ホッフェンハイムが逆転で3位浮上! 敗れたドルトムントも辛くも4位フィニッシュでCL出場決定《ブンデスリーガ》2018.05.13 00:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ最終節、ホッフェンハイムvsドルトムントが12日に行われ、3-1でホッフェンハイムが勝利した。ドルトムントのMF香川真司は76分から出場している。

▽前節シュツットガルト戦を落とし、10試合ぶりの敗戦を喫して5位レバークーゼンに勝ち点で並ばれた4位ホッフェンハイム(勝ち点52)は、得失点差で3上回っているため勝利すれば2季連続でのCL出場権獲得が濃厚な中、現状のベストメンバーを送り込んだ。

▽一方、前節マインツ戦を落とした3位ドルトムント(勝ち点55)は、引き分け以上でCL出場権獲得となる。仮に敗れても2点差を付けられなければホッフェンハイムに上回られることはない中、前節を欠場した香川がベンチ入りを果たした。

▽ホッフェンハイムと同じ[3-4-3]で臨んだドルトムントは、3バックの中央にアカンジ、右にピシュチェク、左にシュメルツァーを配置。3トップには右からロイス、シュールレ、サンチョと並べた。

▽そのドルトムントが仕掛け、ホッフェンハイムがカウンターを狙う展開で推移する中、ドルトムントは15分にラファエウ・ゲレイロがミドルシュートで牽制。そして18分には決定機が訪れる。シャヒンのスルーパスをボックス左で受けたラファエウ・ゲレイロがシュート。しかし、GKバウマンにセーブされた。

▽対するホッフェンハイムの反撃は20分。クラマリッチがミドルシュートでゴールを脅かすと、26分に先制した。GKビュルキのキックミスを突いてボックス手前左のクラマリッチがシュートを蹴り込んだ。

▽ミスから痛い失点を喫したドルトムントは33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、ロイスのスルーパスを受けたシュールレが独走。GKと一対一となったが、シュートを枠の右に外してしまう。ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半を1点ビハインドのまま終えた。

▽後半はホッフェンハイムが良い流れで試合を進めていたが、58分にドルトムントが追いつく。ラファエウ・ゲレイロとのパス交換でロイスがボックス左に侵入し、巧みなトラップからシュートを流し込んだ。

▽しかし63分、3トップの連係で中央を突破したホッフェンハイムが勝ち越す。ウートがバイタルエリア中央でボールを受けてクラマリッチへ。クラマリッチのスルーパスをボックス中央で受けたサライがチップキックシュートでGKとの一対一を制した。さらに73分、FKの流れからカデラベクがボレーで蹴り込み、ホッフェンハイムが3-1と一気に突き放した。

▽2点差を付けられ、このままではホッフェンハイムに順位で逆転されてしまうドルトムントはシュールレに代えて香川を最前線に投入。しかし、チャンスを作れず時間が経過。暗雲が垂れ込めたが、他会場のレバークーゼンがハノーファーに1点を返されたことで3-1となり、4位の座が安泰に。

▽これを受けてドルトムントは終了間際にGKビュルキに代えて今季限りで引退するGKヴァイデンフェラーを投入。直後にタイムアップを迎え、ホッフェンハイムとドルトムントが揃って来季のCL出場を決めている。

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイム、チェコ代表DFカデラベクと2023年まで契約延長

▽ホッフェンハイムは10日、チェコ代表DFパベル・カデラベク(26)との契約延長を発表した。新契約は2年間で、契約期間は2023年6月30日まで延長された。 ▽カデラベクは、スパルタ・プラハの下部組織出身で、2015年7月にホッフェンハイムへ加入。在籍3シーズンでブンデスリーガ79試合に出場している。2017-18シーズンはブンデスリーガで28試合に出場し、2ゴール3アシストを記録していた。また、2014年にデビューしたチェコ代表としても32キャップを記録している。 ▽新契約にサインしたカデラベクは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「信頼を示してくれたクラブに感謝している。僕はホッフェンハイムでのプレーに満足しているよ。だから2023年までの新たな契約にサインしたんだ。これからもホッフェンハイムでの挑戦にワクワクしているよ」 2018.08.11 02:36 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初となるCLに臨むホッフェンハイム、新主将にドイツ人DFフォクトを任命

▽ホッフェンハイムは4日、ドイツ人DFケビン・フォクト(26)の主将就任を発表した。 ▽ボーフムの下部組織で育ったフォクトは194cmの長身のサイドバック。2016年の夏にケルンからホッフェンハイムに加入。昨シーズンは、リーグ戦31試合を含む公式戦40試合に出場していた。 ▽ホッフェンハイムは、昨シーズンまで元ポーランド代表MFオイゲン・ポランスキがキャプテンを務めていたが、同選手は昨季リーグ戦9試合の出場にとどまっており、フォクトがほとんどの試合でゲームキャプテンを務めていた。 ▽昨シーズンの副キャプテンから正式にキャプテンに昇格したフォクトは、公式サイトで「クラブからの信頼の大きさを感じるよ。僕たちにとってこれから刺激的な仕事が待ち構えている」とコメントしている。 2018.08.05 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがヤング・ボーイズのガーナ代表DFヌフを獲得

▽ホッフェンハイムは25日、ヤング・ボーイズのガーナ代表DFカシム・ヌフ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、移籍金は700万ユーロ(約9億1000万円)とのことだ。 ▽190cmの屈強なセンターバックであるヌフは、2016年8月にマジョルカからヤング・ボーイズへレンタル移籍。翌年に完全移籍へ切り替わり、2017-18シーズンはスイス・スーパーリーグで32試合に出場して2ゴール2アシストを記録し、ヤング・ボーイズのリーグ優勝に貢献していた。 ▽ホッフェンハイムへの移籍についてヌフは次のように語っている。 「最初から求められているということを感じていたからね、少し待ちきれない気持ちもあったし、ドイツで挑戦したいという気持ちを持っていたんだ。成立した今は、ブンデスやチャンピオンズリーグでの挑戦を、この若いチームのなかで行っていくことがとにかく楽しみだね」 2018.07.25 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、昨季ホッフェンハイムへレンタルのニャブリの復帰を発表!

▽バイエルンは2日、昨季ホッフェンハイムへレンタル移籍していたドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(22)の復帰を発表した。背番号は22を着用する。 ▽シュツットガルトの下部組織出身のニャブリは、2011年7月にアーセナルの下部組織に加入。2013年7月にトップチームに昇格するも、2015年2月にWBAにレンタル移籍していた。ニャブリは2016年に行われたリオ・デジャネイロ五輪で6ゴールと活躍し得点王に輝くと、2016年8月にブレーメンへと移籍。ブンデスリーガでは27試合に出場し11ゴール2アシストを記録していた。 ▽この活躍が認められ、ニャブリは昨夏にバイエルンへ3年契約で加入。しかし、移籍直後に出場機会と実戦経験を求めた同選手は、すぐにホッフェンハイムへレンタル移籍。昨季はケガで出遅れるもブンデスリーガ22試合に出場し10ゴール7アシストをマークしていた。 ▽復帰会見に臨んだニャブリは、「僕の目標はシンプルだ。チームにより多くのタイトルをもたらすことだ」と意気込みを語った。 2018.07.03 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督の来夏での退任を発表! 2019-20シーズンからはライプツィヒの指揮官に就任!!

▽ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2018-19シーズンを最後に退任することを発表した。昨夏に2021年まで契約を延長していた同監督だが、契約には来夏で解消可能となる例外条項が含まれていた。 ▽2016年2月に健康上の理由により退任したフーブ・ステーフェンス前監督の後任としてトップチームの監督に就任したナーゲルスマン監督。当時2部降格目前となっていたチームを立て直すと、7勝2分5敗の成績を残しブンデスリーガ残留に成功した。 ▽翌シーズンは、開幕から勝ち切れない試合が続いたものの、前半戦を無敗で終えると、後半戦でもわずか4敗に終わり、4位でシーズンをフィニッシュ。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にチームを導いた。 ▽今季初挑戦となったCLでは、予選プレーオフでリバプールに敗れたがリーグ戦ではクラブ史上最高位となる3位でシーズンを終え、2年連続のCL出場権獲得に成功した。 ▽来季での契約解消に踏み切ったナーゲルスマン監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自らの気持ちを明確にするためにも早期の決定が必要だった」 「CL初参戦という歴史的シーズンで、私の個人的なことや去就への推測で選手たちやサポーター、クラブの関係者全員に不安を与えることは望んでいなかった」 「今回の決断でこれからがはっきりとしたし、あとは我々としてはプロフェッショナルとして、待ち構える難しいタスクに向けて集中して臨んでいくだけだ。最後の瞬間まで目標達成のために私が全力を尽くすということは、みんなが理解してくれているものと思っているよ」 ▽なお、ライプツィヒは同日に来シーズンからナーゲルスマン監督がチームを率いることを公式サイトで発表。 ▽今季限りでチームを率いていたラルフ・ハッセンヒュッテル監督が退任したライプツィヒ。今回の発表位によれば、来季はスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニックSDが監督を兼任し、2019-20シーズンからナーゲルスマン監督が監督に就任するという。 2018.06.22 01:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース