コケ決勝弾にオブラクPKストップのアトレティコがEL決勝に弾み! 柴崎不出場で敗戦ヘタフェはEL出場権獲得ならず…《リーガエスパニョーラ》2018.05.13 03:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第37節、ヘタフェvsアトレティコ・マドリーが12日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのアトレティコが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。▽逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す8位ヘタフェ(勝ち点52)はホーム最終戦で2位アトレティコとの自治州ダービーに挑む。直近5試合で4勝1分けと絶好調のヘタフェは直近のラス・パルマス戦で5試合ぶりの出場と共にフル出場を果たした柴崎だが、今節ではベンチスタートとなった。

▽一方、来週ミッドウィークにマルセイユとのEL決勝を控えるアトレティコだが、守護神オブラクやゴディン、コケ、グリーズマン、ジエゴ・コスタなど現状のベストメンバーで臨んだ。

▽堅守同士のダービーだけに堅い入りが予想された中、開始8分という早い時間帯にスコアが動く。右サイドのスペースに抜け出したフアンフランがボックス右のグリーズマンに斜めのパス。これをグリーズマンがマイナスに落とすと、コケが右足のグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽得点力に難のあるヘタフェに対して、危なげない守りでリードを保っていくアトレティコは要所でカウンターから2点目に迫る。26分にはグリーズマンの斜めのスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス内でGKと一対一になるが、ここは相手GKグアイタのビッグセーブに遭う。その後はヘタフェの激しいプレーが目立ち、EL決勝を控えるアトレティコは幾度かフアンフランやフィリペ・ルイスが削られて冷や汗をかくが、前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もクローズな展開が続く中、流れを変えたいヘタフェはアマトとフラミニを続けて下げてアンヘル、セルヒオ・モラを早い時間帯に投入。対するアトレティコはEL決勝を睨んで60分過ぎにグリーズマンとジエゴ・コスタの2トップを下げてトーレス、ガメイロの2枚替えを敢行した。

▽この交代をキッカケに試合が動くことが期待されたものの、両チームの攻撃陣は互いの堅守を上回ることができず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。そのため、70分過ぎにはアトレティコがコレア、ヘタフェがパチェコを最後の交代カードとして切る。

▽すると、ようやく試合が動く。77分、ボックス内でアンヘルがDFゴディンに足を踏まれたとしてヘタフェにPKが与えられる。しかし、キッカーのファイルが左隅を狙ったシュートはGKオブラクの圧巻の反応に阻まれ、絶好の同点機を逃した。その後、試合終盤にかけては互いに決定機を作り合ったものの、ガメイロがGKとの一対一を外すなど、これ以上のゴールは生まれず。ヘタフェとのダービーに競り勝ったアトレティコがEL決勝に向けて弾みをつけた。一方、敗れたヘタフェは今節上位陣が揃って勝ち点を伸ばしたことで、逆転でのEL出場権獲得の可能性が潰えた。
コメント
関連ニュース
thumb

カリニッチ待望のリーガ初ゴールにシメオネ監督「彼が必要だ」

▽アトレティコ・マドリーは8日、リーガエスパニョーラ第15節でアラベスをホームに迎え、3-0で快勝した。同試合後、ディエゴ・シメオネ監督は同試合で待望のリーガ初ゴールを決めた元クロアチア代表FWニコラ・カリニッチの活躍を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽前節ジローナ戦を何とか1-1の引き分けに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点25)は、リーガ3戦ぶりの勝利を目指して4位アラベス(勝ち点24)との上位対決に臨んだ。立ち上がりからボールを保持したホームチームは29分、右サイドのDFサンティアゴ・アリアスからのクロスをカリニッチが身体で押し込み、幸先良く先制に成功。その後、試合終盤にかけてエースFWアントワーヌ・グリーズマン、MFロドリゴ・エルナンデスの2ゴールで相手を突き放し、3-0の快勝を収めた。 ▽直近のコパ・デル・レイ4回戦2ndレグでのアトレティコ移籍後初ゴールに続き、このアラベス戦では貴重な先制点を挙げてリーガ初ゴールを記録したカリニッチ。現在、FWジエゴ・コスタを欠く中で唯一のセンターフォワードである同選手の活躍にシメオネ監督も満足感を示している。 「カリニッチはしばらく前からハードワークを続けている。彼はミランでの難しい1年を過ごした後にここへ来た。そして、チーム内での自分の居場所を探している」 「私は誰にもポジションを約束しないが、彼とはそういったことについても話してきた。個人的に私は自分の感覚やプレーヤーが発信する感覚のみに惹かれる」 「彼はサン・アンドレウ戦で非常に良い仕事を果たしたし、今日もここで素晴らしい仕事をした。我々は彼を必要としているし、ここ最近の活躍をみんなが喜んでいる」 2018.12.09 15:41 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、右ヒザ負傷のリュカが年内復帰絶望か…

▽アトレティコ・マドリーは8日、同日行われたアラベス戦で負傷したDFリュカ・エルナンデスが右ヒザにグレード2の捻挫を負ったことを発表した。 ▽アトレティコは8日に行われたリーガエスパニョーラ第15節でアラベスをホームに迎え、3-0で快勝した。しかし、同試合では前半30分付近に相手選手と接触したリュカが右ヒザを痛め負傷交代を強いられていた。 ▽その後、行われた精密検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯にグレード2の損傷を負ったことが確認された。 ▽現時点でリュカの離脱期間に関する言及はないものの、同箇所のケガは1カ月ほどの治療、リハビリが必要となるため、年内の復帰は難しいようだ。 2018.12.09 14:16 Sun
twitterfacebook
thumb

カリニッチのリーガ初弾など3発のアトレティコが4位アラベスに快勝で3戦ぶり勝利《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは8日、リーガエスパニョーラ第15節でアラベスをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ジローナ戦を何とか1-1の引き分けに持ち込んだ3位アトレティコ(勝ち点25)は、3日前に行われたサン・アンドレウ戦を主力を温存して4-0と大勝し、ベスト16進出を決めた。そのアトレティコは3日後に首位通過の懸かるチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦を控える中、サン・アンドレウ戦のスタメンから5選手を変更。移籍後初ゴールを決めたカリニッチが引き続きスタメンとなった。 ▽4位アラベス(勝ち点24)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだアトレティコは、2トップにカリニッチとグリーズマン、中盤右にコレア、左にレマル、センターにロドリゴ・エルナンデスとトーマスを並べ、サウールが左サイドバックに入った。 ▽そのアトレティコが立ち上がりからボールを保持して押し込む展開としたが、最初のチャンスはアラベス。13分、右クロスに合わせたカジェリのボレーシュートがわずかに枠の上に外れた。 ▽それでも29分、アトレティコが先制する。右サイドを上がったアリアスの鋭いクロスをカリニッチが身体で押し込んだ。 ▽公式戦連発となるカリニッチのリーガ初ゴールでリードしたアトレティコは、30分に相手との競り合いの際に右ヒザを痛めたリュカがプレー続行不可能となってホセ・ヒメネスが投入される。そのアトレティコがハーフタイムにかけても主導権を握ったまま、前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、右CKからホセ・ヒメネスのヘディングシュートが左ポストに直撃したアトレティコが引き続きペースを握ると、55分にもボックス右に侵入したカリニッチが際どいシュートを浴びせていく。 ▽その後、59分のイバイ・ゴメスのミドルシュートをGKオブラクがセーブしたアトレティコは、レマルに代えてモンテーロを左サイドバックに投入。サウールを中盤に上げて守備の強度を上げた。 ▽レガネスに付け入る隙を与えず時間を進めるアトレティコは、82分に勝負を決定付ける。ビトロのスルーパスに抜け出したグリーズマンがGKとの一対一を制した。 ▽87分にもロドリゴが決めて3-0と快勝したアトレティコが、リーガ3戦ぶりの勝利を飾っている。 2018.12.08 22:54 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、セルタで躍動のマキシ・ゴメス獲得を検討!

▽アトレティコ・マドリーが、セルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコでは、ジエゴ・コスタが2日のリーガエスパニョーラ第14節ジローナ戦後にブラジルへ帰郷。左足に感じていた慢性的な痛みを解消するため、専門医の下で手術を受けることや、離脱期間が10週間から2ヵ月程になることが伝えられている。 ▽『マルカ』によると、アトレティコはしばらく戦線から離れるジエゴ・コスタの代役の獲得を画策。今シーズンから加入しているクロアチア代表FW二コラ・カリニッチは、5日のコパ・デル・レイ4回戦サン・アンドレウ戦でようやく初ゴールを決めたところであり、今冬の補強なしでは心許ない陣容となっている。 ▽そこで、候補として挙がっているのがマキシ・ゴメスだ。同選手は、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入し、初年度から公式戦39試合18ゴール5アシストを記録。また、今シーズンもここまでの公式戦13試合7ゴール4アシストと、実力の高さを証明し続けている。 ▽マキシ・ゴメスには、5000万ユーロ(約64億円)の契約解除金が設定されているが、アトレティコは半額程度でのオファーを計画。しかし、過去に中国やイングランドのクラブからの関心を跳ねのけたセルタにとっては、あまり魅力的な入札とはならなさそうだ。 ▽また、もしアトレティコがマキシ・ゴメスを獲得した場合、給与制限をクリアするために、カリニッチもしくはポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスを放出する可能性もあると、記事は伝えている。 2018.12.07 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

カリニッチの移籍後初弾など後半に4発のアトレティコがベスト16進出《コパ・デル・レイ》

▽アトレティコ・マドリーは5日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでサン・アンドレウをホームに迎え、4-0で快勝した。この結果、2戦合計スコア5-0としたアトレティコがベスト16に進出している。 ▽10月30日に敵地で行われた1stレグを1-0で先勝していたアトレティコは、1-1で引き分けた直近のジローナ戦のスタメンから6選手を変更。グリーズマンやジエゴ・コスタが欠場となり、ロドリゴやレマルがベンチスタートとなった。 ▽4部のサン・アンドレウに対し、フラットな[4-4-2]を採用したアトレティコは2トップにカリニッチとジェウソン・マルティンス、中盤右にコレア、左にビトロ、センターにコケとサウールを配した。 ▽そのアトレティコがポゼッションする入りとなると、23分にようやく最初の決定機。コレアのスルーパスを受けたカリニッチがボックス右に侵入してシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。 ▽低調なプレーを続けるアトレティコは33分、バンデフのヘディングシュートが左ポストを直撃するピンチを迎えると、42分にも大ピンチ。右クロスに合わせたバンデフのヘディングシュートが枠の左を捉えたが、GKアダンがファインセーブで阻止し、前半を何とかゴールレスで終えた。 ▽後半からモジャとジェウソン・マルティンスに代えてレマルとロドリゴ・エルナンデスを投入したアトレティコは、開始3分に早速レマルが仕事を果たす。ボックス手前左でパスを受けて右足を振り抜いたレマルの強烈なシュートが右ポスト内側を叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽さらに53分、カリニッチが移籍後初ゴールを決める。右サイドからのアリアスのクロスをヘディングで叩き込んだ。止まらないアトレティコは55分にボックス右に侵入したコレアが右足アウトで絶妙なシュートを決めて3-0。勝負を決定付けた。 ▽余裕のアトレティコが試合をコントロールする中、81分にもビトロが加点し、終わってみれば4-0で快勝。2戦合計スコア5-0でベスト16進出を決めている。 2018.12.06 05:22 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース