ゼニトがマンチーニ監督と契約終了を発表…イタリア代表監督就任か2018.05.13 19:08 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ゼニト・サンクトペテルブルクは13日、ロベルト・マンチーニ監督(53)との契約を終了することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽ラツィオやインテル、マンチェスター・シティ、ガラタサライなどを指揮したマンチーニ監督は、2017年7月にゼニトの指揮官に就任。今シーズンは公式戦44試合で指揮を執り、21勝13分け10敗の結果を残していた。

▽クラブの発表によると、契約期間を早めての契約終了とのこと。違約金などは発生せず、双方合意の下での契約解消をなったようだ。

▽マンチーニ監督は、次期イタリア代表監督の候補に上がっており、今回の契約終了を受けて、正式なイタリア代表監督就任が高まったと言える。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタがゼニトからアルゼンチン代表MFリゴーニを獲得!

▽アタランタは17日、ゼニトからアルゼンチン代表MFエミリアーノ・リゴーニ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えるところによれば、完全移籍での買い取りには1500万ユーロ(約19億円)が必要になるようだ。 ▽イタリアとアルゼンチンの二重国籍を持つリゴーニは、2013年に母国のベルグラーノでプロデビュー。両足の正確なキックとドリブル突破に優れるウイングプレーヤーは、同クラブで公式戦74試合に出場し、8ゴール6アシストを記録した。その後、2016年には名門インデペンディエンテに加入し、昨夏にはゼニトに新天地を求めた。昨シーズンは公式戦28試合に出場し6ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽なお、2017年10月に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のペルー代表戦でアルゼンチンのフル代表デビューも飾っている。 2018.08.18 00:49 Sat
twitterfacebook
thumb

4季ぶりの王座奪還を狙うゼニトがローマDFファン・ジェズスに関心か

▽ゼニトがローマのブラジル人DFファン・ジェズス(27)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽2016年にインテルからローマにレンタル移籍で加入したファン・ジェズスは、翌年に完全移籍。ローマでは在籍2シーズンで62試合に出場。今シーズンはセリエAで22試合、チャンピオンズリーグで6試合など公式戦29試合に出場していた。 ▽2020年までローマとの契約を残しているファン・ジェズスだが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、4シーズンぶりのリーグ王座奪還を目指すゼニトが獲得に動いているようだ。 ▽また、ローマも年棒220万ユーロ(約2億8000万円)のファン・ジェズスの活躍に満足しておらず、今夏での放出を容認しているという。 2018.06.25 00:53 Mon
twitterfacebook
thumb

先日、4年ぶり代表復帰のイタリア代表DFクリーシトがゼニトから古巣ジェノアに7年ぶりの復帰!

▽ジェノアは4日、今季限りでゼニトとの契約が満了するイタリア代表DFドメニコ・クリーシト(31)の帰還を発表した。クラブ公式サイトが同日、6月6日に同選手の復帰会見を行うことを発表した。なお、契約期間などに関する詳細は6日に明かされる見込みだ。 ▽先日に今季限りでゼニトを退団し、セリエA復帰の意向を表明していたクリーシトには恩師ルチアーノ・スパレッティ監督が率いるインテルと共に古巣ジェノアが獲得に動いていたが、31歳のベテランDFは2011年以来の古巣帰還を決断した。 ▽ジェノアの下部組織出身のクリーシトは、共同保有されていたユベントスでのプレー経験があったものの、イタリア国内ではほぼジェノア一筋のキャリアを歩んできた。その後、2011年にゼニトへ旅立ち、7シーズンに渡って主力を担ってきた。 ▽また、本職は左サイドバックながらセンターバックや守備的MFでもプレー可能なクリーシトは、2009年から2014年までイタリア代表として22試合に出場。ただ、2014年3月のスペイン代表戦を最後に出場機会はなかったものの、先日に新監督に就任したロベルト・マンチーニ監督の下で久々の代表復帰すると、先月28日に行われたサウジアラビア代表戦で4年ぶりに出場を果たした。 2018.06.04 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ゼニトがマンチーニ後任にクラブOBセマク氏を指名! 候補に挙がったサッリはやはりチェルシーへ?

▽ゼニト・サンクトペテルブルクは29日、セルゲイ・セマク氏(42)の新指揮官招へいを発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となるが、更なる契約延長オプションが付随している。 ▽先日にクラブとの契約を解消し、イタリア代表監督に就任したロベルト・マンチーニ監督の後任を探していたゼニト。一部ではナポリを退団したマウリツィオ・サッリ氏の招へいに動いていると伝えられていたが、クラブが新指揮官に任命したのはクラブOBであるセマク氏だった。 ▽現役時代にロシア代表MFとして60キャップ以上を誇ったセマク氏は2010年から2013年までゼニトでプレーし、そのまま現役を引退。現役引退後、アシスタントコーチとしてすぐさま入閣を果たすと、2014年3月にはシーズン終了までの契約で暫定指揮官も務めていた。 ▽その後、ロシア代表のアシスタントコーチを経て2017年にはFCウファの新指揮官に就任し、今シーズンはロシア・プレミアリーグでチームを6位フィニッシュに導いていた。 ▽なお、セマク氏の新指揮官就任に伴い、サッリ氏のチェルシー新指揮官就任の可能性が高まっている。 2018.05.30 00:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニト、サッリ監督の招へいを断念… 新監督には長年コーチを務めたセマク氏を招へいか

▽ロベルト・マンチーニ監督の後任としてナポリを退任したマウリツィオ・サッリ監督の招へいを目指していたセニトだが、これを断念したようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 ▽昨夏に就任したマンチーニ監督が、イタリア代表監督就任に伴い退任したゼニト。報道によれば、ゼニトはマンチーニ監督の後任にナポリを退任したサッリ監督の招へいを目指していたが、同監督はチェルシーの新監督就任が秒読み段階に入ったため、これを断念。新監督には今季ロシア1部のウファを率いていたセルゲイ・セマク氏(42)を招へいするようだ。 ▽2013年に現役を引退したセマク氏は、同年にゼニトのアシスタントコーチに就任。ルチアーノ・スパレッティ氏(現・ローマ監督)、アンドレ・ビラス・ボアス氏、ミルチェア・ルチェスク氏(現・トルコ代表監督)の下でコーチを務め、2014年3月には、暫定監督として2試合指揮を執った。 2018.05.27 05:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース