「勝ち点差19が現実」モウリーニョ、2位フィニッシュを評価もマンチェスター・Cとの差を認める2018.05.13 10:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・シティとの差を埋めることは容易ではないと認めた。

13日にプレミアリーグ最終節のワトフォード戦を迎えるマンチェスター・Uは、先日のウェスト・ハム戦に引き分けたことで2位フィニッシュを確定。しかし、37試合を消化してすでに優勝を決めたライバルのマンチェスター・Cに勝ち点19差をつけられている。この結果を受け、リーグ2位を評価したモウリーニョ監督だが、ライバルと大きな差があると語った。

「10月や11月からこのポジションを維持できたことに満足している。我々はプロフェッショナリズムと誠実さ、誇りを持って2位フィニッシュを決めた。それにワトフォードに勝って勝ち点80の壁を越えられれば非常にポジティブだ。プレミアリーグで2番目にベストなチームで、FAカップでもベストな2チームのうちの1つだ。祝福に値するとは思わないが、我々は最善を尽くした」

「しかし、勝ち点の差が多くのことを物語っている。ノックアウト方式の大会なら時々不運に見舞われるが、リーグ戦では順位と数字が真実だ。それに2位から5位までの勝ち点差はわずか8だが、1位と2位の差は19もある。これが現実だ。この差を1シーズンで埋められるかって? 我々は試みるつもりだ」

提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース