攻め続けた浦和と守り続けた鳥栖、勝ち点1を分け合う《J1》2018.05.13 15:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽13日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第14節の浦和レッズvsサガン鳥栖は、0-0で引き分けた。

▽13位の浦和は、ミッドウィークのルヴァンカップで多くの主力を温存。前節の鹿島アントラーズ戦と同様の11名がスタメン入りした。一方、17位の鳥栖は小野が出場停止で欠場。安庸佑と池田を先発起用した。

▽試合は、立ち上がりからボールの主導権を握った浦和が敵陣深くに攻め入る展開となる。その中で、踏ん張りの効いた守備を見せる鳥栖だが、ボールの奪いどころを定め切れず、耐える時間が続く。

▽攻勢の浦和は11分、右CKの流れから槙野、マウリシオの繋ぎからボックス中央の武藤が左足ダイレクト。これが枠に飛ぶが、小林の身体を張ったシュートブロックに阻まれ、先制機を不意にする。

▽その後も圧倒的に攻め立てた浦和。柏木や興梠を中心にボールを動かしながら攻撃に転じたものの、局面で身体を張ってくる鳥栖の守備ブロックを攻略しきれず、ゴールを陥れることができない。

▽ゴールレスで迎えた後半も浦和ペース。頭から田川を投入してきた鳥栖に対して、積極的に攻撃を仕掛けていくが、武藤のシュートがGK権田の正面を突くなど、前半に引き続きあと一押しを欠く展開となる。

▽53分にも浦和に決定機。マウリシオがミドルシュートを放つが、これもゴールを割れない。そうした中で、劣勢が続く鳥栖は、その直後にベンチスタートのビクトル・イバルボを投入。勝負に出る。

▽こじ開けたい浦和も59分にマルティノスを起用。さらに、73分にも李をピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。88分には山田を投入して圧力を強めるが、鳥栖の集中した守備を崩し切れない。

▽結局、痛み分けで終えた浦和は2試合で白星から遠ざかる結果に。耐えた鳥栖は今シーズン初の連勝こそ逃したものの、敵地で貴重な勝ち点1を手にしている。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】前節劇的決勝点の札幌MFチャナティップが出場停止

▽Jリーグは20日、明治安田生命J1リーグ第24節およびJ2リーグ第30節の出場停止選手を発表した。 ▽次節は、19日のJ1第23節FC東京戦で劇的決勝点を決めた北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップが、警告の累積により1試合の出場停止に。 ▽また、J2では栃木SCのブラジル人MFヘニキが、警告の累積により出場停止。今シーズンは、同様の処分を以前にも受けていたため、停止期間は2倍の2試合となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MFチャナティップ</span>(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第24節 vs清水エスパルス(8/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MFヘニキ</span>(栃木SC) 明治安田生命J2リーグ第30節 vsロアッソ熊本(8/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 明治安田生命J2リーグ第31節 vsファジアーノ岡山(9/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 ※同じ大会で、同じ種類の出場停止処分を受けた場合、出場停止処分は2倍 2018.08.20 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第23節】タイのメッシが大逆転劇完遂の驚愕弾!

▽明治安田生命J1リーグ第23節の9試合が19日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台/初選出) ▽好守連発でG大阪の攻撃を1失点にまとめ上げる。3連勝を飾ったチームの影に守護神の活躍あり。 DF金井貢史(名古屋グランパス/2回目) ▽名古屋加入後3発目。下位直接対決となる鳥栖との一戦でも持ち前の攻撃センスを遺憾なく発揮した。 DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/2回目) ▽試合を通じて安定したディフェンスを披露。仕上げの一発も決め、攻守において多大なる貢献度を誇った。 DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初選出) ▽絶妙なカバーリングで最終ラインを統率。ピンチの芽を積むプレーも少なくなく、会心の逆転勝利を呼び込んだ。 DF丸橋祐介(セレッソ大阪/2回目) ▽プロ初ヘッドでチームトップタイの今季6得点目。さらに、アシストもマークし、チームの連勝に貢献した。 MF遠藤康(鹿島アントラーズ/2回目) ▽2試合連続の決勝弾。胸トラップからの鮮やかな左足ボレーでネットを揺らす姿で鹿島ファンを沸かした。 MF守田英正(川崎フロンターレ/4回目) ▽首位攻防戦で躍動。チームトップの走行距離をマークするなど、試合を重ねるごとに攻守に存在感を示しつつある。 MFチャナティップ(北海道コンサドーレ札幌/2回目) ▽スーパーな一発が2点差をひっくり返す大逆転劇の決勝点に。もはやチームの攻撃に欠かせない選手の1人に。 FW前田直輝(名古屋グランパス/3回目) ▽今節の鳥栖戦でも1得点1アシストを記録し、ジョー不在で不安視された攻撃陣を牽引。勢いが止まらない。 FW小林悠(川崎フロンターレ/3回目) ▽敵地での首位攻防戦で1点を追う中で圧巻の2ゴール。決める部分で違いとなり、逆転Vへの望みをつないだ。 FW西村拓真(ベガルタ仙台/4回目) ▽自身初のリーグ戦二桁得点を達成した勢い継続。3戦連発となる得点で逆転劇の火口を切る。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎DF髙杉亮太、Jリーグ通算300試合出場を達成! 「こんなに長くプレーできるとは思っていなかった」

▽V・ファーレン長崎は19日、DF髙杉亮太(34)がJリーグ通算300試合出場を達成したことを発表した。 ▽髙杉は、19日にトランスコスモススタジアム長崎で行われた明治安田生命J1リーグ第23節のセレッソ大阪に先発出場したことで達成。なお、内訳はJ1リーグ21試合、J2リーグ279試合となっている。 ▽髙杉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「こんなに長くプレーできるとは思っていませんでしたけど周りの方々に、長崎の方々に支えられてここまで来ることができたと思います。トータルでみたら負けている試合の方が多いと思いますけどそういう中でもJ1でプレーできるようになっているし、結果で恩返ししていきたいと思います」 ▽髙杉は2006年に明治大学からFC町田ゼルビアに入団。その後、愛媛FCでの6年間のプレーを経て、2013年に長崎に加入した。初のJ1リーグ挑戦となった今シーズンは、21試合に出場して1ゴールを記録。現在チームは最下位に沈んでいるものの、主将としても奮闘している。 2018.08.19 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

小林悠、パトリックとのエース対決制す! 川崎Fが逆転勝利で首位・広島との勝ち点差を「6」に!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節のサンフレッチェ広島vs川崎フロンターレが19日にエディオンスタジアム広島で行われ、2-1で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで15勝4分け3敗で首位を快走する広島(勝ち点49)と、12勝4分け5敗で2位につける(勝ち点40/1試合未消化)の川崎Fが激突した。前節のヴィッセル神戸戦を1-1で引き分けたものの、4戦無敗を継続している広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。前節左足首を痛めて途中交代した水本に代わって千葉が先発に名を連ねた。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦をゴールレスドローで終え、3戦無敗中の川崎Fは、その一戦同様の先発メンバーを起用した。 ▽勝ち点差「9」の首位攻防戦。試合は4分、ホームの広島がいきなりゴールを脅かす。敵陣中央でボールを持った柏がボックス内へスルーパス。ボックス右手前から斜めの動きで走り込んだパトリックが左足でゴールに蹴り込んだが、ここはオフサイドの判定が下されてしまい、先制点とはならない。 ▽いきなりゴールを脅かした広島は、川崎Fのパスワークを強度の高いプレスで封じ、ボール保持を許さない。それでも川崎は17分、家長のパスを受けたエウシーニョがゴール前へクロス。中央の小林が飛び込むも、ボールは頭をかすめてゴール左外へと外れた。23分には後方からのロングボールに小林が飛び込んで右足を伸ばすも、ミートできない。 ▽時間の経過と共に、川崎Fは押し込み始めると35分、守田のパスを受けた車屋が敵陣中央から左足を振り抜いて強烈なミドルシュート。しかし、ここはGK林の正面に飛んでしまい、パンチングで逃げられる。 ▽やや守勢に回る時間帯が増えた広島は、前半終盤にチャンス。37分、左サイドでボールを持った柏のクロスをゴール前に走り込んだパトリックが頭で合わせる。しかし、わずかにゴール左外へ。さらに43分、GK林からのロングフィードをパトリックが競り勝つと、ボールはボックス右に転がる。走り込んだ渡がGKと一対一になるも、ここはGKチョン・ソンリョンに軍配。こぼれ球はカバーに入った谷口に処理されて、先制点とはならない。 ▽立て続けにチャンスを作られた川崎Fは前半アディショナルタイム、中村の右CKに中央の車屋が頭で合わせる。これにGK林は一歩も動けなかったが、クロスバーに直撃。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、両者の攻防は激しさを増す。そんな中、首位・広島に先制点。56分、敵陣中央右でパスを受けた柴崎がゴール前へクロスを送る。これをパトリックが相手DFに競り勝って頭で合わせると、ボールはゴール右へと突き刺さり、広島が待望の先制点を奪う。 ▽優勝争いの生き残りへなんとしても負けられない川崎Fは、攻勢を強める。すると63分、ビルドアップから阿部の落としを受けた守田が敵陣中央からボックス右へ浮き球を供給。これに抜け出したエウシーニョが中央をよく見てラストパスを送り、最後は小林が右足で押し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽試合を振り出しに戻した川崎Fはその後、ボールを保持して逆転ゴールを目指す。71分、敵陣中央右で阿部がクロス。これは相手DFにクリアされたが、こぼれ球を拾った登里がドリブルで密集地帯を抜けて、ボックス内に侵攻。最後は右足でシュートを放ったが、ここはGK林にキャッチされた。 ▽それでも川崎Fは76分、逆転への絶好のチャンスを迎える。ボックス右に抜け出した家長がクロスを送ると、スライディングを試みた千葉の手に当たってハンドの判定。このPKを小林が右足でゴール左へ蹴り込むと、GK林の手を弾いてゴールネットを揺らし、川崎Fがついに2-1と逆転に成功する。 ▽これで逆転に成功した川崎Fは、終盤に知念と鈴木を投入して前線からのプレスを強める。それでもパトリック、ティーラシンを狙った広島の猛攻に苦しめられたが、なんとか死守。後半アディショナルタイム4分には、ボックス右外からのクロスにパトリックがダイビングヘッド。しかし、これはゴール左外へ外れて試合終了。 ▽2-1で勝利して4試合無敗を継続した2位・川崎Fが、首位・広島との勝ち点差を「6」に縮めた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

郷家J初弾など2発で神戸が完勝! 湘南は手痛い3連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸が、19日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽連敗中の12位湘南(勝ち点26)は、1-4で敗北した前節のベガルタ仙台戦から4名変更。高橋、藤田、菊池、梅崎に代えて、アンドレ・バイア、高山、石川、野田を起用した。 ▽2試合負けのない4位神戸(勝ち点33)は、1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。ティーラトン、藤田、郷家、ウェリントンに代えて、アフメド・ヤセル、橋本、三田、長沢を起用した。アフメド・ヤセルと長沢は、加入後初のスタメンとなった。 ▽立ち上がりから、イニエスタを中心にボールを繋ぎつつ神戸が優勢に試合を進行。5分、イニエスタのパスを受けた古橋が放ったボックス手前中央からのシュートは相手DFにブロックされたが、湘南ゴールを脅かした。 ▽反撃に出る湘南には、25分にチャンスが訪れる。左サイドでボールを持った高山がクロスを入れると、DF渡部に跳ね返される。こぼれ球に反応した岡本がシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。 ▽37分、神戸が先制に成功する。相手陣内中央付近でポドルスキからのパスを受けたイニエスタが、ボックス内に柔らかい浮き球のパスを入れる。湘南DF2人を相手に競り勝った長沢が頭で落とし、反応した三田が豪快に蹴り込んだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽神戸が1-0のリードで試合を折り返して迎える後半。両チームともにハーフタイム中の選手交代を敢行する。湘南は野田に代えてアレン・ステバノヴィッチを投入し、神戸は古橋に代えて郷家を送り出した。 ▽後半は、豊富な運動量を誇る湘南が主導権を握るが、神戸DFが決定的なシーンを作らせない。64分には、ボックス手前でボールを持った石川がミドルシュートを狙ったが、枠をわずかに右へ外れる。 ▽耐える時間の長い神戸だが、76分に鋭い一撃を浴びせる。右サイドでボールを受けたポドルスキが、縦にドリブルで侵攻して左足でシュートを放つ。GK秋元が弾いたところを、詰めていた郷家が押し込んだ。郷家にとっては、J初ゴールとなっている。 ▽なんとしても得点が欲しい湘南は、78分にボックス手前でボールを持った山根が豪快に右足を振り抜く。すると、鋭く変化するボールが枠を捉えたが、GKキム・スンギュの好守が阻んだ。 ▽湘南は、試合終了間際の89分にもカウンターから放たれた山崎のシュートが左ポストに嫌われるなど、最後まで得点に恵まれず。結局、神戸がリードを保ったまま試合が終了した。 ▽この結果、神戸は3試合負けなしと好調を維持。湘南は、3連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 21:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース