痛恨の敗戦…「選手たちは打ちのめされている」とスパレッティ2018.05.13 10:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは12日、セリエA第37節でサッスオーロに敗れた。痛恨の敗戦のあと、ルチアーノ・スパレッティ監督が『プレミアム・スポルト』にコメントを残している。▽セリエAで5位のインテルは、4位ラツィオと勝ち点2差という状況。この差を維持して最終節に持ち込めばラツィオとの直接対決となるため、自力でチャンピオンズリーグ出場権を得ることが可能だった。しかし、この敗戦で一気に厳しくなっている。

▽スパレッティ監督は試合後、「ローカールームの選手たちは打ちのめされている。選手たちは出し切った。頭がうまく働かなかったが、足はやり切った」と語り、チームの努力は認めている。

▽その一方で、「自分たちのミスで生まれた結果だ。ベラルディにはうまく対応できなかった」と、勝つために十分でなかったことも認めた。

▽いずれにしても、チャンピオンズリーグ出場権は遠くなった。試合後の会見では「この結果は重い」とスパレッティ監督。それでも、「チームのことを誇りに思う」と続け、選手を責めるつもりはない。

▽ラツィオは13日、クロトーネと対戦する。インテルにツキは残っているだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、ロシアW杯ファイナリストの両獲りをリクエストか

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がロシア・ワールドカップ(W杯)ファイナリストの2選手の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でセンターバックと共に最優先補強ポジションとして両ウイングを挙げていたモウリーニョ監督。だが、クラブ側はいずれの候補にも振られてしまい、補強選手ゼロに終わった。 ▽現在、自身の進退問題が盛んに叫ばれるなど厳しい立場に立たされたポルトガル人指揮官は後半戦での巻き返しに向けて両ウイングの獲得を改めてクラブ側にリクエストしたようだ。 ▽そして、モウリーニョ監督が獲得候補に挙げているのが、今夏に獲得を逃したインテルFWイバン・ペリシッチ(29)と、フランクフルトFWアンテ・レビッチ(25)のクロアチア代表の両ウイングだという。 ▽ただ、両選手の獲得費用は合わせて8800万ポンド(約130億円)前後が見込まれており、シーズン途中という難しさと相まってタフなオペレーションになりそうだ。 2018.10.14 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルSD、イカルディへのオファーをけん制?「選手も協力的」と契約延長を示唆

インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた。主将でエースのFWマウロ・イカルディとの契約延長を検討していることを明らかにしたほか、インテルの展望についても語った。<br><br>昨シーズン、ラツィオのFWチーロ・インモービレとともにセリエA得点王の座に輝いたイカルディには、これまでもヨーロッパの複数のビッグクラブが獲得に関心を示してきた。冬の移籍市場に向けて、マンチェスター・ユナイテッドが25歳FWに熱視線を送っているとの情報も報じられたが、インテルSDは契約更新の可能性を示唆し、オファーをけん制した。<br><br>「我々としては、契約を更新し、条件を調整したいと考えている。向こう(イカルディ)側も協力的だ。だが契約は3年間あるので急ぐ必要はない。数日間で決めることもできるし、数カ月かけて決めることもできる。問題ではない」<br><br>またアウジリオSDは、インテルの目標がチャンピオンズリーグ(CL)において16強に進出することであると明かした。<br><br>「以前の目標はCL出場権の獲得だったが達成できた。CLで16強にたどり着くためにあらゆる手を尽くすつもりだ。(指揮官ルチアーノ・スパレッティへの)プレゼントは、3月時点でもこの重要な大会において勝ち残っていることだろう。いずれにせよ監督はプレゼントを必要としていない。我々は強いチームであることを認識している。(21日のミラノ)ダービーでもそれを証明したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.13 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ユムティティに続きヴェルメーレンも離脱か…バルサ、ビッグマッチ連戦前に不安要素

▽バルセロナのベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが、またしても離脱する可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ベルギー代表は12日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節のスイス代表戦に臨み、2-1で勝利。しかし、センターバックとして先発出場していたヴェルメーレンがパスをしたことにより負傷し、73分にDFボヤタとの交代を強いられ、真っすぐにロッカールームへ向かった。 ▽『マルカ』によると、負傷の程度を測る検査はまだされていないものの、数試合を欠場する可能性がある模様。ヴェルメーレンは過去にも負傷を繰り返しており、2014年夏に入団したバルセロナでは確認されている限り11度の離脱を経験している。 ▽また、バルセロナではDFユムティティもケガの治療に専念しており、もしヴェルメーレンが離脱となればセンターバックはDFラングレとDFピケのみの状態に。20日のリーガエスパニョーラ第9節セビージャ戦、24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節インテル戦、そして28日のリーガ第10節レアル・マドリー戦に向け、不安要素を抱えることとなった。 2018.10.13 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディにとってのインテル…「成長させてくれたクラブ」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)がクラブに感謝した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2013年夏にサンプドリアからインテルに加入したイカルディ。そのインテルに加入して以降、公式通算190試合112得点25アシストの成績を誇り、2度のセリエA得点王に輝くなど指折りのストライカーとして世界に名を轟かせている。 ▽さらに、2015年からインテルでキャプテンマークを受け継ぎ、精神的支柱としてもチームを引っ張るイカルディは、クラブ公式チャンネルで次のようにコメント。インテル、そしてクラブが拠点とするミラノの街に謝意の気持ちを示した。 「インテルは僕にたくさんのことを与えてくれたクラブだ。20歳でやってきた僕をフットボーラーとしてだけでなく、人としても成長をさせてくれた。インテルとミラノの街に感謝しかないよ」 ▽なお、そのイカルディとインテルの現行契約は2021年まで。長らく延長交渉の可能性が取り沙汰されているが、いまだ合意に至っておらず、今後の動向に注目が集まっている。 2018.10.12 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ワトフォード守備強化へ!ムサッキオとラノッキアに興味

▽ワトフォードが、ミランのアルゼンチン代表DFマッテオ・パブロ・ムサッキオ(28)と、インテルの元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(30)の獲得を検討しているようだ。イタリア『FCInterNews』をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンは開幕4連勝と好調スタートダッシュをきったワトフォードだったが、以降1分3敗と失速してきている。今回伝えられるところによると、公式戦ここ3試合で8失点の守備の強化を図るべく、10月21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーにスカウトを送り込むという。 ▽16歳の時にアルゼンチンの名門リーベル・プレートでプロデビューを飾ったムサッキオは、ビジャレアルを経て2017年夏にミランに加入。しかし、イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリと同代表DFレオナルド・ボヌッチ(現ユベントス)の牙城を崩すことができずセリエA15試合出場に留まった。しかし、今シーズンはボヌッチがユベントスに移籍するとスタメンに定着し、今シーズンはリーグ戦全8試合にフル出場している。 ▽ラノッキアは2011年冬にインテルに入り。加入直後から主力に定着するも、翌シーズンは度重なるケガで先発出場はリーグ戦12試合のみになっていた。キャプテンを任された2014-15シーズンや、15-16シーズンは不安定にプレーが続き、さらにブラジル代表DFミランダとコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ加入の影響もあり出場機会は激減。再起を求めてサンプドリアやハル・シティにレンタルするが鳴かず飛ばず。2017年にインテル復帰も今シーズンはいまだ出場機会を得られていない。 ▽なお、ワトフォードのオーナーであるポッツォ・ファミリーはウディネーゼも所有しており、イタリアでの移籍市場に精通しているようだ。 2018.10.11 18:02 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース