元バイエルン指揮官、レヴァンドフスキの態度に苦言2018.05.12 17:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元バイエルン指揮官のオットマール・ヒッツフェルト氏が、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに苦言を呈した。ドイツ『Sport1』を引用してイギリス『Four Four Two』が伝えている。

▽5日に行われたブンデスリーガ第33節のケルン戦にレヴァンドフスキは先発出場。1-1で迎えた61分に逆転ゴールを奪うなどの活躍を見せてた中、77分にドイツ代表FWサンドロ・ワグナーとの交代を命じられた。するとこれを不服に思ったレヴァンドフスキは不満の表情を浮かべ、ユップ・ハインケス監督との握手を交わさず。

▽これに対してハインケスは、「ストライカーにとって途中で代えられるというのは楽しいものではない。彼はリーグ戦30点目を取りたかったんだろう」と一定の理解を示したが、1998年から2004年、2007年から2008年までバイエルンを指揮していたヒッツフェルト氏は、レヴァンドフスキの態度を批判している。

「テレビで映像を観た時、怖ろしいと思った。当然失策だよ。彼は、ユップ・ハインケスのような尊敬すべき男にやってはいけないことをした。監督が選手を代えるなんて当たり前のことだ」

「交代を命じられたらピッチを去り、新しく入る選手と手を合わせなければならない。そして幸運を祈るんだ。それはハインケスだけでなく、ワグナーに対するリスペクトでもあるんだ。それがチームの一員としてするべきことだ。エゴイストになるのではなくてね」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か

アーセナルが、バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。<br><br>ハメスは2017年の夏にレアル・マドリーから買い取りオプション付きの2年間レンタルでバイエルン入り。しかし、ニコ・コバチ監督が新たに就任した今シーズンは、負傷の影響もあってリーグ戦の先発出場が5試合にとどまっている。<br><br>そのハメス・ロドリゲスをアーセナルが注視しているようだ。アーセナルでは、チームを指揮するウナイ・エメリ監督がMFメスト・エジルを重要な戦力と考えておらず、直近のウェスト・ハム戦など、今季メンバー外とする試合もある状況だ。その代わりの選手として、ハメスに興味を持っているという。<br><br>報道によれば、バイエルンは&ldquo;レンタル料&rdquo;としてアーセナルに300万ポンド(約4億2000万円)を求めており、同クラブがこの料金を支払えば放出を認める意向だという。<br><br>なおバイエルンは、レアル・マドリーに対して1300万ユーロ(約16億1000万円)のレンタル料金を支払っており、今季終了時に4200万ユーロ(約52億円)を支払うことで完全移籍させるオプションを有していると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

ロッベン、後継者可能性のハドソン=オドイに助言…若手選手にとって重要なこと

バイエルン・ミュンヘンのアリエン・ロッベンが、加入のうわさがあるチェルシーFWカラム・ハドソン=オドイについて語っている。『beIN Sports』が伝えた。<br><br>チェルシーとの契約が2020年で切れるハドソン=オドイは、延長交渉に応じる構えは見せず。新天地への挑戦に前向きだと見られる。加えて、バイエルンとチェルシーが移籍金3500万ユーロ(約43億5000万円)で合意に至ったとの報道も流れる。<br><br>そんな中、今季での退団が決まっているロッベンが、自身の後継者にもなりうるハドソン=オドイについて言及。アドバイスを送っている。<br><br>「彼は欧州でも最高の若手選手の一人だね。チャンスを得るだろうし、そうなれば生かす必要がある。若い選手にとっては同じことだよ。まずはそれが大きなステップになる。プロで高いレベルに到達するためには、トップチームで居場所を確立しなければならない」<br><br>「次に重要なのは維持し続けることだ。ときに、とどまり続けることというのはプロになることより難しいんだ。毎試合、毎シーズン、自分の実力を証明しなければならないからね」<br><br>チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督はオドイについて残留を望んでいるが、果たして結末はどうなるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.13 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

現役最高のセンターバックは? ドイツ代表DFフンメルスが回答

バイエルンに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを「現役最高のセンターバック」と考えている。<br><br>フンメルスは12日、自身の『ツイッター』でフォロワーからの質問に応じるQ&Aのサービスを実施。様々な質問に答えてサッカーファンを楽しませた。その中で、大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大好きなことなどを明かしたフンメルスは、「あなたはファン・ダイクが現役の世界最高センターバックだと思いますか?」という質問に対して、一言「そう思う」とコメントした。<br><br>フンメルスは、UEFAネーションズリーグのリーグAグループ1の第3節と第6節でドイツ代表としてオランダ代表と対戦。いずれの試合でもファン・ダイクとピッチ上で相まみえた。とりわけ、最終節では試合終了間際にファン・ダイクに同点弾を奪われ、ドイツは降格の憂き目に遭っていた。<br><br>そのほか、フンメルスはリバプールファンと思われる方からの「いつアンフィールドにやってきてくれますか?」との問いに対し、「2月19日」とコメント。移籍に関する話だったことと考えられるが、バイエルンがリバプールとチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で対戦するアウェイ戦の日付を述べる機転の利いた返しを見せていた。<br><br>提供:goal.com 2019.01.13 19:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデスベストイレブン】首位ドルトムントから7選手を選出!

2018-19シーズンのブンデスリーガ前半戦が終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガの前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:ビュルキ DF:キミッヒ、ジューレ、アカンジ、アクラフ MF:サンチョ、ヴィツェル、ロイス、T・アザール FW:アルカセル、レヴァンドフスキ GKロマン・ビュルキ(28歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:16(先発回数:16)/失点数:16 /出場時間:1440分 スイス代表でチームメートのヒッツを第2GKに迎えた刺激がビュルキにとってプラスに働いているようだ。ほぼ実力の変わらないヒッツの加入により緊張感を高く保ったビュルキは例年のような凡ミスがなく、安定したゴールキーピングを続けた。 DFヨシュア・キミッヒ(23歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:1/出場時間:1530分 前半戦、全試合でスタメン出場を果たした。チームが本調子でない時にあっても、キミッヒは常にハイレベルなプレーを見せていた。昨季に続いて右サイドバックでスタートした中、不調に陥ったチームを復調させるべくダブルボランチの一角としてもプレー。そこからチームは復調し、キミッヒも7アシストを記録している。 DFニクラス・ジューレ(23歳/バイエルン)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:1/出場時間:1374分 バイエルン移籍2年目のジューレがディフェンスリーダーに成長した。ドイツ代表コンビのフンメルスとJ・ボアテングが負傷がちでプレー面でも精彩を欠く中、頑強なフィジカル通りケガなくコンスタントにピッチに立ち続けたジューレはソリッドな守備を披露し続けた。 DFマヌエル・アカンジ(23歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:13(先発回数:13)/得点数:1/出場時間:1125分 これまでのドルトムントのディフェンスリーダーだったパパスタソプーロスが抜けた中、昨季途中バーゼルから加入したスイス代表DFが存在感を強めた。新加入のディアロ、若手のザガドゥらとコンビを組んでリードし、ドルトムントの守備を支えた。 DFアクラフ・ハキミ(20歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:12(先発回数:12)/得点数:1/出場時間: 1073分 レアル・マドリーからレンタルで加入した新進気鋭のサイドバックは、新天地でその才能を大きく開花させている。本職は右サイドバックながら左サイドバックでも推進力あるオーバーラップでドルトムントの攻撃の重要なオプションとなっている。 MFジェイドン・サンチョ (19歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:10 )/得点数:6/出場時間: 1021分 イングランドの次代を担う至宝がドイツで輝きを放っている。6ゴール8アシストとコンスタントにゴールに絡み、違いを生んでいる。左右のウイングで持ち前のドリブルスキルを生かした突破を見せ、ロイスと共にドルトムントの攻撃を牽引していた。 MFアクセル・ヴィツェル(29歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:1/出場時間: 1433分 中国から2000万ユーロを支払って迎え入れただけの価値があった。4大リーグでのプレーは初めてだったが、ベルギー代表MFの実力に疑いの余地はなかった。中盤底の位置からダイナミックにボールに関わり、攻守にチームを支えた。 MFマルコ・ロイス(29歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:11/出場時間:1483分 負傷さえなければこれだけの結果を残すことを改めて証明した。後半戦も彼の活躍がドルトムントの浮沈を左右する。 MFトルガン・アザール(25歳/ボルシアMG)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:9/出場時間: 1523分 着実に実力を付けているエデン・アザールの実弟が9ゴール6アシストとリーグ屈指のスタッツを残した。兄を髣髴とさせる身のこなしで左サイドからのカットインが脅威となっている。ボルシアMGが3位と躍進したのは彼の成長があったからに他ならない。 FWパコ・アルカセル(25歳/ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:12(先発回数:5)/得点数:12/出場時間:502分 バルセロナで燻っていた男がドイツの地で輝きを放った。出場時間はコンディションが万全でなかったことから限られたが、圧巻の決定力を見せつけ12ゴールを挙げて得点ランクトップに立っている。途中出場が多かったが、一瞬の隙を突いてゴールを仕留める集中力の高さを幾度も発揮し、首位に立つチームを牽引する働きを見せた。 FWロベルト・レヴァンドフスキ(30歳/バイエルン) <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_56_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>出場試合数:16(先発回数:16)/得点数:10/出場時間:1429分 ワールドカップでは不発に終わったものの、周りのサポートに恵まれるバイエルンでは流石の存在感を示した。10ゴール5アシストを記録し、今季もブンデス最高のストライカーであることを証明している。例年通りスランプに陥ることなくコンスタントにゴールに絡み続け、本調子でなかったバイエルンを牽引して見せた。 2019.01.13 18:01 Sun
twitterfacebook
thumb

【2018-19ブンデス前半戦総括】最優秀選手はロイス!

★知将ファブレ監督が若きドルトムントを首位ターンに導く 7連覇を目指すバイエルンが今季も独走するかに思われたが、ドルトムントが大健闘を見せて2位バイエルンに6ポイント差を付けての首位で前半戦を終えた。一方で上位を争うと思われたシャルケとレバークーゼンが低迷している。そして、7選手がプレーする日本人選手ではフランクフルトのMF長谷部誠が存在感を示した。 ボルシアMGやニースを欧州カップ戦出場に導く手腕を発揮した知将ファブレ監督を迎えたドルトムントが、新戦力や若手らの活躍によって首位を快走した。負傷なく前半戦を戦い抜いたMFロイスを軸に、新戦力のMFヴィツェル、FWアルカセル、DFアフラフらが早々にチームにフィットし、若手のFWサンチョやDFアカンジらがチーム力を押し上げ、13勝3分け1敗という素晴らしい戦績で前半戦を駆け抜けた。 一方、クラブOBで昨季フランクフルトをDFBポカール優勝に導いたニコ・コバチ監督を招へいしたバイエルンは、例年のような圧巻の強さを示せないまま前半戦を終えた印象だ。エースのFWレヴァンドフスキこそ健在だったが、守護神のGKノイアーが本来のパフォーマンスを取り戻せず、安い失点が頻発した。それでも、未だ衰えを知らない“ロッベリー”の活躍もあって ドルトムントとは6ポイント差で折り返しており、逆転優勝に十分望みをつなげている。 上位陣で意外な健闘を見せたのが3位ボルシアMGと6位フランクフルトだ。ボルシアMGは昨季途中から指揮を執るヘッキング監督の下、FWトルガン・アザールやFWプレアといったアタッカーを生かすカウンターサッカーで着実に勝ち点を積み上げた。そして、フランクフルトはベテランの長谷部を昨季に続いてリベロで起用するヒュッター監督の決断により上昇気流に乗ると、FWヨビッチがブレイクし、攻守に安定したチームに仕上がった。 一方で上位を争うと思われたシャルケとレバークーゼンは低空飛行が続いた。チャンピオンズリーグを戦ったシャルケはCLではグループステージを突破したが13位に沈み、ヨーロッパリーグを平行して戦ったレバークーゼンはヘルリッヒ監督が解任の憂き目に遭って9位に終わっている。 7選手がプレーする日本人選手では長谷部とFW大迫勇也を除いて苦しんだ前半戦となった。軒並み下位に位置するクラブの中で明確な存在感を示せず、それぞれのクラブで戦力になりきれなかった。 【最優秀選手&監督】 ★最優秀選手 ◆MFマルコ・ロイス(ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_55_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>“ガラスのエース”と揶揄されるロイスだが、今季前半戦は負傷なく戦い抜いた。良好なコンディションを保ったロイスは、11ゴール7アシストと圧巻のスタッツを記録。若いチームのキャプテンとしてトップ下の位置から経験の浅いウインガーのサンチョやラーセンらを巧みに操り、攻撃を牽引した。ボルシアMG時代に指導を受けたファブレ監督の下、躍動したシーズン前半戦となった。 ★最優秀監督 ◆ルシアン・ファブレ(ドルトムント)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_55_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ニースで結果を残し、ブンデスリーガに戻ってきた指揮官は見事なマネジメントを見せた。CLと並行して戦うハードな日程の中、若手を大胆に抜擢しながら選手層の厚みをもたらし、双方の大会で好結果を残した。バイエルンを凌ぐリーグ最多44ゴールを挙げたアタッキングフットボールで13勝を積み上げた。 【期待以上】 ★チーム ◆ドルトムント<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_55_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>バイエルンの一強を阻む存在として十分な存在感を見せた。補強したヴィツェルやアルカセル、アクラフといった面々がチームの主力となり、サンチョやアカンジ、ラーセンといった若手の台頭でチーム力が押し上がった。僅か1敗で前半戦を乗り切る快進撃で見事首位ターンを決めた。 ★選手 ◆FWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_55_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>昨季8ゴールを挙げて徐々に存在感を示していたセルビア代表FWが、前半戦を終えた段階で12ゴールをマークし、得点ランクトップに立っている。両足を遜色なく使えるワンタッチゴーラーは、第8節デュッセルドルフ戦で驚異の5ゴールをマーク。アラー、レビッチと共にフランクフルトの得点源として存在感を示した。 【期待外れ】 ★チーム ◆シャルケ&レバークーゼン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_55_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>欧州カップ戦に出場したシャルケとレバークーゼンがリーグ戦で大きく躓いた。シャルケはCLでこそ決勝トーナメントに進出したが、開幕5連敗スタートが響き、リーグ戦では12位と低迷。そしてレバークーゼンはELで決勝トーナメントに進出したものの、リーグ戦では中位を彷徨い、第17節にヘルリッヒ監督を解任。9位に低迷していた。両チームとも選手層の厚みが足りず、二足の草鞋を履くことに耐えきれなかった。 ★選手 ◆FWマルク・ウート<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190109_55_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>シャルケの誤算がドイツ代表ストライカーの不振だった。ホッフェンハイムでカウンターの旗手として昨季14ゴール8アシストを記録したウートだったが、今季はここまでわずか1ゴールに終わっている。カウンターを軸とするシャルケの戦術にマッチするかと思われたが、まさかの大不振でチームが低迷する要因となってしまった。 【後半戦展望】 ★ドルトムント、勢い持続なるか ドルトムントが前半戦の勢いを持続して優勝に突き進めるかが後半戦最大の注目となる。バイエルンが2018年末にかけて復調してきていただけにドルトムントが失速すれば、王者バイエルンが一気に飲み込む展開となるだろう。 CL出場権争いでは3位ボルシアMG、4位ライプツィヒを軸に6位フランクフルト、7位ホッフェンハイム辺りが絡んでくるか。フランクフルトはELに勝ち残っている分、やや不利かもしれない。 残留争いでは久保の最下位ニュルンベルク、原口&浅野の17位ハノーファー、宇佐美の14位デュッセルドルフが巻き込まれることが濃厚だ。宇佐美の活躍で浮上したデュッセルドルフのように日本人の活躍でニュルンベルクとハノーファーが浮上できるかに注目だ。 2019.01.13 18:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース