ザルツブルクがブレーメンからオーストリア代表FWユヌゾビッチをフリーで獲得2018.05.13 19:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは13日、ブレーメンのオーストリア代表FWズラトコ・ユヌゾビッチ(30)の加入を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽ユヌゾビッチは、オーストリア国内クラブで長らくプレー。2012年1月にオーストリア・ウィーンからブレーメンへと完全移籍していた。

▽ブレーメンでは、公式戦198試合に出場し22ゴール54アシストを記録。今シーズンはブンデスリーガで24試合に出場し2ゴール5アシストを記録していた。なお、キャプテンも務めていた。

▽ユヌゾビッチとブレーメンは、今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。なお、契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。

コメント

関連ニュース

thumb

南野vs奥川との日本人対決は10人のザルツブルクがグルブランドセンの劇的弾でホーム最終戦を飾る《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽オーストリア・ブンデスリーガ第34節のザルツブルクvsマッタースブルクが20日に対戦し、1-0でザルツブルクが勝利した。ザルツブルクの南野拓実は74分までプレーし、マッタースブルクの奥川雅也は76分までプレーしている。 ▽前節のシュトゥルム戦で快勝しリーグ5連覇を達成したザルツブルクが、6位のマッタースブルクをホームに迎えた一戦。ザルツブルクの南野は2試合ぶりの先発出場。マッタースブルクの奥川は6試合連続で先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がりから地力に勝るザルツブルクが攻勢に出ると8分、バイタルエリア左でボールを受けたハンネス・ヴォルフのスルーパスでゴールエリア左まで侵攻したムナス・ダブールが左足を振り抜くも、これはゴール右に外れた。 ▽ハーフコートゲームを続けるザルツブルクは26分、ボックス左手前でボールを受けたヴォルフが強烈なミドルシュートを放つも、これはクロスバーを直撃した。さらに33分、ボックス右手前で獲得したFKからディアディエ・サマッセコウのクロスを供給。相手DFの頭をかすめたボールをゴール左に飛び込んだダブールがゴールに押し込んだ。しかし、これはハンドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ザルツブルクは56分、ヴォルフが奥川に対して後方からのスライディングタックルを見舞うと、このプレーでレッドカードが提示され、退場となった。 ▽数的不利となったザルツブルクは、65分にアンドレ・ラマーリョを下げてジェロメ・オングエネを投入。さらに75分には、南野を下げてフレデリク・グルブランドセンをピッチに送り出した。対するマッタースブルクは、76分に奥川を下げてパトリック・ベルゲルを投入した。 ▽試合はゴールレスのまま後半アディショナルタイムに突入し、このまま試合終了かと思われたが王者が意地を見せる。95分、右サイドでFKを獲得するとシュテファン・ライナーのクロスをファーサイドのドイエ・チャレタ=ツァルが頭で折り返し、最後はゴール前のグルブランドセンが押しこんだ。 ▽直後に試合終了のホイッスル。ザルツブルクがグルブランドセンの劇的弾でホーム最終戦を飾った。 ザルツブルク 1-0 マッタースブルク 【ザルツブルク】 グルブランドセン(後50) 2018.05.21 01:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バーゼル、今季CLでブレイクした快足FWオベルリンをザルツブルクから買い取りOP行使で獲得

▽バーゼルは15日、レッドブル・ザルツブルクからレンタル移籍で加入していたスイス代表FWディミトリ・オベルリン(20)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽なお、フランス『レキップ』は今回の買い取りオプションの金額が400万ユーロ(約5億2000万円)前後と推定している。 ▽母国チューリッヒのユース出身もオーストリアのザルツブルクに引き抜かれたオベルリンは、昨夏に1年間のレンタルでバーゼルに加入。今季はチャンピオンズリーグのグループステージで4ゴールを挙げるなど、公式戦37試合で10ゴール2アシストを記録した。 ▽シュート精度など決定力に関して大いに課題を残すものの、圧倒的なスピードとテクニックを生かした突破力やカウンター時の迫力は絶大。FWモハメド・サラー、FWブレール・エンボロとバーゼル快足アタッカーの系譜を受け継ぐオベルリンは、今季ヤング・ボーイズにリーグ9連覇を阻まれたスイスの盟主にとって大きな補強になりそうだ。 2018.05.16 01:52 Wed
twitterfacebook
thumb

南野フル出場のザルツブルクが逆転勝利でリーグ5連覇を達成!《オーストリア・ブンデスリーガ》

▽MF南野拓実の所属するザルツブルクは6日、オーストリア・ブンデスリーガ第33節でシュトゥルムと対戦し、4-1で勝利。この結果、ザルツブルクがオーストリア・ブンデスリーガ5連覇を達成した。なお、南野はフル出場している。 ▽今節の結果次第でリーグ5連覇の決まるザルツブルクは、ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのマルセイユ戦(AGG:2-3で準決勝敗退)からカレタ=カル以外の先発10人を変更。南野やファン・ヒチャン、ヴォルフ、GKシカン・スタンコビッチらが先発に名を連ねた。 ▽ザルツブルクは、40分にペテル・ズリのゴールでシュトゥルムに先制を許す。しかし、前半アディショナルタイム3分にエムウェプのロングパスで相手DFの裏抜け出したファン・ヒチャンがワントラップから右隅にシュートを流し込み、同点で前半を終えた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのはザルツブルク。54分、右サイドを抜け出したライトゲプのクロスをニアサイドの南野が左足で合わせる。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をカレタ=カルが押し込んだ。 ▽逆転弾で勢いづくザルツブルクは、65分にヤボの左CKをゴール前のオングエネがヘディングで叩き込み3点目。さらに83分には、相手DFのクリアミスをペナルティアーク付近で拾ったダブールがボレーシュートをゴール右隅に突き刺し、試合を決定づける4点目。 ▽結局、試合はそのまま4-1で終了。逆転勝利でリーグ戦4連勝を飾ったザルツブルクが、オーストリア・ブンデスリーガ5連覇を達成した。 ザルツブルク 4-1 シュトゥルム 【ザルツブルク】 ファン・ヒチャン(前48) カレタ=カル(後9) オングエネ(後20) ダブール(後38) 【シュトゥルム】 ペテル・ズリ(前40) 2018.05.07 04:46 Mon
twitterfacebook
thumb

EL準決勝敗退のザルツブルク、南野拓実に地元メディアは辛口評価「危険な存在ではなかった」

現地時間3日に行われたヨーロッパリーグ準決勝2ndレグ、ザルツブルクvsマルセイユは2-0で90分が終了。2戦合計2-2となり延長戦に突入し、116分にCKからロランドがダイレクトシュートを決めて、土壇場で3-2とマルセイユが勝ち上がりを決めている。<br><br>この試合でザルツブルクの南野拓実は、84分から途中出場。しかしノーゴールに終わり、チームをEL決勝へと導くことはできなかった。オーストリアのTV局『laola1』は、ザルツブルク所属選手に対するこの試合での評価を公式HPで伝えている。<br><br>最高が1、最低が5という中で、途中出場の南野には3の評価を与え「ヤパーナー(日本人)は90分の直前になってからピッチに登場。最初は目立つ存在ではなく、延長戦で徐々に頭角を現した。だが、本当に危険な存在ではなかった」と辛口の総評で伝えている。<br><br>なお、ザルツブルクのチーム最高点は先制ゴールを決めたアマドゥ・ハイダラの1点で「ザルツブルクを高みに導きそうなソロゴールだった」と、独力で奪った先制ゴールに賛辞を贈っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.04 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:ザルツブルク 2-1(AGG:2-3) マルセイユ《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのザルツブルクvsマルセイユが3日にシュタディオン・ザルツブルク行われ、ザルツブルクが2-1で90分間の戦いを終えた。その後、延長戦を1-0で制したマルセイユが2戦合計3-2で決勝進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ザルツブルク採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180504_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 ヴァルケ 5.5 堅実なゴールキーピングを披露 DF 22 ライナー 5.5 オカンポスの上がりに落ち着いて対応 15 ラマーリョ 5.5 相手の細かいパスワークに苦戦も最後の場面ではきっちり身体を張った 5 カレタ=カル 5.5 一対一で負けなかった 17 ウルマー 5.5 何度か効果的な攻撃参加を見せる (→ポングラチッチ -) MF 4 ハイダラ 6.0 先制点を奪う。中盤で存在感を放ったが試合終了間際に退場 8 サマッセコウ 5.5 守備の局面で粘り強く対応 42 シュラガー 6.0 逆転突破へ望みをつなぐ2点目を (→南野拓実 5.0) 特別、効果的なプレーはなかった 14 バロン・ベリシャ 6.0 前線でよく動いて起点に FW 9 ダブール 5.0 あまり存在感を示せず 21 グルブランドセン 5.0 ほとんど見せ場はなかった (→ファン・ヒチャン 5.5) 投入直後から攻撃のアクセントとなった 監督 ローズ 6.0 逆転突破はならずもホームの強さを発揮した ▽マルセイユ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180504_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 16 プレ 6.5 失点はノーチャンス。好セーブで決勝進出に貢献 DF 17 B・サール 5.5 オウンゴールは仕方ない 23 ラミ 6.0 相手の攻撃を跳ね返し続けた 19 グスタボ 5.5 バランスを取りながらのチャレンジ&カバーを見せた 18 アマヴィ 5.0 自サイドからチャンスを許し2失点 MF 26 トヴァン 6.0 パイエと共によく攻撃に絡む 27 マキシム・ロペス 5.5 むやみに攻め上がらず、中盤のフィルター役を務めた (→アンギッサ 5.5) ミスなくプレー 10 パイエ 6.5 序盤から攻撃の起点となり、決勝点をアシスト 8 サンソン 6.0 要所での攻撃参加が利いていた (→ロランド 6.0) 決勝進出を決めるゴールを記録 5 オカンポス 5.5 単騎突破で何度か打開を図った FW 28 ジェルマン 5.0 フィニッシュに絡む形は良かったが、決定機を逸してブレーキに… (→エンジエ 5.5) 前回対戦で途中出場から何かを起こす印象を強めたが、この試合では不発 監督 ガルシア 5.5 後手を踏むも途中投入のロランド弾で14年ぶりのEL決勝進出を決める ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! プレ(マルセイユ) ▽復帰戦で決勝点のロランドの活躍も捨てがたいが、幾度もの好セーブでザルツブルクに勝ち越しを許さなかったGKプレをMOMに選出。 ザルツブルク 2-1(AGG:2-3) マルセイユ 【ザルツブルク】 ハイダラ(後8) OG(後20) 【マルセイユ】 ロランド(延後11) 2018.05.04 07:06 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース