ララナ、ブライトン戦途中出場で復帰か2018.05.12 09:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するイングランド代表MFアダム・ララナが、13日に行われるプレミアリーグ最終節ブライトン戦で途中出場する可能性があるようだ。

▽昨年8月にハムストリングを負傷して前半戦を棒に振ったララナ。12月下旬に復帰を果たしたものの、今年3月31日に行われたプレミアリーグ第32節のクリスタル・パレス戦で再発してしまい、今シーズン中での復帰は難しいと思われていた。

▽先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのローマ戦に向けたメンバーに入るも試合に出場することがなかったララナだが、ここにきて復帰の可能性が出てきた。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が以下のように語っている。

「アダム(・ララナ)は約1週間通常通り練習している。昨日も問題なく練習を行った。彼は長い間フットボールを行っていない。しかし、アダムはアダムだ。OKに見えるよ」

「今の段階で完璧なことは、数分からスタートすることだ。そうするチャンスがあるかを見てみる。ただし、彼はできる限りコンディションを整えているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

サラー、やはりW杯参加は不可能か「彼の離脱期間は2カ月。リヴァプールが大会参加を許さない」

26日のチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦(1&minus;3)の前半に負傷交代を強いられたリバプ-ルFWモハメド・サラーが、エジプト代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に参加することはやはり困難なのかもしれない。<br><br>サラーはこのレアル・マドリー戦前半にレアルDFセルヒオ・ラモスと接触し、肩を負傷。エジプトサッカー協会は同選手が骨折ではなく、靭帯の負傷であるとして、来月15日行われるW杯初戦に間に合う見込みであることを発表した。<br><br>だが違う見解を示すのが、サウジアラビアのスポーツ庁ツルキ・ビン・アブドルモーセン・アル・アルシェィク長官だ。エジプトのクラブ、アル・アハリの名誉会長を務めた経験もあるなど、同国と関係が深いアルシェイク長官はSNSを通じ、サラーについて次のように語った。<br><br>「嘆かわしいことに、我々アラブの偉大なスターであるモハメド・サラーは、負傷により2カ月の離脱を強いられることが確認されたつまりは、W杯を失うということだ」<br><br>「思うに、リバプ-ルはサラーのコルチゾン注射を認めないだろう。長期的にみれば選手にとって危険なことだし、2カ月をかけてしっかり治すように重圧をかけるはずだ。それはつまり、モハメド・サラーをW杯で見られないことを意味する」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

退団示唆のC・ロナウド、スペイン大物記者は「契約に不快感を覚えていた。退団を求めるのだろう」

レアル・マドリーからの退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドについて、スペインの大物記者がコメントしている。<br><br>26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、リバプ-ルに3-1と勝利を収めたレアル。前人未到の三連覇を成し遂げたが、試合後にC・ロナウドが退団を示唆する発言を残し、さらにミックスゾーンでも「レアルとの問題は以前からあった」と語るなど、エースに移籍の可能性が浮上している。<br><br>このコメントに対し、レアルの公式本を手がけるなどスペインで最も有名な記者の1人でもあるエンリケ・オルテゴ氏は、『beIN sports』で自身の見解を述べている。<br><br>「クリスティアーノは、自ら望んでそのテーマについて話した。どうやら、最近に移籍する意思をチームメートに伝えていたようだ。彼は脱税疑惑や、クラブとの契約に不快感を覚えていた。クラブに退団を求めるのだろう」<br><br>『Goal』の取材では、以前に本人がポルトガル代表チームメイトに中国について尋ねたことが明らかとなっている。<br><br>クラブ史上最多得点者であり、数々の伝説を作ってきたC・ロナウド。33歳となったエースだが、ついに退団のときが近づいているのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.05.27 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセロ、退団示唆したC・ロナウドについて「驚きはなかった。残るかは分からない」

レアル・マドリーDFマルセロは、FWクリスティアーノ・ロナウドが同クラブ退団を示唆したことについて、「驚きはなかった」と語った。<br><br>C・ロナウドは26日のチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦(3-1)直後に、「ここにいられることは、とても素晴らしいことだった。ずっとそばにいてくれたファンに対して、数日以内に一つの返答をしたい」と語り、レアル・マドリーを退団した。<br><br>スペイン『カデナ・コペ』とのインタビューに応じたマルセロは、C・ロナウドのこの発言についての見解を求められて「驚きはなかった」と返答。ポルトガル代表FWが実際に退団する可能性を問われると、「分からない。プライベートなことだから」と語るにとどまった。<br><br>マルセロはその一方で、スペイン『アス』などに対しては「僕は残ると思う。決めるのは彼とクラブだが、僕は残ると思っている」と、もう少し前向きな発言を残している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.27 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今夏リバプール行き噂されるフェキルだが「レッズ行きは近くない」と否定

▽今夏のリヨン退団が決定的なフランス代表FWナビル・フェキル(24)だが、新天地の有力候補に挙がるリバプール行きを否定している。同選手がフランス『テレフット』で明かした。 ▽フランス『レキップ』は今月初めにリヨンが今夏にフェキルの移籍を許可したと報じた。同紙が伝えるところによれば、フェキルとリヨンは2020年までの新契約を結んだ際に今夏のタイミングでの移籍を許可することで合意に達していたという。そして、クラブは適切なオファーが届けば、快く同選手を送り出す構えだ。 ▽そのフェキルに関してはアーセナルやレアル・マドリーなど錚々たるビッグクラブが関心を示していると伝えられてきたが、先日にフランス『カナル・プリュス』はリバプールが6500万ユーロ(約84億8000万円)前後の金額で獲得することが濃厚だと主張していた。 ▽しかし、27日に『テレフット』のインタビューに答えたフェキルは自身がリバプール行きに迫っているとの噂を否定。さらに、ロシア・ワールドカップ前に急いで去就を決定するつもりがないと主張している。 「僕はレッズ(リバプール)行きに近づいていない。現在、幾つかのクラブとの間で話し合いが行われている。僕たちには考えるための時間が必要だ」 ▽リヨンの下部組織出身のフェキルは2013年にトップチームデビュー。卓越した左足のテクニック、溢れる攻撃センスを武器に2列目を主戦場にリヨンの攻撃陣をけん引してきた。“フランスのメッシ”と評される逸材は、今季の公式戦40試合に出場し23ゴール8アシストを記録している。 2018.05.27 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

カリウス・ウォーク・アローン…失意の守護神に同僚は救いの手差し伸べず

▽リバプールは26日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーとキエフのオリンピスキ・スタジアムで対戦し、1-3で敗れた。 ▽13年ぶり6度目の優勝を目指したリバプールだったが、前半半ばのエースFWモハメド・サラーの負傷交代というアクシデントに見舞われると、後半立ち上がりにはGKロリス・カリウスのスローイングミスからFWカリム・ベンゼマに先制点を許す。その後、FWサディオ・マネのゴールですぐさま追いつくも途中出場のMFガレス・ベイルに圧巻のオーバーヘッドシュートを決められて勝ち越しを許す。さらに、試合終盤にはベイルの無回転のミドルシュートをGKカリウスが弾き損ねて再びネットを揺らされ、最終的に1-3の敗戦を喫した。 ▽2連覇中の王者相手に屈して13年ぶり6度目の優勝を逃したリバプールだったが、それ以上にサポーターを失望させたのが、カリウスに対するチームメートたちの対応だったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽同試合後、2失点に絡む痛恨のミスを犯したカリウスは自身の責任を痛感しピッチに倒れ込んで全く動けず。しかし、数分経っても失意のどん底に陥った守護神に対して、声を懸けに行くチームメートは1人もおらず。そして、カリウスの様子を心配して最初に声をかけたのは殊勲のゴールを決めたベイルやレアル・マドリーの選手たちだった。 ▽その後、チームスタッフや第3GKアダム・ボグダンに寄り添われてようやく立ち上がったカリウスはサポーターに謝罪の挨拶をして回ると、怒りや悔しさをかみ殺したサポーターから慰めと労いの拍手が同選手に送られた。 ▽そして、リバプールのサポーターはSNS上を中心にカリウスへ救いの手を差し伸べなかった選手たちの振る舞いを痛烈に非難した。『サン』が伝えた一部サポーターの意見は以下の通り。 ・「レアル・マドリーの選手たちはカリウスの下に寄ってきたが、リバプールの選手は誰も彼の近くに行かなかった」 ・「ほとんどのリバプールの選手はカリウスを慰めに行かなかった。それは“You'll never walk alone(君は一人じゃない)”の精神に反するものだ」 ・「カリウスはレアル・マドリーの選手たちによって抱き起される必要があった。僕の目にリバプールの選手の姿は映らなかった。それは本当に悲しいことだ」 ・「もちろん、カリウスのプレーは酷かった。だけど、このチームが試合後に見せた姿を見ると、トロフィーに相応しくなかったと感じている」 ・「カリウスが気の毒でならない。彼は涙と共にピッチを去った。そして、レアル・マドリーの選手たちはサポートに来たが、彼の仲間は誰一人近づいてこなかった。それこそ彼の人生において最悪の瞬間だったと思う」 ▽もちろん、茫然自失でピッチに座り込む同胞MFマテオ・コバチッチに慰められたDFデヤン・ロブレンら一部選手にカリウスを慰める余裕はなかったかもしれないが、キャプテンのMFジョーダン・ヘンダーソンやMFジェームズ・ミルナーらベテランプレーヤーを中心にすぐさまカリウスへの連帯を示す必要があったはずだ。 ▽チームとしての一体感に加え、敗者への心遣いを見せた王者レアル・マドリーとは対照的に、カリウス1人に敗戦の責任を押し付けたようにも見えるリバプールの選手たちの姿は、悲願のCL制覇を達成できなかったこと以上にサポーターを失望させたようだ。 2018.05.27 16:50 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース