バイエルンのリーグ6連覇に不満のギュンドアン「ブンデスの監督は勇気がない」2018.05.13 13:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンは、バイエルンに独走を許すブンデスリーガのコーチ陣に勇気がないと一蹴した。

2016年夏にマンチェスター・Cに加入するまでギュンドアンは、ドルトムントでプレーして当時チームを指揮したユルゲン・クロップ監督の下、2011-12シーズンでリーグ優勝を飾った。しかし、以降はバイエルンがドイツを席巻し、クラブ史上初となる6連覇を達成する。

以前にトーマス・ミュラーがバイエルンと他のチームに大きな差があることを“残念だ”と語っていたが、同様の考えを持つギュンドアンは『シュポルト1』でブンデスリーガの他チームはすぐにボールを蹴り出してリスクを負わず、安全な方へと逃げてしまっていると話した。

「ブンデスリーガでは少しでもプレッシャーがかかるとすぐにボールを遠くに蹴ってしまう。選手たちは常に監督の指示通りに動こうとするから、コーチはもっとアイデアを考え出さないといけない」

「ドイツでの指導者の教育は非常に良いと思っているが、何度も負けているのに、多くのコーチが持っている考えを押し通すだけの勇気がない。僕には理解できない」

提供:goal.com

コメント



ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース