コケ決勝弾にオブラクPKストップのアトレティコがEL決勝に弾み! 柴崎不出場で敗戦ヘタフェはEL出場権獲得ならず…《リーガエスパニョーラ》2018.05.13 03:38 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第37節、ヘタフェvsアトレティコ・マドリーが12日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのアトレティコが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を目指す8位ヘタフェ(勝ち点52)はホーム最終戦で2位アトレティコとの自治州ダービーに挑む。直近5試合で4勝1分けと絶好調のヘタフェは直近のラス・パルマス戦で5試合ぶりの出場と共にフル出場を果たした柴崎だが、今節ではベンチスタートとなった。

▽一方、来週ミッドウィークにマルセイユとのEL決勝を控えるアトレティコだが、守護神オブラクやゴディン、コケ、グリーズマン、ジエゴ・コスタなど現状のベストメンバーで臨んだ。

▽堅守同士のダービーだけに堅い入りが予想された中、開始8分という早い時間帯にスコアが動く。右サイドのスペースに抜け出したフアンフランがボックス右のグリーズマンに斜めのパス。これをグリーズマンがマイナスに落とすと、コケが右足のグラウンダーのシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽得点力に難のあるヘタフェに対して、危なげない守りでリードを保っていくアトレティコは要所でカウンターから2点目に迫る。26分にはグリーズマンの斜めのスルーパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス内でGKと一対一になるが、ここは相手GKグアイタのビッグセーブに遭う。その後はヘタフェの激しいプレーが目立ち、EL決勝を控えるアトレティコは幾度かフアンフランやフィリペ・ルイスが削られて冷や汗をかくが、前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もクローズな展開が続く中、流れを変えたいヘタフェはアマトとフラミニを続けて下げてアンヘル、セルヒオ・モラを早い時間帯に投入。対するアトレティコはEL決勝を睨んで60分過ぎにグリーズマンとジエゴ・コスタの2トップを下げてトーレス、ガメイロの2枚替えを敢行した。

▽この交代をキッカケに試合が動くことが期待されたものの、両チームの攻撃陣は互いの堅守を上回ることができず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。そのため、70分過ぎにはアトレティコがコレア、ヘタフェがパチェコを最後の交代カードとして切る。

▽すると、ようやく試合が動く。77分、ボックス内でアンヘルがDFゴディンに足を踏まれたとしてヘタフェにPKが与えられる。しかし、キッカーのファイルが左隅を狙ったシュートはGKオブラクの圧巻の反応に阻まれ、絶好の同点機を逃した。その後、試合終盤にかけては互いに決定機を作り合ったものの、ガメイロがGKとの一対一を外すなど、これ以上のゴールは生まれず。ヘタフェとのダービーに競り勝ったアトレティコがEL決勝に向けて弾みをつけた。一方、敗れたヘタフェは今節上位陣が揃って勝ち点を伸ばしたことで、逆転でのEL出場権獲得の可能性が潰えた。

コメント

関連ニュース

thumb

グリーズマンが「キャリアで最も難しい決断」と認めたこと「夜中の3時に起きて話し合った」

アトレティコ・マドリーへの残留を決断したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは「キャリアで最も難しい決断」だったことを認めている。<br><br>グリーズマンはかねてよりバルセロナへの移籍が取り沙汰されてきたが、6月に残留を宣言。終わらない憶測の報道に終止符を打った。グリーズマンはフランス『テレフット』に「すでに話したように愛を感じた」と残留を決めた要因を挙げつつ、このように続ける。<br><br>「全員が、僕がどうするかを知りたがっていた。キャリアで最も難しい決断だったよ。夜中の3時に起きて妻と話し合ったこともあった」<br><br>アトレティコに残留したグリーズマンが見据えるはチャンピオンズリーグのタイトルだ。昨シーズンはグループステージで敗退を余儀なくされただけに、鼻息は荒い。<br><br>「チャンピオンズリーグでは、昨シーズンより良いものにしたい。ノックアウトステージにもたどり着けなかったからね。僕の失敗の大部分はメンタル面による影響だった」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ重鎮フアンフラン、声を上げる「2週間前は絶望的で今は世界最高…落ち着いてくれ」

アトレティコ・マドリーDFフアンフラン・トーレスが、ここ数週間の批判に対して声を上げた。<br><br>アトレティコ史上最高の陣容を揃えたとの意見もありながら、シーズン序盤につまずいたことで批判を浴びせられているアトレティコ。22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、敵地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ戦を2&minus;0で制した後には、チームの重鎮の一人フアンフランが、ファンに落ち着くよう促している。<br><br>「2週間前から批判が出始めたが、自分はナーバスにならなかった。まるで2週間前の僕たちは絶望的な状況で、勝利を収めた今は世界最高になったようだ。とにかく落ち着いてほしい。僕たちが行っている仕事を信じてもらいたい」<br><br>「僕たちのファンには、アトレティコ・マドリーがいつも全力を尽くしていることを知っていてほしいんだ。結果が出ようが出まいが、僕たちはそうしているし、今は少しずつ結果が出始めている」<br><br>「批判する大部分の人々は、アトレティコのことをあまり分かっていない。困難があるのは、毎シーズンのことだ。僕たちの競争相手にはマドリーとバルサがいるんだし、簡単なことなんて何もないんだよ。アトレティコに厳しい要求を課しているのは、チーム自身にほかならない。僕たちは日々、努力をしている。これから、絶対にうまくいくはずなんだ」<br><br>ヘタフェ戦勝利で今季リーガの成績を2勝2分け1敗としたアトレティコは、25日に本拠地ワンダ・メトロポリターノにウエスカを迎え、そして29日には敵地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリーとのダービーに臨む。<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

レマルの移籍後初ゴールでアトレティコがダービー制す! 柴崎不出場のヘタフェはアレホ退場響く…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ヘタフェvsアトレティコ・マドリーが22日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アトレティコが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦のモナコ戦を2-1で制し、ヨーロッパの舞台では好スタートを切ったアトレティコ。だが、国内リーグでは1勝1敗2分けの苦しい船出に。直近のエイバル戦では後半ラストプレーの場面で若手FWボルハ・ガルセスのデビュー弾で辛くも勝ち点1を拾う結果となった。リーガで3戦ぶりの勝利を目指すシメオネ監督はモナコ戦から先発2人を変更。ゴディンとコレアに代わってフィリペ・ルイス、レマルを起用した。 ▽一方、開幕戦のレアル・マドリー戦こそ敗戦に終わったが、前節セビージャを2-0で破るなど直近3戦負けなしと好調を維持するヘタフェ。現在、3試合連続クリーンシート中の今季も自慢の堅守は健在だ。なお、前節途中出場を果たした柴崎だが、今回のダービーでもベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりからヘタフェの最終ラインの背後を積極的に狙うアトレティコは13分にグリーズマンが相手GKのポジションを見極めてロングシュートを放つが、これは枠の左に外れる。 ▽それでも、押し込むアトレティコは直後の14分、ペナルティアーク付近でジエゴ・コスタ、グリーズマンと繋いで前向きのレマルにパスが通ると、フランス代表MFが左足を一閃。クロスバーを叩いたボールがGKソリアの背中に跳ね返ってネットを揺らすラッキーなゴールで先制に成功した。 ▽不運な形で4試合ぶりの失点を喫したヘタフェは古巣対戦のアマトを起点に縦に速い攻撃から同点ゴールを目指す。29分にはアンヘルやダミアン・スアレスが良い形でフィニッシュに絡んでいくが、最後の場面でうまくいかない。その後は一進一退の攻防が続く中、43分にはヘタフェがアントゥネスの直接FKでゴールに迫るが、これはGKオブラクに正面で対応された。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽アトレティコの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した展開となる。流れを変えたいアトレティコは58分にロドリゴ・エルナンデスを下げてトーマスを投入。すると60分、コケのスルーパスに反応したボックス左のレマルが相手DFの短いクリアを奪う。ここで飛び出したGKを冷静にかわし今度は正真正銘のリーガ初ゴールを記録した。 ▽ホームで2点ビハインドを負ったヘタフェは63分にアマトを下げてアレホを投入するが、この交代策が完全に裏目に出てしまう。68分、ボールを奪い返しに行ったアレホがサウールの足をスパイクすると、このファウルでレッドカードが掲示された。 ▽相手の自滅で数的優位まで手にしたアトレティコはフィリペ・ルイスに代えてゴディン、殊勲のレマルを下げてコレアを投入するなど試合を締めにかかる。試合終盤にはカウンターからグリーズマンやジエゴ・コスタに決定機が訪れたものの、相手GKの好守に遭いトドメの3点目を奪えず。それでも、2-0でヘタフェとのダービーに勝ち切ったアトレティコがリーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 03:31 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネのブレない哲学「私はポゼッションよりも失点を減らすことを好む」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、フットボールにおいてポゼッションが重要ではないことを再度強調した。<br><br>今季の出だしでつまづいたアトレティコ。その要因の一つとして挙げられるのは、公式戦6試合で7失点という失点の多さだ。<br><br>シメオネ監督はこの状況を受けて、アトレティコのアイデンティティーを今一度明確にした。22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、アウェーでのヘタフェ戦の前に会見に出席した同指揮官は、チームにとって重要であるのはボールをポゼッションすることではなく、失点を防ぐことと話している。<br><br>「その高名なポゼッションというものが上がってしまう試合があるが、その分だけゴールを奪われている。しかし私はポゼッションを下げて、失点を減らすことを好む」<br><br>「道はまだ長い。これからだって良いことも悪いこともあるだろう。しかし最近の試合では成長の兆しがある。このまま進んでいければいいと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

スペインサッカー監督委員会、昨季最優秀監督に柴崎岳所属のヘタフェ指揮官を選出

スペインサッカー連盟(RFEF)監督委員会は、2017-18シーズンのリーガ・エスパニョーラ1部最優秀監督として、柴崎岳が所属するヘタフェのホセ・ボルダラス監督を選出した。<br><br>ボルダラス監督は昨季、リーガ・エスパニョーラ1部昇格組のヘタフェを、ヨーロッパリーグ出場圏7位と勝ち点3差の8位に導いた。その成果とチームのパフォーマンスが評価され、RFEF監督委員会から最優秀監督に選ばれている。<br><br>ボルダラス監督は受賞に際して、次のようにと喜びを述べた。<br><br>「誇らしいことだ。この賞は同業者たちに認められたということを意味し、それが何よりも素晴らしい」<br><br>なおヘタフェは22日にリーガ・エスパニョーラ第5節、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのアトレティコ・マドリー戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 00:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース