本田圭佑の新天地にオーストラリアも浮上? イニエスタとともにAリーグがオファーか2018.05.12 13:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が、来シーズンはオーストラリアでプレーするかもしれない。オーストラリア『ニューカッスル・ヘラルド』が報じた。

▽セリエAのミランからメキシコのパチューカに挑戦の場を移した本田。今シーズンのリーガMXでは、前後期合わせて25試合に出場し7ゴール6アシストを記録。しかし、シーズン終了後にパチューカを去ることを明かした。

▽新天地を探す本田だが、手を上げたのがオーストラリアのAリーグだった。バルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタも招き入れたいと明かしているAリーグ。その他にも、世界的なプレーヤーを呼び込もうと、声を掛けているようだ。

▽Aリーグでは、サラリーキャップ制度を導入。チーム年俸の合計が定められているものの、制限を受けないマーキープレーヤーを各クラブが1人まで保有できる制度がある。過去には元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)やオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(現ミルウォール)元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏、元イングランド代表FWのエミール・ヘスキー氏らが迎えられていた。

▽複数クラブがこのマーキープレーヤー制度を利用する考えがあり、本田がAリーグ挑戦となればマーキープレーヤーの枠で迎え入れられることになる。イニエスタの去就も気になるところだが、本田も含めオーストラリアに再びスター選手が集まることになるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

「オーケストレーターとしての才能を証明」Aリーグデビュー戦ゴールの本田圭佑がいきなりベスト11入り!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ開幕節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ開幕節でメルボルン・シティと対戦。今シーズンからメルボルン・ビクトリーに加入した本田圭佑は、キャプテンマークを巻き、先発出場で新天地デビューを飾ると、28分に右サイドからのクロスを頭で押し込んで先制点を記録した。その後、チームは1-2で敗れたものの、フル出場した本田は試合を通してチャンスに絡み続けた。 ▽公式サイトは本田のパフォーマンスを高評価。「ビクトリーのスター選手の周りには多くの誇大宣伝があった。しかし、本田はそれを超えるパフォーマンスを披露。マーベル・スタジアムで一晩中オーケストレーターとしての才能を証明し、ヘディングから先制点を奪った。彼のビジョン、パス、身体能力は目を見張るものがあった」と絶賛している。 ◆リーグA開幕節ベスト11 GK ユージン・ガレコビッチ(メルボルン・シティ) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) ミカエル・ヤコブセン(アデレード・ユナイテッド) カリファ・シセ(セントラルコースト・マリナーズ) スコット・ギャロウェイ(アデレード・ユナイテッド) MF サープリート・シン(ウェリントン・フェニックスFC) 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) エリック・バウシーク(ブリスベン・ロアー) ジェイソン・デイビッドソン(パース・グローリーFC) FW アダム・タガート(ブリスベン・ロアー) アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) 監督 マーク・ルダン(ウェリントン・フェニックスFC) 2018.10.22 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今季初アシストの堂安律、敗戦も現地メディアがMVPに選出「楽しさをくれたのは彼とマヒだけ」

フローニンヘンMF堂安律は、敗戦も確かな評価を得ているようだ。オランダ『de Gelderlander』が伝えている。<br><br>21日に行われたエールディビジ第9節で、ヘラクレスと対戦したフローニンヘン。この試合でも先発した堂安は、14分に先制点をアシストする。その後もバー直撃のシュートを放つなど存在感を放ったが、チームは1-4と敗れている。<br><br>チームが敗戦を喫した中、今季初アシストを記録した堂安は現地で高い評価を受けたようだ。『de Gelderlander』は、この一戦の両チームの採点を発表。堂安は全選手の中で2位タイの「6.5」を獲得し、先制点を挙げたFWミムン・マヒ(「7」で全体最高評価)とともにマン・オブ・ザ・マッチの1人に選出された。<br><br>「試合終了後、フローニンヘンで楽しさを与えてくれたのはリツ・ドウアンとマイだけだ。マイはシーズン初ゴールを挙げたが、助けにはならなかった」<br><br>また『FCUpdate.nl』では、「7」と全体最高評価を得ている。<br><br>今季1勝1分7敗で最下位に沈むチームで、全試合にフル出場して1人気を吐く堂安。先日にはマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得に動くと伝えられる中、オランダで確かなパフォーマンスをみせているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.10.22 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティスに適応しきれない乾貴士、現地メディアは最低評価に「居場所を見つけられず」

21日のバジャドリー戦に先発したレアル・ベティスMF乾貴士だが、現地メディアの評価は厳しいものになっている。<br><br>リーガ・エスパニョーラ第9節で、バジャドリーをホームに迎えたベティス。昇格組を相手に苦しむと、35分に失点。最後までゴールを奪えず、0-1で敗れた。<br><br>ホアキンやクリスティアン・テージョの負傷の影響もあり、この試合でリーグ戦3試合ぶりに出場した乾だったが、ビッグチャンスを逃すなど活躍を見せることができず。60分に途中交代となった。<br><br>スペイン『デスマルケ』は、チームメイト他7選手と同じく最低タイの「4」と採点。「ピッチ上で自分の居場所を見つけられず、(指揮官キケ)セティエンは何度もポジションを動かした。ボールを失い過ぎた」と、テクニカルエリアから指揮官に何度もポジションを修正されたことを指摘している。<br><br>また、『マルカ』の採点は「1」とこちらも低評価となっている。<br><br>今夏ベティスに加入した乾。シーズン序盤こそスタメン出場が続いていたが、やや出場機会が減少している。規律ある戦術になかなか適応しきれていない30歳MFだが、ここから評価を高めていけるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.10.22 08:10 Mon
twitterfacebook
thumb

先発乾、3試合ぶり出場もベティスはバジャドリーに屈し2連敗《リーガエスパニョーラ》

▽ベティスは21日、リーガエスパニョーラ第9節でバジャドリーと対戦し、0-1で敗れた。ベティスの乾は60分までプレーした。 ▽現在3勝3分け2敗のベティスは前節アトレティコ・マドリーに0-1で敗れリーグ戦の連勝が「2」でストップ。4日後に控えるヨーロッパリーグのミランとの大一番に向けても勝って弾みをつけたい一戦だが、バジャドリーも現在3連勝と好調だ。 ▽乾貴士が先発したベティスがボールを握る展開になる。左のシャドーに入った乾はしきりにパスを受ける動きを見せて攻撃の活性化を図る。その乾は11分、ベティスの自陣からのカウンターから右サイドに流れた乾へ送られると、ボックス手前右から左足でシュート。GKの正面に飛んでしまったが積極的な姿勢を見せる。 ▽守備では3バックのセンターに入ったハビ・ガルシアを中心に相手をシャットアウト。乾は28分にも今度はボックス手前左から右足でシュート。しかし、これは相手にもろに当たってしまう。31分にはF・ゲレーロ。これも相手に当たって枠の外へ。 ▽優勢に進めていたベティスだったが35分、敵陣でボールを失うと右サイドからカウンターを食らう。パスを受けて持ち上がったバジャドリーMFトニはボックス手前からゴール前に走り込んだアントニオにクロス。アントニオはこれをハーフボレーで決めてバジャドリーが先制した。 ▽追いかける形となってしまったベティスに更なるアクシデント。前半終了間際にハビ・ガルシアが足を痛めてマンディと交代を余儀なくされてしまった。 ▽前半のチーム内タッチ数が最多だった乾は後半に入っても果敢に攻撃に絡む。58分には左サイドからのクロスに頭で合わせに行くが上手くミートできず。さらにそのこぼれ球をカナレスがバイシクルで狙うも枠を捉えることができず。 ▽しかし、乾は60分にセルヒオ・レオンと交代。そのセルヒオ・レオンは早速、カナレスのパスからゴール前に侵攻。シュートは打てなかったもののゴールに迫った。70分過ぎにはベティスがボールを支配する時間帯に。W・カルバーリョがボックスの外から狙うが枠の外。左CKからはフィルポがヘディングシュートを放つ。さらに76分にシドネイがボックス手前左から狙ったシュートは枠に飛んだがGKの正面に。 ▽80分に、途中出場のロ・セルソがゴール正面でFKを獲得。これをブデブスが直接狙うがボール2つ分枠の上へ逸れた。 ▽試合も終わりに近づくにつれて徐々に元気がなくなってきたベティスは86分にはバジャドリーのアルカラスにゴールに迫られる場面も。 ▽その後、ベティスは最後までネットを揺らすことは出来ず試合終了。前節のアトレティコ戦に続いてリーグ戦2連敗となった。次節は柴崎岳所属のヘタフェと対戦する。 2018.10.22 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉、先発で違い見せるも途中交代…HSVはスコアレスドローで4戦負けなし《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部第10節が21日に行われ、ハンブルガーSV(HSV)とボーフムが対戦した。<br><br>HSVは酒井高徳と伊藤達哉が揃って先発。伊藤は左サイドで先発したが、なかなか攻撃は機能せず。HSV全体としてもチームで連動した攻撃を見せる回数は数えるほど。<br><br>それでも伊藤は徐々にエンジンがかかり始め、カットインからのシュートなどで存在感を示していく。HSVが得点の匂いをさせて前半を終えた。<br><br>後半も伊藤がエネルギッシュな働きを見せるが、63分にはスタミナ切れと判断されてか、途中交代。その後、攻め続けるHSVと体を張って守るボーフムという構図が続く。しかし、最後までスコアは動くことなく、スコアレスドローで終了した。<br><br>HSVはリーグ戦4試合負けなしとし、勝ち点1を分け合う結果となっている。なお、酒井高徳はフル出場を果たした。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.21 23:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース