡単ではない。(この条件に見合った選手を発見できたかの問いに)3人から4人の選手について調査している」<br><br>さらに、グアルディオラ監督は左サイドバックの獲得も検討しているようだ。2017年夏にこのポジションにバンジャマン・メンディを獲得したが、2シーズンにわたり、同選手はほとんど稼働できていない。同指揮官は離脱の相次ぐフランス代表DFの不在について「昨シーズンも、今シーズンも生き残れてはいるが、このポジションについて考えなければならない」とコメントを残した。<br><br>なお、マンチェスター・Cは左サイドバックの新戦力候補にレスター・シティのベン・チルウェルらをリストアップしているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.19 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

冗談だろうけど…48歳バースデーのペップが「友達がいない」と話す

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が誕生日の予定を聞かれ、「友達がいない」と自虐した。クラブ公式サイトが伝えた。 シティはプレミアリーグ第22節終了時点で17勝2分け3敗の2位。首位リバプールを4ポイント差で追う状況であり、20日に敵地で行われる第23節のハダースフィールド戦は連覇に向け、是が非でもモノにしたい一戦となる。 その試合の前日会見に出席したグアルディオラ監督は「今、最も大事な試合だ。(22日に行われるバートンとのEFLカップ)2ndレグも大切だが、まずは目の前の試合だよ」と語り、ハダースフィールド戦の重要性を強調した。 また、現フットボール界最高の指揮官として名高いグアルディオラ監督は18日に48歳の誕生日を迎えた。誕生日を祝う予定を問われると、「家族とディナーだ。私は友達がいないのでね!」と軽快なジョークを飛ばした。 2019.01.19 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース