PSGがダニエウ・アウベスの手術実施を発表! 離脱期間は半年以上に…2018.05.12 06:08 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスの最新のメディカルレポートを発表。同選手が右ヒザの手術を受ける予定であることを明かした。

▽ダニエウ・アウベスは、8日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝レ・ゼルビエ戦で右ヒザを負傷。試合翌日の検査では前十字じん帯断裂などの重傷を回避し、復帰には3週間程度と伝えられていた。

▽しかし、今回行われた新たな検査によって、予想以上に重傷であることが判明。11日にブラジルサッカー連盟(CBF)がダニエウ・アウベスのロシア・ワールドカップ(W杯)欠場を発表した。

▽さらに今回の検査結果を受けて、CBFのメディカルチームとPSGのメディカルチームが協議を行い、右ヒザの手術を行うことが最善であるとの決断に至った。そして、ダニエウ・アウベス自身も手術を行うことに同意しており、今後同選手のヒザが手術可能な状態になり次第、手術を実施することになった。

▽なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、ダニエウ・アウベスの離脱期間は6カ月以上になる見込みだという。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、エンゾンジ獲得に動く

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は、セビージャのフランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(29)の獲得に動くようだ。スペイン『アス』がフランス『フランス・フットボール』の報道をもとに伝えている。 ▽伝えられるところによると、今季からPSGで新たに指揮を執るトーマス・トゥヘル監督が、退団濃厚なフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の代役として同胞のエンゾンジ獲得を熱望しているようだ。ラビオに関しては、今夏クラブとの契約延長を拒否しているとみられており、バルセロナからの関心が伝えられている。 ▽今夏のセビージャ退団が有力視されているエンゾンジ。一時はローマ移籍が決定的となっていたものの、結局成立ならず。セビージャのパブロ・マチン監督によれば、同選手に対して未だに満足のいくオファーはなく、安価でエンゾンジを売却するつもりはないという。 ▽エンゾンジは、母国アミアンでプロデビューを果たすと、ブラックバーン、ストーク・シティを経て、2015年7月にセビージャへ加入。加入初年度にヨーロッパリーグ3連覇に貢献すると、昨シーズンも公式戦44試合に出場していた。また、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)にも参戦し、5試合に出場。フランスの20年ぶり優勝に貢献した。 2018.08.14 14:29 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがエリクセン強襲か 141億円準備

▽イギリス『エクスプレス』は、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性があると報じた。 ▽2013年夏にトッテナム入りして以降、絶対的な司令塔に君臨するエリクセン。2020年まで現行契約を残す中、新たに延長オファーを提示してきたクラブと会談を行っているとみられるが、まだ合意に至っていない模様だ。 ▽その中、レアル・マドリーの関心を集めるエリクセンに対して長く熱視線を注ぐPSGは、リーグ・アンの今夏移籍市場閉幕(31日)までの獲得を画策。投資額として1億ポンド(約141億3000万円)を準備しているという。 ▽だが、トッテナムの会長であるダニエル・レヴィ氏に現時点でエリクセン売却の意思はなく、マウリシオ・ポチェッティーノ監督との関係も良好の様子。PSGが獲得に動くとなれば、一筋縄ではいかなそうだ。 2018.08.14 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、フランス代表DFキンペンベと2023年まで契約延長

▽パリ・サンジェルマンは13日、フランス代表DFプレスネル・キンペンベ(23)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽PSGの下部組織出身であるセンターバックのキンペンベは、2014年10月にトップチームデビュー。これまで公式戦76試合に出場している。昨季はリーグ戦28試合に出場し、リーグ・アン優勝に貢献していた。 ▽また、フランス代表としては優勝したロシア・ワールドカップのメンバーに選出され、グループステージ最終節のデンマーク戦でフル出場していた。 2018.08.14 03:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ラビオ、PSGとの延長拒否! バルセロナ行き加速?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)は、やはり退団に向っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽PSGとの契約が残り1年となり、バルセロナやユベントス、アーセナル、ミランなどからの関心が伝えられていたラビオ。PSGは放出を望んでおらず、契約延長を目指している。 ▽しかし、今回の報道によるとラビオ当人が契約延長を拒否した模様。選手層の厚いPSGで、シーズンを通してベンチに座るような事態を危惧したためだ。フランス『レキップ』によれば、スポーツディレクターのアンテロ・エンリケ氏が「迅速に対応する」意向を示しており、いずれかの解決が近日中に望めるかもしれない。 ▽また、ラビオが実際に退団する場合、“リスクのないクラブ”が新天地になるだろうと『マルカ』は推測。噂されていたバルセロナ行きには暗雲が立ち込めるが、『レキップ』は依然として同クラブを有力と報じている。 2018.08.13 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ゲデスのバレンシア残留濃厚か PSGと完全移籍で合意

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)にバレンシアへの完全移籍が近づいているようだ。アメリカの大手メディア『ESPN』が報じた。 ▽ゲデスは2017年夏、PSGからバレンシアにレンタル移籍。リーガエスパニョーラ33試合に出場して5得点11アシストの成績を収め、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーにも選ばれた。 ▽報道によれば、バレンシアは移籍金4500万ユーロ(約56億7000万円)でクラブ間合意。6000万ユーロを求めるPSGだが、バレンシアから再び売却する際に移籍金の20%を譲り受ける約束を交わしたため、取引成立に至ったという。 ▽なお、そのゲデスを巡ってはワトフォードも関心を示していたが、選手自身がバレンシア残留を希望。バレンシアへの完全移籍が正式に決まれば、クラブとの相思相愛が実る格好となる。 2018.08.13 09:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース