酒井3週間ぶり復帰でフル出場もマルセイユは痛恨ドローでEL決勝に不安…《リーグ・アン》2018.05.12 05:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは11日、敵地で行われたリーグ・アン第37節でギャンガンと対戦し、3-3で引き分けた。酒井は右サイドバックでフル出場した。

▽残り2試合となったリーグ・アンで2位リヨン(勝ち点75)、3位モナコ(勝ち点74)と三つ巴のトップ3争いを繰り広げる4位マルセイユ(勝ち点73)。来週ミッドウィークにアトレティコ・マドリーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチームは、出場停止のグスタボとラミ、コンディション不良のパイエと一部主力が欠場。その一方で、第34節リール戦でヒザを痛めて欠場が続いていた酒井が右サイドバックで先発に復帰した。

▽試合は開始早々に動く。2分、右サイドでボールを受けたトヴァンが余裕を持って浮き球のクロスを入れると、ゴール前でDFに競り勝ったジェルマンのヘディングシュートがゴール右隅に決まり、アウェイチームが早々にリードを手にした。

▽勢い付くマルセイユは14分、左サイドでうまくDFと入れ替わってスペースに飛び出したオカンポスが絶妙なクロスを供給。これをジェルマンの後方から飛び出したトヴァンがダイビングヘッドでゴール左隅に突き刺した。

▽立ち上がりの2ゴールで余裕の展開となったマルセイユだが、その後はテュラムとブリアンの仕掛けとグルニエの攻撃センスを生かして反撃を試みるギャンガンに対して、急造の最終ラインが苦戦を強いられる。とりわけ、復帰明けの酒井はテュラムのアジリティと1トップながらファジーなポジショニングでかく乱を図るブリアンに後手の対応が続く。

▽すると、マルセイユは守勢に回った前半終了間際の42分に1点を返される。カウンターから左サイドで仕掛けたテュラムからパスを受けたブリアンがシュートを放つと、クロスバーを叩いたこぼれ球をブリアンがタップインした。

▽1点を返されて後半に臨んだマルセイユは引き続き守勢を強いられると、52分にボックス内でオカンポスのハンドを取られて痛恨のPK献上。これをキッカーのグルニエに右隅へ決められ、2点のリードを追いつかれて試合を振り出しに戻された。

▽それでも、すぐさま勝ち越しに向けて攻勢を強めるマルセイユは59分、ボックス手前右角のトヴァンから短いスルーパスを受けたサンソンがゴール右でシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。続く62分にはロングカウンターからトヴァンとサンソンで2対2の状況を作るが、ここはトヴァンがボールをこねてしまい、ボックス内で相手DFに絡め取られる。

▽その後、64分にマキシム・ロペスを下げてエンジエを投入し、より前がかるマルセイユだったが、直後の66分に試合の流れを大きく左右するミスを犯す。前線に攻め残っていたブリアンへの縦パスに対して、まずいポジショニング、不用意なスライディングカットを試みたDFセルティクがボールに触れず、ブリアンに独走を許す。そして、難なくボックス内に侵入したブリアンをGKマンダンダが倒してしまい、PK献上に加えて一発退場。守護神退場を受けてジェルマンを下げてGKプレを投入するも、ブリアンのPKを止めることはできず、逆転ゴールを献上した。

▽数的不利とはいえども何とか勝ち点1を持ち帰りたいマルセイユは73分にオカンポスを下げて、最後の交代カードとしてブナ・サールを投入。その後も苦しい展開が続くも、頼れるエースがチームを救う。81分、相手陣内中央でボールを奪ったサンソンが右サイドに展開。ここでB・サールがグラウンダーのクロスを入れると、難しいバウンドながらもゴール前のトヴァンが利き足とは逆の右足で見事なダイレクトシュートをゴール左に流し込み、同点に追いつく。さらに84分には右CKの流れからセルティクに名誉挽回のチャンスも、ここは相手DFの決死のブロックに遭い、劇的勝ち越しゴールとはならない。

▽その後、試合終盤にかけて白熱の攻防が繰り広げられる。マルセイユは途中投入のB・サールが脱臼でプレー続行不可能となり9人での戦いを強いられるが、91分にはロングカウンターからボックス左に持ち込んだトヴァンにハットトリックのチャンスも、ここはシュートを枠に飛ばせない。逆に、試合終了間際にはギャンガンの波状攻撃からGKプレがつり出された中でケルブラに無人のゴールへシュートを許すが、ここはDFアマヴィの値千金のゴールカバーで凌いだ。

▽結局、試合は3-3のままタイムアップ。2点リードから一時試合を引っくり返されるも、数的不利から何とか追いついたマルセイユは何とか勝ち点1を持ち帰ることに成功。しかし、翌日に試合を控えるモナコとリヨンにプレッシャーをかけることはできず、リーグ戦での来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しくなった。そのため、16日に行われるEL決勝が持つ意味がより強くなった。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯経験のDF酒井宏樹、同サイドでコンビを組む堂安律について「自分が合わせる感じ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、さいたま市内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がメディア陣による取材に応対。右サイドでの関係性や、新たな代表チームについて語った。 ◆DF酒井宏樹(マルセイユ) 「特に僕のポジションは受け手なので、試合ごとに色々なタイプの選手が出てきて、サッカーのスタイルが変われば新たな攻撃のスタイルが出てきて、毎日毎日試行錯誤しています。だから、目標というのは、1試合1試合ですね。楽しいですし、充実しています」 ──チームとしては2試合連続で無失点ですが、次無失点だと記録更新のようですが 「記録は全く頭に無いです。守備陣としてゼロに抑えるのは、目標というよりはマストなことです。ただ、失点するときはします。前の2チームとは精度が違うので、全力でケアしたいです」 ──縦関係はメンバーが変わってくるが、堂安と組むとしたらイメージは 「僕が生かすことはあまりないかなと思います。彼が先頭を切って勝負して、自分が合わせる感じですね。前の選手が堂々としていた方が、相手の守備、受ける側としては混乱するかなと思います。サイドバックが舵を握っている縦関係ではないですね」 2018.10.14 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

フランス代表、フェキル負傷離脱でパイエを追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽フランスサッカー連盟(FFF)は8日、リヨンFWナビル・フェキルが負傷を理由にフランス代表から離脱し、マルセイユMFディミトリ・パイエを追加招集したことを発表した。 ▽フェキルは7日に行われたリーグ・アン第9節のパリ・サンジェルマン戦の前半序盤に左足首を痛めて負傷交代していた。 ▽一方、今季もマルセイユで好調を継続するパイエは2017年10月以来の代表復帰となる。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19でドイツ代表とオランダ代表と同じリーグA・グループ1所属のワールドカップ王者は、ここまで2試合を終えて1勝1分けという成績。今回の代表ウィークでは11日にアイスランド代表との国際親善試合を戦った後、16日にホームでドイツと対戦する。 2018.10.08 20:02 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井先発も前半のみの出場となったマルセイユ、終盤被弾で格下に痛恨ドロー《EL》

▽マルセイユは4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節でアポロン・リマソルとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。マルセイユのDF酒井宏樹は前半で交代している。 ▽EL初戦で10人のフランクフルトに1-2と敗れたマルセイユが、ラツィオに1-2と敗れたアポロンのホームに乗り込んだ一戦。 ▽酒井がフラットな[4-4-2]の右サイドバックで先発した一戦。試合は地力に勝るマルセイユがポゼッションする展開となるも、アポロンを崩すような仕掛けは見せられない。 ▽攻め手となるトヴァンを帯同させず温存していたチームは、21分にようやく右CKからグスタボが右足ボレーでゴールに迫るも、GKにセーブされてしまう。 ▽ハーフタイムにかけてもマルセイユが押し込む流れが続いたが、チャンスは作れずに前半をゴールレスで終えた。 ▽低調な前半を受けて、後半から酒井に代えてサールを投入したマルセイユは、50分に先制する。バイタルエリアでボールを持ったパイエがドリブルでDFを交わしてボックス中央に侵入し、シュートを流し込んだ。 ▽パイエの個人技で均衡を破ったマルセイユは、66分のゴール至近距離からのヘディングシュートをゴールライン前のサールが凌ぐと、直後に加点した。ゴール正面でパスを受けたグスタボのミドルシュートがゴール右に決まった。 ▽しかし、74分にマルコビッチのミドルシュートで1点差に詰め寄られたマルセイユは、90分に同点とされてしまう。セラヤにボックス中央からシュートを蹴り込まれた。このまま試合は終了し、マルセイユは勝ち点2を失い、1分け1敗スタートとなっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.05 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、酒井宏樹同僚トヴァンに注目?

▽バイエルンが、マルセイユに所属するフランス代表FWフロリアン・トヴァン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。フランス『Ouest France』が伝えている。 ▽バイエルンは、長らく絶対的両翼に君臨してきた元フランス代表MFフランク・リベリ(35)とオランダ代表MFアリエン・ロッベン(34)の後継者探しに動いている。そこで注目しているのが、日本代表DF酒井宏樹の同僚でもあるトヴァンだという。獲得には8000万ユーロ(約105億円)を支払う必要があるようだ。 ▽2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、ニューカッスルからマルセイユに復帰したトヴァン。昨シーズンは公式戦54試合26ゴール18アシストの大活躍を見せた。今シーズンもここまで公式戦8試合6ゴール3アシストと好スタートを見せている。 2018.09.30 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

尊敬の念ゼロ…ラミがミラン時代の恩師インザーギを揶揄

▽マルセイユに所属するフランス代表DFアディル・ラミがミラン時代の恩師であるフィリッポ・インザーギ現ボローニャ監督を揶揄した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ラミは、2014年冬から2015年夏までミランでプレー。インザーギ監督とは2014年夏から共闘したが、反りが合わず、2015年夏にセビージャに旅立った。 ▽現在32歳のラミは、フランス『レキップ』で将来的な指導者転身について問われると、不仲が取り沙汰されたインザーギ監督を痛烈に皮肉りながらその可能性を認めた。 「その考え(指導者転身)はあるよ。良い監督になるんじゃないかな。おそらくマルセイユじゃないかもだけどね」 「幸運なことに、僕は監督に恵まれてきた。ルディ(・ガルシア)、ディディエ・デシャン、ウナイ・エメリ、ローラン(・ブラン)、クラレンス・セードルフ…」 「彼らの姿を見ていて簡単な仕事じゃないと感じたよ。でも、フィリッポ・インザーギが僕にもできることを教えてくれた。彼に礼を言うよ」 2018.09.29 12:10 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース