リヨンが土壇場被弾で3位後退…劇的PK弾で競り勝ったモナコが2位浮上《リーグ・アン》2018.05.13 06:13 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ・アン第37節、ストラスブールvsリヨンが12日に行われ、ホームのストラスブールが3-2で勝利した。

▽残り2試合となったリーグ・アンで3位モナコ(勝ち点74)と4位マルセイユ(勝ち点73)と、三つ巴のトップ3争いを繰り広げる2位リヨン(勝ち点75)。前日の試合でマルセイユがドローに終わったことで今節の勝利によって3位以内が確定するリヨンは残留を争う17位ストラスブールのホームに乗り込んだ。

▽試合は立ち上がりからリヨンが押し込む展開が続くが、デパイやトラオレら前線のアタッカーがアタッキングサードでのプレー精度を欠き、先制点を奪えない。すると22分、自陣ボックス付近でトラップミスを犯したディアカビがバオケンにボールをかっさらわれてGKとの一対一に持ち込まれ、先制点を許した。

▽結局、1点のリードを得て引いたホームチームを崩せずに前半を終えたリヨンだが、後半立ち上がりに追いつく。50分、ボックス内で仕掛けたフェキルが相手DFに倒されてPK獲得。これをフェキル自ら冷静に決め切った。

▽早い時間帯の同点ゴールで息を吹き返したリヨンは攻勢を仕掛け続けると、73分にはデパイとのパス交換で中央をこじ開けたアワールのミドルシュートで逆転に成功した。

▽これで勝利に大きく近づいたリヨンは選手交代を行いながら試合を締めに掛かる。だが、残留に向けて勝ち点3がほしいホームチームの反撃に晒されると、89分に右サイドからのクロスをダ・コスタに頭で決められて土壇場で追いつかれる。さらに、後半アディショナルタイム4分にはボックス手前左で与えたFKをキッカーのライナールに見事な左足のシュートでゴール右上隅に突き刺され、まさかの逆転ゴールまで献上。格下相手に痛恨の敗戦を喫したリヨンはCLストレートインの2位から陥落すると共に、最終節の結果次第でCL出場権を逃がす可能性も出てきた。

▽また、同日行われたモナコvsサンテンチェンヌは、ホームのモナコが1-0で勝利した。

▽それぞれ、CLとEL出場権獲得を目指す上位対決は立ち上がりから拮抗した展開に。互いになかなか決定機を作れぬまま試合は終盤へと突入する。だが、ゴールレスドロー目前の後半アディショナルタイムにモナコがPKを獲得すると、これをキッカーのファビーニョが冷静に決め、土壇場で1-0の劇的勝利を掴んだ。この結果、マルセイユとリヨンの躓きを生かしたモナコが2位で最終節を迎えることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

CL&プレミア両獲りの為に! リバプールがフェキル獲得へ!

▽リヨン退団が濃厚とみられているフランス代表FWナビル・フェキル(24)の新天地は、やはりリバプールになりそうだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽リヨンの下部組織出身のフェキルは2013年にトップチームデビュー。卓越した左足のテクニック、溢れる攻撃センスを武器に2列目を主戦場にリヨンの攻撃陣をけん引してきた。“フランスのメッシ"と評される逸材は、今シーズンの公式戦37試合に出場し22ゴール7アシストを記録している。 ▽移籍市場で最も人気を集める選手の1人であることは疑いようがなく、『デイリー・メール』によると昨年10月にはマンチェスター・シティのディレクターを務めるチキ・ベギリシュタイン氏とアシスタントコーチのミケル・アルテタ氏が視察する姿も目撃されたという。 ▽そういった中、以前からフェキルへの興味が取り沙汰されていたリバプールが、獲得に本腰を入れているとのこと。今月初週に流れた合意報道に関しては、同クラブのユルゲン・クロップ監督が「我々が試合中に移籍を成立させたって? それには、驚きしかないね」と茶化す形で否定したが、その後にプレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)と戦う上では戦力に余裕を持たせるべきだという考えに至ったと伝えられている。 ▽なお、移籍金は6000万ポンド(約87億6000万円)になると伝えられており、これは昨年の夏にリヨンからアーセナルに移籍したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの総額5200万ポンド(現在のレートで約75億8000万円)を超えるリヨン史上最高額となる。 2018.05.25 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希のリヨン、史上初の3年連続欧州女王に!《女子CL》

▽なでしこジャパンのDF熊谷紗希が前人未到の女子チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献した。 ▽熊谷擁するリヨンは、24日にキエフで行われた決勝でヴォルフスブルクと対戦。熊谷は守備的MFとして先発し、延長前半5分までプレーした。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防が続き、ゴールレスのまま延長戦に。リヨンはその延長前半3分に一瞬の隙を突かれ、リードを許してしまう。 ▽だが、同5分にはヴォルフスブルクに退場者が出て、リヨンが数的優位に。すると、同8分から5分間で3ゴールを挙げ、一気に流れを引き寄せる。 ▽結局、延長後半1分にダメ押しゴールが生まれたリヨンが4-1で勝利。史上初の3連覇を成し遂げ、5度目のヨーロッパ女王の座に輝いている。 2018.05.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【2017-18リーグ・アンベストイレブン】PSGから最多4選手を選出

▽2017-18シーズンのリーグ・アンが終了しました。そこで本稿では今季のリーグ・アンベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆リーグ・アンベストイレブン GK:ルコント DF:チアゴ・シウバ、グスタボ、F・メンディ MF:デュボワ、ラビオ、フェキル、デパイ FW:トヴァン、カバーニ、ネイマール GK バンジャマン・ルコント(27歳/モンペリエ) 出場試合数:38(先発:38)/出場時間:3420分 失点数:33<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リーグ3位の堅守を支えた驚異のショットストッパー。今季ディジョンから加入すると、卓越したショットストップ、的確なポジショニング、コーチングで守備陣を見事に統率した。デル=ザカリアン新監督の下、守備的な[5-3-2]の機能性も高かったが、昨季66失点のチームが失点数を半減させた最大の要因は間違いなくルコントの存在だった。 DF チアゴ・シウバ(33歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:25(先発:24)/出場時間:2115分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽抜群の安定感で覇権奪還の立役者に。今季、ネイマールとムバッペの加入で破壊力を増した攻撃陣の躍動ぶりが印象的だったPSGだが、唯一の20失点代をキープした守備陣の奮闘も見逃せない。とりわけ、安定感を欠く守護神、両サイドバックまで攻撃的なアンバランスな布陣の中でセンターバックにかかる負担は大きく、マルキーニョス、キンペンベとの3人体制の中で見事に守備を統率し続けたキャプテンの働きぶりは称賛に値する。 DF ルイス・グスタボ(30歳/マルセイユ) 出場試合数:34(先発:34)/出場時間:3018分 得点数:5<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マルセイユ陰のMVP。今季ヴォルフスブルクから加入したブラジル人MFはシーズン序盤に守備的MF、後半戦はセンターバックの負傷者続出に伴い、センターバックの主軸として獅子奮迅の活躍を見せた。強靭なフィジカルに加え、豊富な経験に裏打ちされた巧みな守備で再三のピンチを凌げば、攻撃では左足の正確なパスや局面を変える持ち出し、強烈なミドルシュートで存在感を放った。 DF フェルラン・メンディ(22歳/リヨン) 出場試合数:27(先発:24)/出場時間:2121分 得点数:0<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽リヨンのアタッキングフットボールをけん引した攻撃的左サイドバック。昨季、リーグ・ドゥのル・アーヴルでの活躍をキッカケに名門リヨンに加入したメンディはリーグ・アン初挑戦とは思えない活躍を披露。守備面では時折集中を欠くなど課題は少なくないが、圧巻のスピードとドリブルテクニックを生かした突破力と5アシストを記録した攻撃性能はその欠点を補って余りあるものだった。稀少価値の高い左利きのサイドバックだけに今後のフランス代表入りと、ビッグクラブ移籍が予想される。 MF レオ・デュボワ(23歳/ナント) 出場試合数:34(先発:34)/出場時間:3020分 得点数:3 ▽新進気鋭の右サイドバックの大器。現在、ナント生え抜きの23歳はトップデビュー2年目からポジションを獲得すると、今季は智将ラニエリ監督の下でキャプテンとしてチームをけん引した。堅実な守備と豊富な運動量に加え、果敢なオーバーラップと正確なクロスと総合力の高い右サイドバックは今季3ゴール4アシストを記録。すでに来シーズンのリヨン加入が決定しており、モナコDFシディベ以外に有力な選手のいないフランス代表の右サイドバックのポジション争いにも割って入るはずだ。 MF アドリアン・ラビオ(23歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:33(先発:27)/出場時間:2364分 得点数:1<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽優勝チームの中盤を支えた若き司令塔。今季はヴェッラッティとモッタという2人の相棒たちがやや調子を落とした中、シーズンを通して波が少ない安定したプレーで中盤の主軸を担い続けた。球際や前線への飛び出しといった持ち味に加え、球離れの良いシンプルなパスワークで強力な攻撃陣を見事に操った。 MF ナビル・フェキル(24歳/リヨン) 出場試合数:30(先発:28)/出場時間:2477分 得点数:18(PK3)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽CL出場権を置き土産に更なるステップアップへ。ラカゼット(現アーセナル)、トリッソ(現バイエルン)と下部組織で共に育った主力がクラブを去った今季は両選手に代わる新たなリーダーとしてチームをけん引。2列目を主戦場に魔法の左足を駆使したチャンスメークで個性派の助っ人アタッカー3人を見事に生かし、自身もキャリアハイの18ゴールとエースに相応しい活躍を見せた。なお、今季限りでの退団が決定的となっており、来季は前述の2選手に倣うように国外のビッグクラブ入りが濃厚だ。 MF メンフィス・デパイ(24歳/リヨン) 出場試合数:36(先発:28)/出場時間:2555分 得点数:19(PK2)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽不遇をかこったマンチェスター・ユナイテッド時代を払拭する完全復活のシーズンに。ユナイテッドで失格の烙印を押されて昨冬失意の中でリヨンに加入した24歳のオランダ代表FWだが、半年間の順応期間を経た今季は序盤から爆発。マリアーノ、トラオレ、フェキルという同世代の新進気鋭のアタッカーと共に欧州屈指のアタッキングユニットを結成。左ウイングと2トップの一角で持ち味の鋭い仕掛けやパワフルなミドルシュート、正確なプレースキックで抜群の存在感を発揮し、19ゴール9アシストを記録。さらに、マルセイユとの直接対決での劇的決勝点や最終節でのハットトリックとチームのCL出場権獲得に貢献した勝負強さも見事だった。 FW フロリアン・トヴァン(25歳/マルセイユ) 出場試合数:35(先発:35)/出場時間:2949分 得点数:22(PK3)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽完全覚醒したマルセイユの絶対的エース。今季22ゴール11アシストと圧巻のスタッツを叩き出した25歳のフランス代表FWは押しも押されもしないベロドロームのアイドルだ。傑出した左足の技術と相手の逆を突く巧みな仕掛けを武器に右サイドから相手の守備を切り裂けば、オフ・ザ・ボールの局面でも質の高い動き出しをみせゴール前に飛び出してのワンタッチシュートなど、掴みどころのない万能アタッカーに成長した。上位陣相手のパフォーマンスに課題を残すものの、間違いなくワールドクラスに手が届く位置にいるはずだ。 FW エディンソン・カバーニ(31歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:32(先発:30)/出場時間:2581分 得点数:28(PK3)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季リーグ・アンの最優秀選手。ムバッペ、ネイマールと共に超強力トリデンテの“MCN"を形成し、2年連続得点王を獲得した。今季も豊富な運動量や質の高いオフ・ザ・ボールの動き、決定力を武器にゴールを量産。後半戦はネイマール不在の中でマークが厳しくなるも、要所できっちり仕事を果たした。 FW ネイマール(26歳/パリ・サンジェルマン) 出場試合数:20(先発:20)/出場時間:1796分 得点数:19(PK4)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_103_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽後半戦欠場も新天地フランスで格の違いを見せつけた。今夏、バルセロナから移籍市場最高額で電撃移籍を果たしたメガクラックは、序盤からゴールとアシストを量産し、その高額な移籍金に相応しい活躍を披露。2月末に負った負傷の影響で後半戦を棒に振ったものの、リーグ3位タイの19得点、リーグトップタイの13アシストの圧倒的な数字でフランス・プロサッカー選手協会(UNFP)の年間MVPを受賞した。ただ、今夏にはレアル・マドリー移籍の噂が盛んに伝えられており、来季の去就に注目が集まるところだ。 2018.05.24 21:31 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユ、ホーム最終戦を白星で飾るも来季CL出場権を逃す…リヨンがデパイのハットトリックで3位を死守!!《リーグ・アン》

▽19日にリーグ・アン最終節の10試合がフランス各地で行われた。 ▽日本代表DF酒井宏樹の所属する4位のマルセイユ(勝ち点74)は、本拠地ベロドロームで12位アミアン(勝ち点45)と対戦し、2-1で勝利した。酒井はフル出場した。 ▽ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)決勝でアトレティコ・マドリーと対戦したマルセイユは、その試合からスタメンを6人変更。アトレティコ戦で負傷したパイエやジェルマン、アンギッサらに代えてミトログルやマキシム・ロペス、酒井宏樹らがスタメンに名を連ねた。 ▽奇跡のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を狙うマルセイユは、10分に先制する。バイタルエリア中央でボールを拾ったブバカル・カマラのパスをボックス内で受けた山村が右足のシュートをゴール右に突き刺した。 ▽幸先よく先制したマルセイユは、18分にもトヴァンの右クロスをオカンポスがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球をミトログルが押し込んで追加点を奪った。その後、30分にコナテのゴールで1点を返されるも2-1で前半を終える。 ▽後半も立ち上がりから攻勢に出るマルセイユは、55分にオカンポスがモンコンデューに後方からふくらはぎを踏みつけられ倒されると、主審がこの危険行為にレッドカードを提示した。 ▽数的有利となったマルセイユは、その後もアミアンを圧倒したが最後まで追加点は奪えず。試合はそのまま2-1で終了。マルセイユがホーム最終戦を白星で飾った。 ▽また、マルセイユと来季のCL出場を争う3位のリヨン(勝ち点75)は、ホームで6位ニース(勝ち点54)と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合が動いたのは18分、センターサークル付近でパスを受けたバロテッリが前線のスペースにロングボール供給。これに反応したプレアが、ボックス内からダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 ▽1点ビハインドで後半を迎えたリヨンだが、49分に待望の同点弾が生まれる。左サイドからの折り返しをペナルティアーク付近で受けたデパイが素早くボックス内のフェキルにつけると、反転したフェキルがゴール左に持ち上がりクロス。これをゴール前に走り込んだデパイが右足で流し込んだ。 ▽後半開始早々の同点弾で主導権を握ったリヨンは、66分に勝ち越す。ボックス手前でトラオレが倒されFKを獲得すると、デパイの直接FKがゴール左隅に突き刺さった。さらに87分にもトラオレのパスからボックス左に侵入したデパイが、飛び出したGKの上を越すチップキックで流し込み、ハットトリックを達成。 ▽直後の89分にプレアのゴールで1点を返されたリヨンだったが、試合はそのまま3-2で終了。デパイのハットトリックで逆転勝利リヨンが3位をキープし、来季のCL出場権を獲得した。 ▽そのほかの試合では、逆転での昇格降格プレーオフを狙う19位トロワ(勝ち点)が、2位のモナコ(勝ち点77)と対戦し、0-3で敗戦した。 ▽トロワは、22分にロニー・ロペスのゴールでモナコに先制を許すと、71分にもR・ロペスにゴールネットを揺らされ2失点。試合終了間際には、途中出場のジョルディ・ムブラにもゴールを許し、0-3で完敗。この結果、トロワのシーズン19位が決定し、来季の2部降格が決まった。 ◆リーグ・アン第38節 結果 ▽5/19(土) トロワ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 モナコ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">トゥールーズ 2</span>-1 ギャンガン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンテチェンヌ 5</span>-0 リール レンヌ 1-1 モンペリエ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ナント 1</span>-0 ストラスブール メス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ボルドー</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">マルセイユ 2</span>-1 アミアン <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">リヨン 3</span>-2 ニース <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ディジョン 2</span>-1 アンジェ カーン 0-0 パリ・サンジェルマン 2018.05.20 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップ「試合中にフェキルを獲得した? びっくり」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がクラブを取り巻く選手獲得の噂を茶化した。イギリスの地元紙『リバプール・エコー』が報じている。 ▽フランス『レキップ』など複数メディアは先日、リバプールがリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(24)の獲得で合意したと報道。さらに、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)に対する関心も取り沙汰されている。 ▽しかし、クロップ監督にとって、寝耳に水の話なのかもしれない。6日に行われたプレミアリーグ第37節のチェルシー戦(0-1でリバプールが敗戦)後、出席した会見で噂について問われると、次のようにコメントしたという。 「我々が試合中に移籍を成立させたって? それには、驚きしかないね。ノーコメントだ」 「2人目の名前は誰だったかな。デンベレだっけ? そうだな、彼は市場に出てるのか? それは興味深いね」 「私から移籍の噂についてコメントすることはない」 2018.05.07 16:35 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース