本田圭佑の新天地にオーストラリアも浮上? イニエスタとともにAリーグがオファーか2018.05.12 13:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が、来シーズンはオーストラリアでプレーするかもしれない。オーストラリア『ニューカッスル・ヘラルド』が報じた。

▽セリエAのミランからメキシコのパチューカに挑戦の場を移した本田。今シーズンのリーガMXでは、前後期合わせて25試合に出場し7ゴール6アシストを記録。しかし、シーズン終了後にパチューカを去ることを明かした。

▽新天地を探す本田だが、手を上げたのがオーストラリアのAリーグだった。バルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタも招き入れたいと明かしているAリーグ。その他にも、世界的なプレーヤーを呼び込もうと、声を掛けているようだ。

▽Aリーグでは、サラリーキャップ制度を導入。チーム年俸の合計が定められているものの、制限を受けないマーキープレーヤーを各クラブが1人まで保有できる制度がある。過去には元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)やオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(現ミルウォール)元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏、元イングランド代表FWのエミール・ヘスキー氏らが迎えられていた。

▽複数クラブがこのマーキープレーヤー制度を利用する考えがあり、本田がAリーグ挑戦となればマーキープレーヤーの枠で迎え入れられることになる。イニエスタの去就も気になるところだが、本田も含めオーストラリアに再びスター選手が集まることになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

元U-19日本代表FW木下康介、シント=トロイデン入り目前か 横浜FCユース時代にはシティからオファー

シント=トロイデンが元U-19日本代表FW木下康介(24)の獲得に迫っているようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えている。 木下は横浜FC下部組織出身。同クラブ在籍時には、自ら入団テストを打診したマンチェスター・シティからオファーを受けたが、2013年にフライブルクU-19への移籍を決断した。その後、トップに上がることはできなかったが、ドイツ4部リーグのホンブルクを経て、2017年にスウェーデン1部のハムスタッズBKに入団。同年にチームは2部に降格したが、木下は昨シーズン公式戦34試合15ゴール3アシストを記録した。 今回伝えられるところによると、ベルギーのシント=トロイデンが木下の獲得が決定的になっている模様。15日に現地に到着し、16日にメディカルチェックを受けるようだ。 日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するシント=トロイデンには現在、DF遠藤航、DF冨安健洋、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍。木下が加入することになれば、6人目の日本人選手となる。 2019.01.16 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【欧州4大リーグ日本人選手前半戦総括&評価】長谷部が最高評価! 最低は香川…

欧州4大リーグの2018-19シーズンの前半戦が終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。 ※<span style="color:#ff3300">★★★★★</span>が最高、☆が最低 ★長谷部誠[フランクフルト]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:11(先発:11)ゴール数:0 ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:6)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★★</span>☆ ◆新監督の下でもリベロ定着 フランクフルトでの5シーズン目を迎えた今季も、ここ2シーズン定位置となった3バックのセンターで抜群の存在感を示した。開幕当初はヒュッター新監督の信頼を得られていなかったが、前任のニコ・コバチ監督同様にリベロで起用されると、チームは安定感を増し、2度の公式戦5連勝に貢献した。ヨーロッパリーグ(EL)を平行して戦っていたチームはラツィオやマルセイユが同居したグループを圧巻の全勝で首位通過を果たし、ブンデスリーガでも6位と好成績を収めて前半戦を終えた。縁の下の力持ち的な存在となっている長谷部に対しクラブは12月、今季で切れる契約を1年延長する当然の決断を下している。 ★大迫勇也[ブレーメン]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:14(先発:11)ゴール数:3 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:1 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆移籍成功 降格したケルンからブレーメンに新天地を求めた大迫。ロシア・ワールドカップでゴールを決めるなど存在感を示した大迫はその勢いのまま、新チームでも一定の活躍を見せた。伝統的に攻撃色の強いチームカラーであるブレーメンに大迫はうまくフィットし、第9節終了時には4位とチーム共々、好スタートを切った。ただ、その後失速したチームは10位で前半戦を終えており、大迫としては3ゴールに終わった得点数を後半戦に伸ばしたいところだ。 ★原口元気[ハノーファー]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:14(先発:8)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★</span>☆☆☆ ◆守備に奔走 昨季後半、昇格に貢献したデュッセルドルフではなく、ハノーファーが新天地となった原口。背番号10を背負い、意気揚々と臨んだはずのシーズンだったが、元々ハードワークが売りの無骨なチームであるハノーファーでは、ヘルタ・ベルリン時代同様に守備に奔走することになった。大半のチームがハノーファーより格上であることから3バックの右ウイングバックを務めた原口は守備をせざるを得ず、苦しいプレーが続いた。当然ゴールも奪えずチームも17位に沈み、後半戦に向けて不安が募る前半戦となった。 ★浅野拓磨[ハノーファー]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:7(先発:6)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:2(先発:2)ゴール数:1 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆ケガ続きでアピールできず 昨季のシュツットガルトに続き、同じブンデスリーガのハノーファーへのレンタル移籍となった浅野。カウンター主体のチームで彼の走力が生きそうな予感もしたが、如何せん負傷が多く、肝心なところでチャンスをフイにしてしまった。結局、リーグ戦でゴールは奪えず、チームの力になることはできずじまいだった。 ★宇佐美貴史[デュッセルドルフ]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:12(先発:8)ゴール数:1 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★</span>☆☆☆ ◆徐々にチームの力に 昇格に貢献したデュッセルドルフに残留した宇佐美。W杯の影響で合流が遅れたために開幕当初はなかなか出場のチャンスが巡ってこなかったが、宇佐美の能力を勝手知ったるフンケル監督によって前半戦終盤に出場のチャンスが回り、期待に応えて見せた。課題の守備をこなしつつ、ゴールに絡むプレーを見せた宇佐美の活躍もあって、チームは最下位を脱出し、3連勝で前半戦を終えることに成功した。 ★久保裕也[ニュルンベルク]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:11(先発:9)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆ブンデス挑戦もノーゴール ヘントで結果を残し、ブンデスリーガの舞台に足を踏み入れた久保。ただ、これまでゴールを量産してきたスイスやベルギーとはリーグのレベルが違ったようだ。もちろん、ドイツでも久保のテクニックは十分通用するレベルにあるように思うが、相手に怖さを与えるプレーが少なく、脅威となっていなかった。最下位に沈むチームにあってそもそもゴール前でのプレー回数が限られているが、後半戦ではゴールにこだわったプレーを見せてほしい。 ★香川真司[ドルトムント]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ブンデスリーガ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0 チャンピオンズリーグ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価:☆☆☆☆☆ ◆戦力外 いよいよドルトムントでの時間は終わりに近づいているのかもしれない。開幕前からファブレ監督の構想外と見られていた中、その序列を覆すことができなかった。とりわけ、若手の台頭が凄まじく、香川にそもそもチャンスが巡ってこなかった。希望のスペイン移籍は実現するか。 ★吉田麻也[サウサンプトン]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>プレミアリーグ出場試合数:9(先発9)ゴール数:0 FAカップ出場試合数:0(先発: 0)ゴール数: 0 EFLカップ出場試合数: 3(先発:3)ゴール数: 0 評価: <span style="color:#ff3300">★★</span>☆☆☆ ◆新監督の信頼を掴み苦境脱出へ サウサンプトンでの7シーズン目はW杯での合流遅れが響き、厳しいスタートとなった。ただ、チームが結果を出せず12月にヒューズ監督が解任され、ハッセンヒュッテル監督が就任したことが吉田にとっては事態を好転させるキッカケとなった。新監督の就任によってスタメンの機会を得た吉田は、アーセナル戦で勝利に貢献すると、新年初戦のチェルシー戦ではマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍で無失点に抑え、レギュラー定着をアピールしている。 ★武藤嘉紀[ニューカッスル]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>プレミアリーグ出場試合数:12(先発5)ゴール数:1 FAカップ出場試合数:0(先発:0)ゴール数:0 EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆プレミアの壁 マインツで3シーズンを過ごした後、プレミアに活躍の場を移した武藤だったが、その壁は厚かった。守備的な戦術を敷くベニテス監督の下、個の能力で屈強な相手DFを突破しなければならず、前線で孤立する場面が目立った。結局、ユナイテッド戦で1ゴールを決めたのが前半戦での唯一のハイライトとなってしまった。 ★岡崎慎司[レスター・シティ]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>プレミアリーグ出場試合数:13(先発1)ゴール数:0 FAカップ出場試合数:1(先発: 1)ゴール数:0 EFLカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆屈辱のノーゴール レスターでの4シーズン目を迎えた岡崎だったが、前半戦は屈辱のノーゴールに終わってしまった。そもそもリーグ戦では先発の機会が1試合のみと、ピュエル監督の信頼を掴めず出場のチャンス自体もらえていなかった。試合終盤の数分に途中出場するだけではコンディションが上がってこないのも無理はない。 ★乾貴士[ベティス]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>リーガエスパニョーラ出場試合数:8(先発:5)ゴール数:0 ヨーロッパリーグ出場試合数:4 (先発:2)ゴール数:0 コパ・デル・レイ出場試合数:2 (先発: 2)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆新天地で居場所見つけられず 他の日本代表選手たち同様、W杯での輝きをクラブチームに持ち込むことはできなかった。エイバルで過ごした3シーズンで攻守に働けるサイドプレーヤーに成長した乾だが、より攻撃色の強いベティスでは攻撃面で違いを生み出すことを求められた中、その期待に応えられていない。結局、ゴールはもちろん、アシストも記録できず前半戦を終えている。 ★柴崎岳[ヘタフェ]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190106_38_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>リーガエスパニョーラ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0 コパ・デル・レイ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆失敗だった残留の選択 W杯での活躍により市場価値が高騰した柴崎だったが、芳しいオファーがなくヘタフェに残留する決断を下してしまった。この判断が結果的に間違いだった。中盤を経由しないロングボールを多用するボルダラス監督と柴崎のプレースタイルは相入れず、リーガではわずか3試合の出場機会を得るに留まった。W杯で自信を掴んだ柴崎にとっては実にもったいない半年となってしまった。 2019.01.15 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

板倉滉の電撃的なシティ経由蘭行き、実現の背景とは…

フローニンヘン上層部がU-22日本代表DF板倉滉(21)のマンチェスター・シティを経由した加入の舞台裏を明かした。オランダ『RTV Noord』が報じた。 川崎フロンターレの育成機関で育った板倉は2015年にトップチーム昇格。昨年、ベガルタ仙台にレンタル移籍した。そして、プレミアリーグ王者のシティが14日、完全移籍で獲得。その後、2020年夏までフローニンヘンにレンタル移籍することが決まった。 フローニンヘンのマネージング・ディレクターを務めるハンス・ナイラント氏は、電撃的な板倉加入の背景について次のようにコメント。やはりイングランドでプレーするのに必要な労働許可書の問題が要因だったという。 「(移籍の背景? )あるとき、マンチェスター・シティ側からアプローチを受けた。彼をここでプレーさせられるかどうかの問い合わせでね。理由は堂安(律)の存在だろう。シティも彼をどこかに行かせる必要があった。労働許可書がないからね」 また、フローニンヘンのテクニカル・マネージャーを務めるロン・ヤンス氏は、板倉の起用プランについて言及。守備的MFとしての立ち回りを推測した。 「(板倉について?) 彼は仙台でセンターバックを主戦場にプレーしてきたが、我々は中盤センターの選手として考えている。彼は上背があるが、より多くのボールに絡むことを好む守備的MFだ。彼自身も中盤の選手だと思っている」 フローニンヘンは現在、板倉と各世代別代表でも同僚だった日本代表MF堂安律が在籍。今シーズンはエールディビジ前半戦終了時点で4勝3分け10敗の15位に低迷している。 2019.01.15 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

急転ボルドー移籍が浮上した香川真司、ドルトSDが「知らない」と否定

リーグ・アンのボルドーへの移籍が急浮上したドルトムントのMF香川真司だが、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が否定した。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じた。 今シーズンはドルトムントでの出場機会に恵まれず、今冬の移籍希望を口にしている香川。スペインへの移籍を希望していたが、突如としてフランスへの移籍が報じられた。 フランスのジャーナリストであるエリック・バレール氏が自身のTwitter(@ebarrere70)で香川がボルドーへと移籍すると投稿。半年間のレンタル移籍で基本合意しているとしていた。 しかし、この件についてツォルクSDは「私はその件について知らない」と否定した。 香川はスペインへの移籍を希望しているものの、EU圏外の選手となるため、外国人枠の問題がついてくる。今冬の移籍には、外国人枠が少なからず足かせとなり、外国人枠がないリーグに移籍するのが現実的と見られている。 ドルトムントに残留しても出場機会がない香川だが、果たしてどこに移籍するのだろうか。 2019.01.14 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

岡崎と吉田不在の対決は10人のセインツが逃げ切り勝利で降格圏脱出《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、レスター・シティvsサウサンプトンが12日に行われ、1-2でサウサンプトンが勝利した。レスターのFW岡崎慎司はベンチ外、サウサンプトンのDF吉田麻也はアジアカップ参戦中のため欠場となった。 新年初戦の前節エバートン戦を1-0と勝利して7位に浮上したレスター(勝ち点31)は、直近のFAカップで4部相手に先発しながらもチャンスを決めきれなかった岡崎がベンチ外となった。 一方、前節チェルシー戦を吉田の活躍もあってゴールレスドローに持ち込んだ18位サウサンプトン(勝ち点16)は、吉田がアジアカップ参戦中のため欠場となった。 日本人が不在となった一戦は、アームストロングが序盤に際どいシュートを2本放つなどサウサンプトンが良い入りを見せると、10分にPKを獲得した。ロングがボックス左に侵入したところでメンディに倒された。このPKをワード=プラウズが決めてサウサンプトンが先制した。 失点を受けて前がかるレスターに対し、シュートを打たせないサウサンプトンは28分に追加点のチャンス。しかし、CKからスティーブンスの放ったヘディングシュートはGKシュマイケルにセーブされた。 すると35分、レスターに同点のチャンス。FKの流れからルーズボールをボックス左のモーガンがプッシュ。しかし、ゴールライン前に戻ったベドナレクに決死のクリアで阻まれた。 だが45分、レスターは数的優位となる。チルウェルと再三やりあってイエローカードを受けていたヴァレリがオルブライトンを倒して2枚目のイエローカードを受け、退場となった。 ところが追加タイム2分、10人のサウサンプトンがロングの今季初ゴールで加点する。ロングボールを収めたロングがメンディとの競り合いを制してボックス左に侵入。ゴール右にシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 後半からメンディとオルブライトンに代えてグレイとバーンズを投入したレスターは開始4分、マグワイアのミドルシュートでGKを強襲。続く52分にもマディソンもミドルシュートでGKを強襲したレスターが攻勢に出ると、58分に1点差に詰め寄った。 リカルド・ペレイラが右サイドゴールライン際までえぐって折り返したクロスをエンディディが身体で押し込んだ。 その後もレスターが攻勢に出る中、76分にチョーダリーに代えてゲザルを投入し、3枚の交代枠を使い切った。そのレスターが終盤にかけても押し込む流れが続いたが、決定的なチャンスは作れずに1-2で敗戦。 一方、リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にしたサウサンプトンは17位に浮上し、降格圏を抜け出している。 2019.01.13 01:58 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース