またしてもセント・ジェームズ・パーク攻略できず…チェルシー5位フィニッシュで来季はEL参戦へ《プレミアリーグ》2018.05.14 01:06 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは13日、プレミアリーグ最終節でニューカッスルとアウェイで対戦し、0-3で敗北した。▽わずかにトップ4入りの可能性を残す5位のチェルシー(勝ち点70)。同時刻開催される4位のリバプール(勝ち点72)の結果次第ではあるが、微かな望みにかけて勝利を目指す運命の最終節はGKクルトワが復帰し、中盤にはバークリーが1月31日以来となる先発復帰を果たし、2トップにジルーとアザールが起用された。

▽序盤から攻勢に出るのはホームのニューカッスル。9分には左サイドのクロスを繋げると、最後はシェルヴェイが強烈なシュートを浴びせるがGKクルトワがセーブ。10分には、ディアメがボックス手前左から狙うがここもGKクルトワが弾き出す。

▽その後もニューカッスルペースは続く。21分にディアメがカンテからボールを奪ってシュートに持ち込むと迎えた23分、右からのクロスからファーサイドのマーフィーがゴールへ向かう。ゴールに入りそうになったボールをGKクルトワが掻き出すが、その先にいたゲイルが頭で押し込んでニューカッスルが先制した。

▽失点後、チェルシーは前線でアザールやジルーが起点を作るも、ニューカッスルの守備陣を攻略できず、前半はニューカッスルの1点リードで折り返した。

▽前半シュート0本で終わったチェルシーは52分に、バークリーの右サイドからのクロスをジルーがヒールでループシュートを狙いに行く。後半はやや押し気味に入ったチェルシーだったが59分、シェルヴェイのボックス外からのシュートをアヨセ・ペレスがゴール前で微かに触りゴールイン。ニューカッスルが2点目を決めた。

▽すでに満身創痍のチェルシーに決定的な3点目がのしかかる。63分、味方のパスからボックス左に入ったルジューヌの折り返しをアヨセ・ペレスが押し込んで追加点。

▽その後、チェルシーはモラタやウィリアン、ペドロなどのアタッカーをピッチに送るが、単調な攻撃に終始しネットを揺らせないままタイムアップ。逆転でのトップ4入りの可能性もあったチェルシーだが、直近4試合で勝利がなかった鬼門セント・ジェームズ・パークでまたしても勝利できず、2017-18シーズンは5位フィニッシュという形になった。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーが141億円でコウチーニョ獲得へ?

チェルシーが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の獲得に向けてバルセロナに問い合わせたようだ。イギリス『メトロ』が同『デイリー・エクスプレス』の情報を基に報じた。 コウチーニョは、昨年の1月に移籍金1億4000万ポンド(現在のレートで約198億円)でリバプールからバルセロナに加入。すると、初シーズンからインサイドハーフやウィングのポジションで主力として活躍し、得意の左サイドで起用される時間は少なかったものの問題なくクオリティを発揮していた。 しかし、今シーズンは昨シーズンのようなプレーが披露できず。1月中旬ごろからは先発出場を続けているものの、移籍に関する憶測が飛び交う12月から1月の初めにかけてはリーグ4試合連続で先発を外された。 そういった現状から、各紙はコウチーニョの今冬の移籍市場でのバルセロナ退団を取り沙汰し、マンチェスター・ユナイテッド移籍や、古巣リバプールへの復帰の可能性を伝えていた。 それでも、リバプールに関してはユルゲン・クロップ監督が直々に「(コウチーニョ獲得の)ストーリーはない」と述べたことで可能性は低いと見られている。しかし、今回の『メトロ』によると新たにチェルシーが動きを見せているようだ。 伝えられるところでは、チェルシーはバルセロナと既に接触。コウチーニョを取り巻く状況にどのような変化があった場合も最新情報を提示するように求めたという。また、チェルシーが1億ポンド(約141億円)の価値を同選手に感じていること、バルセロナ側がパリ・サンジェルマンFWネイマールを再獲得するために資金を捻出する可能性があることも伝えられている。 とはいえ、コウチーニョ本人がバルセロナでの戦いを希望しており、スペインでの生活を気に入っているとも。元プレミアリーグ屈指のスタープレーヤーが、古巣のライバルクラブを選ぶことはあるのだろうか。 2019.01.20 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ファーディナンドがジョルジーニョをけちょんけちょんに言う

イングランド代表OBのリオ・ファーディナンド氏がチェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョを叩いた。イギリス『メトロ』が報じた。 チェルシーは19日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルと対戦。順位で隣接するアーセナルとの直接対決だけに叩いておきたいところだったが、0-2の敗北を喫した。 イギリス『BT Sports』で同試合の解説を務めたファーディナンド氏は、アンカーポジションで先発したジョルジーニョに言及。厳しい評価をつきつけた。 「ジョルジーニョは試合のテンポを作り出せる選手だ。ピッチ中央でボールを持った彼はとても良いプレーをする。だが、彼は何アシストを記録している? 2000本近くのパス数をマークしているが、いまだアシストがない。彼は守備が得意じゃなく、ビッグクラブとの試合になると、ただ中盤を駆け回るだけ。それに運動量がない。守備面でチームに何も貢献できず、ゴール前での仕事もさっぱりだ」 ジョルジーニョは昨夏、ナポリを指揮したマウリツィオ・サッリ監督の後を追う形でチェルシー入り。ここまでプレミアリーグ22試合に出場して1得点を記録している。 2019.01.20 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーFWハドソン=オドイが巨額新契約拒否か

チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)が、クラブから打診されている新契約のオファーを拒否したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 チェルシーはこの逸材の慰留に向けて週給8万5000ポンド(約1200万円)とも言われる巨額サラリーの新契約を打診。しかし、出場機会確保を優先したいハドソン=オドイは首を縦に振らず、バイエルン行きの意思を固めているという。また、背番号10を背負うFWアリエン・ロッベンが退団した場合、バイエルンはハドソン=オドイにその番号を継承させる考えのようだ。 ハドソン=オドイとチェルシーの現行契約は2020年までとなっており、今シーズンが終了すれば残りの期間は1年間となる。『デイリー・メール』によると、もし今冬の移籍が果たされなければ、移籍金は劇的に下がり1000万ポンド(約14億1000万円)付近の値になるという。したがって、今年夏までの慰留に成功したとしても、更にバイエルン行きの可能性を高める要因を作ることになるだろう、と伝えられている。 2019.01.20 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで強いアーセナル…チェルシー撃破にエメリもご満悦「このメンタリティをアウェイ戦でも」

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、エミレーツ・スタジアムで強さを見せ、チェルシーを撃破したチームを称えた。<br><br>19日に行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルはホームにチェルシーを迎える。トップ4を目指すために絶対に負けられない&ldquo;ビッグロンドンダービー&rdquo;でアーセナルは序盤から積極的に試合を進める。そして14分、アレクサンドル・ラカゼットのゴールで先制に成功すると、39分にはローラン・コシールニーが追加点をマーク。後半にはチェルシーに押される展開が続くも、このままアーセナルが2-0で勝利した。<br><br>この勝利で5位アーセナルは、4位チェルシーとの勝ち点差を3にまで縮めることに成功。前節の敵地でのウェストハム戦で喫した黒星に失望をあらわにしていたエメリ監督だが、試合後の会見でチームのダービーでのメンタリティを評価した。<br><br>「落ち着いてプレーでき、非常に力強いスタートが切れた。相手のセンターバックとジョルジーニョにプレスを掛け続け、彼らのボックスの近くで素早く切り替えができ、このプレスとともにボールを持って試合をコントロールできた。それにチャンスの場面でも落ち着いて得点につなげられた。今日はすべてが我々の味方だった。メンタリティも良く、サポーターもチームを助けてくれた。このメンタリティを持ってホームでも、まだできていないアウェイでも戦っていきたい」<br><br>「全ての選手が1番に動けていた。この姿勢が上手く合わさって、攻撃の場面で機能した。彼らが60%以上もボールをポゼッションしていて、我々はボールを奪い返す必要があったが、選手たちはよく働き、彼らよりも多く走った。前半は我々の思うように試合を運べていたが、彼ら相手に90分間プレスをかけ続けることはできない。それでも、良いディフェンスができ、重要なクリーンシートになった」<br><br>また、この試合で負傷したエクトル・ベジェリンの状態についても明かした。「明日まで検査の結果を待つ必要があるが、最初の見解では膝に大きなケガを負ってしまった可能性がある。間違いであることを願っているが、ポジティブな印象ではない」<br><br>ディフェンス陣にケガ人が相次ぐ中、今冬の移籍市場でサイドバックを補強するかと問われたエメリ監督だが「我々にはエインズリー(メイトランド=ナイルズ)がいる。それに(シュテファン)リヒトシュタイナーだっている。あと、(カール)ジェンキンソンのことも忘れてはならない」と現在のメンバーで十分にやりくりできると強調した。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

モラタ、22日にもアトレティコ入りか 買取OPは75億円?

チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)のアトレティコ・マドリー入りは、22日になりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 育成年代にアトレティコ・マドリーからヘタフェを経てレアル・マドリーに加入、トップチーム昇格を果たしたモラタは、ユベントス移籍、レアル・マドリー復帰を経て2017-18シーズンからチェルシーに加入。今シーズンは公式戦24試合9ゴールを記録しているが、イングランドでは物足りなさが指摘されており、アトレティコへの移籍が既定路線と見られている。 また、19日に行われたプレミアリーグ第23節アーセナル戦(0-2でチェルシーは敗北)で招集メンバーに含まれなかったことも、移籍報道に信憑性をもたらす事柄の一つだ。『マルカ』は、大きな変更さえ起こらなければモラタはアトレティコと契約することになり、その日付が22日になるであろうことを伝えている。 モラタはレンタル移籍の契約を結ぶとされており、残る交渉は買い取りオプションの設定金額のみ。なお、記事ではチェルシーが6000万ユーロ(約75億円)前後の値が付くと信じている、とされている。 とはいえ、アトレティコ内部での問題も残されており、それはラ・リーガの設定する給与制限に関するものだ。現状で上限までの猶予が残されておらず、モラタの給与を負担するためには人員整理が必要に。伝えられるところでは、MFジェウソン・マルティンスがモナコに売却され、FWニコラ・カリニッチも放出される可能性があるようだ。 さらに、以前から伝えられる通り、ユベントスからレンタルでミランに加入しているFWゴンサロ・イグアインのチェルシー入りも間近に。チェルシーは24日にリーグカップ準決勝のトッテナム戦を控えており、同選手に関してもそれまでの発表が見込まれそうだ。 2019.01.20 13:50 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース