シティがジェズスの劇的AT弾で勝ち点100到達! 吉田フル出場のセインツは敗戦もスワンズ降格で残留決定《プレミアリーグ》2018.05.14 01:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ最終節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが13日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。▽ミッドウィークに行われた18位スウォンジー(勝ち点33)との直接対決を制した17位サウサンプトン(勝ち点36)は、得失点差が9点あることもあり残留をほぼ確定。引き分け以上で自力での残留が決定する今回の一戦では出場停止明けの吉田が復帰するなど、現状のベストメンバーが起用された。

▽一方、前節のブライトン戦を3-1で快勝して1シーズンでの最多勝ち点、最多勝利、最多得点記録を更新したシティ。今回の最終節ではその3つの記録と共にアウェイ最多勝利更新を目指した。なお、グアルディオラ監督は引き続きエデルソンやウォーカー、シルバなど一部主力を温存した。

▽残留確定に向けてまずは大量失点を避けたいサウサンプトンだったが、極端に引くことはなく要所でチャンスを作りながら先制点に近づく。7分にはスティーブンスのシュートで最初の決定機を作ると、8分にはCKからホードがクロスバー直撃のシュートも見せる。

▽一方、勝ち点100の大台を目指すシティはいつも通りボールを保持して相手を押し込む。しかし、純粋なセンターフォワード不在でやや前線での収まりを欠き、数的優位を保って粘り強く守る相手守備を崩し切れない。前半半ばを過ぎると、スターリングやギュンドアンらに幾度かフィニッシュのチャンスが訪れるも、ことごとく相手のブロックに遭い、前半のうちに決定機らしい決定機を作り出すことはできなかった。

▽後半もシティが試合をコントロールしていくが、集中したセインツ守備陣に手を焼く。流れを変えたいグアルディオラ監督は59分にデルフを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。システムを[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更する。

▽この交代をキッカケに攻勢を強めるシティは60分過ぎにボックス内でザネのシュートのこぼれ球を拾ったスターリングが右足を振り抜くが、これは右ポストを叩く。さらにこの流れで得たCKをストーンズが頭で合わすが、これはわずかに枠の上を越えた。

▽一方、64分にロング、ワード=プラウズを同時投入したサウサンプトンは前がかる相手に対して、シンプルに最終ラインの裏を狙う攻撃で幾度か決定機を作り出す。78分にはボックス左でGKブラーボをつり出したタディッチが無人のゴールへシュートを放つが、これはフェルナンジーニョの決死のゴールカバーに阻まれ、先制点とはならず。

▽試合終盤にかけてディアス、フォーデンと2人の若手を投入しゴールを目指すシティは、最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、自陣からデ・ブライネが絶妙なロングフィードを送ると、これに抜け出したジェズスがそのままボックス中央に抜け出して右足のシュート。必死に戻ったDF吉田の寸前で放たれたボールがそのままゴールネットを揺らした。そしてこの直後、試合はタイムアップ。

▽ジェズスの劇的ゴールで最終節での勝利を飾ったシティは前述の3つの記録を更新すると共に、前人未到の勝ち点100到達と共にアウェイ最多勝利記録(16勝)を樹立する圧巻のフィナーレを迎えた。一方、敗れたサウサンプトンだったが、17位でのプレミアリーグ残留が決定した。

▽また、同日行われたスウォンジーvsストーク・シティは、アウェイのストークが2-1で逆転勝利した。この結果、18位スウォンジーは2010-11シーズン以来のチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。

コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、将来的なイタリア行きに関心?

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が将来的なイタリア行きに関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽古巣バルセロナで監督キャリアをスタートして以降、これまでバイエルン、シティと国外のビッグクラブを率いてきたグアルディオラ監督。シティとの現行契約は2021年までとなっているが、新天地は現役時代にプレーした経験を持つイタリアなのかもしれない。 ▽先週末にイタリアで行われた『フェスティバル・デッロ・スポルト』というイベントに出席したアルディオラ監督は同会場で行われた囲み取材の中でイタリア行きに含みを見せた。 「私にイタリア行きの可能性はないって? なぜそう思うんだ。私がバルセロナを指揮した後、誰がドイツのミュンヘンに行くと想像できただろう」 「ドイツ語の取得という難しい挑戦を経て、今ではすべてが可能だ。これまでスペイン、ドイツ、イングランドで指揮を執ってきた。その中でなぜイタリアでは監督することができないんだ? 自分の将来に関してはまだわからないが、少なくともここの食べ物をすごく気に入っている」 ▽また、グアルディオラ監督は現役時代にプレーしたブレシアとローマでの充実した日々が今でもイタリアをホームのように感じさせていると語っている。 「私はイタリアを心から愛しているし、チャンスがあれば頻繁にこの国を訪れている。ここにはたくさんの友人がいるし、カタルーニャ人やスペイン人はここの人々とすごく似ているんだ。そこには素晴らしい生活、太陽の光があり、私たちはそういったものを愛しているんだ」 ▽街の雰囲気やチームの志向するプレースタイルを考えれば、古巣ローマあたりが最適な新天地と思われるが、グアルディオラ監督がセリエAを舞台に指揮を執る姿は将来見られるのか。 2018.10.15 21:57 Mon
twitterfacebook
thumb

コンパニの父親が快挙! ベルギー史上初の黒人市長に

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの父親であるピエール・コンパニ氏がベルギーのブリュッセル首都圏地域に属する基礎自治体ガンショアンの市長に選出された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽コンパニは14日、自身の公式『インスタグラム(@vincentkompany)』で兄弟と共に父の当選を祝福する動画を投稿した。 「歴史的なことだ! 僕たちは父のことを心から誇りに思う。父は1975年にコンゴ民主共和国から難民としてやってきた。そして、現在父はこの地域社会で大きな信頼を得て、ベルギーで初めて黒人の市長になった。それには多くの時間を要したけど、素晴らしい進歩だ。心からおめでとうと言いたい」 ▽なお、『レキップ』が伝えるところによれば、ピエール・コンパニ氏は28.38パーセントの得票率を記録。また、今回の当選によって今後3年間ガンショアンの市政を担うことになる。 ▽ベルギー代表とマンチェスター・シティで偉大なキャプテンとしてチームを牽引し続けるコンパニだが、その並外れたリーダーシップは一難民からベルギー史上初の黒人市長に任命された偉大な父の遺伝だったようだ。 2018.10.15 17:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ「我々は2人の怪物と同じ時代を生きている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターに言及した。 ▽近年のフットボール界で最高の称号を二分する存在として長らく脚光を浴び続けるメッシとC・ロナウド。それぞれ一般的に選手としてキャリアの折り返し地点となる30歳を過ぎたが、今もなお健在ぶりをアピールしている。 ▽そのメッシ、C・ロナウドと共に、フットボール指導者界が誇る名将として同じ時代を生きるグアルディオラ監督。イギリス『FourFourTwo』によれば、2大スターについて次のように語り、敬意を表したという。 「レオは獰猛で競争的な動物だ。チームに競争力をもたらしてくれる。彼は負けを嫌い、子供のようにプレーすることを好む。大きな試合になれば、チームは彼を助け、彼は違いとなる」 「我々はそんな彼のほかにも、クリスティアーノ(・ロナウド)という選手とも共存している。要するに、2人の怪物的な選手が頂点に君臨する時代を生きているのだ」 「彼らは、共に1シーズンで50得点を挙げてしまう選手たち。しかも、10年間もね。信じられないよ。1年だけのことじゃないのだから。逆に、年々、ゴール数を増やしている」 2018.10.15 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、シティの逸材MFフォーデンに関心 サンチョとコンビ結成へ?

▽ドルトムントが、マンチェスター・シティに所属するU-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽6歳の頃からシティの下部組織に所属するフォーデンは、昨年のU-17ワールドカップで世代別イングランド代表を優勝に導き、大会MVPを獲得。昨シーズンからはシティのトップチームに昇格し、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「特別な選手」と称賛する逸材だ。 ▽この若き才能に対しては、ドルトムントを筆頭としてRBライプツィヒ、パリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せている。今シーズンのフォーデンは、プレミアリーグ優勝が期待されるシティでここまで公式戦5試合(プレー時間196分)の出場に留まっているが、獲得を狙うクラブはより多くのプレー時間を与えられると考えているようだ。 ▽また、ドルトムントにはフォーデンの友人であるイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)が所属しており、ここまでの公式戦10試合1ゴール9アシストと活躍。実際に若手にチャンスを与えている。 ▽とはいえ、フォーデンはシティのファンでもあり、移籍に関する動向は見受けられていない。その上、新契約締結が近付いていることも報じられている。だが、出場機会の確保は若い選手にとってはより重要なものであり、グアルディオラ監督が度々公言している通り、先発の機会を増加させられるかどうかがポイントとなりそうだ。 2018.10.14 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、給与3倍オファーを拒否! シティ会長が明かす

▽マンチェスター・シティのカルドゥーン・アル・ムバラク会長が、過去に獲得できなかった選手が居たことを語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽ムバラク会長はシティのビッグクラブとしての地位を確固たるものとし、昨シーズンにクラブはプレミアリーグ優勝も成し遂げた。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下に有望な選手を集め続け、今では世界有数のクラブに数えられている。 ▽選手側からしてもシティ移籍が魅力的なものであることが時折語られるが、ムバラク氏は過去にある選手の獲得に失敗。「オファーが拒否された選手はいるか」と尋ねられ、以下のように返答した。 「(リオネル・)メッシだ」 「(ジョゼップ・)グアルディオラにメッシと話してもらい、私たちは彼がバルセロナで受け取っている3倍のサラリーでオファーした」 「だが、彼は決して受け入れなかったよ」 ▽バルセロナとの契約延長も先日に報じられたメッシ。現在の年俸は世界最高額の1億ユーロ(約130億円)とも囁かれている。恩師であるグアルディオラ監督との関係も特別なものだろうが、バルセロナへの感情はさらに格別なようだ。 2018.10.14 08:45 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース