酒井3週間ぶり復帰でフル出場もマルセイユは痛恨ドローでEL決勝に不安…《リーグ・アン》2018.05.12 05:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは11日、敵地で行われたリーグ・アン第37節でギャンガンと対戦し、3-3で引き分けた。酒井は右サイドバックでフル出場した。▽残り2試合となったリーグ・アンで2位リヨン(勝ち点75)、3位モナコ(勝ち点74)と三つ巴のトップ3争いを繰り広げる4位マルセイユ(勝ち点73)。来週ミッドウィークにアトレティコ・マドリーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチームは、出場停止のグスタボとラミ、コンディション不良のパイエと一部主力が欠場。その一方で、第34節リール戦でヒザを痛めて欠場が続いていた酒井が右サイドバックで先発に復帰した。

▽試合は開始早々に動く。2分、右サイドでボールを受けたトヴァンが余裕を持って浮き球のクロスを入れると、ゴール前でDFに競り勝ったジェルマンのヘディングシュートがゴール右隅に決まり、アウェイチームが早々にリードを手にした。

▽勢い付くマルセイユは14分、左サイドでうまくDFと入れ替わってスペースに飛び出したオカンポスが絶妙なクロスを供給。これをジェルマンの後方から飛び出したトヴァンがダイビングヘッドでゴール左隅に突き刺した。

▽立ち上がりの2ゴールで余裕の展開となったマルセイユだが、その後はテュラムとブリアンの仕掛けとグルニエの攻撃センスを生かして反撃を試みるギャンガンに対して、急造の最終ラインが苦戦を強いられる。とりわけ、復帰明けの酒井はテュラムのアジリティと1トップながらファジーなポジショニングでかく乱を図るブリアンに後手の対応が続く。

▽すると、マルセイユは守勢に回った前半終了間際の42分に1点を返される。カウンターから左サイドで仕掛けたテュラムからパスを受けたブリアンがシュートを放つと、クロスバーを叩いたこぼれ球をブリアンがタップインした。

▽1点を返されて後半に臨んだマルセイユは引き続き守勢を強いられると、52分にボックス内でオカンポスのハンドを取られて痛恨のPK献上。これをキッカーのグルニエに右隅へ決められ、2点のリードを追いつかれて試合を振り出しに戻された。

▽それでも、すぐさま勝ち越しに向けて攻勢を強めるマルセイユは59分、ボックス手前右角のトヴァンから短いスルーパスを受けたサンソンがゴール右でシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。続く62分にはロングカウンターからトヴァンとサンソンで2対2の状況を作るが、ここはトヴァンがボールをこねてしまい、ボックス内で相手DFに絡め取られる。

▽その後、64分にマキシム・ロペスを下げてエンジエを投入し、より前がかるマルセイユだったが、直後の66分に試合の流れを大きく左右するミスを犯す。前線に攻め残っていたブリアンへの縦パスに対して、まずいポジショニング、不用意なスライディングカットを試みたDFセルティクがボールに触れず、ブリアンに独走を許す。そして、難なくボックス内に侵入したブリアンをGKマンダンダが倒してしまい、PK献上に加えて一発退場。守護神退場を受けてジェルマンを下げてGKプレを投入するも、ブリアンのPKを止めることはできず、逆転ゴールを献上した。

▽数的不利とはいえども何とか勝ち点1を持ち帰りたいマルセイユは73分にオカンポスを下げて、最後の交代カードとしてブナ・サールを投入。その後も苦しい展開が続くも、頼れるエースがチームを救う。81分、相手陣内中央でボールを奪ったサンソンが右サイドに展開。ここでB・サールがグラウンダーのクロスを入れると、難しいバウンドながらもゴール前のトヴァンが利き足とは逆の右足で見事なダイレクトシュートをゴール左に流し込み、同点に追いつく。さらに84分には右CKの流れからセルティクに名誉挽回のチャンスも、ここは相手DFの決死のブロックに遭い、劇的勝ち越しゴールとはならない。

▽その後、試合終盤にかけて白熱の攻防が繰り広げられる。マルセイユは途中投入のB・サールが脱臼でプレー続行不可能となり9人での戦いを強いられるが、91分にはロングカウンターからボックス左に持ち込んだトヴァンにハットトリックのチャンスも、ここはシュートを枠に飛ばせない。逆に、試合終了間際にはギャンガンの波状攻撃からGKプレがつり出された中でケルブラに無人のゴールへシュートを許すが、ここはDFアマヴィの値千金のゴールカバーで凌いだ。

▽結局、試合は3-3のままタイムアップ。2点リードから一時試合を引っくり返されるも、数的不利から何とか追いついたマルセイユは何とか勝ち点1を持ち帰ることに成功。しかし、翌日に試合を控えるモナコとリヨンにプレッシャーをかけることはできず、リーグ戦での来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しくなった。そのため、16日に行われるEL決勝が持つ意味がより強くなった。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユの名手パイエ、上海上港の新ターゲットに!

マルセイユに所属するフランス代表MFディミトリ・パイエ(31)に中国行きの可能性が浮上した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、上海上港がパイエを注視。ウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)の獲得難航を経て、FKの名手としても知られるパイエを次なるターゲットに定めた模様だ。 その上海上港はアルナウトビッチの獲得資金3500万ポンド(約49億5000万円)をパイエの移籍金に。さらに、賃金においても、マルセイユで受け取っている現在の2倍以上に及ぶ週給20万ポンド(約2800万円)を用意する熱の入れようだという。 今年3月に32歳の誕生日を迎えるパイエは、フランス複数クラブを渡り歩き、2015年夏にウェストハムに移籍。2017年1月に現所属先の古巣マルセイユに復帰した。今シーズンはリーグ・アン18試合4得点5アシスト。攻撃センスは依然健在だ。 2019.01.18 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

“悪童”バロテッリが酒井宏樹の同僚に?今冬のマルセイユ行きが濃厚に

マルセイユがニースのマリオ・バロテッリ獲得に近づいていることがわかった。『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>2016年からニースでプレーし、失意に終わったリヴァプールやミラン時代から立ち直ったかに見えたバロテッリ。しかし、今シーズンのここまでの出場数はわずか10試合で、1得点も奪えていない。また、以前から確執が噂されるパトリック・ヴィエラ監督は「この冬に何が起こるかわからない」と同選手の退団を示唆する発言を残していた。<br><br>今シーズン終了後にニースとの契約が満了を迎えるバロテッリに対して、今冬の移籍市場で複数のクラブが興味を示す。その中でも同じくリーグ・アンに所属するマルセイユがイタリア代表ストライカーの獲得に大きく近づいている模様だ。<br><br>日本代表の酒井宏樹が所属するマルセイユは、昨夏にもバロテッリの獲得に動いていたが、選手側が高額なサラリーを要求したことから交渉は破談に終わっていた。しかし、1月の移籍市場で、同選手とマルセイユが今シーズンいっぱいまでの短期契約を結ぶことが濃厚とみられている。<br><br>これまでにニースで通算76試合に出場し、43ゴールを記録するバロテッリだが、昨年12月4日を最後にピッチにすら立てていない。このままマルセイユとの交渉が進展し、今冬に活躍の場を移すことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 07:16 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯王者ラミがクロアチア大統領相手に無知を晒す…

マルセイユに所属するフランス代表DFアディル・ラミが昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)決勝後の自身の恥ずかしいエピソードを明かした。イギリス『Who Ate All The Pies』が伝えている。 出場機会はなかったものの、昨年行われたロシアW杯で世界王者の一員となったラミ。しかし、クロアチア代表との決勝戦のあとに行われた表彰式の場面でクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領に対して、とんちんかんなやり取りをしてしまったことを告白した。 「ワールドカップ決勝の後にクロアチアの大統領から『口ひげが素敵ね』と声をかけてもらったんだ。そして、僕は彼女に向って『僕もミコノス(島)が好きだ』って返したんだ」 「なんでそんなことを言ったのかは自分でもわからないけど、僕は以前からギリシャとクロアチアをよく混同してしまうんだ」 「そのときに彼女は『ありがとう』と、だけ言ってその場を去って行ったんだ」 キタロヴィッチ大統領に対して失礼な返答をしてしまったラミだったが、さらに悪いことにこのやり取りをチームメートのFWオリヴィエ・ジルーに聞かれてしまっていたという。 「あのやり取りの後にオリヴィエは僕の方を見て、『お前はバカか? ミコノスはギリシャだぞ』って言われてしまったよ」 「ただ、僕は彼に対して『どうせ、僕は何も知らない無知な奴だよ。でも、いいんだ。世界王者の一員だからね』と返したよ」 気の利いた返しをしようとして無知を晒してしまったラミだが、その恥ずかしいエピソードを自ら告白する潔さに、逆に好感度が上がりそうだ。 2019.01.04 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リーグ・アンの先輩、️DF酒井宏樹がトゥールーズ行きのDF昌子源にエール! 「期待されての加入だと思います」《AFCアジアカップ2019》

▽日本代表は29日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて行われるAFCアジアカップUAE2019に向け、千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がメディア陣による取材に応対。この日トゥールーズ(フランス)への移籍が発表となった鹿島アントラーズDF昌子源にエールを送った。 ◆DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス) ──鹿島アントラーズのDF昌子源がトゥールーズ(フランス)に移籍したが 「お互い連絡を取って行ければいいなと。(川島)永嗣さんも中間地点なんで」 「もう一人のセンターバックが身長がすごくでかいので、タイプは違います。そういった意味で源を獲ったのかなと。移籍金も払っているので、期待されての加入だと思います。いいプレーしていいアピールをすれば信頼を勝ち取れるかなと」 ──代表の雰囲気はどうか 「一回解散するので、今はゆっくり取り組んでケガしないようにコンディション整えてやって行ければいいかなと思います」 ──ロングボール対策の練習をしていたが、アジアの攻撃で気をつける部分はどこか 「もちろんそれも大事ですし、ボールも変わっているのでそういうところにも慣れながら。僕らも2、3日休んでいたので、まずはトラップだったりしっかり試合に慣れるところから。頭が慣れたりするところから始めて行ければいいです」 2018.12.29 22:12 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、中盤のプレーメーカーのサンソンと新契約締結!

▽マルセイユは23日、フランス人MFモルガン・サンソン(24)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽サンソンは卓越した戦術眼と攻撃センスを武器に、モンペリエで4シーズンに渡ってレギュラーを務めた。その後、2017年1月にマルセイユに完全移籍で加入すると、すぐさまセントラルMFのレギュラーに定着。ここまで公式戦88試合に出場し16ゴール14アシストを記録。今季も公式戦17試合に出場し3ゴール4アシストを記録している。 ▽マルセイユでの活躍からトッテナムやチェルシー、アーセナルのロンドン勢、セビージャなどの関心も伝えられていたが、クラブとの新たな契約にサインしている。 2018.12.23 22:22 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース