鹿島、流経大柏高DF関川郁万の来季加入内定を発表2018.05.12 13:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは12日、流通経済大学付属柏高校のDF関川郁万(せきがわ いくま/17)の2019シーズン加入内定を発表した。▽関川はFC多摩から流経大柏高に進学。年代別日本代表にも選出されている身長182cm、体重72㎏のディフェンダーだ。クラブは同選手の特徴を「空中戦と対人の強さが特徴のセンターバック。打点の高いヘディングを生かした、セットプレーからの得点力も武器」と紹介している。
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪復帰の呉屋大翔、2017年末の入籍を事後報告 「移籍などでバタバタして…」

ガンバ大阪は21日、FW呉屋大翔(25)の入籍を発表した。 流通経済大柏高校出身の呉屋は関西学院大学に進学後、3年連続の関西学生リーグ得点王の肩書をひっさげて2016年にG大阪入団。2018年から武者修行としてレンタルで徳島に加わり、今年からG大阪に復帰した。 2017年末の入籍を事後報告した呉屋はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「移籍などでバタバタしていて報告がおそくなりましたが、入籍をしました。ガンバに復帰した今シーズン、家族の為にも飛躍の年となるよう、より一層サッカーに打ち込んでいきたいと思います。これからも応援、よろしくお願いします」 2019.01.21 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌退団のDF横山知伸、昨年末脳内に腫瘍を発見…摘出手術を実施「必ずピッチに戻ります!」

北海道コンサドーレ札幌は21日、昨年12月に契約満了となっていたDF横山知伸(33)が脳内に腫瘍が見つかったことを発表した。 クラブの発表によると、横山は昨年12月24日の夜に体調不良となり、自宅のある埼玉県の病院へ緊急搬送。検査の結果、脳内に腫瘍が見つかり、転院後の12月31日に腫瘍の摘出手術を実施し、約2週間の入院を経て、現在は次の治療に向けて準備しているという。今後は1月23日に再入院し、再発防止のために治療に専念することを伝えている。 今回の件に関して横山は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このような形でコメントを出すことになり、自分でも驚いています。昨年末に今回のことが発覚し、入院・手術を致しました。腫瘍摘出手術は成功し、今は次の治療に向け準備をしている状況です」 「自分がこの様な状況なってからですが、世の中には 自分と同じような病気を抱えながらも頑張っている方々がたくさんいる ということに気づきました」 「自分はサッカー選手として、そんな方々へ夢や感動を与えられるよう、頑張っていきたいと強く思いました」 「必ずピッチに戻ります! 皆さんに良い報告ができるように頑張ります。最後に、自分の今の気持ちを伝えれるこのような場を設けてくださった、北海道コンサドーレ札幌の皆様に心より感謝申し上げます」 川崎フロンターレやセレッソ大阪でプレーした横山は、2018年に大宮アルディージャから札幌に完全移籍。同年8月にロアッソ熊本に期限付き移籍し、明治安田生命J2リーグに7試合出場した。 2019.01.21 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW金崎夢生、鳥栖残留 今季契約を更新

サガン鳥栖は20日、元日本代表FW金崎夢生(29)の契約更新を正式発表した。 金崎は大分トリニータ、名古屋グランパス、ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)を渡り歩き、2015年に鹿島アントラーズ入りすると、同年にJリーグベストイレブンを受賞。2018年途中から鳥栖に移り、明治安田生命J1リーグ15試合に出場して3得点をマークした。だが、その金崎を巡っては今冬、古巣ポルティモネンセ入りの可能性が浮上。去就が不透明な状況だった。 今シーズンも引き続き鳥栖でプレーすることが決まった金崎はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今年もサガン鳥栖でプレーするチャンスつくってくれた社長、友人、そして私に関わってくれた全ての方々に感謝しています。ありがとうございます。その気持ちを忘れずにしっかりプレーしたいと思います。サポーターのみなさん、今年もよろしくお願いします。自分に出来る事を精一杯出してチームに貢献したいと思います」 2019.01.20 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖、元バルサのクエンカ獲得を正式発表 背番号「7」に決定

サガン鳥栖は19日、CFレウス(スペイン)に所属するスペイン人MFフアン・イサック・クエンカ・ロペス(27)の完全移籍加入を正式発表した。背番号「7」を着用する。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会となるクエンカはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖ファミリーの皆さん、こんにちは! まず、私に大きなチャンスを与えてくれたクラブの社長及び関わる全ての方に感謝します。サガン鳥栖ファミリーの一員になれてとても幸せであり、これは私にとって大きなチャレンジになると思います。全ての練習と試合において、サガンティーノとクラブのために全力を尽くして闘う事を約束します。応援よろしくお願いします!」 なお、契約期間などの詳細については明らかにされていないが、スペイン『マルカ』など事前の報道によれば、1年の延長オプションが付随した3年契約での鳥栖加入とみられる。 2019.01.19 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグアジアチャレンジに札幌と広島が参加!

Jリーグは18日、1月26日、27日にタイで開催する「2019 Jリーグ アジアチャレンジinタイ」に関する情報を発表。北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が、今年は参加することとなった。 Jリーグからは、札幌と広島が参加し、タイからはチョンブリFCとバンコク・ユナイテッドFCが参加する。 試合は1月26日(土)にチョンブリFCと広島が、27日(日)にバンコク・ユナイテッドと札幌が対戦。キックオフはともに日本時間の20時となる。 広島には昨シーズンまでFWティーラシン・デンダーが所属しており、札幌には2018シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれたMFチャナティップ・ソングラシンが所属。試合は日本とタイで生中継される。 ◆日程 ▽1月26日(土) 《20:00》 チョンブリFC vs サンフレッチェ広島 ▽1月27日(日) 《20:00》 バンコク・ユナイテッド vs 北海道コンサドーレ札幌 2019.01.18 18:44 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース