ラツィオ、残留争うクロトーネに痛恨ドローでCL出場の行方は最終節のインテル戦に持ち越し《セリエA》2018.05.14 00:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは13日、セリエA第37節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。▽前節アタランタ戦を1-1と引き分けた4位ラツィオ(勝ち点71)は、前日の試合でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位インテル(勝ち点69)がサッスオーロに敗れたことで、最終節のインテルとの直接対決を前にクロトーネに勝利すれば4位以上を確定できる状況となった。そのラツィオはエースのインモービレに加え、L・アルベルトが負傷した中、2トップはカイセドとフェリペ・アンデルソンが組んだ。

▽残留を争っている16位クロトーネ(勝ち点34)に対し、立ち上がりから押し込んだラツィオは12分にミリンコビッチ=サビッチがミドルシュートで牽制すると、15分にPKを獲得する。ルリッチが左サイドから仕掛けてボックス内に侵入したところでチェッケリーニに倒された。このPKをルリッチがゴール左隅に決めてラツィオが先制した。

▽しかし29分、ボックス手前左からのマルテッラのクロスをシミーにヘッドで押し込まれ、試合を振り出しに戻された。

▽ハーフタイムにかけてラツィオが押し込む流れを続けると、39分にビッグチャンス。フェリペ・アンデルソンのスルーパスを受けたカイセドがボックス中央に侵入してGKと一対一となったが、コルダスに止められてしまう。さらに41分、CKの流れからボックス左のミリンコビッチ=サビッチのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここもGKコルダスのファインセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。

▽後半もラツィオが押し込む流れが続くも、61分に逆転される。右サイドからのFKをファーサイドのチェッケリーニにボレーで蹴り込まれた。

▽まさかの逆転を許したラツィオは、65分に3枚目の交代カードを使い切る。バスタに代えてナニを投入した。しかし68分にもピンチ。左サイドをナリーニに突破され、ローデンにシュートを打たれたが、ゴールライン前に戻っていたデ・フライが何とか弾き出した。

▽終盤にかけて攻めあぐねていたラツィオだったが84分、同点に追いつく。FKの流れから右サイドのフェリペ・アンデルソンのクロスをデ・フライが頭で逸らすと、ボックス中央のミリンコビッチ=サビッチが絶妙なトラップからゴール右へシュートを流し込んだ。

▽しかし、勝ち越しゴールは奪えず2-2でタイムアップ。痛恨のドローに終わり、最終節インテルとの直接対決を前にラツィオはCL出場を決めることはできなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

主力4人を欠くナポリが10人のラツィオを撃破! ミリクのビューティフルFK弾が決勝点に《セリエA》

セリエA第20節、ナポリvsラツィオが20日にサン・パオロで行われ、ホームのナポリが2-1で勝利した。 前半戦を2位で終えたナポリ(勝ち点44)と、4位のラツィオ(勝ち点32)による後半戦初戦のビッグマッチ。新年最初の公式戦となったコッパ・イタリアのサッスオーロ戦を2-0の快勝で飾ったナポリだが、新年最初のリーグ戦に向けてはクリバリ、インシーニェ、アランの3選手がサスペンション、ハムシクが負傷と4人の主力不在。代役にはマクシモビッチ、ディアワラ、ジエリンスキ、メルテンスが起用された。 一方、コッパ・イタリアのノヴァーラ戦を4-1で快勝したラツィオは出場停止のマルシッチに代えてジョルダン・ルカクを起用し、ルリッチを右ウイングバックに回した以外、現状のベストメンバーを起用。2トップはルイス・アルベルトとインモービレが組んだ。 熱狂のサン・パオロで幕を開けた上位対決は立ち上がりから決定機を作り合うオープンな展開となる。その口火を切ったのはアウェイのラツィオ。5分、右サイドからルーカス・レイバがクロスを入れると、これをゴール前のミリンコビッチ=サビッチが頭で合わすが、GKメレトが見事な反応で枠外にはじき出す。 続く12分にはナポリが反撃。左サイドで高い位置を取ったマリオ・ルイの低いクロスをボックス中央のミリクが左足ボレーで合わすが、この見事なフィニッシュはクロスバーを叩く。さらにナポリは21分にもフィードに抜け出したジエリンスキがボックス左でDFをかわして低い折り返しを入れると、これをニアに走り込んだミリクがダイビングヘッドで枠に飛ばすが、GKストラコシャに驚異的な反応で触られてこのシュートはポストを叩く。 その後、前半半ばにルイス・フェリペが負傷してバストスが緊急投入されるアクシデントに見舞われたラツィオに対して、ボール回しの質で勝るナポリの攻勢が続く。すると34分、前線からの連動したプレスでルーカス・レイバの縦パスをカットしたホームチームはミリクへの縦パスをスイッチに鮮やかな連係をみせ、ミリクの落としを受けたメルテンスの丁寧なラストパスに抜け出したカジェホンがゴール右隅に絶妙なシュートを流し込んだ。 ゲームキャプテンのファインフィニッシュで先手を奪ったナポリは直後の37分にボックス手前やや左の好位置でFKを獲得。ここでキッカーを務めたのはこの試合2度の決定機を逃したミリク。ポーランド代表は得意の左足を振り抜くと、壁の上を越えたボールがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。 主力4選手を欠く相手に対して、2点のビハインドを負って試合を折り返したラツィオはハーフタイム明けにルカクを下げてコレアを投入。この交代でパローロを右ウイングバック、ルリッチを本来の左ウイングバックに移し、コレアとアルベルトが2シャドーに入る[3-4-3]の布陣に変更する。すると、コレアの投入とルリッチの左サイドへのポジション変更で攻撃に推進力が生まれたラツィオは積極果敢に仕掛けるコレアを起点に攻勢に転じていく。 ラツィオが盛り返したことでより拮抗した攻防が続く中、互いに決定的な場面を作っていく。まずは57分、ジエリンスキのスルーパスに抜け出したファビアン・ルイスがボックス付近から強烈な左足のシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。直後の58分には左サイドのルリッチからのクロスをミリンコビッチ=サビッチが競り勝ってボックス左のインモービレに折り返すと、ラツィオのエースは抑えの利いたボレーシュートで合わすが、これはGKメレトの好守に阻まれる。 さらに64分にはメルテンスのスルーパスに抜け出したカジェホンに自身2点目のチャンスが訪れるが、これは右ポストに阻まれる。すると、この直後の65分にはボックス左でコレアのパスを受けたインモービレが巧みな揺さぶりからDFアルビオルの股間を抜く技ありのシュートをファーポストに流し込み、ついにラツィオが1点を返した。 これで一気に試合の行方がわからなくなってきた中、ラツィオに痛恨の退場者が出てしまう。70分、GKからのビルドアップでミリンコビッチ=サビッチのミスパスをカジェホンに奪われると、このカバーに入ったDFアチェルビがファウルを犯してこの試合2枚目の警告で退場となった。 数的優位を手にして追加点を奪いに行く選択をしたアンチェロッティはディアワラを下げてヴェルディを投入。さらにメルテンスを下げてフレッシュなウナスをピッチに送り込むと、そのウナスが3点目に迫る決定機に絡んでいく。その一方で、徐々にカウンターを受ける場面が増え始めると、プラン変更の指揮官はカジェホンに代えてヒサイを投入する守備的交代策で一転して逃げ切り態勢に入る。 試合終盤にかけては意地を見せるラツィオがアルベルトを中心に幾度か決定機に迫ったものの、、逃げ切り態勢に入ったホームチームの守備をこじ開けるまでには至らず。この結果、主力4人を欠きながらも難敵ラツィオに競り勝ったナポリが後半戦白星スタートを飾った。 2019.01.21 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第20節プレビュー】後半戦スタート! 2位ナポリvs4位ラツィオ開催

2018年最終戦となった前半戦ラストマッチはユベントスがVARにも救われて勝利を収め、前半戦最多勝ち点記録を樹立した。その他、ナポリやインテル、ミランにローマが勝利したが、ラツィオは引き分けに終わった。約2週間のウインターブレイクを終え、先週にコッパ・イタリアを戦った中、後半戦スタートとなる第20節、2位ナポリと4位ラツィオの上位対決が行われる。 前節ボローニャ戦をミリクの2発とメルテンスの終盤弾で3-2と競り勝った2位ナポリ(勝ち点44)は、先週行われたコッパ・イタリアではサッスオーロ相手にミリクの1ゴール1アシストの活躍で2-0と勝利した。クリバリとインシーニェが引き続き出場停止で、アランも累積警告により出場停止と主力3選手を欠くが、好調ミリクを軸にゴールを奪ってユベントスを追走したい。 対する4位ラツィオ(勝ち点32)は前節トリノ戦を引き分け、コッパ・イタリアではノヴァーラ相手にインモービレの2発などで4-1と快勝した。こちらはマルシッチを出場停止で欠く以外はベストメンバーを起用できるだけに、ナポリを撃破してチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位を死守したい。 17勝2分けと圧倒的な成績を残した首位ユベントス(勝ち点53)は、月曜に最下位キエーボ(勝ち点8)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではボローニャ相手に主力を温存して勝利し、水曜に行われたミランとのスーペル・コッパではC・ロナウド弾で勝利して今季初タイトルを獲得した。良いムードが続く中、司令塔のピャニッチを出場停止で欠くが、後半戦を白星スタートで飾れるか。 ケイタ弾でエンポリに辛勝し2018年を連勝締めとした3位インテル(勝ち点39)は、11位サッスオーロ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではベネヴェントにL・マルティネスとカンドレーバの2発で6発圧勝した中、公式戦3連勝の勢いのままサッスオーロ撃破となるか。 2018年最終戦のSPAL戦をイグアインの8戦ぶり弾で競り勝って5試合ぶりの勝利とした5位ミラン(勝ち点31)は、月曜に14位ジェノア(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。コッパ・イタリアではサンプドリア相手に延長戦の末、クトローネの2発で勝利したミランは、水曜に行われたスーペル・コッパではユベントスに惜敗。SPAL戦でゴールを挙げ、ここからと思われたイグアインがチェルシーへの移籍が濃厚となった中、新エースとして期待の懸かるクトローネのパフォーマンスに注目が集まる。 最後にパルマに競り勝って2018年を連勝締めとした6位ローマ(勝ち点30)は、9位トリノ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではシックの1ゴール1アシストなどで格下相手に4-0と快勝したローマだが、引き続き先発予想のシックは期待に応えられるか。 ◆セリエA第20節 ▽1/19(土) 《23:00》 ローマ vs トリノ 《26:00》 ウディネーゼ vs パルマ 《28:30》 インテル vs サッスオーロ ▽1/20(日) 《20:30》 フロジノーネ vs アタランタ 《23:00》 SPAL vs ボローニャ フィオレンティーナ vs サンプドリア 《26:00》 カリアリ vs エンポリ 《28:30》 ナポリ vs ラツィオ ▽1/21(月) 《27:00》 ユベントス vs キエーボ 《29:00》 ジェノア vs ミラン 2019.01.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオがFWアレッサンドロ・ロッシと2022年まで契約延長

ラツィオは11日、イタリア人FWアレッサンドロ・ロッシ(22)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 14歳でラツィオの下部組織に入団したA・ロッシは、2015年にトップチームへ昇格。しかし、出場機会には恵まれず、昨シーズンはセリエBに所属するサレルニターナへレンタル移籍。 ラツィオに復帰した今シーズンも、ここまでヨーロッパリーグ2試合の出場にとどまっている。 2019.01.12 03:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ザッパコスタが今冬にラツィオ移籍へ! チェルシーが買取OP付きレンタルを受け入れ

チェルシーがイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(26)のラツィオ移籍を受け入れる模様だ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 前指揮官アントニオ・コンテの希望によって2017年夏にトリノからチェルシーに加入したザッパコスタ。加入1年目となった昨シーズンは右ウイングバックを主戦場に公式戦35試合に出場した。 しかし、マウリツィオ・サッリ新監督が就任した今季は[4-3-3]のシステム変更に加え、メンバーを固定する指揮官の起用法の影響もあり、リーグ戦は途中出場2試合に留まり、控えメンバー主体のヨーロッパリーグ(EL)や国内カップ要員に甘んじている。 『Il Messaggero』によれば、そのザッパコスタに関してモンテネグロ代表MFアダム・マルシッチのバックアッパーを探すラツィオが関心を示しているという。そして、1500万ユーロ(約18億5000万円)の買い取りオプションが付く今シーズン終了までのレンタル移籍に関してクラブ間での合意に迫っているようだ。 2019.01.07 19:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチの弾丸ミドル弾もラツィオ、トリノにドロー《セリエA》

▽ラツィオは29日、セリエA第19節でトリノをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節フィリッポ率いるボローニャとの兄弟対決を制して2連勝としたシモーネ率いる4位ラツィオ(勝ち点31)が、ここ5試合で1敗と好調な8位トリノ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。 ▽立ち上がりから右サイドのマルシッチを起点に攻勢をかけたラツィオだったが、16分にピンチ。左クロスからデ・シルベストリにバー直撃のヘディングシュートを浴びてしまった。 ▽その後、パローロのミドルシュートで牽制したラツィオは、25分にインモービレが右クロスを受けてGKを強襲するシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、43分に決定機。L・アルベルトのヘッドでのパスをボックス左で受けたインモービレがループシュートを狙う。しかし、GKにセーブされてしまった。 ▽すると追加タイム1分、右クロスに反応したボックス内のベロッティをマルシッチが倒したとしてラツィオはPKを献上してしまう。これをベロッティに決められ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、互角の攻防が続いた中、1点を追うラツィオは57分、ラドゥに代えてルーカス・レイバを投入。ルリッチを左センターバックに下げた。 ▽そのラツィオは60分に大ピンチ。ルーカス・レイバのクリアボールが流れてボックス右でフリーとなっていたデ・シルベストリがシュート。しかし、枠の上に外して助かった。 ▽すると62分、ルーカス・レイバのパスを受けたボックス手前右のミリンコビッチ=サビッチが右足を振り抜くと、強烈なミドルシュートがゴール左上に突き刺さって試合を振り出しに戻した。 ▽攻勢に出るラツィオはインモービレ、ミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトが立て続けにゴールに迫っていったが、ゴール前で身体を張るトリノ守備陣に阻まれて逆転弾とはならない。 ▽終盤、86分にマルシッチが、90分にメイテがそれぞれ一発退場となって互いに10人となった一戦は1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2018.12.30 01:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース