3位スパーズがケインの今季30点目でウェンブリーにド派手な別れ! 岡崎欠場レスターは9位フィニッシュ《プレミアリーグ》2018.05.14 01:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ最終節、トッテナムvsレスター・シティが13日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが5-4で勝利した。なお、レスターのFW岡崎慎司はケガのため欠場した。▽ミッドウィークに行われたニューカッスル戦の勝利で3位浮上と共に来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保したトッテナム。仮本拠地のウェンブリーでのラストゲームとなる今節に向けてはウォーカー=ピータースやルーカス・モウラなど若干メンバーを落として臨んだ。

▽一方、ミッドウィークにアーセナルに快勝した9位レスターは連勝でのシーズン締めに向けてヴァーディやマグワイア、マフレズなど主力を起用。足首のケガで欠場が続く岡崎は今季中の復帰はならなかった。

▽ウォーミングアップ中にヴェルトンゲンが負傷し、急遽ワニャマが先発に入り、エリック・ダイアーが最終ラインに入る形となったトッテナムは開始早々に先制点を奪われる。4分、自陣左サイドで与えたFKの場面でキッカーのマフレズがニアに入れたボールをフリーのヴァーディに頭で右隅に流し込まれた。

▽それでも、失点直後の7分にはルーカスの高い位置でのボール奪取からケインがボックス内に抜け出して左足のシュートをニアに突き刺し、3試合連続となる今季29点目で同点に追いつく。

▽しかし、急造最終ラインとムサ・シッソコとワニャマのボランチのところでミスやコミュニケーション不足が目立つトッテナムは16分、自陣でのボールロストからボックス内でヴァーディに決定機を許すと、ここはDFが何とか対応するもルーズボールに反応したマフレズにゴール左隅へのシュートを決められ、勝ち越しを許した。

▽3位死守に向けて攻勢に出たいホームチームは左サイドのルーカスの個人技やエリクセンの配球を生かしてケインらがフィニッシュに持ち込もうとするが、最後の場面で相手DFの粘りに遭う。逆に、不用意なボールロストから再三のカウンターチャンスを許す。それでも、26分のグレイとの一対一をGKロリスが見事なファインセーブで阻むなど、追加点は許さず。レスターペースが続いた前半はアウェイチームの1点リードで終了した。

▽前半同様に後半も引き続きオープンな展開に。立ち上がりの47分、ダイアーのロングボールのクリアが短くなりこれを拾ったイヘアナチョがワニャマに寄せられながらもボックス手前に持ち込んで左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さり、レスターが追加点を挙げる。しかし、トッテナムは直後の49分、左サイドのローズからラメラ、ケイン、ルーカス、ウォーカー=ピータースとステーションパスが繋がり、最後はボックス右でウォーカー=ピータースの丁寧な折り返しをゴール前フリーのラメラが難なく流し込んだ。

▽このラメラのゴールをキッカケに完全に息を吹き返したトッテナムは53分、ラメラのシュートがDFフックスのオウンゴールを誘い、同点に追いつく。さらに60分にはルーカスの斜めのパスを相手MFグレイがトラップミスし、これをボックス右に走り込んだウォーカー=ピータースが丁寧に折り返すと、再びラメラが流し込んで逆転に成功した。

▽この試合、初めてリードを手にしたトッテナムだが、試合を落ち着けることができず、その後も打ち合いの展開に持ち込まれる。すると、73分にはマフレズのラストパスに抜け出したヴァーディにボックス左から強烈なシュートを叩き込まれ、今季20点目を献上して4-4のイーブンに戻される。

▽しかし、この打ち合いの状況に終止符を打ったのはトッテナムのエースだった。76分、ボックス手前左でローズからパスを受けたケインは冷静なシュートフェイントで対面のDFを剥がして右足のコントロールシュートを放つと、これがゴール右隅を射抜いた。なお、今回のゴールによってケインはキャリアハイとなるリーグ戦30ゴールを達成した。

▽その後、ダビンソン・サンチェスを投入するなど、守備的な交代でリードを守り切りに行ったトッテナムがレスターの反撃を凌ぎ切って5-4で勝利。壮絶な打ち合いを制して聖地ウェンブリーに別れを告げたスパーズが今季を3位フィニッシュした。一方、打ち負けたレスターは9位で今季を終えることになった。なお、最終節で2ゴールを記録したケインだったが、今節で1ゴールを記録したサラーに2点及ばず、3年連続リーグ得点王獲得はならなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃

現在、プレミアリーグで2部降格圏の19位に沈んでいるフルアム。先日、オランダ代表FWライアン・バベルを獲得したが、1部残留に向けてさらなるテコ入れを画策しているようだ。<br><br>イギリス『イブニング・スタンダード』が報じたところによると、指揮官クラウディオ・ラニエリ率いるフルアムは、1部残留に向けた緊急事態に伴い、補強条件の方針を大きく拡大させたとのこと。<br><br>フルアムは補強する場合、28歳未満の選手という&ldquo;若さ&rdquo;が一つの制約となっていた。だが、2部降格の危機が迫っていることから、補強の年齢制限を撤廃。それに伴い、ベシクタシュから半年間のレンタルで32歳のバベルを獲得した。バベルはすでにリバプールでも実績があり、即戦力として期待を寄せる。<br><br>記事によると「バベルを獲得したばかりのフルアムは、33歳ガリー・ケーヒルの補強も画策しているようだ」とのこと。<br><br>また「ラニエリ監督はレスター時代の教え子、岡崎慎司とダニー・シンプソン(ともに32歳)も迎え入れるべく動いているようだ」と報道。バベルのほか、即戦力として期待される複数の選手に関心を示しているという。<br><br>「クラブ幹部はラニエリが求める補強にゴーサインを出しており、クレイブンコテージ(フルアムのホームスタジアム)の窓口は忙しくなりそうだ」<br><br>同メディアは、フルアムDFカラム・チャンバースの「ライアン(バベル)は今週合流したけど、彼は本当に素晴らしい選手だね。フィジカルが優れているし、フィニッシュも申し分ない。チームの浮上を目指す上で、冬の移籍市場での新戦力確保はポジティブな方向に動くと思う」という言葉も紹介している。<br><br>フルアムは20日、第23節トッテナム戦が控えている。3位トッテナム相手に、ホームで19位フルアムが勝ち点を奪えるのか。また、冬の移籍市場閉幕までフルアムは大きな立ち回りを見せることが確実視され、引き続きその動向から目が離せなくなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインが2018年イングランド最優秀選手に! 2年連続受賞

イングランドサッカー協会(FA)は18日、ファン投票による2018年の同国年間最優秀選手賞の受賞者として、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)の選出を発表した。ケインにとって、2年連続の受賞となる。 昨年のケインはイングランド代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨み、28年ぶりのベスト4進出に大きく貢献すると共に、個人としても6得点で大会得点王に。1年を通じた代表活動でも公式戦12試合に出場して8得点を記録した。 「2年連続の選出をすごく誇りに思う。この賞はファンに認められた証。誇らしいよ。イングランド代表のガレス・サウスゲイトやスタッフと目標を達成するために努力した。昨年が最高の年にならないように、ユーロ予選やネーションズリーグで継続的に進歩していきたい」 なお、U-21イングランド代表年間最優秀選手賞も発表され、エバートンに所属するFWドミニク・キャルバート=ルーウィン(21)が選ばれた。 2019.01.19 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナムを牽引していたMFムサ・シソコ、2週間の離脱

トッテナムは18日、フランス代表MFムサ・シソコが2週間の離脱となることを発表した。 ムサ・シソコは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発。スプリントの際にハムストリングを負傷し、43分に交代していた。 強靭なフィジカルを武器に中盤のダイナモとしてトッテナムを牽引していたムサ・シソコは今季、公式戦24試合に出場していた。 エースFWハリー・ケインも負傷で不在となるトッテナムは今後、プレミアリーグのフルアム戦(1/20)、EFLカップ準決勝2ndレグのチェルシー戦(1/24)、FAカップ4回戦のクリスタル・パレス戦(1/27)などを控える。 2019.01.19 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍先が二転三転したトッテナムMFムサ・デンベレはピクシー指揮の広州富力に加入

中国スーパーリーグの広州富力は、トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。 デンベレは、2003年にジェルミナル・ベールスホットでプロキャリアをスタート。その後は、ヴィレムIIやAZといったオランダのクラブでプレーし、2010年にフルアムへと完全移籍した。 フルアムでは、2シーズンにわたって主力としてプレー。この間、FWからMFにコンバートされるなど、プレースタイルを変えていった。そして、2012年8月にフルアムからトッテナムへと加入。トッテナムでは、249試合に出場し10ゴール12アシストを記録していた。 ここ数年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムの中盤で主力を担ってきたデンベレだったが、今シーズン限りで切れる契約を更新せず。中国へと活躍の場を移した。 移籍先には北京国安や広州恒大などが浮上していたが、ドラガン・ストイコビッチ監督率いる広州富力への加入が決定した。 2019.01.17 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムに大打撃…ケインが左足首じん帯損傷 3月上旬に練習復帰予定

トッテナムは15日、イングランド代表FWハリー・ケインの負傷を発表した。 ケインは13日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦(0-1でトッテナムが敗戦)に先発したが、試合終盤に足首を負傷していた。腫れがひどく、落ち着くまで正確な検査を受けられない状況だったという。 そんな中、クラブは今回左足首のじん帯損傷と診断されたことを発表。リハビリを開始し、3月上旬にトレーニングへ復帰する見込みであることを伝えている。 ケインは今シーズンここまでプレミアリーグ22試合に出場し、得点ランクトップタイとなる14ゴールを記録している。絶対的エースの離脱にトッテナムは苦しい戦いが強いられることになりそうだ。 2019.01.16 08:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース