長友佑都のガラタサライ、優勝に王手!《トルコ・スーパーリーグ》2018.05.13 08:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライは12日、トルコ・スーパーリーグ第33節でマラティヤシュポルをホームに迎え、2-0で勝利した。長友はフル出場している。▽首位に立つガラタサライは、開始数十秒でベランダのゴールで先制。続く12分にもエースのゴミスが追加点を挙げ、マラティヤシュポルを突き放す。

▽その後も試合を優位に進めたガラタサライは、2-0で勝利。リーグ5連勝を飾り、最終節を前に3年ぶり21回目の優勝に王手をかけた。

ガラタサライ 2-0 マラティヤシュポル
【ガラタサライ】
ベランダ(前1)
ゴミス(前12)
コメント
関連ニュース
thumb

シュツットガルト、パヴァール後釜としてガラタサライの逸材CB獲得!

シュツットガルトは17日、ガラタサライからU-18トルコ代表DFオザン・カバク(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年半となる。 なお、トルコ『Milliyet』によれば、カバクの移籍金は1100万ユーロ(約13億6000万円)程度になったようだ。 今冬の移籍市場でローマを始め多くのビッグクラブの関心を集めながらブンデスリーガで残留を争うシュツットガルト移籍を決めた18歳の逸材DFは新天地での意気込みを語っている。 「今回の移籍がうまくいったことを嬉しく思っているよ。新しいチームメートやクラブ、素晴らしいファン、メルセデス・ベンツ・アレーナでの素晴らしい雰囲気のホームゲームを楽しみにしているんだ。このシュツットガルトで長い間プレーし何かを成し遂げることが大きな目標だ」 一方、来夏のフランス代表DFバンジャマン・パヴァールのバイエルン行きが決定した中、その後釜確保に成功したシュツットガルトのミヒャエル・レシュケSDは、「ヨーロッパの多くのビッグクラブが関心を示した中でオザンが我々を選んでくれたことを嬉しく思う。彼は今季のガラタサライの重要なレギュラーであり、ヨーロッパで最も才能に溢れたディフェンダーの1人だ。彼は後半戦において我々の助けとなるはずだ」と、満足感を示している。 ガラタサライ下部組織出身のカバクは、足元の技術に加えて優れたカバーリングが武器のセンターバックだ。昨シーズンのトルコリーグ第33節のコンヤスポル戦でトップチームデビューを果たし、実質1年目となった今シーズンも公式戦17試合に出場していた。 また、U-18トルコ代表ではここまで11試合に出場し4ゴールを記録している。 2019.01.18 01:14 Fri
twitterfacebook
thumb

ガラタサライの長友佑都、航空会社『ターキッシュ エアラインズ』とスポンサー契約!

航空会社『ターキッシュ エアラインズ(Turkish Airlines)』は17日、ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都と1年間のスポンサー契約を2018年12月1日に締結したことを発表した。 長友は今後、2018年4月にスポンサー契約を結んだプロゴルファーの谷原秀人選手と共に、ターキッシュ エアラインズのアンバサダーとして活動していく。 1933年にトルコのフラッグキャリアとして設立されたターキッシュ エアラインズ。現在330機(乗客用と貨物用)を所有しており、世界124ヶ国306都市、国際線258路線、国内線51路線の広範囲なネットワークで世界一の就航国数を誇っている。 ターキッシュ エアラインズはこれまでにも、国際的なトーナメントやワールドクラスのチームのスポンサーとして支援をしてきた。サッカーでは、2010年にバルセロナ、マンチェスターユナイテッド、2016年にはヨーロッパリーグのスポンサーを務めた過去がある。 アンバサダーを務めることが決定した長友は、就任にあたって以下のようにコメントしている。 「このたびターキッシュ エアラインズ専属アンバサダーのお話をいただき大変嬉しく思っております。世界を転戦するときには移動が大切になりますが、世界一の就航国数および海外就航都市数を誇るターキッシュ エアラインズのサポートをいただけることを大変心強く思います」 また、ターキッシュ エアラインズ上席副社長のセダ・カリヨンジュ氏(コーポレートコミュニーケーション担当)は、以下のようにコメントしている。 「ターキッシュ エアラインズは、言語や文化の壁を越え、スポーツ、アートそしてエンターテインメントを通じて世界中の人々と交流を図っていきたいという思いから、さまざまな活動をスポンサーとして支援してまいりました。今年、プロゴルファーの谷原秀人選手に続き、サッカーのスター選手である長友選手を支援できることを大変喜ばしく思います。2019年は、ターキッシュ エアラインズが日本に就航を開始して30周年と節目の年でもあり、日本のお客様とさらなる関係を築きあげていきたいと思います」 2019.01.17 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

長友所属のガラタサライ、ブラジル人CBを獲得

ガラタサライは9日、ポルトガルのシャヴェスからブラジル人DFマルコン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 マルコンの愛称で知られるマルコス・ド・ナシメント・テイシェイラは185cmの左利きのセンターバック。母国のアヴァイ、アトレチコ・パラナエンセでのプレーを経て2017年にはポルトガルのリオ・アヴェにレンタル移籍。今季はシャヴェスでプレーし、プリメイラ・リーガで16試合に出場し2ゴールを記録していた。 2019.01.10 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

長友所属のガラタサライ、スパーズで構想外のジョレンテ獲得で個人間合意か?

▽トッテナムの元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)が今冬のガラタサライ移籍に向けて個人間での合意に至っているようだ。トルコからのレポートを『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ▽2017年夏の移籍市場最終日にスウォンジーから1500万ポンド(約21億円)でトッテナムに加入したジョレンテは、エースFWハリー・ケインのバックアッパーと空中戦のオプションとしての活躍が期待された。しかし、在籍1年半で公式戦40試合に出場し6ゴールと思うような結果を残せず。 ▽現在、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はケイン不在時にFWソン・フンミンやFWルーカス・モウラを代役に起用しており、同選手をパワープレー要員や優先度が低い国内カップ序盤戦におけるターンオーバー要員と考えているようだ。 ▽ジョレンテとトッテナムの契約は今季限りとなっているが、同選手は先日に古巣アスレティック・ビルバオを復帰を含め今冬、あるいは来夏の移籍の可能性を示唆していた。 ▽そして、現在ジョレンテに関心を寄せているのが、昨夏の元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスの退団以降、センターフォワードに問題を抱えているガラタサライだという。 ▽ガラタサライは今冬のジョレンテ獲得に向けてすでに個人間での合意を取り付け、トッテナムに対しても100万ユーロ(約1億2000万円)のオファーを準備しているようだ。 ▽現時点でトッテナムがガラタサライのオファーに応じるかは微妙なところだが、来夏フリーとなる構想外の選手に関して雀の涙ともいえる少額の移籍金と半年分のサラリーの節約を考慮する可能性はあるかもしれない。ただ、ジョレンテを放出するためにはまず後釜を確保する必要があるはずだ。 2019.12.31 05:17 Mon
twitterfacebook
thumb

DF長友佑都は国内組のコンディションに苦言「オフで仕方ない部分はあるけど…」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は29日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内で流通経済大学サッカー部との練習試合を実施した。 ▽試合終了後、DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)がメディア陣による取材に応対。国内組のコンディション調整に関して苦言を呈しつつも、代表への情熱を露わにした。 ◆DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ) 「(取材陣に対して)今日は一問だけですよ。本当に一問です。このプレッシャー(笑)」 ──では、合宿の総括を受けつつ展望を 「3日間でしたけどコミュニケーションを取れましたし、コンディションを上げる意味では良かったんじゃないかなと思います。海外組も含めて。国内組はもう少し頑張ってもらいたいというのはありますけど(笑)、長いことやっていたので。ただ、海外組の僕らは35分という良い時間のゲームができたので、コンディションという意味でも僕らは良かったですけどね」 「国内組はもう少し追い込んでもよかったのかなと。終わってから走ってたんですけど、誰も来なかったんで。寂しいなと(笑)」 ──プレーしていても国内外のバラつきは感じられたか 「もちろんオフだからしょうがない部分はあるんですけど、やっぱりボールの感覚とか身体のキレも含めてまだみんな戻ってないなという感じだったので。これからアジアカップに2日から行きますけど、そこから上げていかないと。海外組はコンディションの調整って意味でもそうだし、国内組はもっと上げていかないと。負荷のかかる練習をしないといけないかなと思います」 ──選手同士の話し合いの中で自身にも重要な役割が課せられるが 「(SNSなどで話題の)炎上隊長が悪い時に出てくるので(笑)。チームの状況が悪い時に出て行こうかなと思っているので。良い時に出て行っても面白みがなくて刺激が少ないんでね。ネガティブな部分も含めて原動力にしているので、それはチームの状況を含めて金髪にするかもしれないし、ピンク色にするかもしれないし(笑)。分からないですそれは。その時の状況に合わせて考えます」 ──コンディションとは別に、大会を通じてどういったところをチームとして向上させたいか 「コンディションを上げていくのは間違いないですけど、このアジアカップ独特の雰囲気と難しさというのは経験ある選手じゃないと分からないので。特に初戦から精神的にも『70、80%は勝てるだろ』っていう気持ちでいくと足元をすくわれるかなと。2011年の時に優勝しましたけど、本当にギリギリの戦いで上がっていって。そのギリギリの戦いの中でみんなが成長していって優勝したというのがありますけど、あの時も僕らその前まで凄くよくて、皆さんもおだててくれてたので凄く気持ちの良い状態でアジアカップに入りました。けど、結局足元をすくわれかけたので、あの経験とちょっと似てるなと思っているので。だから気を引き締めないと、ということを若手の経験していない選手に伝えたいと思います」 ──今回はトレーニングパートナーにかなりアドバイスしていたが、どのようなことを伝えていたか 「日本の未来を背負っているので。彼らがA代表に入っても貪欲に、『俺が中心』くらいのギラギラした奴がやっぱり出てきて欲しい。そういうメンタル的な部分もそうですし、まずはゴールに向かう怖さのある選手が増えないと。日本サッカーも変わっていかないとと思っていて。ゴールの意識があるから、そこに繋がっているからこそ動き出しを含めて全て変わっていくと思ってます。今日も(旗手)怜央にも凄く話していたんですけど、やっぱり日本のフォワードはゴールに向かうというのが足りない部分があって、そういう所も意識の部分で変えていかないとっていうところでアドバイスというか話をさせてもらいました」 ──かなり熱くなっていたが 「もう歳を重ねる毎にどんどん熱くなってくるので、溜まってるんですよ僕。情熱だけが、どんどんどんどんレベルが上がっていっているので。それを若手が聞いてくれるかも含めて、自分の思いはぶつけたいなと思います」 2018.12.30 21:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース