【リーガエスパニョーラ第37節プレビュー】無敗バルサはレバンテ戦! セビージャ・ダービーも開催2018.05.12 18:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先週末に行われた第36節では白熱のエル・クラシコが痛み分けのドローとなったほか、2位アトレティコ・マドリー、4位バレンシアが共に敗戦と上位陣が揃って取りこぼし。また、ミッドウィークに行われた第34節延期分の2試合ではバルセロナがビジャレアルに圧勝した一方、レアル・マドリーはセビージャに敗戦を喫した。▽優勝争いにチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い、残留争いがすべて決した中、残り2試合で注目すべきは38試合制で初となる無敗優勝が懸かるバルセロナとヨーロッパリーグ(EL)出場権争いだ。

▽10人での戦いを強いられたエル・クラシコを2-2のドローで終え、ミッドウィークに行われたビジャレアル戦も5-1の圧勝で飾ったバルセロナは、今節16位のレバンテとのアウェイゲームに臨む。戦前にはホーム最終戦のレバンテサイドから無敗優勝ストップに向けて意気込みの声が上がっているものの、すでに残留を決めている状況だけに、モチベーションの面では明らかにバルセロナに分があるはずだ。そのバルセロナではクラシコでマルセロの顔面を叩いたMFセルジ・ロベルトが4試合の出場停止で起用できないものの、それ以外に目立ったケガ人はおらず、万全の状態で臨める。注目はゴールデンブーツ獲得に向けてポールポジションに立つ今季34ゴールのFWメッシと、直近のビジャレアル戦で好パフォーマンスを披露したMFコウチーニョとMFデンベレの新加入組だ。

▽また、6位ビジャレアル(勝ち点57)と7位セビージャ(勝ち点54)、8位ヘタフェ(勝ち点52)の3チームが残り2枠を争うEL出場権争いでは、すでに7位以内を確定している5位ベティス(勝ち点59)とセビージャによる、セビージャ・ダービーに注目が集まる。

▽前節、アスレティック・ビルバオに0-2で敗れ、8試合ぶりの黒星を喫したベティスはわずかながら残されていたトップ4フィニッシュの夢が完全に潰えると共に、ELストレートインもお預けとなった。さらに、ミッドウィークの延期試合でセビージャが勝利したため、残り2試合での7位転落の可能性が出てきており、その場合来季はEL予選3回戦からシーズンをスタートすることになる。その意味でより重要性を増すエスタディオ・ベニート・ビジャマリンでのダービーでは勝ち点奪取が求められる。

▽一方、モンテッラ前監督解任でカパロス暫定監督の下で今季残り試合を戦うセビージャは新体制以降してからレアル・ソシエダ、レアル・マドリーに2連勝と復調気配が漂う。しかし、前回対戦で敗れているベティス相手にシーズンダブルを許すようだと、勝ち点2差に迫るヘタフェに抜かれて最低限のノルマであるEL出場権を逃がす可能性も十分にある。そのため、中2日で敵地でのダービーといえども勇敢な戦いが求められる。

▽ベティスの勝利に期待しつつ、逆転でのEL出場権獲得を目指すヘタフェはホーム最終戦で2位アトレティコとの自治州ダービーに挑む。前回対戦では格の違いを見せ付けられ0-2で敗戦したヘタフェだが、直近5試合では4勝1分けと絶好調だ。加えて、アトレティコは来週ミッドウィークにマルセイユとのEL決勝を控えており、大幅なターンオーバーを行う可能性が高い。そのため、勝機は十分にあるはずだ。なお、直近のラス・パルマス戦で5試合ぶりの出場と共にフル出場を果たしたMF柴崎岳としては、堅守アトレティコを相手に攻撃面で違いをみせ、日本代表のワールドカップメンバー入りに向けて最後のアピールと行きたい。

▽また、最終節にレアル・マドリー戦を控えるビジャレアルはすでに降格が決定した18位デポルティボ
のホームに乗り込む今節での勝利が必須だ。そのためにはバルセロナ戦で5失点を喫した守備面の立て直しが急務だ。また、好調を維持するFWバッカらがきっちり決定機を決めきることも必要となる。

▽その他の注目はそれぞれ今季のホーム最終戦に臨む3位レアル・マドリーと10位エイバルの2チームの戦いだ。直近のセビージャ戦では主力を温存した結果、2-3の敗戦を喫したレアル・マドリー。今季最重要試合であるCL決勝リバプール戦を26日に控える中、ビジャレアルとの最終節では主力温存の可能性が高い。それだけにホーム最終戦となる今回のセルタ戦ではある程度主力を投入し、苦戦が続いたリーガでの戦いを良い形で締めくくりたいところだ。一方、エイバルでは2015年の加入から3年間を過ごしたイプルーアに別れを告げるMF乾貴士に注目だ。直近のジローナ戦では今季5点目を含め、3点に絡む圧巻のパフォーマンスを披露しており、守備に難のある19位ラス・パルマス相手の本拠地ラストゲームで持ち味の積極的な仕掛けやゴールで見せ場を作りたいところだ。

《リーガエスパニョーラ第37節》

▽5/12(土)
《23:15》
レアル・ソシエダ vs レガネス
《25:30》
アラベス vs ビルバオ
デポルティボ vs ビジャレアル
エイバル vs ラス・パルマス
ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー
ジローナ vs バレンシア
ベティス vs セビージャ
《27:45》
レアル・マドリー vs セルタ

▽5/13(日)
《23:15》
エスパニョール vs マラガ
《27:45》
レバンテ vs バルセロナ
コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第20節プレビュー】後半戦スタート! 2位ナポリvs4位ラツィオ開催

2018年最終戦となった前半戦ラストマッチはユベントスがVARにも救われて勝利を収め、前半戦最多勝ち点記録を樹立した。その他、ナポリやインテル、ミランにローマが勝利したが、ラツィオは引き分けに終わった。約2週間のウインターブレイクを終え、先週にコッパ・イタリアを戦った中、後半戦スタートとなる第20節、2位ナポリと4位ラツィオの上位対決が行われる。 前節ボローニャ戦をミリクの2発とメルテンスの終盤弾で3-2と競り勝った2位ナポリ(勝ち点44)は、先週行われたコッパ・イタリアではサッスオーロ相手にミリクの1ゴール1アシストの活躍で2-0と勝利した。クリバリとインシーニェが引き続き出場停止で、アランも累積警告により出場停止と主力3選手を欠くが、好調ミリクを軸にゴールを奪ってユベントスを追走したい。 対する4位ラツィオ(勝ち点32)は前節トリノ戦を引き分け、コッパ・イタリアではノヴァーラ相手にインモービレの2発などで4-1と快勝した。こちらはマルシッチを出場停止で欠く以外はベストメンバーを起用できるだけに、ナポリを撃破してチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位を死守したい。 17勝2分けと圧倒的な成績を残した首位ユベントス(勝ち点53)は、月曜に最下位キエーボ(勝ち点8)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではボローニャ相手に主力を温存して勝利し、水曜に行われたミランとのスーペル・コッパではC・ロナウド弾で勝利して今季初タイトルを獲得した。良いムードが続く中、司令塔のピャニッチを出場停止で欠くが、後半戦を白星スタートで飾れるか。 ケイタ弾でエンポリに辛勝し2018年を連勝締めとした3位インテル(勝ち点39)は、11位サッスオーロ(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではベネヴェントにL・マルティネスとカンドレーバの2発で6発圧勝した中、公式戦3連勝の勢いのままサッスオーロ撃破となるか。 2018年最終戦のSPAL戦をイグアインの8戦ぶり弾で競り勝って5試合ぶりの勝利とした5位ミラン(勝ち点31)は、月曜に14位ジェノア(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。コッパ・イタリアではサンプドリア相手に延長戦の末、クトローネの2発で勝利したミランは、水曜に行われたスーペル・コッパではユベントスに惜敗。SPAL戦でゴールを挙げ、ここからと思われたイグアインがチェルシーへの移籍が濃厚となった中、新エースとして期待の懸かるクトローネのパフォーマンスに注目が集まる。 最後にパルマに競り勝って2018年を連勝締めとした6位ローマ(勝ち点30)は、9位トリノ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。コッパ・イタリアではシックの1ゴール1アシストなどで格下相手に4-0と快勝したローマだが、引き続き先発予想のシックは期待に応えられるか。 ◆セリエA第20節 ▽1/19(土) 《23:00》 ローマ vs トリノ 《26:00》 ウディネーゼ vs パルマ 《28:30》 インテル vs サッスオーロ ▽1/20(日) 《20:30》 フロジノーネ vs アタランタ 《23:00》 SPAL vs ボローニャ フィオレンティーナ vs サンプドリア 《26:00》 カリアリ vs エンポリ 《28:30》 ナポリ vs ラツィオ ▽1/21(月) 《27:00》 ユベントス vs キエーボ 《29:00》 ジェノア vs ミラン 2019.01.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第23節プレビュー】ビッグ・ロンドン・ダービー開催! その他ビッグ6は格下と対戦

トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドが激突した前節。スールシャール監督の下、公式戦5連勝中だったユナイテッドは前回対戦で惨敗したスパーズ相手にラッシュフォードのゴールで勝利し、その強さが本物であることを証明した。 赤い悪魔が猛烈な追い上げを見せる中、今節はチャンピオンズリーグ出場権を争うアーセナルとチェルシーによるビッグ・ロンドン・ダービーが開催される。第2節の対戦ではホームのチェルシーが3-2で競り勝ち、そこから公式戦18試合無敗に繋げている。 ホームで屈辱を晴らしたいアーセナルだが、前節ウェストハムに敗れてリーグ戦ここ4試合でわずかに1勝。先月半ばに公式戦22試合無敗がストップしてから明らかに調子を崩している。クラブ内部では役員同士の軋轢が報道されるなど負のオーラが漂っているが、この大一番を制して断ち切りたい。 一方のチェルシーはリーグ戦ここ4試合で3勝1分け。下位相手に薄氷の勝利が続いているものの、何とか勝ち点を積み重ねている。前節のニューカッスル戦では、負傷していたペドロやウィリアンがゴールを決めて完全復活を果たした。そしてこの勢いをジルーに届けたい。この試合で得点すれば、ビッグ・ロンドン・ダービーにおいて両クラブでゴールを奪った2人目の選手となる。1人目はセスクだった。 首位のリバプールはホームでクリスタル・パレスと対戦。新年初めのマンチェスター・シティ戦で今季リーグ戦初黒星を喫したが、前節のブライトン戦で勝利を取り戻した。連勝を目指す今節はマネに期待だ。マネが最もゴールを挙げている相手はクリスタル・パレスであり、現在3試合連続ゴール中。勝利すれば2014年1月以来のリーグ戦ホーム7連勝となる。 そのリバプールを勝ち点差「4」で追うシティはハダースフィールドとのアウェイ戦に臨む。テリアーズは前回対戦でアグエロのハットトリックなどで6得点大勝した相手だが、同クラブは先日にワーグナー監督を解任。リザーブチームを率いていたマーク・ハドソン監督に暫定指揮官を任せ、復調のきっかけを掴もうとしている。 アウェイのフルアム戦を控えるトッテナムは絶好調だったソン・フンミンがアジアカップ参加により離脱。加えて、前節のユナイテッド戦でケインが負傷してしまい危機的状況だ。それでも、スパーズはプレミアリーグでは昇格チーム相手に20試合負けなしで、フルアムとは直近10試合で9勝と、データ上での不安はない。 ついにアーセナルと勝ち点で並んだユナイテッド。トッテナム戦ではその強さが本物であることを証明した。今節のブライトン戦で勝利することが出来れば、スールシャール監督はユナイテッドの歴史において、初めて就任から6連勝を収めた指揮官となる。その記録を後押しするのがポグバだ。新監督の下で復活したフランス代表MFは、現在プレミアリーグホーム戦では2試合連続で2得点中。この試合でも2得点以上決めることが出来れば、クリスティアーノ・ロナウド以来、2人目の快挙となる。 ◆プレミアリーグ第23節 ▽1/19(土) 《21:30》 ウォルバーハンプトン vs レスター・シティ 《24:00》 ワトフォード vs バーンリー サウサンプトン vs エバートン ニューカッスル vs カーディフ マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン リバプール vs クリスタル・パレス ボーンマス vs ウェストハム 《26:30》 アーセナル vs チェルシー ▽1/20(日) 《22:30》 ハダースフィールド vs マンチェスター・シティ 《25:00》 フルアム vs トッテナム 2019.01.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第20節プレビュー】後半戦スタート! レアル・マドリーvsセビージャの上位対決!

前半戦最終戦となった第19節では首位のバルセロナ、2位のアトレティコ・マドリーが揃って勝利を収めた一方、3位のセビージャはアスレティック・ビルバオ相手に痛恨の敗戦となった。また、ベティスとレアル・マドリーの上位対決はレアル・マドリーに軍配が上がっている。 後半戦に突入する第20節では勝ち点33で並ぶ4位のレアル・マドリーと、3位のセビージャによる直接対決に注目だ。 前節、MFダニ・セバージョスの劇的な恩返しゴールでベティスとの接戦を制したレアル・マドリーだが、相変わらずの負傷者の多さに加えて直近のコパ・デル・レイではベスト8進出こそ果たしたもののレガネスに敵地で敗れ、今季の公式戦10敗目を喫することになった。その敗戦からバウンスバックが求められる今節は前回対戦で0-3の惨敗を喫したセビージャとのリベンジマッチだ。ここ最近、システム変更や選手の配置変更など、現状のチームでの最適解を見出そうと腐心するソラーリ監督は今回の上位対決でいかなる策を講じるか。 一方、ビルバオとの3連戦を1勝2敗で負け越したセビージャは1stレグでのアドバンテージを生かしてコパで8強進出を手繰り寄せたものの、2試合連続無得点での連敗は頂けない。この3連戦を通じてチームのやりたい形は出ていたものの、MFサラビアや前線のアタッカー陣が決め切れない場面が目立つ。そのため、難所ベルナベウに乗り込む今回の試合では前回対戦で2ゴールを決めたFWアンドレ・シウバを中心に効率の良さを取り戻したい。 前節、エイバルを一蹴して前半戦を6連勝フィニッシュで締めくくったバルセロナはミッドウィークにホームで行われたコパのレバンテ戦をきっちり勝利して逆転での8強進出を決めた。後半戦に弾みをつけた前半戦王者は14位のレガネス(勝ち点22)と対戦。直近のコパでレアル・マドリーを破るなど上位キラーとして知られるレガネスに対して、バルセロナは前半戦で今季リーガ初黒星を喫しており、決して油断することはできない。コパで温存したFWルイス・スアレスら主力のパフォーマンスが重要になりそうだ。 そのバルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガでは16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。0-4で大敗したチャンピオンズリーグ(CL)、ドルトムント戦以来の大量失点はチームに与える影響も大きく短い準備期間の中でどこまで修正できるか。幸い、対戦相手のウエスカは最下位に低迷しており、今回の試合では大量得点且つクリーンシートを達成し、リバウンドメンタリティを示したい。 その他のカードではヨーロッパリーグ(EL)出場をメインにあわよくばCL出場権獲得を狙うセカンドグループの直接対決に注目。前々節にバルセロナに敗れたものの持ち味の堅守を武器に勝ち点を積み上げる6位のヘタフェ(勝ち点28)は、直近2勝2分けと好調を維持する5位のアラベス(勝ち点32)と対戦する。 また、レアル・マドリー相手の惜敗で3戦未勝利と足踏みが続く7位のベティス(勝ち点26)は、コパでアトレティコ相手に金星を飾った9位のジローナ(勝ち点24)と対戦。後半戦初戦にして重要な直接対決を制するのはどちらのクラブとなるか。 《リーガエスパニョーラ第20節》 ▽1/18金) 《29:00》 ヘタフェ vs アラベス ▽1/19(土) 《24:15》 レアル・マドリー vs セビージャ 《26:30》 ウエスカ vs アトレティコ・マドリー 《28:45》 セルタ vs バレンシア ▽1/20(日) 《20:00》 ベティス vs ジローナ 《24:15》 ビジャレアル vs ビルバオ 《26:30》 レバンテ vs バジャドリー ラージョ vs レアル・ソシエダ 《28:45》 バルセロナ vs レガネス ▽1/21(月) 《29:00》 エイバル vs エスパニョール 2019.01.18 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦再開! ドルトとバイエルンは難敵とのアウェイ戦

約1カ月のウインターブレイクを経て、ブンデスリーガの後半戦が金曜に再開される。前半戦最終戦となったボルシアMGとの上位決戦を制したドルトムントは、5連勝締めとした2位バイエルンとの勝ち点差6をキープして2018年を終えた。後半戦のスタートとなる迎える第18節、ドルトムントとバイエルンはいずれも難敵とのアウェイ戦を戦う。 まずは4位ライプツィヒ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨む首位ドルトムント(勝ち点42)から。前節ボルシアMG戦では前々節デュッセルドルフ戦での痛恨の敗戦を引きずらずに勝利を取り戻して前半戦を終えたドルトムント。良いムードでウインターブレイクを過ごせた中、引き続きアカンジとザガドゥを負傷で欠くセンターバックに本職中盤のヴァイグルが起用される見込みだが、スピードに秀でるライプツィヒのヴェルナーを止めることはできるか。 続いて金曜に7位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む2位バイエルン(勝ち点36)。5連勝でドルトムントの追撃態勢に入っている中、ロッベリーは負傷で不在となるが、存在感を高めてきているニャブリとコマンが彼らの穴を埋める働きをこなせれば、後半戦も白星スタートを切れるはずだ。連勝を伸ばし、ドルトムントにプレッシャーをかけたい。 左足太ももを痛めて前半戦残り3試合を欠場した6位フランクフルト(勝ち点27)の長谷部だが、11位フライブルク(勝ち点21)との後半戦初戦は先発復帰予想となっている。チームは長谷部不在の間、1勝1分け1敗で6失点とやや安定感を欠いており、長谷部の復帰によって復調したいところ。後半戦白星スタートとなるか。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、15位アウグスブルク(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。残留を争うライバルとの直接対決となるが、アジアカップに招集されなかった宇佐美は先発予想。引き続きチームの勝利に貢献するようなプレーを期待したい。 最下位と苦しいニュルンベルクはヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、久保はベンチスタート予想。そしてハノーファーvsブレーメンは大迫と原口がアジアカップ参戦中のため欠場となり、浅野は負傷欠場予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/18(金) 《28:30》 ホッフェンハイム vs バイエルン ▽1/19(土) 《23:30》 ハノーファー vs ブレーメン アウグスブルク vs デュッセルドルフ シュツットガルト vs マインツ フランクフルト vs フライブルク レバークーゼン vs ボルシアMG 《26:30》 ライプツィヒ vs ドルトムント ▽1/20(日) 《23:30》 ニュルンベルク vs ヘルタ・ベルリン 《26:00》 シャルケ vs ヴォルフスブルク 2019.01.18 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】トッテナムとユナイテッドが激突! シティはウルブスから白星を取り戻せるか

新年早々に行われた前節では、首位のリバプールがマンチェスター・シティに敗れ初黒星を喫した。トッテナムも快勝を収めたことで、優勝争いはより激しさを増している。 それからおよそ10日ぶりとなる今節は、3位のトッテナムと6位のマンチェスター・ユナイテッドが激突。上位2チームから離されたいためにも負けられないトッテナムだが、ユナイテッドも新監督の下、リーグ戦4連勝中。白熱した一戦になることは間違いない。 ウェンブリー・スタジアムに迎え撃つトッテナムは現在公式戦3連勝中。直近のEFLカップではチェルシーを下した。勢いを持って臨むユナイテッド戦。プレミア創設以降は53回の対戦で9勝33敗と大きく負け越しているが、ここ5試合は3勝2敗、2連勝できている。多くいた負傷者もほとんど復帰に近付いている中、好調レッドデビルズに歯止めをかけられるか。 スールシャール監督就任以降、絶好調のユナイテッド。FAカップ含めて公式戦5連勝中で、このトッテナム戦が真価を問われる一戦となる。最後に勝ったのは昨年10月に行われたホームでの一戦。途中出場のマルシャルが投入から10分後にゴールを決めて、ユナイテッドが1-0で勝利を収めている。 2位と勝ち点4差で首位を走るリバプールはブライトンのホームに乗り込む。前節にシティに敗れ、今季リーグ戦で初めて土がついたレッズは、控え中心で挑んだ直近のFAカップ3回戦でウルブスに敗戦。公式戦2連敗となった。バウンスバックが求められる今節はサラーに期待だ。同選手はプレミアでのブライトン戦3試合で2ゴール2アシストを記録している。 2位のシティはホームでウォルバーハンプトンと対戦。昨年末に2連敗を喫したが、その後に無敗リバプールを破るなど2連勝で盛り返した。このまま更に勢いづけたいところだが、ウルブスは前半戦で引き分けた相手。ホームでは昇格チーム相手に過去34試合無敗だが気は抜けない。なお、シティのシルバにとっては出場すればプレミア267試合目の試合となり、同クラブ史上最多の出場回数となる。 前節、日本代表DF吉田の好守もありサウサンプトン相手にゴールレスドローとなったチェルシーはニューカッスルから白星を取り戻す。本拠地スタンフォード・ブリッジでのマグパイズとの相性はすこぶる良く、23試合でわずかに1敗。ここ6試合では18得点2失点という成績で全勝している。また、エースのアザールもホームでのリーグニューカッスル戦は5試合で6ゴール1アシストと活躍中だ。 そのチェルシーと勝ち点差3で5位にいるアーセナルはウェストハムとのロンドン・ダービーに臨む。ウェストハムとのアウェイ戦では11試合負けなし。得点ランクトップのオーバメヤンもロンドン・ダービーではここ4試合で6ゴール2アシストしており、次節のチェルシー戦に向けて、余裕の勝利を収めたいところだ。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽1/12(土) 《21:30》 ウェストハム vs アーセナル 《24:00》 ブライトン vs リバプール レスター・シティ vs サウサンプトン クリスタル・パレス vs ワトフォード カーディフ vs ハダースフィールド バーンリー vs フルアム 《26:30》 チェルシー vs ニューカッスル ▽1/13(日) 《23:15》 エバートン vs ボーンマス 《25:30》 トッテナム vs マンチェスター・ユナイテッド ▽1/14(月) 《29:00》 マンチェスター・シティ vs ウォルバーハンプトン 2019.01.12 17:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース