武藤フル出場もマインツ、最終戦は敗戦で終了《ブンデスリーガ》2018.05.13 03:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツは12日、ブンデスリーガ最終節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。

▽前節ドルトムント戦を武藤のゴールなどで2-1と勝利して残留を決めた14位マインツ(勝ち点36)は、武藤が[4-3-3]の最前線で2試合連続先発となった。

▽12位ブレーメン(勝ち点39)に対し、マインツは12分に先制する。右サイドからのクロスのルーズボールをペナルティアーク中央のガバミンが左足ミドルで突き刺した。

▽しかし、劣勢が続くマインツは17分に右CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートでゴールを脅かされると、23分に試合を振り出しに戻される。右サイドからのラシカのアーリークロスをファーサイドのカインツにスライディングシュートで決められた。

▽追いつかれたマインツの反撃は45分。右クロスをニアの武藤がヘディングで合わせる。直後にも左クロスに反応した武藤がゴールエリア左から左足ボレーで狙うも枠を外れて、1-1で前半を終了した。

▽後半も劣勢が続いたマインツは52分、デ・ヨングに代えてマキシムを投入。しかし、1分後にクルーゼの意表を突いた直接FKでGKミュラーが強襲される。ようやく55分、エツナリのコントロールシュートがバーを直撃して反撃を窺ったマインツだったが、これ以降はチャンスを生み出せない。そして79分に逆転される。右CKからファーサイドのゲブレ・セラシェにヘディングで決められた。

▽逆転されたマインツは追加タイム1分、ルーズボールを拾った武藤がボックス左から左足でシュートに持ち込んだが左ポストに直撃。そのまま1-2で敗れ、最終戦を勝利で飾ることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

マインツ、エスパニョールの左SBアーロンを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽マインツは6日、エスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マルティン(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽エスパニョールの下部組織出身であるアーロンは、U-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた左サイドバック。2016年10月にエスパニョールでトップチームデビューを飾り、これまで公式戦66試合に出場。昨季はリーガエスパニョーラ32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 ▽マインツでは左サイドバック兼センターバックのフランス人DFアブドゥ・ディアロがドルトムントへ移籍していた。 2018.08.07 05:14 Tue
twitterfacebook
thumb

「親愛なるマインツファンの方々へ…」ニューカッスル移籍の武藤嘉紀、別れのメッセージ

▽ニューカッスルへの完全移籍が決定した日本代表FW武藤嘉紀(26)が、自身のインスタグラム(yoshinori_muto_09)でマインツファンへメッセージを送った。 ▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。 ▽この活躍が認められた武藤は、7月まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場。そしてその武藤は2日、ニューカッスルへの完全移籍が発表された。マインツを離れ、新天地でプレーすることとなった武藤は、自身を成長させてくれたクラブへ感謝の気持ちを伝えた。 「親愛なるマインツファンの方々へ」 「僕は新シーズン新しいクラブでプレーすることになりました。ブンデスリーガでプレーすることができず、残念なことに皆さんに別れを告げなくてはなりません」 「温かい歓迎、素晴らしいサポートをしてくれたファンの方々には感謝します。2015年の夏にマインツへ初めて来た時、ドイツのサッカー文化や言語に馴染めるかどうか少し不安でした。1人でいることも不安でした」 「しかし、マインツの皆さんがとても温かく迎えてくれて、すぐにマインツが大好きになりました。街で歩いている時も、サポーターの皆さんが声をかけてくれたりしたことで、次のゲームへのモチベーションが高まりました。それが本当に幸せでした」 「皆さんは本当に素晴らしいファンです。僕を含めて家族全員がこの街で幸せでした。どうやってこの感謝の気持ちを伝えれば良いかわかりません。ただ、言えることがあるとすれば、僕は決して皆さんを忘れません!」 「皆さんの将来と最高の成功を祈っています」 2018.08.03 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、武藤嘉紀獲得でマインツと合意! あとは労働許可証取得を残すのみ

▽ニューカッスルは27日、所属する日本代表FW武藤嘉紀(26)の移籍に関してマインツと合意に至ったことを発表した。移籍金については明かされていないが、イギリス『スカイスポーツ』によると、移籍金は950万ポンド(約14億円)とのこと。 ▽伝えるところによると、武藤はすでにメディカルチェック済み。現在は労働許可証の取得待ちで、来週までにも承認の可否が下されるようだ。 ▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。 ▽なお、ニューカッスルは現在、かつてリバプールや、レアル・マドリー、ナポリなどを率いたラファエル・ベニテス監督が指揮。武藤が移籍成立となれば、ニューカッスルにとって今夏5人目の新戦力となる。 2018.07.28 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀のニューカッスル移籍、13億超で成立へ 英『BBC』報じる

▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀(26)のニューカッスル移籍がほぼ決定的な様相だ。 ▽イギリス有力紙『BBC』によれば、マインツとニューカッスルは移籍金950万ポンド(約13億8000万円)で合意。以前からプレミアリーグ行きを希望してきた武藤にとって、念願叶う瞬間が近づいている模様だ。 ▽また、マインツもクラブ公式サイトでスポーツ・ディレクターのルーベン・シュレーダー氏が「我々はニューカッスルと建設的な話し合いを経て基本合意した。近々決まると確信している」と話したと伝えた。 ▽2015年5月にマインツ入りした武藤は、公式戦72試合23得点11アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げ、公式戦30試合10得点5アシストという成績を残した。 ▽なお、ニューカッスルは現在、かつてリバプールや、レアル・マドリー、ナポリなどを率いたラファエル・ベニテス監督が指揮。武藤が移籍成立となれば、ニューカッスルにとって今夏5人目の新戦力となる。 2018.07.27 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア行きが迫る武藤、マインツSDがニューカッスルとのクラブ間合意を認める

▽マインツが、日本代表FW武藤嘉紀(26)の移籍についてニューカッスルとクラブ間合意に達したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽以前から将来的なプレミアリーグ行きを希望していた武藤には、ニューカッスルとウェストハムの2クラブが関心を示していた。今回の報道によると、マインツでスポーツディレクターを務めるルーベン・シュレーダー氏は、武藤の移籍について移籍金950万ポンド(約14億円)で合意に達したニューカッスルと合意に至ったと認めた。 ▽2015年5月にマインツ入りした武藤は公式戦71試合23ゴール11アシストを記録。昨シーズンはブンデスリーガ挑戦後キャリアハイの8ゴールを挙げるなど、公式戦29試合10ゴール5アシストという成績を残している。 2018.07.27 01:30 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース