横浜FMvsG大阪は痛み分け…バースデー復帰GK東口好守連発&藤本先制弾も天野FK弾炸裂《J1》2018.05.12 21:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第14節の横浜F・マリノスvsガンバ大阪が12日に日産スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。▽リーグ2試合勝ちのない15位横浜FM(勝ち点13)は、2-4で敗北した直近のYBCルヴァンカップ、ベガルタ仙台戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGK飯倉を据え、最終ラインにミロシュ・デゲネク、中澤、山中、松原、中盤に喜田、扇原、天野、最前線にウーゴ・ヴィエイラ、大津、仲川を起用した。

▽前節の北海道コンサドーレ札幌戦を0-2で落として3連勝を阻止された16位G大阪(勝ち点13)は、3-2で勝利した直近のルヴァン杯のサンフレッチェ広島戦からオ・ジェソク、菅沼、長沢以外のスタメン8名を変更。守護神はGK東口が務め、最終ラインに三浦、菅沼、ファビオ、中盤に藤春、オ・ジェソク、マテウス、今野、最前線に遠藤保仁、ファン・ウィジョ、長沢が入った。4月21日の第9節セレッソ大阪戦で顔面を骨折したGK東口にとっては、32歳の誕生日当日の復帰戦となった。

▽試合の序盤は横浜FMがペースを握る。6分、松原のスルーパスに抜け出した仲川が右サイドから入れたクロスをGK東口に跳ね返されると、ボックス手前の山中がこぼれ球を拾う。山中の放ったミドルシュートはGK東口に阻まれたものの、積極的なプレーでG大阪ゴールを脅かした。

▽横浜FMはさらに20分、扇原の自陣からのロングパスに山中が抜け出す。ボックス左まで侵攻して折り返したクロスはG大阪DFにブロックされるが、こぼれ球に自ら反応。しかし、再び供給したクロスに反応した大津とウーゴ・ヴィエイラが被ってしまい、決定機を逃すこととなった。

▽32分、またしても横浜FMにチャンス。右サイドを抜け出した仲川がボックス右まで侵攻して右足を振り抜く。しかし、またしてもGK東口の好守に阻まれ、ネットを揺らすことはできない。

▽その後も横浜FMの流れが途切れない中、G大阪のGK東口がゴールを死守。43分、ボックス手前中央の山中が放った強烈なミドルシュートをキャッチすれば、45分にはボックス左に抜け出したウーゴ・ヴィエイラからスライディングでボールを奪取してみせ、ゴールレスで試合を折り返すこととなった。

▽G大阪は、ハーフタイム中に選手交代を敢行する。今野に代えて藤本を起用。攻撃的なカードとして投入された藤本はトップ下の位置に入り、遠藤保仁はボランチにポジションを下げることとなった。

▽すると52分、その藤本が指揮官の起用に応える活躍を披露する。自陣内で遠藤保仁のパスを受けた藤本は、左サイドをオーバーラップする藤春へのスルーパスではなくロングシュートを選択。これが飛び出していたGK飯倉の頭上を越え、ゴールに吸い込まれG大阪が先制に成功する。古巣戦の藤本にとってはこれが今シーズンの初ゴールとなった。

▽スコアをイーブンに戻したい横浜FMは素早い連係から得点を目指すが、G大阪の厳しいチェックに遭い、なかなかゴールに迫ることができない。それでも61分、ボックス手前左でFKを獲得すると、キッカーの天野が左足でゴール左上隅を射抜く。美しい軌道のシュートに再三の好守をみせていた東口の反応も及ばず、試合は振り出しに。

▽追いつかれたG大阪は、63分にファン・ウィジョに代えて倉田を投入。フレッシュな選手の起用で、勝ち越し点を奪いにいく。すると68分、その倉田がボックス右に侵攻して左足を振り抜いたが、枠を捉えることはできなかった。

▽ややシュートを浴びる回数が増えてきた横浜FMは、70分に2枚替えを敢行する。ウーゴ・ヴィエイラ、大津に代えてオリヴィエ・ブマル、遠藤渓太を起用。対するG大阪も最後のカードを切り、長沢に代えて中村を送り出す。

▽横浜FMは76分、ボックス左に抜け出した遠藤渓太のクロスにニアの仲川が頭で合わせる。しかし、うまくミートできず、シュートは枠を捉えない。

▽83分にも横浜FMにビッグチャンス。左サイドの山中がクロスを供給すると、ボックス内の扇原がボレーシュートを放つ。しかし、シュートは仲川の背中に当たり、得点とはならない。

▽結局、両クラブとも追加点を奪えないまま試合が終了。この結果、横浜FMは3試合勝ちなしに。G大阪は連敗こそ回避したものの2試合勝ちなしとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM、ブラジル人アタッカーFWエジガル・ジュニオをレンタルで獲得!「胸が高鳴る思い」

横浜F・マリノスは16日、ECバイーアからブラジル人FWエジガル・ジュニオ(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間については明かされていないが、12日のバイーアの発表によると、2019年12月31日まで。 アトレチコ・パラナエンセでプロデビューしたエジガルは、2016年1月にバイーアへ加入。バイーアではセンターFWだけでなく、両ウィングも務め、昨シーズンは公式戦33試合8ゴールを記録した。 横浜FMへの期限付き移籍が決定したエジガル・ジュニオは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私のキャリアにおいてこのようなチャレンジができることをとても嬉しく、胸が高鳴る思いです。いつか海外でプレーすることを目標にしていたので、自分に期待しチャンスをいただいた横浜F・マリノスには大変感謝しているとともに、この挑戦に全力を尽くしたいと思っています。多くのブラジル人選手が素晴らしい歴史を作ってきた日本で、横浜F・マリノスのユニフォームを着られることを光栄に思っています」 2019.01.16 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸退団のタイ代表DFティーラトン、横浜FMへ期限付き移籍!

横浜F・マリノスは16日、ムアントン・ユナイテッドからタイ代表DFティーラトン(28)の期限付き移籍での獲得が内定したことを発表した。 ティーラトンは2018年にムアントン・ユナイテッドからヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに28試合、天皇杯に3試合、YBCルヴァンカップに4試合出場したが、昨年12月に期限付き移籍期間の満了が発表されていた。 新シーズンを横浜FMで戦うことが決まったティーラトンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントした。 「横浜F・マリノスに加入することが出来、非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。クラブの勝利のために、日々のトレーニングから自分自身のベストを尽くしていきたいと思います。ファン、サポーターの皆さん、熱い応援を宜しくお願いします」 2019.01.16 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがブラジル人FWエジガルを獲得! バイーアが1年レンタルを正式発表

ECバイーアは12日、ブラジル人FWエジガル・ジュニオ(27)を横浜F・マリノスにレンタル移籍で放出したことを発表した。契約期間は2019年12月31日までとなる。 アトレチコ・パラナエンセでプロデビューしたエジガルは、2016年1月にバイーアへ加入。バイーアではセンターFWだけでなく、両ウィングも務め、公式戦142試合に出場し44ゴールをマークした。 なお、エジガルはクラブの公式ツイッター(@ECBahia)通じて、バイーアのファン・サポーターに向けた謝意を投稿している。 2019.01.14 02:32 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMが新体制発表! 新「10」に天野純、中澤佑二の「22」は空き番に

横浜F・マリノスは13日、2019シーズンの選手背番号を発表した。 アンジェ・ポステコグルー体制を発足した昨年、攻撃的なスタイルを掲げ、明治安田生命Jリーグを12位でフィニッシュした横浜FM。今年はその攻撃スタイルで上位進出の躍進を目指すシーズンになる。 今オフシーズンは復帰組を含む8名が新加入。背番号は浦和レッズから加入のFW李忠成が「20」、北海道コンサドーレ札幌から加わったMF三好康児が「41」に決定した。 また、昨年限りで現役を引退した元日本代表DF中澤佑二の「22」は空き番に。MF天野純はMF齋藤学が移籍した昨年から空き番だった「10」を着用する。 横浜FMは10日から始動。18日から石垣島でキャンプを行う。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">パク・イルギュ</span>☆←(FC琉球)※完全移籍 21.飯倉大樹 31.杉本大地 32.原田岳 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.ドゥシャン 4.栗原勇蔵 13.チアゴ・マルチンス 16.<span style="font-weight:700;">高野遼</span>☆←(ヴァンフォーレ甲府)※復帰 18.<span style="font-weight:700;">広瀬陸斗</span>☆←(徳島ヴォルティス)※完全移籍 27.松原健 44.畠中槙之輔 <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.扇原貴宏 8.喜田拓也※背番号変更 10.天野純※背番号変更 11.遠藤渓太 14.山田康太※背番号変更 17.ユン・イルロク※背番号変更 26.イッペイ・シノヅカ 40.<span style="font-weight:700;">椿直起</span>☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格 41.<span style="font-weight:700;">三好康児</span>☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付き移籍 <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.大津祐樹※背番号変更 9.<span style="font-weight:700;">マルコス・ジュニオール</span>☆←(フルミネンセ/ブラジル)※完全移籍 20.<span style="font-weight:700;">李忠成</span>☆←(浦和レッズ)※完全移籍 23.仲川輝人※背番号変更 38.<span style="font-weight:700;">山谷侑士</span>☆←(横浜F・マリノスユース)※昇格 2019.01.13 14:35 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が入籍「覚悟と責任感を今まで以上にしっかり背負って過ごしたい」

横浜F・マリノスは12日、DF畠中槙之輔が入籍したことを発表した。お相手は一般女性のため、プロフィールは非公表となっている。 クラブの発表によると、畠中は1月11日に入籍を果たしたとのことだ。畠中はクラブを通じてコメントしている。 「予てよりお付き合いさせていただいた方と1月11日に結婚いたしました。サッカーでも家庭でも、覚悟と責任感を今まで以上にしっかり背負って過ごしたいと思います。応援よろしくお願いします!」 畠中は東京ヴェルディの下部組織出身で、2018シーズン途中に東京ヴェルディから加入。明治安田生命J1リーグで5試合に出場していた。 2019.01.12 18:11 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース