苦戦の柏、下平隆宏監督の退任発表…加藤望ヘッドコーチが昇格2018.05.13 11:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽柏レイソルは13日、下平隆宏監督(46)の退任を発表した。

▽柏のヘッドコーチを歴任の下平監督は、2016年途中からチームを指揮すると、昨シーズンの明治安田生命J1リーグを4位フィニッシュ。だが、FW江坂任ら積極補強の今年は、ここまでJ1リーグ5勝2分け7敗の11位に沈み、悲願の優勝を目指したAFCチャンピオンズリーグもグループステージ敗退に終わり、不本意な結果が続いている。

▽なお、後任として、ヘッドコーチを務める加藤望氏(48)の昇格が決定。加藤氏は現役引退後、湘南のトップチームコーチや下部組織の監督を歴任し、2013年から昨年まで産業能率大の監督を務めた実績を持ち、今シーズンから現役時代の古巣柏にヘッドコーチとして復帰した。

コメント

関連ニュース

thumb

YS横浜が広州恒大から元U-22中国代表GK趙天賜を完全移籍で獲得

▽Y.S.C.C.横浜は16日、中国スーパーリーグの広州恒大からGK趙天賜(チョウテンシ/23)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「39」となる。 ▽趙天賜は、北京国安のユース出身で、2017年1月に広州恒大に完全移籍していた。2017年にはU-22中国代表にも選出された経験がある。趙天賜はクラブを通じてコメントしている。 「この度、広州恒大から加入することになりました趙天賜です。Y.S.C.C.に加入することが出来、非常に光栄に思います。シーズン途中の移籍ですが、はやくサポーターのみなさんの前でプレーをみてもらえるように、また、チームの目標を達成する為に全力で取り組んでいきたいと思っています。応援よろしくお願い致します!」 2018.08.16 17:37 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCが新潟MFブルーノ・メネゲウを期限付き移籍で獲得…今季はJ2で1試合に出場

▽横浜FCは16日、アルビレックス新潟からブラジル人MFブルーノ・メネゲウ(31)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2019年1月1日までとなっている。 ▽ブルーノ・メネゲウは、2016年にセレッソ大阪でプレー。その後、中国スーパーリーグの長春亜泰を経て、今シーズンから新潟に加入。明治安田生命J2リーグで1試合、YBCルヴァンカップで4試合、天皇杯で2試合に出場していた。ブルーノ・メネゲウはクラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「今回、このような機会を与えてくださった横浜FCの関係者の方々に感謝しています。クラブの目標を達成するために全力を尽くします。よろしくお願いします」 ◆アルビレックス新潟 「今回、横浜FCに期限付き移籍することになりました。約6か月間、どんなときも僕を支え、応援してくれた新潟のサポーターの皆さん、関係者の方々には感謝しています。本当にありがとうございました」 ▽なお、ブルーノ・メネゲウは17日のトレーニングから合流。背番号は「23」となる。 2018.08.16 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖在籍12年目のGK赤星拓、徳島へ期限付き移籍

▽徳島ヴォルティスは16日、サガン鳥栖に所属するGK赤星拓(34)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は1月31日まで。なお、背番号は「1」を着用する。 ▽赤星は2007年に福岡大学から鳥栖に入団して以降、12年間同クラブでプレー。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はなかった。 ▽徳島への期限付き移籍が決定した赤星は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆徳島ヴォルティス 「徳島ヴォルティスを愛する皆様へ、この度サガン鳥栖から移籍して来ました。赤星拓です! チームの力になる為に、自分の持てる全てを注ぐ覚悟です。これからよろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖を愛する皆様へ」 「いつも熱い応援有り難うございます! ご報告があります。この度徳島ヴォルティスへ移籍することを決めました。12年間お世話になったサガン鳥栖への想い、そして厳しい闘いの最中というタイミングもあり大変悩みました。しかし、選手として更なる成長をする為、長期のリハビリを乗り越えて得たチャンスに挑戦したいという思いが強く、決断しました」 「背中を押してくれた竹原社長をはじめ、サガン鳥栖に関わる全ての仲間達に心から感謝すると共に、必ず更なる高みで再会出来る事を信じています! サガン鳥栖魂を胸に頑張って来ようと思います! 行ってきます!」 2018.08.16 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が徳島のチーム得点王MF島屋八徳を獲得「鳥栖のためにプレーできることを大変嬉しく思います」

▽サガン鳥栖は16日、徳島ヴォルティスのMF島屋八徳(29)を完全移籍で獲得すること発表した。背番号は「16」となる。 ▽島屋は福岡県出身で、HOYO大分から2014年に当時JFLのレノファ山口FCへと移籍。2017年から徳島でプレーしていた。 ▽今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで24試合に出場しチーム最多の8得点を記録していた。島屋はクラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、サガン鳥栖に加入させていただくことになりました島屋八徳です。九州で生まれ育った僕にとって、サガン鳥栖のためにプレーできることを大変嬉しく思います!」 「今まで僕を成長させてくれた方々に感謝の気持ちを持って、チームの勝利のために、そして熱い熱いサガン鳥栖サポーターのみなさまと勝利を分かち合うために、全力でプレーしますのでよろしくお願いします!」 ◆徳島ヴォルティス 「このたび、移籍することを決断いたしました。昇格に向けてこれから大事な終盤にさしかかるこの時期に、チームの力になれないことをとても悔しく、そして申し訳なく思います」 「僕のサッカーキャリアはJFLからスタートしました。仕事とサッカーを両立しながらの生活から、このような素晴らしい環境、スタッフ、チームメイト、そしてどんなときも共に戦ってくれたサポーターの皆様に出会えたことは、信じられないぐらい幸せなことでした。徳島ヴォルティスを愛する皆様と昇格を目指して戦ったこの1年半は、常に全力で、僕にとってかけがえのない財産です」 「サッカー選手としては決して若くないこのタイミングで、J1に挑戦するチャンスが目の前に訪れたとき、どうしてもそのチャンスを掴みたいという自分の気持ちに嘘はつけませんでした。徳島ヴォルティスのJ1昇格というとても大きな目標は、共に戦ってきたチームメイト、スタッフ、サポーターの方々に託し、僕は新たな挑戦に向かいます!」 「社長をはじめスタッフのみなさん、リカルド監督、コーチングスタッフ、スポンサーの方々、徳島ヴォルティスに携わる全ての方々、そしていつも暖かい声をかけてくださったサポーターの皆さん、僕をここまで成長させていただきありがとうございます。これからも自分らしく頑張ってきます。本当にありがとうございました」 2018.08.16 12:46 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMがマケドニア代表MFバブンスキーとの契約解除を発表「トリコロールのユニフォームを纏いプレーできたことは大きな喜び」

▽横浜F・マリノスは16日、マケドニア代表MFダビド・バブンスキー(24)との契約解除を発表した。両者合意の下での契約解除となる。 ▽ダビド・バブンスキーは、バルセロナのカンテラ出身で、2016年1月にレッドスター・ベオグラードへと完全移籍。2017年1月に横浜FMにフリートランスファーで加入した。 ▽加入1年目は明治安田生命J1リーグで20試合に出場し3ゴール1アシストを記録。開幕戦となった浦和レッズ戦でゴールを決め、デビュー戦ながらシーズン最初のゴールを記録するなど活躍したが、2年目の今シーズンはリーグ戦で5試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。ダビド・バブンスキーはクラブを通じてコメントしている。 「この度、クラブとの合意のもと、契約を解除することになりました。このような形で去ることになり残念ですが、大好きな日本でプレーする機会を与えられたことに、感謝したいです。トリコロールのユニフォームを纏いプレーできたことは大きな喜びでしたし、家族と共にとても良い時間を過ごすことができました」 「良い時も悪い時も変わらず応援し続けてくれたファン・サポーター、選手として多くを学ばせてもらったチームメイトとコーチたち、日々サポートしてくれた通訳やホペイロをはじめとしたチームスタッフの皆さまに深く感謝いたします。そして、スポンサーやクラブスタッフなどF・マリノスに関わる全ての人たちにも感謝いたします。今シーズン、そして将来にわたってクラブの幸運を祈っています」 2018.08.16 11:39 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース