シャルケに敗れたフランクフルト、シュツットガルトに抜かれて8位フィニッシュ… DFBポカール決勝でEL出場を目指す《ブンデスリーガ》2018.05.13 03:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ最終節、シャルケvsフランクフルトが12日に行われ、1-0でシャルケが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠は出場停止で欠場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。

▽前節チャンピオンズリーグ出場権獲得を決めた2位シャルケ(勝ち点60)と、勝利すればDFBポカール決勝の結果に関係なくヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得を決められる7位フランクフルト(勝ち点49)の一戦。

▽シャルケは開始6分、左CKからナウドがヘディングシュートを浴びせると、9分のガシノビッチの際どいシュートをGKフェールマンがセーブ。その後は攻勢を続けたシャルケが26分に先制する。右サイド絞った位置からのカリジウリのFKからブルクシュタラーがヘディングシュートで流し込んだ。

▽ハーフタイムにかけてもシャルケペースで試合が進むと、44分にブルクシュタラーのスルーパスを受けたアリがボックス右からシュートを放って追加点に迫ったが、わずかに枠を外れて前半を1点のリードで終えた。

▽消化試合のシャルケがGKを入れ替えてきた後半、一進一退の攻防が続いた中、シャルケは63分にゴレツカのミドルシュートでGKフラデツキーを強襲した。さらに67分、ブルクシュタラーのラストパスを受けたカリジウリがボックス中央でGKと一対一となるもGKフラデツキーにセーブされる。

▽攻勢を続けるシャルケは続く72分にはディフェンスライン裏を取ったブルクシュタラーがGKと一対一となるも決めきれない。それでも、77分にレビッチのミドルシュートで久々にゴールに迫ったフランクフルトに付け入る隙を見せずにシャットアウト勝利。白星でシーズンを締めくくっている。

▽一方、敗れたフランクフルトはバイエルンに勝利したシュツットガルトに抜かれ、8位に転落。来週行われるDFBポカール決勝でバイエルンに勝利できなければEL出場権獲得を逃す格好となった。
コメント
関連ニュース
thumb

ボランチ復帰に手応えの長谷部誠、EL16強では「アーセナルやチェルシーとやりたい」

フランクフルトは現地時間21日に行われたヨーロッパリーグ(EL)でシャフタール・ドネツクを4-1で下し、16強への進出を決めた。ボランチでフル出場を果たした元日本代表MFの長谷部誠は試合後、久々のMFでのプレーや希望する次の対戦相手について明かしている。<br><br>シャフタールとのファーストレグは2-2で引き分けたフランクフルトだが、長期離脱中のMFルカス・トッロに加えてジェルソン・フェルナンデスも欠場が決まったため、アディ・ヒュッタ―監督はセカンドレグで長谷部を中盤で起用。今シーズンもリベロとしてプレーしてきた長谷部は、昨年9月以来約4カ月ぶりの本職復帰に手応えを感じたようだ。<br><br>クラブの公式ウェブサイトが紹介するコメントによれば、長谷部は試合後「最近プレーしていたところとは別のポジションでプレーしました」と振り返り、「前半は多少の違和感がありましたが、後半はもっと上手くできたと思います。経験を持つ選手であることを示しました」と言及。ベテランとして求められる適応力をうまく発揮できたと語った。<br><br>また「ファンによるサポートは素晴らしかったです」と本拠地の雰囲気にも触れた長谷部。22日に行われるベスト16の抽選会に向けては、「次のラウンドではアーセナルやチェルシーとやりたいですね」と希望を口に。イングランド勢との対戦が実現すれば、同選手にとっては2009-10シーズン、ヴォルフスブルク時代にチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッドとのグループステージでの試合以来となる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部がボランチでフル出場のフランクフルト、シャフタールの追撃を振り切ってベスト16へ《EL》

フランクフルトは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでシャフタールとホームで対戦し、4-1で勝利した。この結果、2戦合計スコアを6-3としたフランクフルトがベスト16に進出した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 先週行われた1stレグでは10人の相手に2-2と引き分けたフランクフルトは、長谷部をボランチで起用した。 フランクフルトがポゼッションする入りとなった中、ゴールが必要なシャフタールがプレスをかけてこないため、静かな序盤となった。 それでも23分、フランクフルトが最初のチャンスをモノにする。右サイドを抜け出したダ・コスタのグラウンダークロスをヨビッチがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 さらに26分、ローデのボレーシュートがボックス内のマトビィエンコのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをアラーが決めてリードを広げた ハーフタイムにかけてもフランクフルトがペースを握ったまま前半を終えた。 延長戦に持ち込むには2点が必要なシャフタールが後半から前がかってきた中、フランクフルトは59分にヨビッチがボックス左に侵入して決定的なシュートを浴びせた。 しかし63分、フランクフルトは1点差に詰め寄られる。ボックス左深くへの侵入を許したイスマイリのクロスをジュニオール・モラエスに押し込まれた。 さらに71分、マルロスのボックス手前右からの強烈なシュートがバーを叩き、フランクフルトはひやりとさせられる。 劣勢のフランクフルトはヨビッチに代えてレビッチを投入。しかし、シャフタールの攻勢が続くと、79分にはタイソンのヘディングシュートがバーを直撃した。 すると80分、助かったフランクフルトが勝負を決定付ける。カウンターに転じ、コスティッチのスルーパスをボックス左で受けたアラーがGKとの一対一を制した。 その後、レビッチのミドルシュートも決まって4-1としたフランクフルトが勝利。強豪シャフタールを下してベスト16に進出している。 2019.02.22 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

「君はプレーする」、長谷部誠が前日会見でポジションを問われ「出るかどうかさえ…」と回答も監督が起用明言

フランクフルトのMF長谷部誠が、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのシャフタール・ドネツク戦を前に記者会見に出席した。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは、14日に行われたアウェイでの1stレグで2度のリードを生かせずに2-2のドロー。しかしながら、アウェイゴール2つを奪い、ホームでの2ndレグに臨む。 アディ・ヒュッター監督とともに試合前の会見に出席した長谷部は、対戦相手のシャフタールについて聞かれ「シャフタール・ドネツクは、特に攻撃面で優れたクオリティを出している。タイソンはとても優れた選手で、スピードもあり、テクニック溢れるフットボールをし得ている」と攻撃陣を警戒した。 一方で「しかし、攻撃陣の4人全員が強く、僕たちは彼だけにフォーカスするのを間違えてはいけない。僕たちは、一貫して相手に対して任務を遂行しなくてはいけない。2-2は危険な結果。個人的には1点を先に奪うか、他のゴールを願います」と語り、ブラジル人FWタイソンだけに集中することは危険だと分析した。 また、ボランチでの起用が見込まれている件について問われると、「まず、僕が最初からプレーするかどうかさえわかりません」と回答。すると、隣にいたヒュッター監督が笑いながら、「君はプレーする」と出場を明かした。その後、長谷部は真面目に「僕は常にあらゆるポジションに備える必要があります。プロとしての仕事は、監督がどこで起用しても、一貫したパフォーマンスを維持することです」と語り、ボランチでの出場については名言を避けたものの、万全の態勢で臨むと意気込んだ。 ホームでの2ndレグについては「素晴らしい雰囲気になるでしょう。僕たちは、このサポートにお返ししなければいけないし、次のラウンドに進みたいと示している。パフォーマンスを見ただけで、すぐにアドレナリンが湧いてきました」とコメント。また、味方とのコミュニケーションについては3バックの相棒を例に出し、「例えば、DFマルティン・ヒンテレッガー(オーストリア人)はドイツ語、DFエヴァン・エンディカ(フランス人)とは英語でコミュニケーションを取ります」とコメントした。 長谷部誠が出場予定のELラウンド32の2ndレグ、シャフタール・ドネツク戦は、21日(木)の26時55分にキックオフを迎える。 2019.02.21 10:37 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、シャフタールとの第2戦ではボランチとして出場か…負傷者続出で中盤が手薄に

フランクフルト率いるアディ・ヒュッター監督は、21日に行われるヨーロッパリーグ(EL)シャフタール・ドネツク戦で長谷部誠を久々に中盤に起用するかもしれない。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。<br><br>フランクフルトは、長期離脱中のMFルカス・トッロに加えて、冬にレンタルでボルシア・ドルトムントから加えたMFセバスティアン・ローデやMFジェルソン・フェルナンデスが負傷。その状況についてヒュッター監督も「我々が最も問題を抱えているのはセントラルミッドフィールド」と話していた。<br><br>そこで『キッカー』は、シャフタールとのセカンドレグではより攻撃的なMFではなく、リベロの長谷部をを「6番」(ボランチ)に配置する可能性を指摘。戦列復帰が近づいている主将DFダビド・アブラームが3バックの右に入る前提で、ここ数試合そこでプレーしていたマルティン・ヒンターエッガーを中央に移し、長谷部を1列前に動かすことで「守備ラインも中盤も安定感を確保できる」という。<br><br>シャフタールとの敵地でのファーストレグは2-2で引き分けたフランクフルト。ELベスト16進出が懸かっている試合で長谷部は昨年9月26日のボルシア・メンヒェングラットバッハ戦以来、約5カ月ぶりに本職に復帰するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 07:10 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、ボルシアMG戦のプレーは及第点…地元メディアは「力強いパフォーマンス」を評価

17日に行われたブンデスリーガ第22節のフランクフルトvsボルシアMGは1-1で決着。地元メディアは、フル出場を果たした元日本代表MF長谷部誠のプレーを「またも力強いパフォーマンス」と高く評価した。<br><br>フランクフルトは上位対決となったこの一戦で、なかなかチャンスをつくり出せなかったものの、前半アディショナルタイムにDFダニー・ダ・コスタのゴールで先制に成功。しかし82分にはボルシアMGのMFデニス・ザカリアの同点弾を許して、1-1で試合を終えている。<br><br>この試合で長谷部のパフォーマンスに及第点の「3」をつけたドイツ紙『ビルト』だが、寸評では「視野を確保し、クレバーなポジショニングでプレーしていた」と記載。その一方で「しかしザカリアにスペースを与えすぎた」と、失点場面における相手選手との距離の取り方についても指摘されている。<br><br>一方、採点は行わず、学校のクラスに例える形でフランクフルトの選手たちを評価する地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』では、長谷部はMFフィリップ・コスティッチやジェルソン・フェルナンデスとともに&ldquo;よくできました&rdquo;と、この試合のトップカテゴリーに含められた。プレー内容については、以下のようなコメントを掲載している。<br><br>「またも力強いパフォーマンス。ビジョンを失うことなく、相手に走り勝ち、プレーを活性化。だが、ザカリアには1-1の前の決定的な場面でスペースを与えすぎてしまった。とても悔しがっていた」<br><br>またドイツ誌『キッカー』による長谷部の評価は『ビルト』と同様の「3」。マン・オブ・ザ・マッチ及び第22節ベスト11に選ばれたダ・コスタに次ぎ、GKケヴィン・トラップやコスティッチらと並ぶチーム2位タイの評価となった。なお、これにより今シーズンの平均点は「2.70」から「2.72」に下がり、全フィールドプレーヤーの平均点ランキングでは順位を一つ落として3位となっている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 22:08 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース