【リーガエスパニョーラ第37節プレビュー】無敗バルサはレバンテ戦! セビージャ・ダービーも開催2018.05.12 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末に行われた第36節では白熱のエル・クラシコが痛み分けのドローとなったほか、2位アトレティコ・マドリー、4位バレンシアが共に敗戦と上位陣が揃って取りこぼし。また、ミッドウィークに行われた第34節延期分の2試合ではバルセロナがビジャレアルに圧勝した一方、レアル・マドリーはセビージャに敗戦を喫した。▽優勝争いにチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、残留争いがすべて決した中、残り2試合で注目すべきは38試合制で初となる無敗優勝が懸かるバルセロナとヨーロッパリーグ(EL)出場権争いだ。

▽10人での戦いを強いられたエル・クラシコを2-2のドローで終え、ミッドウィークに行われたビジャレアル戦も5-1の圧勝で飾ったバルセロナは、今節16位のレバンテとのアウェイゲームに臨む。戦前にはホーム最終戦のレバンテサイドから無敗優勝ストップに向けて意気込みの声が上がっているものの、すでに残留を決めている状況だけに、モチベーションの面では明らかにバルセロナに分があるはずだ。そのバルセロナではクラシコでマルセロの顔面を叩いたMFセルジ・ロベルトが4試合の出場停止で起用できないものの、それ以外に目立ったケガ人はおらず、万全の状態で臨める。注目はゴールデンブーツ獲得に向けてポールポジションに立つ今季34ゴールのFWメッシと、直近のビジャレアル戦で好パフォーマンスを披露したMFコウチーニョとMFデンベレの新加入組だ。

▽また、6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)、8位ヘタフェ(勝ち点52)の3チームが残り2枠を争うEL出場権争いでは、すでに7位以内を確定している5位ベティス(勝ち点59)とセビージャによる、セビージャ・ダービーに注目が集まる。

▽前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ELストレートインもお預けとなった。さらに、ミッドウィークの延期試合でセビージャが勝利したため、残り2試合での7位転落の可能性が出てきており、その場合来季はEL予選3回戦からシーズンをスタートすることになる。その意味でより重要性を増すエスタディオ・ベニート・ビジャマリンでのダービーでは勝ち点奪取が求められる。

▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。しかし、前回対戦で敗れているベティス相手にシーズンダブルを許すようだと、勝ち点2差に迫るヘタフェに抜かれて最低限のノルマであるEL出場権を逃がす可能性も十分にある。そのため、中2日で敵地でのダービーといえども勇敢な戦いが求められる。

▽ベティスの勝利に期待しつつ、逆転でのEL出場権獲得を目指すヘタフェはホーム最終戦で2位アトレティコとの自治州ダービーに挑む。前回対戦では格の違いを見せ付けられ0-2で敗戦したヘタフェだが、直近5試合では4勝1分けと絶好調だ。加えて、アトレティコは来週ミッドウィークにマルセイユとのEL決勝を控えており、大幅なターンオーバーを行う可能性が高い。そのため、勝機は十分にあるはずだ。なお、直近のラス・パルマス戦で5試合ぶりの出場と共にフル出場を果たしたMF柴崎岳としては、堅守アトレティコを相手に攻撃面で違いをみせ、日本代表のワールドカップメンバー入りに向けて最後のアピールと行きたい。

▽また、最終節にレアル・マドリー戦を控えるビジャレアルはすでに降格が決定した18位デポルティボ
のホームに乗り込む今節での勝利が必須だ。そのためにはバルセロナ戦で5失点を喫した守備面の立て直しが急務だ。また、好調を維持するFWバッカらがきっちり決定機を決めきることも必要となる。

▽その他の注目はそれぞれ今季のホーム最終戦に臨む3位レアル・マドリーと10位エイバルの2チームの戦いだ。直近のセビージャ戦では主力を温存した結果、2-3の敗戦を喫したレアル・マドリー。今季最重要試合であるCL決勝リバプール戦を26日に控える中、ビジャレアルとの最終節では主力温存の可能性が高い。それだけにホーム最終戦となる今回のセルタ戦ではある程度主力を投入し、苦戦が続いたリーガでの戦いを良い形で締めくくりたいところだ。一方、エイバルでは2015年の加入から3年間を過ごしたイプルーアに別れを告げるMF乾貴士に注目だ。直近のジローナ戦では今季5点目を含め、3点に絡む圧巻のパフォーマンスを披露しており、守備に難のある19位ラス・パルマス相手の本拠地ラストゲームで持ち味の積極的な仕掛けやゴールで見せ場を作りたいところだ。

《リーガエスパニョーラ第37節》

▽5/12(土)
《23:15》
レアル・ソシエダ vs レガネス
《25:30》
アラベス vs ビルバオ
デポルティボ vs ビジャレアル
エイバル vs ラス・パルマス
ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー
ジローナ vs バレンシア
ベティス vs セビージャ
《27:45》
レアル・マドリー vs セルタ

▽5/13(日)
《23:15》
エスパニョール vs マラガ
《27:45》
レバンテ vs バルセロナ

コメント

関連ニュース

thumb

【プレミアリーグ第8節プレビュー】リバプールとシティが激突! 要注目の首位攻防戦

▽第7節ではチェルシーとリバプールが激突した。直前に行われたEFLカップ3回戦でも対戦した両者は、アザールのゴールでチェルシーが勝利。それから中2日で再び相まみえることになった前節は、アザールの2試合連続ゴールでチェルシーが先制するものの、後半途中から出場したスタリッジが土壇場でゴールを決めドロー決着。勝ち点1を分け合う結果となった。そのほかの上位陣が順当に勝利を収める中、マンチェスター・ユナイテッドはウェストハムに敗れ、早くも今季3敗目を喫した。 ▽インターナショナルウィーク前最後のリーグ戦となる今節は、リバプールはマンチェスター・シティとの大一番を迎える。2試合連続のチェルシー戦に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でナポリとのビッグマッチを戦ったリバプールは厳しいスケジュールとなっている。 ▽チェルシー戦のドローにより、開幕からの連勝が「6」でストップしたリバプールは、依然リーグ無敗も、ナポリ戦に敗れ直近の公式戦3試合では1分け2敗と調子を落としてきている。さらにそのナポリ戦で、N・ケイタが負傷しこの試合の出場は微妙に。それでもリーグ戦ホームでのシティ戦は3連勝中。首位相手に勝利を収められれば一気に自信を取り戻すことが出来そうだが…。 ▽一方、シティはCLでホッフェンハイムを下し公式戦4連勝。リーグ戦に目を向けても4連勝、またエースのアグエロは2試合連続ゴール中と万全の状態でリバプール戦に臨む。順位も気付けば首位浮上。昨季王者が不調リバプールに襲いかかる。 ▽そのシティとリバプールを追う3位のチェルシーは、10月の日本代表にも選ばれた吉田所属のサウサンプトンのホームに乗り込む。リバプールとの2連戦を1勝1分けで乗り切り、好調アザールとともにセント・メリーズ・スタジアムに乗り込む。片やサウサンプトンは、ここまでわずか1勝で16位に位置。また、プレミアでリーグでのチェルシー戦ここ5試合で全敗と今回も厳しい戦いが予想される。それでもEFLカップでは、吉田が今季2度目の先発出場を果たしエバートンをPK戦の末に撃破。この勢いを持続したいところだ。 ▽4位のトッテナムは昇格組のカーディフをホームに迎える。プレミアリーグでは2013-14シーズン以来の対戦だが、そのシーズンはトッテナムがホーム、アウェイともに1-0で勝利を収めている。ケガ人を多く抱えるトッテナムは、直近のCKバルセロナ戦で守護神ロリスが復帰したものの、2-4で完敗。デレ・アリ、エリクセン、ヴェルトンゲン、デンベレら負傷者の出場は未定だが、勝ってスッキリと中断期間に入りたい。 ▽フルアムとのアウェイ戦に臨むアーセナルは、直近のELカラバフ戦に快勝し公式戦8連勝と波に乗っている。しかし、ロンドン・ダービーではここ8試合でわずか1勝と苦手意識が。今、その苦手意識を払拭する時か。 ▽不振にあえぐユナイテッドは武藤所属のニューカッスルと対戦。ここ数試合、格下相手に敗れ、モウリーニョ監督解任も囁かれる赤い悪魔は、CLバレンシア戦も引き分け公式戦4試合勝ちなし。だが、ニューカッスル戦ここ36試合で負けたのは僅かに1回。26勝を誇っている。さらにモウリーニョ監督にとってホームでのニューカッスル戦は7戦全勝。勝利して調子を取り戻したい。 ▽その他、岡崎のレスター・シティはホームでエバートンと対戦する。リーグ戦4勝3敗で8位に位置するフォクシーズは、リーグ戦では2連勝、EFLカップも含めると3連勝と好調だ。勝てば4位や5位浮上も狙える今節、岡崎の今季リーグ戦初先発となるだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第8節 ▽10/5(金) 《28:00》 ブライトン vs ウェストハム ▽10/6(土) 《23:00》 トッテナム vs カーディフ レスター・シティ vs エバートン ワトフォード vs ボーンマス クリスタル・パレス vs ウォルバーハンプトン バーンリー vs ハダースフィールド 《25:30》 マンチェスター・ユナイテッド vs ニューカッスル ▽10/7(日) 《20:00》 フルアム vs アーセナル 《22:15》 サウサンプトン vs チェルシー 《27:30》 リバプール vs マンチェスター・シティ 2018.10.05 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第8節プレビュー】バレンシアvsバルサに、アトレティvs乾ベティス開催!

▽先週末に行われた第7節では注目のマドリード・ダービーがゴールレスドローで終わった中、首位バルセロナもアスレティック・ビルバオとドローに終わり上位陣は揃って足踏み。その一方で、ここまで唯一未勝利だったバレンシアがレアル・ソシエダ相手に待望の今季リーガ初勝利を飾っている。 ▽10月の代表ウィーク前最後となる今節はバレンシアvsバルセロナの強豪対決と、アトレティコ・マドリーvsベティス、バスク・ダービーと3つのビッグマッチが組まれている。 ▽前節、ホームでビルバオと引き分けてリーガ3戦未勝利と開幕公式戦5連勝から一転一気に調子を落とすバルセロナ。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではトッテナム相手のタフなアウェイゲームをエースFWメッシの圧巻の活躍などにより4-2のスコアで快勝。公式戦4戦ぶりの白星を手にして停滞ムードを見事に払しょくした。そして、このスパーズ戦での勝利を追い風に今節は難所メスタージャでリーガ4戦ぶりの白星を目指す。トッテナム戦での勝利によりメンタル面の充実は期待できるが、FWスアレスやMFブスケッツら一部主力のコンディションは気がかりなところだ。そのため、代表招集外で今後十分な休養を取れるメッシやDFジョルディ・アルバらの活躍に期待したいところだ。 ▽一方、前節ソシエダ相手に待望のリーガ初勝利を手にしたバレンシアは直近のCLでも敵地でマンチェスター・ユナイテッドから貴重な勝ち点1をもぎ取り復調傾向だ。今季ここまでの公式戦10試合でわずかに5得点と攻撃面は深刻な得点力不足に悩まされているが、FWゴンサロ・ロドリゲスやFWロドリゴ・モレーノら質の高いタレントが揃っているだけに被カウンター時の守備に問題を抱えるバルセロナ相手に何とかゴールをこじ開けたい。ただ、勝利に向けては接戦に持ち込む展開が必須だけにメッシらの攻撃を何とか最少失点以下で凌ぎたいところだ。 ▽前節、敵地でのダービー勝利こそ逃したものの現在3強の中で最も調子が良いアトレティコは、直近のCLでもエースFWグリーズマンの活躍によってクラブ・ブルージュに3-1の勝利を収めてCLグループステージ2連勝を達成。徐々にケガ人も復帰しており、代表ウィーク前の今節をきっちり勝利で飾りたい。バルセロナ並みに高いボール支配率を誇りながらも前線のパンチ力に欠けるベティスは非常に戦いやすい相手であり、持ち味の堅守と鋭いカウンターという得意のフィールドに相手を引きずり込めば、大量得点での勝利も十分に可能だ。 ▽一方、前節レガネスに1-0で競り勝ったベティスは直近のヨーロッパリーグ(EL)でも格下デュドランジュ相手に3-0の快勝を収め公式戦3連勝で無敗記録を「8」に伸ばしている。リーガではここまで5得点と決定力に問題こそ抱えているものの、チーム最大の売りである高いボールポゼッションを守備面に生かしており、堅守で競り勝つ形を新たなチームスタイルに反映させている。とはいえ、ここまでの対戦相手に比べ攻撃陣のタレントのレベルが大幅に上がるアトレティコとのアウェイゲームではその守備力が試される一戦となるはずだ。なお、前節レガネス戦で今季初めて出場機会なしに終わったMF乾貴士に関してはELで先発出場しており、ベンチスタートが濃厚だ。 ▽前述の2つの強豪対決と共に注目を集めるのが今季最初のバスク・ダービーだ。ここまでビルバオが15位、ソシエダが13位と順位表の上ではもの足りないところだが、ビルバオはここ最近の試合でレアル・マドリー、バルセロナ相手にドローゲームを演じており、潜在能力は十分だ。また、以前は友好的なダービーという印象が強かったものの、昨季ビルバオがDFイニゴ・マルティネスをソシエダから引き抜き、今夏もGKケパの売却資金でソシエダの若きエースFWオヤルサバルの引き抜きを画策したことが明らかになっており、敵地に乗り込むソシエダ陣営は並々ならぬモチベーションで今回の一戦に臨むはずだ。 ▽また、直近の公式戦3戦未勝利(2敗1分け)でロペテギ新体制で初めての危機を迎える2位レアル・マドリーは6位アラベスとの上位対決に臨む。セビージャ戦での大敗、ホーム開催のダービーでのドローを受けて必勝が求められたCLのCSKAモスクワ戦では序盤にMFクロースのミスから与えた失点を最後まで挽回できず、格下相手に今季のCLで初黒星を喫した。また、元エースFWクリスティアーノ・ロナウド不在で迫力不足が指摘される攻撃陣では12年ぶりに公式戦3試合連続無得点に終わり、FWベンゼマを中心にアタッカー陣へのプレッシャーは高まっている。そのため、敵地での難敵アラベス戦では公式戦4試合ぶりの勝利と共に攻撃陣の爆発が必須だ。 《リーガエスパニョーラ第8節》 ▽10/5(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs レアル・ソシエダ ▽10/6(土) 《20:00》 ジローナ vs エイバル 《23:15》 ヘタフェ vs レバンテ 《25:30》 アラベス vs レアル・マドリー 《27:45》 レガネス vs ラージョ ▽10/7(日) 《19:00》 バジャドリー vs ウエスカ 《23:15》 アトレティコ・マドリー vs ベティス 《25:30》 エスパニョール vs ビジャレアル セビージャ vs セルタ 《27:45》 バレンシア vs バルセロナ 2018.10.05 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第8節プレビュー】ユベントス開幕8連勝なるか、代表ウィーク前の強豪勢は格下と対戦

▽先週行われた前節ではユベントスがナポリとの今季のスクデットを争うビッグマッチをC・ロナウドが全3ゴールに絡む活躍を見せて制した。そして、ローマが伏兵ペッレグリーニの全3ゴールに絡む活躍でラツィオとのダービーを制し、2連勝としている。ミラノ勢ではインテルが3連勝を飾り、ミランが4試合ぶりの勝利を挙げている。迎える第8節、代表ウィーク前の強豪勢は格下との対戦が組まれている。 ▽C・ロナウドとマンジュキッチの活躍でナポリに逆転勝利を飾ったユベントスは、開幕8連勝を懸けてウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。開幕以降、好調を維持するチームは火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦ではC・ロナウドが出場停止で不在の中、ディバラのハットトリックで快勝した。休養十分のC・ロナウドと復調したディバラを軸に2連敗中のウディネーゼを下して開幕8連勝としたい。 ▽ユベントスに力負けして今季2敗目を喫したナポリは、サッスオーロとのホーム戦に臨む。水曜に行われたCLのリバプール戦ではユベントス戦の敗戦を感じさせない充実の内容でリバプールを下し、グループステージ突破への足がかりとした。セリエAではユベントスに追いすがるためにも必勝が求められるが、ミランに1-4と敗れて同じく今季2敗目を喫したサッスオーロを下すことができるか。 ▽ラツィオとのダービーで途中出場のペッレグリーニが躍動したローマは、エンポリとのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLビクトリア・プルゼニ戦ではゴールに見放されていたゼコがハットトリックの活躍を見せて5-0と大勝し、公式戦3連勝とした。ディ・フランチェスコ監督の首が飛びかかっていた状態からV時回復しているチームは、開幕節以来勝利のないエンポリにすっきりと勝利して公式戦4連勝としたい。 ▽ローマに競り負けてリーグ戦での連勝が4で止まったラツィオは、フィオレンティーナとのホーム戦に臨む。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のフランクフルト戦では9人となった中で1-4と完敗した。流れが悪くなっている中、4勝2敗スタートと若い力が躍動しているフィオレンティーナの勢いを止めることはできるか。 ▽イカルディやシュクリニアルを温存した前節カリアリ戦をL・マルティネスとポリターノの移籍後初弾で勝利してリーグ戦3連勝としたインテルは、SPALとのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたCLのPSV戦では守護神ハンダノビッチが退場してもおかしくない判定があった中、打ち合いを制して2連勝スタートとした。公式戦5連勝と波に乗ってきた中、好調なスタートを切ったものの3連敗中のSPALを下して代表ウィークに入りたい。 ▽苦手サッスオーロに対してスソのドッピエッタとカスティジェホの移籍後初ゴールなどで4-1と快勝して4試合ぶりの勝利を手にしたミランは、キエーボとのホーム戦に臨む。ELオリンピアコス戦では途中出場のクトローネと負傷明けのイグアインのゴールで3-1と逆転勝利し、良い流れを持続した。この勢いのまま、未勝利が続く最下位のキエーボにすっきりと勝利して連勝としたい。 ◆セリエA第8節 ▽10/5(金) 《27:30》 トリノ vs フロジノーネ ▽10/6(土) 《22:00》 カリアリ vs ボローニャ 《25:00》 ウディネーゼ vs ユベントス 《27:30》 エンポリ vs ローマ ▽10/7(日) 《19:30》 ジェノア vs パルマ 《22:00》 アタランタ vs サンプドリア ミラン vs キエーボ ラツィオ vs フィオレンティーナ 《25:00》 ナポリ vs サッスオーロ 《27:30》 SPAL vs インテル 2018.10.05 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第2節プレビュー②】スパーズvsバルサ、ナポリvsリバプールのビッグマッチ開催

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの第2節が3日に開催される。ここではA~Dの第2節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第2節 ▽10/3(水) 《25:55》 ◆グループC パリ・サンジェルマン vs ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆グループD ロコモティフ・モスクワ vs シャルケ 《28:00》 ◆グループA アトレティコ・マドリー vs クラブ・ブルージュ ドルトムント vs モナコ ◆グループB トッテナム vs バルセロナ PSV vs インテル ◆グループC ナポリ vs リバプール ◆グループD ポルト vs ガラタサライ<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆グループA:2位を争うドルトムントvsモナコ開催</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181002_44_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループの本命と見られるアトレティコ・マドリーが、モナコに2-1と逆転勝利を飾って白星スタートとし、ドルトムントがグループ最弱と見られるクラブ・ブルージュに1-0と辛勝したグループA。迎える第2節では2位の座を争うであろうドルトムントとモナコが激突する。 ▽クラブ・ブルージュとの初戦では終盤に生まれたプリシッチの幸運弾で辛勝スタートとしたドルトムントは、その後のブンデスリーガで2勝1分けと好結果を残している。とりわけ攻撃陣が好調を維持しており、ニュルンベルク戦で7ゴール、直近のレバークーゼン戦で4ゴールと爆発している。この勢いのままモナコを飲み込めるか。クラブ・ブルージュ戦で途中出場したものの、その後のリーグ戦で出番を失った香川は負傷のため欠場とのことだ。 ▽対するモナコはアトレティコ相手に先制しながらも実力差を示されて逆転負けを喫した。その後のリーグ・アンでも1分け2敗と苦戦が続いており、不振から抜け出せずにいる。ここで落とすとグループ突破が厳しくなるが、持ち堪えられるか。 ▽順当に白星スタートとしたアトレティコは、徐々に調子を上げ、その後のリーガで2勝1分けと好調。とりわけ守備陣が昨季の堅守を取り戻しており、リーグ戦ここ3試合で無失点となっている。直近のレアル・マドリーとのダービーで疲弊しているだろうが、グループ最弱のクラブ・ブルージュ戦は確実に勝利したい。 <span style="font-weight:700;">◆グループB:不調バルサvs復調スパーズ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181002_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽本命のバルセロナが順当にPSVを下した中、そのバルセロナを追うインテルとトッテナムのビッグマッチは、終盤に生まれたイカルディのスーパーボレーと追加タイムのヴェシーノ弾でインテルが逆転勝利を飾った。迎える第2節ではトッテナムとバルセロナが激突する。 ▽インテル相手に敵地で主導権を握りながらも1-2と逆転負けを喫したトッテナムは、その後の公式戦3試合を内容こそ芳しくないものの、3連勝と好結果を残している。とりわけエースのケインはリーグ戦ここ2試合で3ゴールと復調しており、バルセロナ戦に向けて期待が持てる状況だ。チャンスメーカーのデレ・アリとエリクセンを負傷で欠く中、ケインはゴールを奪えるか。ここで敗れるとグループステージ突破が苦しくなるだけに勝ち点を取っておきたい。 ▽対するバルセロナはメッシのハットトリックでPSVを4-0と撃破し快勝スタートを切った。しかし、その後のリーガ3試合ではジローナやレガネスといった格下相手に2分け1敗とまさかの躓きを見せている。とりわけ守備陣が集中を欠く場面が散見されて安い失点を与えており、トッテナム戦に向けて改善が求められる状況となっている。悪い流れを断ち切るためにもここで好結果を残しておきたい。 ▽トッテナム戦を制して白星スタートを切ったインテルは、その後のセリエAを3連勝と波に乗っている。内容こそ芳しくないが、サンプドリアやフィオレンティーナといった難敵を撃破し、直近のカリアリ戦ではイカルディやシュクリニアルを温存した中、新戦力のL・マルディネスとポリターノ弾で勝利と、良い流れとなっている。その勢いのまま、アウェイでのPSV戦を制したい。 <span style="font-weight:700;">◆グループC:打ち合い必至のナポリvsリバプール</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181002_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽開幕節屈指の注目カードだったリバプールとパリ・サンジェルマン(PSG)のビッグマッチは、フィルミノの追加タイム弾でリバプールが3-2と制した。一方、2強を追うナポリはツルヴェナ・ズヴェズダにまさかのドローに終わり、早くも暗雲が垂れ込めている。迎える第2節ではナポリvsリバプールのビッグマッチが開催される。 ▽必勝のツルヴェナ戦を引き分けたナポリは、その後のセリエAでトリノ、パルマにインシーニェとミリクの活躍で連勝とした。しかし、直近のユベントスとのビッグマッチでは1-3と完敗し、良い流れを断ち切られた。そんな中で迎えるリバプールとのホームゲームで結果を残しておきたいところだが、打ち合いが予想される一戦を制すことはできるか。 ▽対するリバプールはPSGに内容で上回り、順当な勝利を手にした。その後の公式戦ではチェルシーとの連戦があった中で1勝1分け1敗とまずまずの成績を残し、好調を維持している。とりわけ直近のチェルシーとのリーグ戦では終盤に生まれたスタリッジのスーパーミドル弾で同点に追いついており、良い流れでナポリ戦を迎えられている。ここで勝利できれば今後のグループ内での主導権を握れるだけに叩いておきたいところだ。 ▽クロップ監督との師弟対決に敗れてリバプールに黒星スタートとなったトゥヘル監督率いるPSGは、その後のリーグ・アンでは全て3ゴールを挙げての3連勝と、リバプール戦の敗戦を感じさせない戦いぶりを見せている。まずはグループ最弱のツルヴェナを下して1勝を挙げておきたい。 <span style="font-weight:700;">◆グループD:長友ガラタサライは連勝懸けてポルトとのアウェイ戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181002_45_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今大会最も地味なグループは、DF長友佑都の所属するガラタサライがロコモティフ・モスクワを下して白星スタートを切り、ポルトとシャルケが引き分けスタートとなった。迎える第2節、連勝を目指すガラタサライはポルトとアウェイで対戦する。 ▽ロコモティフ相手に長友の守備面での活躍もあって終わってみれば3-0と快勝したガラタサライは、CL常連のポルトを下せばグループステージ突破が近付くだけに、勝利が欲しい一戦となる。MFフェルナンド、DFマイコンら古巣対戦となるブラジル人プレーヤーの活躍に期待だ。 ▽不運なPK2本で1-1の引き分けスタートとなったシャルケは、ブンデスリーガでは直近のマインツ戦を1-0と辛勝して開幕からの連敗を5で止めた。悪い流れを断ち切った中、リーグ戦ここ3試合で2勝1敗と復調気配のロシア王者ロコモティフを下して初勝利となるか。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.03 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第2節プレビュー①】泥沼ユナイテッドvsバレンシア開催、ケガ人続出の王者レアル・マドリーが西村CSKAと対戦

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの第2節が2日と3日に開催される。ここではE~Hの第2節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第2節 ▽10/2(火) 《25:55》 ◆グループF ホッフェンハイム vs マンチェスター・シティ ◆グループH ユベントス vs ヤング・ボーイズ 《28:00》 ◆グループE バイエルン vs アヤックス AEKアテネ vs ベンフィカ ◆グループF リヨン vs シャフタール ◆グループG CSKAモスクワ vs レアル・マドリー ローマ vs ビクトリア・プルゼニ ◆グループH マンチェスター・ユナイテッド vs バレンシア<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆グループE:下降気味バイエルンはアヤックスと対戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181001_26_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バイエルンの一強と見られるグループEでは順当にそのバイエルンが2位候補のベンフィカを敵地で下し、白星スタートとした。そしてアヤックスがAEKアテネに3発快勝発進としている。第2節では白星スタートを切ったバイエルンとアヤックスが対戦する。 ▽開幕以降、コバチ新監督の下で順調な戦いを進めてきたバイエルンだったが、ブンデスリーガここ2試合を格下相手に1分け1敗と躓いた。アウグスブルク戦では守護神ノイアーがミスを犯して引き分けに持ち込まれ、直近のヘルタ・ベルリン戦ではJ・ボアテングが集中を欠いたプレーを見せて失点に関与し、今季初黒星を喫した。守備陣にミスが見られる中、AEKアテネ戦で新戦力のアルゼンチン代表左SBタグリアフィコが2ゴールを挙げる活躍を見せたアヤックスを撃破して悪い流れを断ち切れるか。 ▽古巣対決となったレナト・サンチェスのゴールを許して黒星スタートとなったベンフィカは、グループ最弱と見られるAEKアテネとの一戦となるだけに必勝が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆グループF:黒星スタートのシティがホッフェンハイムと対戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181001_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シティの一強と目されたグループFだったが、グアルディオラ監督が退席処分で不在だったシティが開幕節ではリヨンにまさかの敗戦を喫するスタートとなった。必勝のシティは第2節ではシャフタールと初戦で引き分けたホッフェンハイムとアウェイで対戦する。 ▽デルフとフェルナンジーニョの軽率なミスを突かれてリヨンにまさかの敗戦を喫したシティだが、その後の公式戦ではさすがの3連勝としている。週末のリバプール戦も気になるところだが、まずはブンデスリーガとの両立に苦しむホッフェンハイムを下して1勝目を挙げておきたい。 ▽シティを撃破する金星を挙げたリヨンは、シャフタールとのホーム戦に臨む。ここで勝利できればグループ突破へかなり有利な状況になるだけにリヨンとしては是が非でもモノにしたい一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆グループG:ケガ人続出のレアル・マドリーが西村CSKAと激突</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181001_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽開幕節で突破候補であるレアル・マドリーとローマが激突したグループGでは、王者レアル・マドリーが貫録の勝利を見せた。そのレアル・マドリーはFW西村拓真が所属するCSKAモスクワと敵地で対戦する。 ▽ローマ戦ではイスコの直接FKやマリアーノのスーパーミドル弾などで3-0と快勝したレアル・マドリー。ただ、先週のミッドウィークに行われたセビージャ戦ではベストメンバーで臨みながら相手のハイパフォーマンスに対応できず0-3と完敗してしまった。さらに今季初黒星を喫したチームはその試合でマルセロを負傷で失うと、0-0で引き分けた直近のアトレティコ・マドリーとのダービーでベイル、イスコ、セルヒオ・ラモスが負傷と、主力を複数欠いてロシア遠征に臨むこととなった。苦しい陣容の中、西村所属のCSKAを下して2連勝スタートとなるか。ビクトリア・プルゼニ戦では出番のなかった西村に出場のチャンスが訪れるかにも注目だ。 ▽レアル・マドリーに敗れて黒星スタートとなったローマは、ビクトリア・プルゼニとホームで対戦する。開幕以降、新戦力がフィットせず波に乗れずにいたローマだが、先週のミッドウィークに行われたフロジノーネ戦で今季ベストと言える内容で4-0と快勝したチームは、直近のラツィオとのダービーを伏兵ペッレグリーニの大活躍で3-1と勝利してセリエA2連勝とした。ディ・フランチェスコ監督の首が危うい状況だったところからV字回復し始めている中、CSKA相手に内容で上回りながらも2-2の引き分けスタートとなったビクトリア・プルゼニを下してグループを優位に進められるか。 <span style="font-weight:700;">◆グループH:泥沼ユナイテッドがリーガ初勝利を挙げたバレンシアと対戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181001_26_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第1節ではC・ロナウドが退場しながらもユベントスがPK2本でバレンシアを敵地で下し、マンチェスター・ユナイテッドが順当にグループ最弱と見られるヤング・ボーイズを下したグループF。突破候補と見られる2チームが白星スタートを飾った中、第2節ではユナイテッドとバレンシアが激突する。 ▽ヤング・ボーイズ戦では押し込まれる時間がありながらもポグバの2ゴール1アシストの活躍で、終わってみれば3-0と快勝したユナイテッド。しかし、そのポグバとモウリーニョ監督の確執が表面化したチームは、その後の公式戦3試合を1分け2敗(EFLカップはPK戦負け)と3試合勝利から見放されている。とりわけ直近のウェストハム戦では成す術なく1-3で完敗しており、開幕直後以来再びモウリーニョ監督の立場が危うくなっている状況だ。そんな中で迎える難敵バレンシアとの一戦で負の流れを止めることはできるか。 ▽対するバレンシアはユベントスとの初戦ではC・ロナウドを退場に追い込みながらも不用意なPKで黒星スタートとなってしまった。リーガでも未勝利が続いて苦しんでいたが、直近のレアル・ソシエダ戦ではGKネトのPKストップもあって1-0の勝利を飾り、ようやく今季の初勝利を手にした。ユナイテッドとは対照的なチーム状況にある中、不振の相手を下して突破の可能性を高められるか。 ▽C・ロナウドが退場した中、ピャニッチのPK2本で白星スタートとしたユベントスは、その後のリーグ戦でも好調をキープ。直近のナポリとのビッグマッチでもC・ロナウドが全ゴールに絡むなど貫録の試合を見せて開幕7連勝スタートとした。ヤング・ボーイズ戦ではC・ロナウドが出場停止で不在となるが、復調気配のディバラと好調を維持するマンジュキッチらの活躍で2連勝スタートとしたい。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.02 17:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース