酒井3週間ぶり復帰でフル出場もマルセイユは痛恨ドローでEL決勝に不安…《リーグ・アン》2018.05.12 05:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは11日、敵地で行われたリーグ・アン第37節でギャンガンと対戦し、3-3で引き分けた。酒井は右サイドバックでフル出場した。

▽残り2試合となったリーグ・アンで2位リヨン(勝ち点75)、3位モナコ(勝ち点74)と三つ巴のトップ3争いを繰り広げる4位マルセイユ(勝ち点73)。来週ミッドウィークにアトレティコ・マドリーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチームは、出場停止のグスタボとラミ、コンディション不良のパイエと一部主力が欠場。その一方で、第34節リール戦でヒザを痛めて欠場が続いていた酒井が右サイドバックで先発に復帰した。

▽試合は開始早々に動く。2分、右サイドでボールを受けたトヴァンが余裕を持って浮き球のクロスを入れると、ゴール前でDFに競り勝ったジェルマンのヘディングシュートがゴール右隅に決まり、アウェイチームが早々にリードを手にした。

▽勢い付くマルセイユは14分、左サイドでうまくDFと入れ替わってスペースに飛び出したオカンポスが絶妙なクロスを供給。これをジェルマンの後方から飛び出したトヴァンがダイビングヘッドでゴール左隅に突き刺した。

▽立ち上がりの2ゴールで余裕の展開となったマルセイユだが、その後はテュラムとブリアンの仕掛けとグルニエの攻撃センスを生かして反撃を試みるギャンガンに対して、急造の最終ラインが苦戦を強いられる。とりわけ、復帰明けの酒井はテュラムのアジリティと1トップながらファジーなポジショニングでかく乱を図るブリアンに後手の対応が続く。

▽すると、マルセイユは守勢に回った前半終了間際の42分に1点を返される。カウンターから左サイドで仕掛けたテュラムからパスを受けたブリアンがシュートを放つと、クロスバーを叩いたこぼれ球をブリアンがタップインした。

▽1点を返されて後半に臨んだマルセイユは引き続き守勢を強いられると、52分にボックス内でオカンポスのハンドを取られて痛恨のPK献上。これをキッカーのグルニエに右隅へ決められ、2点のリードを追いつかれて試合を振り出しに戻された。

▽それでも、すぐさま勝ち越しに向けて攻勢を強めるマルセイユは59分、ボックス手前右角のトヴァンから短いスルーパスを受けたサンソンがゴール右でシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。続く62分にはロングカウンターからトヴァンとサンソンで2対2の状況を作るが、ここはトヴァンがボールをこねてしまい、ボックス内で相手DFに絡め取られる。

▽その後、64分にマキシム・ロペスを下げてエンジエを投入し、より前がかるマルセイユだったが、直後の66分に試合の流れを大きく左右するミスを犯す。前線に攻め残っていたブリアンへの縦パスに対して、まずいポジショニング、不用意なスライディングカットを試みたDFセルティクがボールに触れず、ブリアンに独走を許す。そして、難なくボックス内に侵入したブリアンをGKマンダンダが倒してしまい、PK献上に加えて一発退場。守護神退場を受けてジェルマンを下げてGKプレを投入するも、ブリアンのPKを止めることはできず、逆転ゴールを献上した。

▽数的不利とはいえども何とか勝ち点1を持ち帰りたいマルセイユは73分にオカンポスを下げて、最後の交代カードとしてブナ・サールを投入。その後も苦しい展開が続くも、頼れるエースがチームを救う。81分、相手陣内中央でボールを奪ったサンソンが右サイドに展開。ここでB・サールがグラウンダーのクロスを入れると、難しいバウンドながらもゴール前のトヴァンが利き足とは逆の右足で見事なダイレクトシュートをゴール左に流し込み、同点に追いつく。さらに84分には右CKの流れからセルティクに名誉挽回のチャンスも、ここは相手DFの決死のブロックに遭い、劇的勝ち越しゴールとはならない。

▽その後、試合終盤にかけて白熱の攻防が繰り広げられる。マルセイユは途中投入のB・サールが脱臼でプレー続行不可能となり9人での戦いを強いられるが、91分にはロングカウンターからボックス左に持ち込んだトヴァンにハットトリックのチャンスも、ここはシュートを枠に飛ばせない。逆に、試合終了間際にはギャンガンの波状攻撃からGKプレがつり出された中でケルブラに無人のゴールへシュートを許すが、ここはDFアマヴィの値千金のゴールカバーで凌いだ。

▽結局、試合は3-3のままタイムアップ。2点リードから一時試合を引っくり返されるも、数的不利から何とか追いついたマルセイユは何とか勝ち点1を持ち帰ることに成功。しかし、翌日に試合を控えるモナコとリヨンにプレッシャーをかけることはできず、リーグ戦での来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しくなった。そのため、16日に行われるEL決勝が持つ意味がより強くなった。

コメント

関連ニュース

thumb

酒井宏樹フル出場のマルセイユ、昇格組ニームにまさかの3失点完敗《リーグ・アン》

▽マルセイユは19日、リーグ・アン第2節でアウェイでニームと対戦し、1-3で敗れた。酒井宏樹はフル出場を果たしている。 ▽トゥールーズとの開幕戦を4-0で大勝し、軽快なスタートを切ったマルセイユ。前節に引き続き、日本代表DF酒井宏樹が先発出場を果たした今節は昇格組のニームと対戦した ▽開幕2連勝を目指すマルセイユだったが、先制パンチをお見舞いされてしまう。34分、ピッチ中央でボールを持ったディアロに、ロングパスで一気に前線にボールを運ばれると、パスを受けたブアンガに鋭い切り返しでマークを振り切られ、ボックス左からシュートを流し込まれてしまった。 ▽その後、マルセイユが試合を振り出しに戻したのは後半のことだった。49分、相手のFKを撥ね返しカウンターに転じると、サンソンが味方とのワンツーで敵陣を侵攻。最後はパスを受けたトヴァンが見事なループシュートでネットを揺らし同点とした。 ▽これで勢いづくかに思われたが、追加点を奪ったのはニームだった。63分、今度はマルセイユのCKからカウンターを発動したニームは左サイドを一気に駆け上がる。相手との交錯でボールを失ってしまうものの、シオブがルーズボールを奪い返し、飛び出してきたGKも躱して、無人のゴールに流し込んだ。 ▽2度も追う展開となってしまったマルセイユは、オカンポスを下げてミトログルを投入するなど攻撃にテコ入れ。だが同点弾が奪えず迎えた87分、ハイボールの処理を誤ったアマヴィがリバルにボールを奪われそのまま3点目を献上。決定的な3点目を奪われ万事休す。昨季4位のマルセイユは、昇格組のニームに敗れ早くも黒星を喫した。 2018.08.20 06:11 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ指揮官、新加入クロアチア代表DFの仏語習得に言及「サカイが教えてはダメ」

マルセイユに今夏加わったクロアチア代表DFドゥイェ・チャレタ=ツァルについて、リュディ・ガルシア監督が会見の場で語っている。<br><br>ザルツブルクから加わったチャレタ・ツァルは、今夏マルセイユが補強した唯一の新戦力。だが、同選手はフランス語の習得に不安を残しているという。<br><br>「みんながチャレタ=ツァルを歓迎していて、楽しくやっているみたいだよ。だけど、彼はまだフランス語に不安があるから、英語を交えながらコミュニケーションを取っているみたいだ」<br><br>指揮官は「そうだね。彼にはもっと言葉のレッスンが必要だと思う。だけど、酒井宏樹がチャレタ=ツァルにフランス語を教えちゃだめかもね」と酒井の名前をあげ、ジョークを交えて語った。<br><br>チャレタ=ツァルはドイツ語圏のオーストリアからやってきたこともあり、英語とドイツ語を交えながら、コミュニケーションを取っていると報じられていた。その一方で酒井宏樹にとって、チャレタ=ツァルはフランス語の語学力向上という共通の課題を抱えた、ライバルとなっているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.18 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、マルセイユから昨季レンタルのMFカベラを完全移籍で獲得

▽サンテチェンヌは16日、マルセイユから元フランス代表MFレミ・カベラ(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽モンペリエの下部組織出身のカベラは、2009年にトップチームに昇格。2011-12シーズンにはモンペリエのリーグ・アン初制覇に貢献するなど、主力選手として活躍すると2014年夏にニューカッスルへ移籍。 ▽ニューカッスルでは加入初年度からレギュラーとして公式戦34試合に出場したが、翌シーズンにマルセイユへレンタルで加入すると、2016年夏に完全移籍。マルセイユでは、在籍2シーズンで公式戦81試合に出場し13ゴール8アシストをマーク。 ▽昨シーズンはサンテチェンヌにレンタルで加入すると、リーグ戦29試合に出場し8ゴール6アシストを記録していた。また、2014年5月にデビューを飾ったフランス代表では、これまで4試合に出場している。 2018.08.17 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、イタリア代表ザザ獲得が決定的に

▽マルセイユはバレンシアのイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得に関して合意を取り付けたようだ。フランス『RMC Sport』をもとに『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、マルセイユは今夏にニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)の獲得が目前に迫っていたが、合意には至らず同代表のザザに白羽の矢が立ったようだ。同選手に対しマルセイユは買取りオプション付きのレンタル移籍でオファーを出しており、48時間以内に決定する模様だ。 ▽一方で、バレンシアは今夏にチェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)、アトレティコ・マドリーから元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ(31)を獲得。そのため、ザザの退団が有力視されている。 ▽ザザは、ユベントスからウェストハム、バレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンはバレンシアに完全移籍。リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。 2018.08.15 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、アーセナルのエジプト代表MFエルネニーに注目?

▽マルセイユが、アーセナルに所属するエジプト代表MFモハメド・エルネニー(26)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、守備的MF獲得を目指すマルセイユは、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジの加入で競争が激しくなるアーセナルの中盤の中からエルネニーに注目。エルネニーにとってポジション争いが厳しいものになると見られており、獲得のチャンスがあると考えているようだ。 ▽そのエルネニーは、12日に行われたプレミアリーグ開幕節のマンチェスター・シティ戦でベンチ入りしたが、出場機会は訪れなかった。しかし、同選手は3月に2022年6月までの長期契約をアーセナルと結んだばかりであり、獲得には高額の移籍金が必要となるとみられている。 ▽2016年1月にバーゼルからアーセナルに加入したエルネニー。昨シーズンは公式戦32試合に出場して1ゴール4アシストを記録した。また、7月まで行われていたロシア・ワールドカップにはエジプト代表として3試合に出場している。 ▽昨シーズンまで主将を務めていたDFペア・メルテザッカーの引退により、今シーズンから同選手の背番号「4」を引き継ぐことになったエルネニーだが、果たして移籍は実現するだろうか。 2018.08.15 15:40 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース