UEFA、CLマドリー戦で主審侮辱のブッフォンを処分2018.05.12 04:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、先日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、レアル・マドリー戦後にマイケル・オリヴァー主審を強く非難したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンに処分を科すことを発表した。▽ユベントスは先月11日、CL準々決勝でマドリーとの2ndレグに挑んだが、1stレグでの3点のビハインドから奇跡は起こせず、2戦合計3-4でベスト8敗退が決定した。同試合でブッフォンは勝負を分けた後半アディショナルタイムのPKの判定に抗議して退場。さらに、試合後のミックスゾーンでは「スタンドでポテトチップでも食べているべき」、「心があるべき場所にゴミ箱がある」などと侮辱ともとれる辛辣な批判を行った。

▽このブッフォンの批判の影響もあってか、オリヴァー主審とその妻のルーシーさんに対して、脅迫行為をはたらく者も出て、夫妻が精神病を患う状態に陥るなど大きな騒動に発展していた。

▽UEFAの懲戒委員会はブッフォンに対して、「行為の一般原則」に基づき、今月31日に審理を行う予定だ。

▽なお、ブッフォンに関しては今季限りでの現役引退が濃厚となっており、仮に処分が決定した場合でも行使される可能性は低いようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップ「我々は2人の怪物と同じ時代を生きている」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターに言及した。 ▽近年のフットボール界で最高の称号を二分する存在として長らく脚光を浴び続けるメッシとC・ロナウド。それぞれ一般的に選手としてキャリアの折り返し地点となる30歳を過ぎたが、今もなお健在ぶりをアピールしている。 ▽そのメッシ、C・ロナウドと共に、フットボール指導者界が誇る名将として同じ時代を生きるグアルディオラ監督。イギリス『FourFourTwo』によれば、2大スターについて次のように語り、敬意を表したという。 「レオは獰猛で競争的な動物だ。チームに競争力をもたらしてくれる。彼は負けを嫌い、子供のようにプレーすることを好む。大きな試合になれば、チームは彼を助け、彼は違いとなる」 「我々はそんな彼のほかにも、クリスティアーノ(・ロナウド)という選手とも共存している。要するに、2人の怪物的な選手が頂点に君臨する時代を生きているのだ」 「彼らは、共に1シーズンで50得点を挙げてしまう選手たち。しかも、10年間もね。信じられないよ。1年だけのことじゃないのだから。逆に、年々、ゴール数を増やしている」 2018.10.15 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ契約延長へ

▽元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)が、ユベントスと契約延長合意に迫っているようだ。イタリア『RAI Sport』が伝えている。 ▽ユベントスで4シーズン目を過ごすマンジュキッチ。今回伝えられるところによると、両者は現行の2020年までの契約から2年間延長し、2022年までの新契約を結んだようだ。 ▽ロシア・ワールドカップ後にクロアチア代表引退を発表したストライカーは、ユベントスではここまで公式戦138試合で38ゴール20アシストを記録。今シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入もありながらも、リーグ戦7試合に出場し4ゴール2アシストを挙げる活躍を見せている。 2018.10.15 09:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベDF、渦中のC・ロナウドの様子を語る「あれだけ騒がれてるが落ち着いている」

ユベントスのDFアンドレア・バルザーリがトリノで行われたイベントに出席し、同僚であるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が11日、報じている。<br><br>バルザーリは、今夏レアル・マドリーから加入したC・ロナウドについて言及。2009年のレイプ疑惑への嫌疑がかけられながらも、冷静さを保ち、プロフェッショナルな姿勢を貫いているポルトガル代表FWの様子を伝えた。<br><br>「あれだけ外野で騒がれているが、今のところ落ち着いているように見える。良い状況とは言えない中、ピッチでは偉大なプロフェッショナルであり、ウディネでも素晴らしいゴールを決めてそれを証明した。僕らの多くがまだ獲得したことのないタイトルを経験済みの彼がチームにもたらしてくれることを願っている」<br><br>またユーベDFは、今シーズン公式戦全勝と絶好調のユベントスについても語った。<br><br>「素晴らしいパフォーマンス、素晴らしい雰囲気でスタートできた。全試合に勝利することは決して簡単ではない。連勝し、成長を続けていくことは非常に難しいことだと思う。だがこのチームなら、すべての目標を達成することができるはずだ」<br><br>「チャンピオンズリーグでは2度決勝で敗れたが、ヨーロッパの舞台で納得できる成績を残してきた。C・ロナウドの加入もあり、かつて夢であったものが目標よりもさらに身近なものになった。今年こそは優勝できるのではないかと感じている」<br><br>さらに5月のサウジアラビア戦以降5試合勝利のないロベルト・マンチーニ率いるイタリア代表についても自身の見解を示した。「まだチームのベースができていないような印象を受けたが、面白いイタリアだった。マンチーニは明確な考えを持っていて、将来に向けてチーム作りをしている」と擁護した。<br>提供:goal.com 2018.10.12 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ生え抜きマルキジオ、1年前にミランの高額オファーを拒否…理由は「愛」

ゼニトに所属する元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオの父であり代理人を務めるステファノ・マルキジオ氏が、11日付のイタリア紙『トゥット・スポルト』のインタビューに応じた。昨年、ミランからのオファーを断っていたことを明かしている。<br><br>■ボヌッチ&マルキジオW獲得狙ったミラン幼少期から25年もの間ユベントスに在籍し、セリエA7連覇を含む数々のタイトル獲得に貢献したマルキジオ。しかし、近年は故障に泣かされ、十分な出場機会を得られず、8月に双方の合意による契約解除により退団した。その後、新天地ロシアへと旅立っている。<br><br>1年前にはミランへ電撃移籍したDFレオナルド・ボヌッチ(今夏、ユーベへ復帰)に続き、生え抜きのマルキジオまでもがライバルクラブに加入する可能性があると報じられ、ファンがパニックに陥る騒動となったが、父であるステファノ氏は実際にミランからオファーが届いていたことを明かしている。<br><br>「後悔はないが、3年前ならクラウディオは他クラブへ移籍し、もっと稼ぐことができたはずだった。2017年には、ミランから2倍の年俸を提示されたが断った。なぜなら彼は愛するクラブであるユベントスでキャリアを終えることを望んでいたからだ。ただサッカーにおいて事情は変わるものだ。チームの若返りを図りたいというユベントス幹部の決断も理解できる」<br><br>「クラウディオは少しノスタルジックに感じているようだが、むしろ感じない方がおかしいだろう。もし彼が今もユベントスに残れていたとしたら、地球上で最も幸せな男になっていただろうね。だが我々は新たな1ページを開くことを決め、クラウディオも新たな生活に非常に満足している。ゼニトは野心のあるクラブだし、スタジアムも非常に近代的だ。順位表でも首位につけているので、ロシアで8年連続優勝を達成できるよう祈っている」<br><br>最後にステファノ氏は、これからもファンとしてユベントスを見守っていくことを約束。「息子も私もユーベの1人目のファンだ。1試合たりも見逃すつもりはない。1996年と同じようにファンとしてチャンピオンズリーグ優勝を祝えることを願っている」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.12 16:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ラムジー狙うユーベの動きが本格化?

▽アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)にユベントス行きの可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了となるラムジー。いまだ新契約の締結に至っておらず、既報で交渉決裂も取り沙汰され、移籍の可能性が高まっている。 ▽このままの状況が続けば、ラムジーは来年1月にも他クラブと接触でき、来夏にも無銭移籍も可能に。その中で、ユベントスがラムジーの獲得を動き始めたという。 ▽ユベントスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督も希望するとされるラムジーに対して、週給25万ポンド(約3700万円)の個人条件で獲得に動く準備を進めている模様だ。 ▽ウナイ・エメリ体制発足の今シーズンもここまでプレミアリーグ8試合に出場して1得点をマークするラムジー。今後の動向から目が離せない。 2018.10.11 11:20 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース