ベイル&イスコのゴラッソでマドリーが圧巻のゴールショー! ホーム最終戦を6-0の大勝で飾る《リーガエスパニョーラ》2018.05.13 05:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第37節、レアル・マドリーvsセルタが12日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが6-0で圧勝した。

▽ミッドウィークに行われたセビージャ戦を2-3で落とした3位マドリーが、12位セルタを迎えた今季ホーム最終戦。今月26日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦を控えるマドリーは、セビージャ戦から先発7人を変更。招集外のクリスティアーノ・ロナウド、セルヒオ・ラモス、カルバハルを除く主力を復帰させ、前線はイスコ、ベイル、ベンゼマのトリオとなった。

▽今季最後のホームゲームで気迫を見せるマドリーが序盤からセルタに牙を剥く。13分、GKケイロル・ナバスのフィードを中央で収めたモドリッチが絶妙なスルーパスを右サイドのベイルに通すと、カットインしたベイルが冷静にGKとの一対一を制した。

▽ベイルのリーガ3試合連続ゴールで先制に成功したマドリーは直後の17分にあわやPK、同点ゴールという場面を招くが、ここはノーファウルの判定とヴァスのゴールがオフサイドの判定で取り消しとなり、事なきを得る。

▽すると、ここから一気に攻勢を強めていく。30分、自陣中央のイスコから絶妙なフィードが右サイドのスペースに走り込むベイルに通ると、ウェールズ代表MFはボックス手前右から見事な切り返しでDFを振り切って中に切り込むと、角度のないところから強烈な左足のシュートをファーポストに突き刺すゴラッソでドブレテを達成。

▽さらに、直後の32分には高い位置でのボール奪取からボックス手前左でクロースからパスを受けたイスコが中央に切り込みながらの見事な右足のコントロールシュートをファーポストに流し込み、こちらもゴラッソで復帰戦を自らのゴールで祝った。

▽前半の3ゴールで試合を決めたマドリーだが、後半も積極的にゴールを目指す。52分、ベンゼマのスルーパスに抜け出したアクラフ・ハキミがゴール右から冷静に流し込み、後半最初のゴールを決めた。

▽この4点目で完全に乗ったマドリーはその後もハットトリックを狙うベイル、ベンゼマらが果敢な仕掛けから5点目に迫る。その一方で、CL決勝に向けてコンディション調整を優先したいジダン監督は64分にイスコ、ベンゼマを下げてアセンシオ、マジョラルを同時投入。さらに、71分には殊勲のベイルに代えてルーカス・バスケスをピッチに送り出した。

▽その後、74分にアセンシオのクロスから相手のオウンゴールを誘いマニータを達成したマドリーは81分、右サイドに抜け出したモドリッチからの折り返しをゴール前のマジョラルが収めてファーのクロースに流すと、ドイツ代表MFがこの日のゴールショーを締めくくる6点目を流し込んだ。

▽そして、苦しんだ今季のリーガを払拭する6-0の圧勝でホーム最終戦を飾ったマドリーは、敵地でビジャレアルとのリーガ最終節を戦った後、今季最大のビッグマッチであるCLファイナルに挑む。

コメント

関連ニュース

thumb

最終候補はC・ロナウド、モドリッチ、サラー! UEFA欧州最優秀選手賞最終候補発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、2017-18シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞最終候補3名を発表した。 ▽昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグに参加したクラブの監督、コーチら80名とヨーロッパ各国のジャーナリスト55名によって選ばれる同賞。 ▽最終候補3名には今夏レアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが選出された。 ▽同賞を歴代最多の3度受賞しているC・ロナウドは、昨季のCLでレアル・マドリーでの3連覇に貢献。さらに、昨季CLでは15ゴールを記録し6年連続得点王という偉業を成し遂げていた。 ▽一方、そのC・ロナウドのマドリーの元同僚であるモドリッチは同じくCL3連覇に大きく貢献。さらにクロアチア代表のキャプテンとして臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)では、同国史上最高位の準優勝に貢献し、自身も大会最優秀選手にあたるゴールデンボールを受賞していた。 ▽また、昨夏リバプールに加入したサラーはプレミアリーグで得点王となる32ゴールを記録するなど、昨シーズンの公式戦52試合で44ゴールを挙げる圧巻の活躍を披露。チームのリーグ4位フィニッシュに加え、CL準優勝に大きく貢献していた。 ▽なお、同日に発表された女子のUEFA欧州最優秀選手賞最終候補3名はヴォルフスブルクのデンマーク代表FWペルニール・ハーダー、リヨンのノルウェー代表FWアーダ・ヘーゲルベリ、リヨンのフランス代表MFアマンディーヌ・アンリが選出された。 ▽男女のUEFA欧州最優秀選手賞は8月30日にスイスのニヨンで行われるCLグループステージ抽選会の場で発表される。また、今回発表された男子のUEFA欧州最優秀選手賞の4位から10位までのランキングは以下の通り。 ◆2017-18シーズン、UEFA欧州最優秀選手賞最終候補 -.FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー&ユベントス/ポルトガル) -.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) -.FWモハメド・サラー(リバプール/エジプト) 4.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス) 72pt 5.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) 55pt 6.FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス) 43pt 7.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) 28pt 8.DFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/フランス) 23pt 9.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー) 15pt 10.DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン) 12pt 2018.08.20 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア会長、ロドリゴのマドリー移籍許容? 「解除条項が設定されている」

▽バレンシアのトップが、スペイン代表FWロドリゴ・モレノ(27)を取り巻くレアル・マドリー移籍の噂について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が、ラジオ『Tribuna Deportivo』での発言を報じている。 ▽セルタのユース出身のロドリゴは、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した後、ベンフィカ、ボルトンを経て2015年7月にバレンシアに完全移籍。昨シーズンには44試合19ゴール7アシストを記録するなど、エースとしての役割を果たしている。 ▽バレンシアの中でも特に重要な選手と考えられているが、今夏マドリー移籍の噂が浮上。FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したマドリーは、スコアラーの獲得を目指しており、ロドリゴに白羽の矢が立った形だ。 ▽これまで、バレンシアのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、「契約解除条項が支払われれば仕方ないが、あまり心配はしていない」と語るなど、どっちつかずの不透明な状況が続いている。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、バレンシアのアニル・マーシー会長は『Tribuna Deportivo』で以下のようにコメントしている。 「(フレン・)ロペテギがロドリゴを熟知しているということは、誰もが分かっている。だが、マドリーで何が起こるか私たちには分からない」 「私が知っているのは3つのことだけだ。ロドリゴが高い価値を持った非常に重要な選手であること、本人がここで私たちとのプレーを望んでいること、そして彼に1億2000万ユーロ(約152億円)の解除条項が設定されていることだ」 ▽今シーズンからマドリーで指揮をするフレン・ロペテギ新監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)直前までスペイン代表監督を務めていた。W杯本大会にはロドリゴを招集しており、高く評価していることが知られている。 ▽会長までもが“契約解除条項が支払われれば移籍を許容する”という趣旨にとれる言葉を発したが、8月末までの移籍市場閉幕までに動きはあるのだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季苦心のセバージョスが飛躍を誓う! 「チャンスは努力の上に」

▽レアル・マドリーのスペイン人MFダニ・セバージョスが、さらなる飛躍を志している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽マドリーは19日、リーガエスパニョーラ開幕節で日本代表MF柴崎岳がフル出場したヘタフェと対戦し、2-0で完勝。先発したセバージョスは71分にMFルカ・モドリッチとの交代で退いたが、それまで攻守に渡って印象的なプレーを披露していた。試合後のインタビューで、セバージョスは以下のように語っている。 「ジダンに文句はない。彼は僕をより成熟させてくれたんだ」 「1年間もほとんどプレーしていないのに、自信を持つのは難しかった」 「このチャンスは自らの努力の上にある」 「僕はとても幸せだし、慢心はできない」 ▽ベティスの下部組織出身であるセバージョスは、昨年6月にU-21欧州選手権でU-21スペイン代表として大会MVPに選出され、直後にマドリーに入団。しかし、加入初年度の昨シーズンは、ジネディーヌ・ジダン前監督から終始バックアッパーとしての扱いを受け、公式戦21試合(829分)の出場に留まった。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)直前までスペイン代表を指揮していたフレン・ロペテギ新監督の下、22歳で迎える今シーズン。その大きなポテンシャルを、サンティアゴ・ベルナベウで開花させることはできるのだろうか。 2018.08.20 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

CR7退団影響か…レアル・マドリーのホーム開幕戦観客数が昨季から2万人減

▽レアル・マドリーは、19日に本拠地サンティアゴ・ベルナベウでリーガエスパニョーラ開幕節のヘタフェ戦に臨み、2-0の白星スタートを切った。だが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍したからか、ホーム観客動員数が芳しくなかったようだ。 ▽スペイン『アス』によれば、今回のホーム開幕戦における観客者数は、4万8446人。これは、C・ロナウドの加入直前となる2008-09シーズンのリーガエスパニョーラ本拠地最終戦のマジョルカ戦で記録した4万4270人に次ぐ少なさだという。 ▽昨シーズンのホーム開幕戦の観客者数は、6万5107人。6万6847人の平均値を計上した昨シーズンの最低は5万5106人であり、今シーズンはそれをさらに下回ったことになる。なお、試合前日の時点で6900枚もチケットに余りがあったとのことだ。 2018.08.20 08:50 Mon
twitterfacebook
thumb

新エースのベイル躍動のマドリーが柴崎フル出場のヘタフェに快勝! ダービー勝利でロペテギのリーガ初陣飾る《リーガエスパニョーラ》

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、レアル・マドリーvsヘタフェが19日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-0で快勝した。ヘタフェのMF柴崎岳は先発フル出場した。 ▽昨季、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に輝いたリーガ3位のマドリーはジダン監督、クリスティアーノ・ロナウドが退団し変革のシーズンに臨む。前スペイン代表監督のロペテギ新監督の初陣となったアトレティコ・マドリーとのUEFAスーパーカップでは延長戦の末に2-4で敗れ、いきなり出鼻を挫かれた。必勝が求められるベルナベウでのリーガ開幕戦に向けてはアトレティコ戦から先発2人を変更。ヴァラン、カゼミロに代えてナチョとダニ・セバージョスを起用し、注目の新戦力クルトワとヴィニシウスはモドリッチらと共にベンチスタートとなった。 ▽一方、昨季昇格組ながら8位と躍進したヘタフェは今夏の去就が注目される柴崎が[4-1-4-1の]左インテリオールで開幕スタメン入り。また、新守護神ソリアやN・マクシモビッチの新戦力が早速デビューを果たした。 ▽注目のマドリード自治州ダービーは戦前の予想通り、ホームのマドリーがボールを保持する展開に。開始4分にはイスコのパスに抜け出したベイルが挨拶代わりの強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、その前にオフサイドの判定となる。その直後の6分には中盤でパスを引き出した柴崎が巧みなタッチでDFをかわして中央を豪快に持ち上がり併走するアマトにパス。だが、アマトは相手DFに止められる。 ▽その後はややこう着した時間が続く中で16分にはマルセロのクロスにベイルがダイビングヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩く。だが、20分には左サイド深くでベイルが入れたクロスに対してGKソリアのパンチングがやや短くなると、これをカルバハルがループ気味のヘディングで合わせると、GKとゴール前のDFの頭上を越えたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽この先制点をキッカケにより余裕を持った試合運びを見せるマドリーはアセンシオやベンゼマが流れの中から、セルヒオ・ラモスがセットプレーの流れから追加点に迫っていく。一方、前半のうちに追いつきたいヘタフェだが、なかなか良い形でボールを奪えず。柴崎が時折鋭い縦パスを前線に送るもののフィニッシュまで持ち込むことができなかった。 ▽ホームチームの1点リードで折り返した試合は早い時間帯にスコアが動く。51分、最終ラインでのパス回しに猛然とプレッシャーをかけたアセンシオがDFジェネからボールを奪い左サイドの深い位置までボールを運ぶ。そして、グラウンダーの鋭いクロスを入れると、ファーで反応したベイルが左足でニアサイドに蹴り込んだ。 ▽ヘタフェキラーのベイルのゴールで早々に追加点を奪ったマドリーは直後にアセンシオが左ポスト直撃のシュートを放つなど、さらに勢い付いていく。一方、58分にはイスコを下げてカゼミロをピッチに送り出し、中盤のリスク管理も怠らない。 ▽対して厳しい2点ビハインドを負ったヘタフェは58分にアマトを下げてハイメ・マタ、64分にはポルティージョに代えてアレホと2人の攻撃的な新戦力を投入し、何とかゴールを奪おうと策を講じる。この交代で少し攻撃に勢いが出てきたヘタフェだが、最後の精度を欠き決定機に持ち込むまでには至らず ▽後半半ばから終盤にかけても危なげない試合運びを見せるマドリーはダニ・セバージョスを下げて今夏去就問題に揺れた10番モドリッチを、殊勲のベイルに代えてルーカス・バスケスを続けてピッチに送り出して試合をクローズにかかる。そして、最後までヘタフェに決定機らしい決定機を作らせない2-0の完勝でロペテギ新体制のリーガ初陣を白星で飾った。一方、柴崎がフル出場を果たしたヘタフェだが、今季も攻撃力に不安を抱かせる内容での敗戦スタートとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 07:07 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース