ラツィオ、残留争うクロトーネに痛恨ドローでCL出場の行方は最終節のインテル戦に持ち越し《セリエA》2018.05.14 00:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは13日、セリエA第37節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。▽前節アタランタ戦を1-1と引き分けた4位ラツィオ(勝ち点71)は、前日の試合でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う5位インテル(勝ち点69)がサッスオーロに敗れたことで、最終節のインテルとの直接対決を前にクロトーネに勝利すれば4位以上を確定できる状況となった。そのラツィオはエースのインモービレに加え、L・アルベルトが負傷した中、2トップはカイセドとフェリペ・アンデルソンが組んだ。

▽残留を争っている16位クロトーネ(勝ち点34)に対し、立ち上がりから押し込んだラツィオは12分にミリンコビッチ=サビッチがミドルシュートで牽制すると、15分にPKを獲得する。ルリッチが左サイドから仕掛けてボックス内に侵入したところでチェッケリーニに倒された。このPKをルリッチがゴール左隅に決めてラツィオが先制した。

▽しかし29分、ボックス手前左からのマルテッラのクロスをシミーにヘッドで押し込まれ、試合を振り出しに戻された。

▽ハーフタイムにかけてラツィオが押し込む流れを続けると、39分にビッグチャンス。フェリペ・アンデルソンのスルーパスを受けたカイセドがボックス中央に侵入してGKと一対一となったが、コルダスに止められてしまう。さらに41分、CKの流れからボックス左のミリンコビッチ=サビッチのコントロールシュートが枠を捉えるも、ここもGKコルダスのファインセーブに阻まれ、前半を1-1で終えた。

▽後半もラツィオが押し込む流れが続くも、61分に逆転される。右サイドからのFKをファーサイドのチェッケリーニにボレーで蹴り込まれた。

▽まさかの逆転を許したラツィオは、65分に3枚目の交代カードを使い切る。バスタに代えてナニを投入した。しかし68分にもピンチ。左サイドをナリーニに突破され、ローデンにシュートを打たれたが、ゴールライン前に戻っていたデ・フライが何とか弾き出した。

▽終盤にかけて攻めあぐねていたラツィオだったが84分、同点に追いつく。FKの流れから右サイドのフェリペ・アンデルソンのクロスをデ・フライが頭で逸らすと、ボックス中央のミリンコビッチ=サビッチが絶妙なトラップからゴール右へシュートを流し込んだ。

▽しかし、勝ち越しゴールは奪えず2-2でタイムアップ。痛恨のドローに終わり、最終節インテルとの直接対決を前にラツィオはCL出場を決めることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

SMSがモウリーニョ視察を喜ぶ 「僕はラツィオの選手だけど光栄」

▽ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)が11日に行われたモンテネグロ代表戦にマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が視察に訪れたことに対してリアクションした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽昨夏からユナイテッドの補強候補に挙がるミリンコビッチ=サビッチ。とりわけ、今冬あるいは来夏の移籍市場でフランス代表MFポール・ポグバに退団の可能性が浮上しており、仮に同選手が流出した場合、23歳の偉丈夫が後釜に座る可能性が高いと思われている。 ▽そんな中、ユナイテッドを率いるモウリーニョ監督は11日に行われたUEFAネイションズリーグのモンテネグロvsセルビアを現地で視察した。今回の視察に関してはフィオレンティーナで活躍する長身センターバックのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)のチェックという説がある一方、やはり視察の本命はミリンコビッチ=サビッチという見方が強い。ただ、肝心のミリンコビッチ=サビッチは79分からの途中出場となり、ポルトガル人指揮官はやや肩透かしを食ったかもしれない。 ▽同試合後、モウリーニョ監督の視察に関して質問を受けたミリンコビッチ=サビッチは自身があくまでラツィオの選手であることを強調しながらも偉大な指揮官の訪問を喜んでいる。 「僕はラツィオのプレーヤーだ。その一方で、彼(モウリーニョ)のようなレベルの監督が試合を視察に訪れてくれたことを光栄に思うよ」 「もしかしたら彼が今日のスタメンに不満があるかもしれないけど、それは僕のせいではないよ。たぶん、彼は僕のためにもその他のプレーヤーのためにここに来たわけではないと思う」 「僕は彼が自分を見るためにここに来るという記事を見たけど、それは何も意味していない」 2018.10.13 14:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、ミリンコビッチ=サビッチ獲得に再チャレンジか

▽ミランが、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の来シーズンの獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽今夏にもミリンコビッチ=サビッチ獲得に動いていたとされるミラン。今冬の移籍市場ではなく来夏の獲得を再びチャレンジするという。 ▽しかし、多くのビッククラブから関心を寄られていたミリンコビッチ=サビッチは、1日にラツィオとの契約を2023年まで延長。その際、契約解除金は1億ユーロ(約130億円)に設定されている。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは2015年夏にヘンクからラツィオに加入した。初年度はセリエA25試合の出場に留まったが、2016-17シーズンから主力に定着しリーグ戦34試合で4ゴール9アシストを記録。さらに、昨シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。 2018.10.09 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

インモービレ弾を守り抜いたラツィオがヴィオラにウノゼロで勝利《セリエA》

▽ラツィオは7日、セリエA第8節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節ローマとのダービーに競り負けてリーグ戦での連勝が4で止まったラツィオは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦では9人となった中、1-4で惨敗した。そのフランクフルト戦のスタメンから6選手を変更。ルリッチやマルシッチ、GKストラコシャら主力がスタメンに戻った。 ▽4勝2敗スタートと若い力が躍動しているフィオレンティーナに対し、インモービレとカイセドが2トップを形成したラツィオは、開始1分にパローロのミドルシュートでゴールに迫った。さらに12分、パローロがミドルシュートでGKを強襲すれば、24分にはカイセドがヘディングシュートでフィオレンティーナを脅かしていく。 ▽その後も押し込んでいたラツィオだったが、27分に自らのミスからピンチを招く。ワラセが自陣ボックス内でのミスパスをベナッシにカットされて決定的なシュートを許してしまう。だが、GKストラコシャがセーブして難を逃れた。31分にもシメオネに枠内シュートを打たれ、やや流れが悪くなっていたラツィオだったが、37分に先制した。 ▽右CKからニアのラドゥがヘッドで逸らし、ファーサイドのインモービレが右足ボレーで押し込んだ。 ▽ラツィオが1点をリードして迎えた後半、52分にカイセドに代えてコレアを投入し、追加点を狙いに行く。 ▽しかし55分、ビラギにGKストラコシャを強襲されるシュートを打たれるなど、押し込まれる展開を強いられる。 ▽それでも自陣に引いて水際で守り、シュートは打たせず1点のリードを保っていった。終盤にかけても劣勢が続いたものの、何とかフィオレンティーナの攻勢を凌いで逃げ切り。公式戦3試合ぶりの勝利を飾っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.08 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部がリベロでフル出場のフランクフルト、9人のラツィオに4発快勝で2連勝スタート《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節、フランクフルトvsラツィオが4日に行われ、4-1で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽10人になりながらもマルセイユに2-1と勝利したフランクフルトと、アポロン・リマソルに2-1と勝利したラツィオの一戦。 ▽長谷部が3バックの中央で先発したフランクフルトは開始4分に幸先良く先制する。左CKからフリーとなったダ・コスタがボレーで合わせてネットを揺らした。 ▽失点を受けて前がかるラツィオは10分にインモービレがミドルシュートを浴びせるも、17分にアクシデント。ドゥルミジが腕を負傷してルリッチとの交代を強いられた。 ▽それでも23分、ショートカウンターから同点に追いつく。左サイドのスペースを突いたコレアのクロスからパローロが蹴り込んだ。 ▽しかし28分、フランクフルトがすかさず勝ち越しに成功する。スローインの流れからボックス右のアラー、ガシノビッチと繋いで最後はマイナスクロスをコスティッチが押し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけては長谷部が堅実な守備を見せるフランクフルトがラツィオの攻撃を跳ね返していく。そして追加タイム3分にはカウンターをファウルで止めたバスタに2枚目のイエローカードが出て、フランクフルトが数的優位も得て前半を終えた。 ▽後半から前がかるラツィオに対して49分にフランクフルトが3点目に迫る。ショートカウンターからヨビッチが決定的なシュートを浴びせたが、わずかに枠を捉えきれなかった。 ▽それでも52分、再びカウンターに転じると、アラーのラストパスを受けたボックス左のヨビッチがループシュートを流し込んでフランクフルトが決定的な3点目を奪った。 ▽そして58分にデ・グズマンをスライディングタックルで削ったコレアが一発退場となって9人となったラツィオに対し、フランクフルトがいなしながら時間を消化。追加タイムにはダ・コスタがこの試合2点目を決めて4-1とし、2連勝スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.05 05:56 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティ氏、元ラツィオ主将ネスタとの許されぬ友人関係を告白「こっそり連絡してた」

ローマのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏が、自伝本『ウン・カピターノ(主将)』の中で、イタリア代表で同僚だったペルージャのアレッサンドロ・ネスタ監督との関係について告白している。<br><br>イタリアサッカー界を代表するレジェンドであるトッティとネスタは、いずれも1976年にローマで生まれた。年代別イタリア代表ではチームメートであったが、ライバル関係にあるローマおよびラツィオの下部組織でそれぞれ育った。幼少の頃からラツィオが大嫌いだったと明かすトッティだが、友人のネスタを心から慕っている。<br><br>「お互いに穏やかで内向的な性格で似ているので、いつも気が合った。苦しい時には、周囲に知られないようにこっそり連絡を取り合って、相談したりアドバイスをし合ったりしていた。2人の間には、いつも健全な良い雰囲気が漂っていたよ」<br><br>ネスタ自身も先日、『コリエレ・デラ・セーラ』のインタビューにおいて、トッティとの複雑な友人関係について言及。「私はラツィオの主将ネスタであり、ローマの主将トッティの友人だった。それはこの街(ローマ)では不可能なことであり、許されないことだった。だから代表で国外へ行ったときは一緒だったが、帰国してからは夕食へ一緒に出かけることはできなかった。トッティのことは偉大な選手であり、偉大な青年だと感じていたが、ローマでは無視し合わなければならなかった」などと明かしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.02 22:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース