超ワールドサッカー

サラー、個人賞3冠達成! プレミア年間最優秀選手賞を受賞! 2018.05.13 20:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(C)Liverpoolfc.tv
▽プレミアリーグは13日、2017-18シーズンのEAスポーツ・プレイヤー・オブ・ザ・シーズンを発表。リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが選出された。サラーは初受賞。▽今季ローマから加入したサラーはここまでプレミアリーグ35試合に出場して得点ランクトップの31ゴールを挙げているほか、10アシストを記録。3位に位置するチームの主軸として活躍し続けている。

▽ファンや記者らによる投票で年間最優秀選手に選ばれたサラーは、プレミアリーグ公式サイトで今回の受賞についてコメント。

「とても幸せだよ。この賞を受賞することができてとても誇りに思う」

「(チェルシー時代)初めてこのリーグに来た時、僕は失敗だったと言われた。だからこそ僕はプレミアリーグで成功を収めたいと常に思っていたんだ」

▽サラーは同賞のほかに、イングランドサッカー選手協会(PFA)主催のPFA年間最優秀選手賞とイングランドサッカー記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞をダブル受賞。今回の受賞により、サラーはプレミアリーグの個人賞で3冠を達成したことになる。

▽なお、同賞にはサラー以外に、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとイングランド代表FWラヒーム・スターリング、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキがノミネートされていた。

コメント

関連ニュース

thumb

敗者に追い打ち…ロブレン「僕のヒジでセルヒオ・ラモスを殺してやった」

▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスを筆頭としたスペイン代表への敵対心を露わにしている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽クロアチア代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4第5節でスペイン代表に3-2で勝利。第2節での0-6の大敗の借りを、直接対決で返した。 ▽勝利に歓喜するロブレンは、試合後に自身インスタグラムを通じて動画を投稿。以下のように敗北者に更なる“口撃”を浴びせかけた。 「ハッピーだ。僕はヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった、殺してやったんだ」 「セルヒオ・ラモスは僕よりもミスが多いし、(ラファエル・)ヴァランの方が良い。でも、レアル・マドリーでプレーしているからミスしても5-1か5-2で勝つし、誰も気にしないんだ」 「僕らは奴らよりもボールを支配したことを見せ付けた」 「勝利した相手にはフェアプレー精神を持ち祝福しなければならないけど、スペインは気前が悪くてその逆だ」 「僕らが0-6で負けた時は奴らに挨拶をした。礼節や能力を持つチームであることを示したんだ」 「僕らを祝ってくれたのは(アルバロ・)モラタだけだ。残りの奴らは全くそういったことをしなかった」 ▽ロブレンが所属するリバプールは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でマドリーと対戦して敗北。その試合ではセルヒオ・ラモスと交錯したエースFWサラーが負傷交代に追いやられた。また、GKカリウスもセルヒオ・ラモスと衝突しており、脳震盪を起こしていたことが試合後の検査で発覚。この件がロブレンのセルヒオ・ラモス憎しという感情に繋がっているのではないかと、『マルカ』は推測している。 2018.11.17 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェラード「古巣を指揮したいか?地球上の全員が答えを知っている」

現在スコティッシュ・プレミアリーグのレンジャーズで指揮を執るスティーブン・ジェラード監督は、現段階で指揮官としてアンフィールドに戻りたいとは思わないと話した。<br><br>幼少期からリバプールでプレーし、アメリカでの2シーズンを除いて同クラブでキャリアを全うしたジェラード監督。2016年に現役からの引退を発表して、古巣でコーチングキャリアをスタートさせた同指揮官は、現在スコットランドの名門レンジャーズを率いる。<br><br>そんな中、イギリス『ガーディアン』のインタビューを受けたジェラード監督は、リバプールの指揮官としてアンフィールドに帰還することが最終的な目標とするも、ユルゲン・クロップ監督の下で躍動するチームの指揮権を託されることに焦りはないと話した。<br><br>「今すぐにリバプールの監督になりたいかって? それはないね。私はレンジャーズの監督でいたいし、レンジャーズで成功をつかみたい。いつの日かリバプールで指揮を執りたいかって? それは馬鹿げた質問だ。地球上にいるみんながその答えを知っている。でも、ユルゲン・クロップのことが好きで、彼がリバプールにプレミアリーグのタイトルをもたらしてくれると信じている」<br><br>「(土壇場で優勝を逃した)2014年はファンにとって大きな痛みとなったから、彼らがどれだけタイトルを望んでいるかを私は知っている。私はリバプールのファンで、これらもそうであり続ける」<br><br>また、ジェラード監督はリバプールのアカデミーでコーチをしていた際にクロップ監督から多くを学んだと語った。「私はスポンジのように、見て学んだ。今でもテレビで彼を見て、どのように状況に対処しているかを勉強している。カリスマ性とエネルギーを持ち合わせたユルゲンのようにはなれない。でも、彼から学んだことは大きな助けになるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.16 18:11 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサGMがO・デンベレの素行に言及

▽バルセロナのゼネラルマネージャー(GM)を務めるペップ・セグラ氏が、所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の放出を否定している。イギリス『メトロ』が、スペインのラジオ『SER』での発言を引用して報じた。 ▽遅刻や素行不良が囁かれ、来年1月の移籍が噂されたO・デンベレ。『メトロ』の情報によれば、移籍金8500万ポンド(約123億円)以上でのリバプール、アーセナル行きも取り沙汰されているようだ。 ▽しかし、先日にはO・デンベレの代理人が遅刻や素行不良、移籍を全面否定。さらに、バルセロナ側の大きな決定権を持つセグラGMも「問題ない」と語った。また、セグラGMとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が代理人と話し合いO・デンベレを残留させるよう決定した、とする報道についても触れている。 「(ウスマーヌ・)デンベレに問題はない」 「私たちは話し合ったし、昨日も丁度3人の別の代理人たちと会ってきた。だが、(様々な噂が立つが)それは正常なことであり、私の仕事の一部だ。自然なことなんだよ」 「デンベレは非常に若く、今直面しているバルサに適応するための努力のようなものはしてこなかった。私たちは、それが彼にとってハードなことだと認識しているし、彼本人もそう思っている。出来るだけ早く状況が変わるように努力しているよ」 ▽今シーズンここまで公式戦15試合6ゴール2アシストを記録しているO・デンベレ。現時点でも上々の成績だが、有無を言わさない更なる活躍で周囲の喧騒を振り払いたいところか。 2018.11.16 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ロブレン「セルヒオ・ラモスは自分よりもミスしている」に本人が反応

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンのコメントに反応した。<br><br>先日、バラエティー色もある『Copa90』の番組インタビューで、「僕は世界でも最高のDFの一人だ。間違ったことは言ってないよ!」などとサービストークを展開したロブレン。その中で、自身のミスが大きく報じられることについても触れた同選手は「(セルヒオ・)ラモスを見てみてよ。僕よりミスしているだろう! でも彼はレアル・マドリーにいる。僕はちょっとアンラッキーなんだ。僕がミスした時は1-0で終わったりするんだ!」とコメントしていた。<br><br>このロブレンの発言にセルヒオ・ラモス本人が反応。セルヒオ・ラモスは「こういった発言が出るのはフラストレーションからなのか、他の理由があるのかはわからない。僕はロブレンのことや、新聞のフロントページ、トップニュースとして使われることを狙うものについて答えるつもりはない。みんなと同様、ピッチ上で自分自身を証明するつもりだ」と話した。<br><br>なお、ロブレンは当時のインタビューで、レアル・マドリーでセルヒオ・ラモスとコンビを組むラファエル・ヴァランについて、「僕はヴァランが好きなんだ。彼は大きな信頼に値するよ。でもセルヒオ・ラモスほどは評価されていない。納得できないな。(ヴァランはセルヒオ・ラモスより素晴らしいか?)間違いないね」ともコメントしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.16 13:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、襲撃を受けて重体となったリバプールサポーターのコックス氏に約2000万円の寄付

▽ローマは15日、リバプールサポーターのショーン・コックス氏(53)に15万ユーロ(約1920万円)の寄付を行ったと発表した。 ▽コックス氏は今年4月のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプールvsローマでローマサポーターの襲撃を受けて、脳出血を伴う頭部の外傷手術を受けるなど一時危篤状態となった。それでも、7月に意識を回復し、現在も治療を続けている。 ▽なお、ローマは今後もコックス氏にかかる治療費を負担していくことでコックス氏の家族と同意したとのことだ。これを受けてコックス氏の妻であるマルティナ氏は以下のように述べている。 「ローマとパロッタ氏の寄付に心から感謝します。とりわけ、ショーンが今後直面するリハビリをサポートして頂けることを感謝します」 2018.11.16 02:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース